Pack Atmosphere Vanilla一覧

GameGaz Daily 2022.7.1

●GitHubで、RealYoti氏がHENkaku環境のVita向け多機能シェルアプリVitaShell v2.03をリリースしていました。3.74のサポートなどが変更点です。TheFloW氏が開発したオリジナル版は3.73までのサポートで3.74には正式に対応していませんでした。
RealYoti氏はこれから4週に渡って週一で4つのVitaアプリを3.74に対応させてリリースする予定をしているようです。
https://twitter.com/RealYoti/status/1542614709567979524

●GitHubで、THZoria氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心に、勝手なブートロゴなどを付けないようにしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットPack Atmosphere Vanilla(AtmoPack-Vanilla) v2.1.9Pack Atmosphere Vanilla(AtmoPack-Vanilla) v2.2.0をリリースしていました。AtmoPack-Updater 0.0.2を追加してPCなしでアップデートできるようにしたこと(v2.1.9)や、AtmoPack-Updater 0.0.3への差し替え(v2.2.0)が変更点です。

●GitHubで、PoloNX氏がTHZoria氏のNintendo Switchカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットAtmoPack-Vanillaを利用してCFW(Atmosphere)をアップデートすることができるユーティリティAtmoPackUpdater 0.0.2AtmoPackUpdater 0.0.3をリリースしていました。解凍時間が3分から30秒に改善したこと(0.0.2)やURLの変更及びUIの改良(0.0.3)などが変更点です。

●GitHubで、shadow2560氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereをインストールする際にSDカードに配置するファイルをまとめて準備してくれるWindow向けユーティリティおよびバッチスクリプトswitch_AIO_LS_pack 1.0.3をリリースしていました。AtmosphereをFusee経由で起動した場合nogcパッチが強制適用されないようにしてHekateの「auto-nogc」設定が有効になるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、red-prig氏がFree PascalによるWindows向けのPS4エミュレータfpPS4 draft30062022をリリースしていました。

●GitHubで、tunip3氏がXbox OneおよびXbox Series X|S向けのユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリとしてのFTPサーバーアプリケーションDURANGO-FTP v1.2をリリースしていました。UIのシンプル化などが変更点です。

●GBATempで、kbeckmann氏がRaspberry Pi PicoをFlashcartとして機能させNintendo64でHomebrewを起動することができるオープンソースFlashcartPicoCart64を開発していることを紹介していました。
https://twitter.com/kbeckmann/status/1538634588020424708


GameGaz Daily 2022.6.22

●wccftechで、DIYPerks氏がいずれ発売されるであろうPS5 Slimモデルを自作した動画を公開したことを伝えていました。ファンやヒートシンクなど冷却のためのシステムを自作し極限までスリム化した努力は素敵ですが、見せられてもマネできません、というかする気が起こりません。

●GitHubで、Hammerill氏がファミコン版『スーパーマリオブラザーズ』をワイドスクリーンにリメイクした『uMario』をPS Vitaに移植したuMario Vita v1.00をリリースしていました。

●GitHubで、THZoria氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心に、勝手なブートロゴなどを付けないようにしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットPack Atmosphere Vanilla(AtmoPack-Vanilla) B2-2.1.9をリリースしていました。4.1.2対応が変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.59.0をリリースしていました。ポケモン4世代タイトルを使用してWiiに接続すると、受信したSRLファイルを起動するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v24.10.0をリリースしていました。nds-bootstrap-hbのbootloaderを直接起動するようにしてDSのHomebrew起動を2秒高速化したことなどが変更点です。
[追記]
本体のSDカードからGBA ROMを起動した後にDS Classic MenuからGBARunner2が起動しない不具合を修正したTWiLightMenu++ v24.10.1(hotfix)がリリースされています。

●ツイッターで、NXTeam Studiosが、ゲームの互換性を向上させたAndroid向けのNintendo SwitchエミュレータEgg NS Emulator 3.0.5をリリースしていました。Qualcommのオープンソースドライバー追加によるグラフィックエラーの修正やクラウドゲーム設定の追加などが変更点です。
https://twitter.com/EmulatorNs/status/1539239997752344576

●任天堂が、スマートフォン向けアプリ『Nintendo Switch Online』で2022年夏ごろに実施するiOS版『Nintendo Switch Online』アプリのアップデートで動作環境を「iOSバージョン14.0以降」に変更すると発表していました。iPhone 6s以降の世代のみサポートとなります。

●GitHubで、xemuチームがWindows/macOS/Linux(Ubuntu)向けの初代Xboxエミュレータxemu v0.7.44をリリースしていました。


GameGaz Daily 2022.4.30

●GitHubで、Rinnegatamante氏がYoYo Gamesのゲーム開発ツールGameMaker Studioで作成したAndroid向けゲームをVitaで動作するようにするためのローダーYoYo Loader Vita Nightly 2022-04-29をリリースしていました。最新のvitaGLおよびvitaShaRKへのアップデートやフリーズする問題の回避策としてapkを最適化するAPK optimizerのハックを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、Rinnegatamante氏がPSMランタイムパッケージに含まれているSceShaccCgモジュールを使う開発者向けランタイムシェーダーコンパイラーライブラリvitaShaRK v.1.3をリリースしていました。sceShaccCg割り当てルーチン関数の変更のためshark_set_allocatorsを追加したことが変更点です。

●Engadgetで、ソニーが既存のPS PlusおよびPS Nowの契約者がサブスクリプションの延長を一時的に禁止していると伝えていました。PS PlusとPS Now両方契約していた場合、長い方の契約期間中PS Plusプレミアムを利用できることにしたものの、例えばPS Plusが7年間分残っている状態で今PS Nowを12ヶ月契約すると、新サービス切り替え後に7年間、大幅な割引価格でPS Plusプレミアムに契約できてしまう裏技を防ぐためのようです。

●TheGamerで、任天堂が制作中のマリオの映画はミュージカルでブルックリン訛りになるとの情報を掲載していました。噂の出所はゲームジャーナリストのJeffrey Grubb氏のYouTubeでJeffrey Grubb氏が入手した情報です。

●GitHubで、mrdude2478氏がSDカード/USB/LAN/HDD(NTFS/Fat32/ExFat/EXT3/EXT4)経由でNintendo SwitchにNSP/NSZ/XCI/XCZをインストールすることができるユーティリティTinWoo 1.0.5をリリースしていました。不具合修正やplutonium/libnxとドライバーの更新が変更点です。

●GitHubで、V10lator氏がWii Uのコンテンツを任天堂のアップデートサーバー(NUS: Nintendo Update Server)から直接Wii Uにダウンロード・インストールすることができるユーティリティNUSspli v1.89をリリースしていました。ボタンインジケーターの追加などが変更点です。

●GitHubで、solemnwarning氏がリバースエンジニアリング用途をターゲットに開発したクロスプラットフォーム(Windows/ Linux/ Mac)HEXエディタrehex(Reverse Engineers’ Hex Editor) 0.5.1をリリースしていました。macOS 10.13 (High Sierra)以降でのmacOS版の不具合修正が変更点です。配布はmacOS版のみでWindows/Linux版はrehex 0.5.0のままです。

●GitHubで、marios8543氏が ValveのポータブルゲーミングPC Steam DeckのSteamOSの開発者モードを利用してプラグインのインストールや有効/無効などを管理することができるユーティリティSteamOS Plugin Manager v1.2.2をリリースしていました。プロセスの不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、xemuチームがWindows/macOS/Linux(Ubuntu)向けの初代Xboxエミュレータxemu 0.6.3-10-g292c9703deをリリースしていました。サブモジュールの更新などが変更点です。

●GitHubで、MAME開発チームのcuavas氏が過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的として、MAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という名前のまま進化しているマルチシステムエミュレータMAME 0.243をリリースしていました。Apple IIGSなどでのフロッピードライブエミュレーションの改良やファミコンカートリッジの不具合修正、NEC PC-8801のオーバーホールなどが変更点です。

●GitHubで、cy33hc氏がPS Vita向けのFTPクライアントアプリケーションvita-ftp-client v1.13をリリースしていました。
vita-ftp-client

●GitHubで、yyoossk氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereをベースに必要なツールをまとめた初心者に優しいオールインワンパッケージAtmosphere-with-Hekate 14.1.1をリリースしていました。Atmosphere 1.3.2アップデートに伴う更新です。

●GitHubで、THZoria氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心に、勝手なブートロゴなどを付けないようにしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットPack Atmosphere Vanilla(AtmoPack-Vanilla) 2.1.8をリリースしていました。Atmosphere 1.3.2アップデートに伴う更新です。

●GitHubで、borntohonk氏がNintendo SwitchのAtmosphereでタイトルマネージャーTinfoilをネイティブサポートすることを目的としたモディファイ版カスタムファームウェアNeutOS 1.3.2-e96972c93 for FW version 14.1.1をリリースしていました。Atmosphere 1.3.2アップデートに伴う更新です。

●GitHubで、 mistervampi氏がNintendo Switchのカスタムファームウェア起動に必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたオールインワンカスタムファームウェアパッケージツールNeXT 2.23をリリースしていました。Atmosphere 1.3.2アップデートに伴う更新とLan Play 1.13.0への更新が変更点です。

●GitHubで、carcaschoi氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心に必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットShallowSea v2.11.0をリリースしていました。Atmosphere 1.3.2アップデートに伴う更新とmissioncontrol v0.7.0への更新が変更点です。