8.0.1以外に7.0.1も存在する Mariko搭載新型Switchの初期ファームウェア

ツイッターで、m4xw氏が手に入れたMariko搭載新型Switchは7.0.1だったことを報告していました。

・・・この記事の続きを読む


GameGaz Daily 2019.8.25

●GitHubで、Zar氏がUSBメモリやPS3の内蔵HDDに保存したバックアップゲームをマウントすることができるPS3のバックアップマネージャーManaGunZ v1.36をリリースしていました。PS3HENのサポート追加などが変更点です。

●Team XBLSが、Xbox360でHomebrewソフトウェアを直接起動させることができるユーティリティDashLaunch v3.20とXbox 360のNANDイメージを作成することができるユーティリティxeBuild v1.20とGUI版のxeBuild GUI v2.098をリリースしていました。お伝えしてなかったですが、数日前にXboxのダッシュボードアップデート2.0.17544がリリースされ、その対応が変更点です。

●マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchを開発しているlibretroチームが、Libretro/RetroArchでPS3エミュレータRPCS3をサポートすることを発表していました。RPCS3自体がまだ未完成ですが、Patronで告知しているため資金を集めて開発に投入する意向のようです。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.7.8をリリースしていました。Google Playのアプリが64bit対応強制になったことへの対応などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.8.24

●VG247が、PS5あるいはその開発機のデザイン画についての続報を伝えるLetsGoDigitalでPS5のデザイン画を3Dモデリングした画像を作成して記事を公開していたことを伝えていました。凄い力の入れようです。
playstation5_3d

●GitHubで、LyfeOnEdge氏がNintendo SwitchのHomebrewをバージョン管理し最新版へのアップデートや任意のバージョンのインストールを行うことができるユーティリティHBUpdater 1.4をリリースしていました。Lukasz氏とJakowski 2014氏が開発しSwitchへKrank氏が移植した『MarioBrosNX』を追加したことなどが変更点です。
なお、MarioBrosNXはスーパーマリオブラザーズのクローンゲームです。GitHubで配布されており、MarioBrosNX 1.3.1が最新版です。

●Gamereactorで、マイクロソフトのゲーミングサービストップのBen Decker氏がインタビューの中でXbox 360や初代Xbox向けゲームを含む100 以上のタイトルを無制限でプレイできるサブスクリプションサービスXbox Game Passについて究極的にはすべてのプラットフォームでサービスを提供したいと考えており、それが長期的な目標だと語ったことを伝えていました。現時点での具体的な計画は存在しないようですが、現状Windowsには対応していますので、残る「すべてのプラットフォーム」はMacかスマートフォン/タブレットか、ソニーと任天堂のゲーム機ということになります。GoogleのストリーミングゲームサービスStadiaへの対抗策としてゲーム専用機同士でタッグを組む可能性もないとはいえません。


Marikoのディスプレイは複数社から複数種調達

SciresM氏によると、Nintendo Siwtchの新型(Mariko)では複数のベンダーから複数種のディスプレイを調達して使うようです。

・・・この記事の続きを読む


GameGaz Daily 2019.8.22

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v9.1.0TWiLightMenu++ v9.1.1TWiLightMenu++ v9.1.2をリリースしていました。修正版まで段積みになっていますがnds-bootstrap v0.23.0リリースの際に言及があったTWiLightMenu++になります。ROMにAPパッチ(Anti-Piracyパッチ=違法コピー対策回避パッチ)をオンザフライで適用できるようにしたこと(v9.1.0)やGBARunner2をTWiLight Menu++でのクロック速度で起動できるようにしたこと(v9.1.1)、『逆転検事 2』のAPパッチを追加したこと(v9.1.2)などが変更点です。

●GitHubで、cnsldv氏がPS Vitaで専用メモリーカードを識別するためにカードマウント時にチェックするファイル(id.dat)を、一旦チェックしないxmc0:へマウントしてid.datを削除してからux0:へマウントして新しいカードだと認識させることで専用メモリーカードを別のVitaでも使い回しできるようにすることができるユーティリティCardUnlock v1.0をリリースしていました。

●GitHubで、chiaki氏がLinuxやmacOS、Windows向けのオープンソースPS4リモートプレイクライアントchiaki v1.0.2をリリースしていました。


SciresM氏「新型SwitchでAtmosphèreが使えるとは思えない」

wololo.netで、SciresM氏がMarikoを搭載した新型SwitchではAtmosphèreは動かないだろうとの見通しを示したことを伝えていました。

・・・この記事の続きを読む