PS Vitaの開発機廃棄される それが出回ってしまった結果こんなことに

YouTubeで、notzecoxao氏がPS VitaのQAフラグを利用してファームウェアのダウングレードを行った動画を公開していました。

pch2000 vita

→→→この記事の続きを読む


GameGaz Daily 2022.9.25

●GitHubで、avan06氏がPS4のゲームのチートコードを探すためのWindows向けユーティリティPS4CheaterNeo 0.9.7.1-betaをリリースしていました。Hexエディタでリフィレッシュ時に変更場所が即時表示されるなどの機能を実験的に追加したことなどが変更点です。

●wololo.netで、PSPコミュニティ主催で賞金総額175ドルのHomebrewコンテスト「RE:Start! The 2022 PSP Game Jam」が10月7日から10月21日までの応募期間で開催されることが発表されたと伝えていました。

●GitHubで、cy33hc氏がVitaでアプリが多数あり上限500までに制限されているバブルアイコンでは起動できないような場合に、アプリをブラウズしてアイコンから起動できるようにするランチャーアプリケーションVita Launcher v3.9.5をリリースしていました。新しいFlycastアプリでドリームキャストゲームを起動するようにしたことが変更点です。

●GitHubで、isage氏がPS VitaでRTL8152チップを使ったUSB-Ethernet LANアダプターを有効にすることができるカーネルプラグインVita generic RTL enabler(vita-usb-ether) v1.1をリリースしていました。市販機でのテストキットドングルのサポート追加が変更点です。

●GitHubで、 jimbob4000氏がカバー画像からPS Vitaの向けのゲームやHomebrewを起動することができるVitaHex氏のランチャーアプリケーションHexFlow-Launcherをベースにカバーフローを3D化しRetroArchとDaedalusX64から起動できるレトロゲームにも対応したRetroFlow-Launcher v4.0.1(hotfix)を更新としていました。 RetroFlow_v4.0.1.vpkが差し替わっています。
[追記]
hotfixの表現がなくなり、単なるRetroFlow-Launcher v4.0.1として更新されました。 RetroFlow_v4.0.1.vpkがまた差し替わっています。

●GitHubで、developersu氏がSwitchのTinFoil(USBおよびネットワーク対応)とGoldLeaf(USB対応)とAwoo-Installer(USBおよびネットワーク対応)のJava環境PC向けNSPインストーラーNS-USBloader v6.1をリリースしていました。スウェーデン語と韓国語に対応したことが変更点です。

●GitHubで、nkrapivin氏がGameMaker Studio 2を使ってSwitchのHomebrewをビルドすることができるユーティリティRussellNX v1.6.3をリリースしていました。2022.8.1.53ランタイムのサポート追加などが変更点です。

[追記]
RussellNXから名称を変更し、改めてKittyNXBuilder v1.6.3としてリリースしていました。

●GitHubで、GerbilSoft氏が任天堂やソニー、マイクロソフト、セガの各種ゲーム機向けのROMやディスクイメージを管理するためのWindows/Linux向けエクスプローラ機能拡張(シェルエクステンション)ROM Properties v2.0をリリースしていました。libromdataが共有ライブラリにリンクされたことなどが変更点です。

●GitHubで、 alex-free氏がPS1向けタイトル『Tony Hawk’s Pro Skater 』シリーズや『Brunswick Circuit Pro Bowling』シリーズなどのセーブデータexploitを利用してPS1のバックアップディスク起動を可能にするソフトウェアバックアップローダーTonyhaxを改良し、日本版含むPS1と日本版含む初期モデルのPS2(SCPH-10000からSCPH-390000まで)をサポートしたTonyhax International v1.1.0をリリースしていました。独自フォークのFreePSXBoot v2.1へのアップデートなどが変更点です。


GameGaz Daily 2022.9.24

●GitHubで、Northfear氏がWindows向けのRPG『Fallout 2』をオープンソース化してマルチプラットフォーム化したfallout2-ce(動作にはオリジナルのWindows版必要)をPS Vitaに移植したfallout2-ce-vita v1.1.0-vita.4をリリースしていました。Sfall機能の統合などが変更点です。

●GitHubで、aldostools氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMANの非公式アップデート版webMAN MOD 1.47.42を更新していました。webMAN_MOD_1.47.42_Installer.pkgが差し替わっています。

●GitHubで、israpps氏がPS2のメモリーカードにインストールしてPS2で起動させることでHomebrewやバッグアップの起動が可能になるFree McBoot (FMCB)のカスタムインストーラーFreeMcBoot-Installer latestをリリースしていました。uLaunchELFの更新が変更点です。

●GitHubで、ultimaweapon氏がWindows向けのPS4/PS5エミュレータKytyをベースにした実験的なWindows/Linux向けのPS4エミュレータObliterationをリリースしていました。

●GitHubで、Maschell氏がAroma環境のNintendo Wii Uで複数のプラグインをロードすることができるバックエンドシステムNightly-WiiUPluginLoaderBackend-20220923-204901をリリースしていました。”onButtonPressed”チェックの移動が変更点です。
[追記]
“.wps”で終わらないファイルや”.”または”_”で始まるファイルを無視するようにしたNightly-WiiUPluginLoaderBackend-20220924-112256がリリースされています。

●GitHubで、Maschell氏がAroma環境のNintendo Wii UでバックグランドでFTPサーバーを実行するプラグインNightly-ftpiiu_plugin-20220923-132609Nightly-ftpiiu_plugin-20220923-192332をリリースしていました。

●GitHubで、V10lator氏がWii Uのコンテンツを任天堂のアップデートサーバー(NUS: Nintendo Update Server)から直接Wii Uにダウンロード・インストールすることができるユーティリティNUSspli v1.106をリリースしていました。

●IGN Japanで、Logitechが7インチのIPS方式マルチタッチスクリーンを搭載しクラウドゲーミングに特化した携帯デバイス「Logitech G Cloud Gaming Handheld」を北米で11月に発売することを発表したことを伝えていました。OSはAndroid 11で、Google Playストアがプリインストールされている、Nintendo Switch Liteライクな形状のAndroidデバイスです。小売価格は349ドルとされていますが、米Amazonでは299.99ドルで販売されるようです。
Logitech G Cloud Gaming Handheld

●GitHubで、stenzek氏がWindows/Linux/Android向けの新しい初代PlayStationエミュレータduckstation Latest Preview Buildをリリースしていました。

●GitHubで、CemuチームがニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows/Linux向けのWii UエミュレータCemu v2.0-4 (Experimental)をリリースしていました。

●GitHubで、Maschell氏がNintendo Wii UでWii Uの実行ファイルprxを読み込むためのカスタムローダーCustomRPXLoaderからロードするペイロードNightly-EnvironmentLoader-20220924-120359をリリースしていました。