TWiLightMenu一覧

GameGaz Daily 2019.9.13

●PSXHAXで、pearlxcore氏が公式サーバーにあるソニーPS4のアップデート情報を含むXMLファイルから情報を入手して最新ファームウェアをチェックすることができるWindows向けユーティリティPS4 Firmware Checker v2をリリースしていました。

●先日任天堂が発表したJoy-Conを取り付けて使用する謎のリング状のデバイスはRingFit Adventure(リングフィットアドベンチャー)でした。任天堂はRingFit Adventure(リングフィットアドベンチャー)を10月18日に発売すると発表しています。公式サイトも用意され、本日9月13日(金)よりマイニンテンドーストアで予約が開始されます。携帯モードには非対応となっているので、仮にJoy-Conを購入してもSwitch Liteでは使えなさそうです。価格は7980円(税抜)です。(きゃらまさん情報ありがとね)

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.37をリリースしていました。Tinfoil /Lithiumを2.2.0へ戻したこと(理由は不明)などが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v9.4.0をリリースしていました。一部のAPパッチ(Anti-Piracyパッチ=違法コピー対策回避パッチ)の修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.9.4

●ModmMyclassicで、ModMyClassicチームがプレイステーション クラシックでUSBストレージからゲームを起動することができるユーティリティBleemSync 1.2.0をリリースしていました。ネットワークのサポートやフォルダのサポートなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.24.0をリリースしていました。NitroFS内のファイル容量を以前のバージョンのnds-bootstrapと同程度になるようLZ77圧縮したことや、暗号化されたセキュアエリアを持つROMをオンザフライで復号して起動するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v9.3.0をリリースしていました。大半のAPパッチ(Anti-Piracyパッチ=違法コピー対策回避パッチ)が含まれるようになったことやDSi起動画面の読み込みの高速化(Flashcartと同等)になったことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.8.27

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 3.96をリリースしていました。3.71のサポート追加などが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v9.2.0をリリースしていました。APパッチ(Anti-Piracyパッチ=違法コピー対策回避パッチ)の数が100から123になったことなどが変更点です。

●ツイッターで、ニンテンドーオブアメリカ公式アカウントがスマホ向けアプリ『マリオカート ツアー』を9月25日に配信を開始すると発表していました。日本の任天堂ではまだ未発表です。
[追記]
日本でも同日配信開始です。専用のツイッター公式アカウントができています。


GameGaz Daily 2019.8.22

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v9.1.0TWiLightMenu++ v9.1.1TWiLightMenu++ v9.1.2をリリースしていました。修正版まで段積みになっていますがnds-bootstrap v0.23.0リリースの際に言及があったTWiLightMenu++になります。ROMにAPパッチ(Anti-Piracyパッチ=違法コピー対策回避パッチ)をオンザフライで適用できるようにしたこと(v9.1.0)やGBARunner2をTWiLight Menu++でのクロック速度で起動できるようにしたこと(v9.1.1)、『逆転検事 2』のAPパッチを追加したこと(v9.1.2)などが変更点です。

●GitHubで、cnsldv氏がPS Vitaで専用メモリーカードを識別するためにカードマウント時にチェックするファイル(id.dat)を、一旦チェックしないxmc0:へマウントしてid.datを削除してからux0:へマウントして新しいカードだと認識させることで専用メモリーカードを別のVitaでも使い回しできるようにすることができるユーティリティCardUnlock v1.0をリリースしていました。

●GitHubで、chiaki氏がLinuxやmacOS、Windows向けのオープンソースPS4リモートプレイクライアントchiaki v1.0.2をリリースしていました。


GameGaz Daily 2019.8.13

●GitHubで、inthecatsdreams氏がVitaのボリュームレベルを物理ボタンを使わずに0から30までの値を入力することで変更できるようにしたユーティリティvita-volume 1.2-1をリリースしていました。ボリュームボタンが効かなくなってしまったVita向けです。

●GitHubで、LightningMods氏がPS4のHEN 2.1にPS4FTPの機能を統合し、これだけでHTTPプロトコルを使いブラウザでパッケージファイルをリモートでインストールするRemote Package Installerを使うことができるユーティリティinfinix-Package-Installer-Payload v1をリリースしていました。

●GitHubで、Thealexbarney氏がNintendo Switch向けのファイルフォーマットを読み込むための.NET/ .NET CoreライブラリLibHac v0.5.1をリリースしていました。hactoolnetでは必要があればセーブデータに署名をするようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v1.7.15をリリースしていました。ジャイロステアリングホイールモードの動作を変更したことなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v9.0.3をリリースしていました。DS/DSi/3DSでGBAゲームを起動させるGBARunner2のマニュアルページを更新したことなどや、『ポケットモンスター プラチナ』『ロックマンゼクス』で不具合を修正したためLボタン押しながら起動する必要がなくなったことなどが変更点です。
[追記]
TWiLightMenu++ v9.0.4がリリースされました。ワイドスクリーンのチェック機能が追加されたことやバグ修正が変更点です。


GameGaz Daily 2019.8.4

●アメリカの放送通信事業の規制監督を行う連邦通信委員会(FCC)が任天堂から提出されたNintendo Switch Liteの内部基板写真を公表したしていました。ワイヤレス関連のチップの位置を記載した基板の写真のようです。理由は分かりませんが背面パネルの写真が鏡像みたいになってますね。
FCC-Switch-Lite

Switch Lite FCC1

Switch Lite FCC2

Switch Lite FCC3

Switch Lite FCC4

●PSXHAXで、philosophofee氏が PS4/PS3/PS Vitaの『リトルビッグプラネット』シリーズのファイルエディタ/テクスチャビューアーfarctool2 Release 1をリリースしたことを伝えていました。
farctool2

●GitHubで、AtlasNXチームのtumGER氏がNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v13.1をリリースしていました。Goldleaf v0.6へのアップデートや安定性向上などが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v9.0.1TWiLightMenu++ v9.0.2をリリースしていました。より多くのゲームがワイドスクリーンに対応したこと(v9.0.1)やDSi/3DS/Saturnテーマでシステムのデフォルト言語設定の不具合修正(v9.0.2)などが変更点です。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.15.11cをリリースしていました。gl_PointSizeエミュレーションの不具合修正が変更点です。1.15.11リリース後にダウンロードコンテンツが間違った場所にインストールされてしまうバグを修正した1.15.11bもリリースされ、今回の1.15.11cに至っています。