噂の携帯モード専用機 Nintendo Switch Lite発表

任天堂が、Nintendo Switchの「携帯モード」に特化した新型ゲーム機「Nintendo Switch Lite」を9月20日に19,980円(税別)発売すると発表していました。(たんばりんさん、オレクラスさん情報ありがとね)

続きを読む


GameGaz Daily 2019.7.10

●GitHubで、aldostools氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMANの非公式アップデート版webMAN MOD 1.47.25をリリースしていました。ファイルマネージャーでファイルタイプにアイコンを追加したことやバグ修正などが変更点です。

●ファミ通.comで、SIEが2019年7月15日に開催する「PlayStation祭 TOKYO 2019」の詳細を発表したことを伝えていました。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchのゲームタイトルキーのダンプや暗号化キーをプロセスメモリから入手することができるユーティリティLockpick v1.2.5をリリースしていました。Hekate vのfuseダンプをサポートしたことなどが変更点です。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.87cをリリースしていました。タイトルキーなしでnsxファイルからxciファイルへ変換するときの正しいオリジナルタイトルキーチェックを追加したことやローマ字変換後のチェック機能追加などが変更点です。

●GBATempで、Robz8氏がSDカードにも対応したNintendo DS/DSi向けビデオプレーヤーRocketVideoPlayer v1.1をリリースしていました。サポートしている動画ファイルは専用の.rvid(RocketVideoフォーマット)で、動画ファイルを.rvidに変換するWindows向けユーティリティVid2RVID v1.2も併せてリリースしています。
Rocket Video Player



GameGaz Daily 2019.7.8

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がFPSゲーム『Quake』をVitaへ移植したvitaQuake v.3.5をリリースしていました。AdHocによるマルチプレイのサポートなどが変更点です。

●PSX-Placeで、Sinsizer氏がPS3のflashメモリダンプデータを解析しIDPSやミニマムファームウェアバージョンなどを表示したりすることができるWindows向けユーティリティPS3 NOR/NAND Statistic 1.0をリリースしたことを伝えていました。

●PSX-Placeで、Mysis氏がS3のflashメモリダンプデータを解析し情報表示やNor DumpのTreeビュー表示をすることができるWindows向けユーティリティNOR Inspector 0.0.1をリリースしたことを伝えていました。

●VG247で、2018年9月にサービス開始を開始したNintendo Switch Onlineの契約者数(契約アカウント数)が100万を突破したことを伝えていました。

●GitHubで、noahc3氏がNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v13.0.2をリリースしていました。Hekateの5.0.1へのアップデートによる6.x.xのemuMMCブートエラーのバグ修正などが変更点です。

●GitHubで、KranKRival氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmospherの機能であるemuMMCの有効/無効などの設定をコントロールすることができるユーティリティEmuMmcConfig 2.0.0をリリースしていました。現時点ではemuMMCはファイルモードではなくパーティションモードのみサポートしています。
EmuMmcConfig

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.31をリリースしていました。Hekate 5.0.1とNyx 0.8.1へのアップデートが変更点です。

●ツイッターで、Team RebugのAboshi2011氏(evilsperm氏)がMODチップSwitchMEが標準ペイロードとしているhekate – CTCaer modのアップデートを受けSwitchME向けペイロードUF2_SwitchME_Payloads CTCaer_5.0.1をリリースしていました。


GameGaz Daily 2019.7.7

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo Switch向け多機能ブートローダーとなるbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate – CTCaer mod v5.0.1をリリースしていました。6.2.0のkeygenの修正や6.0.x/6.1.0への起動の不具合修正などが変更点です。またhekateのGUIであるNyx v0.8.1も併せてリリースされています。起動時にハングアップしたりフレームバッファーの問題といった不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v1.7.12をリリースしていました。サスペンドの時の待機時間を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/macOS/Linux向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.0.9をリリースしていました。ファイルダウンロードの方法を変更することでエラーが出ないようにしたことや、新しいプログレスバーを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、jakibaki氏がNintendo Switchのバックグランドでftpdサーバーを起動させておくためのシステムモジュールsys-ftpdをリリースしていました。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.15.10をリリースしていました。自動アップデートの追加やスクリーンショットが自動でフォルダに保存されるようにしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.7.6

●PSXHAXで、thestr4ng3r氏がPS4のリモートプレイプロトコルをすべて解析し、独自に開発したオープンソースのリモートプレイクライアントをリリースする計画をしていると伝えていました。

●ツイッターで、Rinnegatamante氏がFPSゲーム『Quake』をVitaへ移植したvitaQuakeでアドホック通信によるマルチプレーヤー機能を実装したことを公表していました。リリース時期については触れられていません。

●アマゾンで、任天堂の元社長である故岩田聡氏についてのほぼ日刊イトイ新聞に掲載された
インタビューや対談、任天堂公式ページに掲載された
「社長が訊く」シリーズから重要なことばを抜粋して再構成し1冊にまとめた『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた』(7月30日発売)がビジネス人物伝カテゴリではありますがベストセラー1位になっていました。みんな興味あるんですね。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.30をリリースしていました。バグ修正が変更点です。

●GitHubで、Joel16氏がニンテンドー3DS向けのGUIファイルマネージャー3DShellをNintendo Switchに移植したNX-Shell v2.00をリリースしていました。ミュージックプレーヤーでIT、FLAC、MOD、OPUS、S3M、XMのフォーマットをサポートしたことや、.7z、AR、ISO 9660、RAR、ZIP、AR、XARのファイル解凍に対応したことなどが変更点です。