Switchシーンメンバーの警告 smhaxの重要性 3.0.1に上げるべからず




ツイッターで、Nintendo Switchの開発に関わるシーンメンバーが、こぞって3.0.1へのアップデートを回避するよう警告を発しています。

「Switchシーンメンバーの警告 smhaxの重要性 3.0.1に上げるべからず」の続きを読む

Tags: , , , ,

●PSXHAXで、zecoxao氏とVVildCard777氏がPS4のwebkit exploitを利用し各種ハックを行う ポータルサイトを1.62のファームウェアに移植したPS4 playground 1.62をリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r424をリリースしていました。オーディオストリーミングの安定性向上が変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、GameInCanada氏がワイヤレスで3DSの画面をPCへストリーミングしたりファイルを送信したりすることができるkit-katを改良し、ゲームコントローラーでの3DS操作やマウスを使ってのタッチ操作などを実装したユーティリティkit-kat-touch改めkit-kat-slim 2.0.0kit-kat-slim 2.0.1をリリースしていました。ner3DSのビデオをワイヤレスでNTRViewer.exeにストリーミングすることに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、Aftnet氏がマルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのLibretroコアをWinRTコンポーネントに移植しUniversal Windows Platform(UWP)に対応しLibretroRT PCEngineCD(RetriX.UWP_1.6.12.0)をリリースしていました。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.6.6をリリースしていました。モバイル向けのUI改良などが変更点です。(KOHさん情報ありがとね)

Tags: , , , , ,

●GitHubで、rereprep氏がPS Vitaのホームボタンの青色LEDを消灯することができるtaiHENプラグインnoled v1.2をリリースしていました。HomeボタンとゲームカートリッジのLEDを無効にしたことが変更点です。HOMEボタンのLEDだけを無効にしたい場合は前バージョンのnoled v1.1を使って欲しいそうです。

●Wiimm氏が、マリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.54a r7393をリリースしていました。コマンドやオプション追加などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

Tags: ,

●PSXHAXで、zecoxao氏とVVildCard777氏がPS4のwebkit exploitを利用し各種ハックを行う ポータルサイトを1.52/ 1.60のファームウェアに移植したPS4 playground 1.52/1.60をリリースしたことを伝えていました。

●GBATempで、JmpCallPoo氏がベータテスト版としてWii U 5.5.2向けのWebkit exploitを公開していました。突然公開されたので偽物ではないかとの議論もあったようですが、今は本物だと確認できています。ただ安定性に欠けるなどの意見もあるようです。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、Tarnadas氏がCemuやLoadiine/Saviineで利用できる『Super Mario Maker 』のセーブファイル改造ツールSuper Mario Maker Save File Editor v2.1.0をリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)

●/talkフォーラムで、dmaskell92氏がAdrenalineを簡単にインストール/アンインストールすることができるFreakler氏が開発したAdrenalineEasyInstallerを改良したAdrenaline Easy Installer Black Editionをリリースしていました。uma0:をサポートしたテーマ違いバージョンといったところでしょうか。

Tags: , , ,

●GitHubで、Yoti氏がPSP goで偽装ペアリングをすることができるユーティリティPSPgo Fake-Pair Tool v0.4をリリースしていました。動画ではFakeShock 3なるコントローラーとペアリングしたことになっていますが詳しい記述がないので用途がよくわかりません。

●ツイッターで、rereprep氏がPS Vitaのホームボタンの青色LEDを消灯することができるtaiHENプラグインNoLed v1.2を数日以内にリリースすると発表していました。

●Maxconsoleで、SvenGDK氏が無改造PS3のバックアップHDDにPS3のバックアップゲームを導入することができるWindows向けユーティリティPS3 Convert and Inject v1.0をリリースしたことを伝えていました。現在はPS3 Convert and Inject v1.1がリリースされています。

●wololo.netで、Miralatijera氏とDraqen氏がオフラインでVitaを機器認証することができるユーティリティMLTActivator 1.0をリリースしたことを伝えていました。wololo氏が情報源としているスペイン語サイトのdaxhordes.orgによるとMLTactivatorFIX2が最新版のようですので少なくともMLTActivator 1.0として最初にリリースされてから2回は修正版が公開されているようです。機器認証ができるためHenkaku環境の3.60 VitaでAdrenalineが利用できるようになります。

●Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v3.00a r7387をリリースしていました。ライブラリdcLibの改良などが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Linux/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.8.0をリリースしていました。ソースコード自体にドキュメントを埋め込んでおいたことやバグ修正が変更点です。Mac/Linux版の変更はありません。

●GitHubで、TiniVi氏がニンテンドー3DSのARM9 exploit safehax r27をリリースしていました。FIRMペイロードサポートの廃止が変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSiでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v1.8.0をリリースしていました。Homebrewサポートの改良などが変更点です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r422をリリースしていました。チートファイル検出の不具合修正などが変更点です。

Tags: , , , , , , , ,

ツイッターで、 MrNbaYoh‏氏がeショップで無料配信されている『RPGツクール フェス プレイヤー』にexploitが存在することを示唆していました。(通りすがりさん情報ありがとね)

「3DSの『RPGツクール フェス プレイヤー』にexploit」の続きを読む

Tags: ,

●Bitbucketで、kylon氏がVitaのプラグインの有効/無効などを管理するためのユーティリティPlugins Managerをリリースしていました。

●GitHubで、DavisDev氏がPS VitaでHENkaku起動直後に設定したアプリケーションを起動するtaiHENプラグインAutoBootで、その設定を簡単に行えるようにするユーティリティAutoboot Configurator v1.2をリリースしていました。古いアップデータバブル削除の不具合修正が変更点です。なお、直前にリリースされていたAutoboot Configurator v1.1でHENkaku ensoに対応しています。

●WiiDatabaseで、fix94氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーNintendont v4.448をリリースしていました。バーチャストライカーのサポート強化が変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、MacOSX で利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションUniversal Media Server v6.7.3をリリースしていました。AVIとMJPEGのサポートの改良などが変更点です。また時期バージョンの正式リリース候補版Universal Media Server 7.0.0-rc1もリリースされています。

Tags: , , ,

« Older entries