MAME一覧

GameGaz Daily 2020.11.16

●GitHubで、starshinata氏がPlayStation 4でマウスとキーボードを使ってゲームがプレイできるようにするユーティリティPS4 Keyboard and Mouse Adapter v1.0.9をリリースしていました。イメージ描画改良でコントローラーの画像の見た目が綺麗になったことなどが変更点です。

●GitHubで、ohhsodead氏が定期的に更新されるPS3のゲームModやHomebrew、テーマなどのデータベースを閲覧し、ftpで直接インストールなどを行うことかできるWindows向けユーティリティModioX Beta 1.4.8をリリースしていました。ゲームModデータ複数ダウンロードに対応したことやToolsメニューにアップデートをチェックするGame Updates Finderを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL 氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows向けユーティリティRiiConnect24 Patcher v1.3.6をリリースしていました。アップデートチェック画面でローディングバーを追加したことなどが変更点です。

●ツイッターで、MAME開発チームがMAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的としてスタートしたマルチシステムエミュレータの次のアップデートで予定しているMAME 0.227のリリースが今年の12月まで遅れることを発表していました。


GameGaz Daily 2020.10.28

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo Switch向け多機能ブートローダーとなるbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate – CTCaer mod v5.3.4 & Nyx v0.9.5をリリースしていました。Mesosphereのサポートなどが変更点です。これでAtmosphère 0.15.0が起動できるようになります。Nyx v0.9.5ではnyx.iniの編集でJoy-Conの無効化に対応するなどの修正が盛り込まれました。

●GitHubで、 Team-Neptuneのhax4dazy氏がNintendo SwitchのCFWを最新版のDeepSeaを使って自動アップデートすることができるユーティリティDeepSea-Updater v4.2.2をリリースしていました。DeepSea自体はアップデートが公開されてないようですが…Atmosphere出たのに…これ使ってアップデートしろということでしょうか。

●GitHubで、XorTroll氏がSwitchのバックグランドプロセスとしてamiiboをエミュレートするカスタムファームウェア向けカスタムプロセスemuiibo 0.6.1をリリースしていました。脱着した状態のJoy-Conなど一部のコントローラーがゲームで使えなくなっていた不具合の修正などが変更点です。

●PSX-Placeで、Rinnegatamante氏とTheFloW氏が『Grand Theft Auto III』をリバースしてPCでプレイできるようにしたプロジェクトre3をPS Vitaに移植したre3-vita v1.0をリリースしていました。2D/3Dグラフィックスミドルウェアの「RenderWare Graphics」をVita向けに実装したライブラリlibrw-vitaを使っています。re3自体がSTEAMからPC版を購入したオリジナルを所有していることを前提としているので、re3-vitaもSTEAMから購入する必要がありますが、日本語はサポートされていないようです。

●GitHubで、TheFloW氏がPS Vitaがサスペンドやレジュームした後にファイル記述子が無効になってしまうHomebrewの不具合を修正するためのカーネルプラグインFdFix v.1.0をリリースしていました。

●各ゲームメディアにSIEからPlayStation 5が届いていたようです。今後発売に向けて購入意欲をそそるレビュー記事が乱立するでしょう。

●ツイッターで、kood_infothief氏がPS1/PS2/PS3/PS4/PSP/PSVITAのタイトル情報をPS Storeから情報取得して表示することができるウェブサイトPlayStation Title Info Checkerを公開していました。

●GitHubで、Veritas83氏がhttp://hbdl.vts-tech.org/からPS2 HomebrewのelfファイルをダウンロードすることができるPS2向けHomebrewダウンローダーVTSPS2-HBDL v0.32をリリースしていました。フォルダ変更時の不具合修正やディレイ削除などが変更点です。

●GitHubで、bvschaik氏が古代ローマを舞台にした都市開発シミュレーションゲームCaesar IIIのオープンソース版JuliusをPC(Windows/Mac/Linux/Android)とSwitch/Vitaに移植したJulius 1.5.0をリリースしていました。今回からAndroidにも対応しました。

●GitHubで、MAME開発チームのcuavas氏が過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的として、MAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という名前のまま進化しているマルチシステムエミュレータMAME 0.226をリリースしていました。マルチキーボードサポートの改良やレイアウトシステムの更新などが変更点です。


GameGaz Daily 2020.10.2

●ツイッターで、Lapy05575948氏がPS4のプロセッサーユニットの温度をファンが回る温度で管理するっぽい新しいアプリケーションを近くリリースすることを公表していました。実際にはスクリーンショットを公開しただけで詳細については述べられていません。


[追記]
名称はPS4 Temperature 1.0です。クレジットとして名前が出ていたnotzecoxao氏がリリースしていました。Zer0xFF氏、_AlAzif氏、LightningMods_氏も開発に携わっています。ファンが回り始める温度を設定できます。


先日リリースされた、PS4の温度を通知として1分ごとに表示するMiraTempReportもPS4 Temperature 1.0と関係があり、Miraのプラグインとして温度表示を定期的に行うようにしたものだそうです。

●The MAME Teamが、先日GitHubで公開したマルチシステムエミュレータMAME 0.225アップデート内容を公表していました。サウンド出力の仕組みを全体的に改良し、サンプリングレート変換やミキシングが改善され、Votrax SC-01(スピーチシンセサイザー)がチューンナップされるなどの「ビッグアップデート」だそうです。

●GitHubで、Rinnegatamante氏が2D/3Dグラフィックスミドルウェアの「RenderWare Graphics」をVita向けに実装することを目指したライブラリlibrw-vitaをリリースしていました。GBATempではVitaに『Grand Theft Auto III』が移植されるという話が出ています。どうもRenderWareは『Grand Theft Auto III』や『 Grand Theft Auto: Vice City』『Grand Theft Auto: San Andreas』などで使われている(GrandTheftWikiに書かれていました)ことから勝手に予想した話っぽいですが、『Grand Theft Auto III』をリバースしてPCでプレイできるようにしようというプロジェクトre3があるので、それがVitaに移植される可能性はあります。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 38.0.6をリリースしていました。Citra本体の変更を移植したことなどが変更点です。