ちまたで話題の日本語に対応したDeepL翻訳を使ってみた

最近ツイッターでDeepL翻訳の話題を目にすることが増えました。DeepL翻訳とはドイツのテクノロジー企業のDeepL社が2017年8月にサービスを開始した「高品質の訳文を作り出せる画期的なニューラル機械翻訳」で、無料で利用できます。
当初は英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポーランド語、オランダ語に対応で日本語は「言語の習得に向けてトレーニングを進めています」と今後対応予定であるとしていましたが、2020年3月19日に日本語対応が発表されました。

そんな話題のDeepL翻訳、基本的に日々私の脳内変換でまかなってきたこのブログが、もしかしたら脳を使わなくても済む楽々生活に繋がるのではないかと期待してレビューしてみます。

Deepl

→→→続きを読む


GameGaz Daily 2020.3.24

●GitHubで、Thealexbarney氏がNintendo Switch向けのファイルフォーマットを読み込むための.NET/ .NET CoreライブラリLibHac v0.10.0をリリースしていました。.NET’s UTF-16の代わりにUTF-8文字列をインターフェースに使うようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、developersu氏がSwitchのTinFoil(USBおよびネットワーク対応)とGoldLeaf(USB対応)のAndroid向けNSPインストーラーNS-USBloader mobile v0.2をリリースしていました。TinFoilスタイルのネットワーク転送をサポートしたことやNSZ/XCI/XCZのサポートなどが変更点です。

●GitHubで、Universal-TeamのSuperSaiyajinStackZ氏がNintendo 3DS向けのHomebrewを簡単にアップデートすることができるユーティリティUniversal-Updater v2.3.1をリリースしていました。Xボタン押下で表示されるドロップダウンメニューの追加などが変更点です。

●GitHubで、Fledge68氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーWiiFlow Lite v5.4.3をリリースしていました。チートメニューの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 15.5.1をリリースしていました。インターネット接続が無い状態でゲームがマルチプレーヤーサーバーへ接続しにいくとクラッシュする不具合の修正が変更点です。

●Mednafen Teamが、任天堂やセガなどのレトロゲーム機やApple II/II+やネオジオポケット、ワンダースワンなどもサポートしたWindows向けのレトロゲームのマルチシステムエミュレータMednafen 1.24.1をリリースしていました。ファミコンでCPUエミュレーションコードのマクロ修正などが変更点です。


『あつまれ どうぶつの森』 セーブデータエディタの危険な存在

先日『あつまれ どうぶつの森』がエミュレータで動いてるよ、という記事でセーブデータエディタの存在に関するコメントをいただきました。
この件は記事化するのを見送っていたのですが、コメントをいただいたということはセーブデータエディタを探している人が多いのではないかと思い、注意喚起の意味も含めて記事を書くことにしました。

ACNH

→→→続きを読む


GameGaz Daily 2020.3.23

●ツイッターで、ツイッターで、Team RebugのAboshi2011氏(evilsperm氏)がNintendo SwitchのMODチップSwitchMEが標準ペイロードとしているhekate – CTCaer modのアップデートを受けてSwitchME向けペイロードUF2_SwitchME_Payloads/CTCaer_5.1.3_Nyx_0.8.6をリリースしていました。

●GitHubで、16BitWonder氏がNintendo Switchにインストールされたタイトルのバージョンをチェックしてアップデートが存在するかどうかをオフラインで確認することができるユーティリティNX-Update-Checker v1.2.0をリリースしていました。タイムスタンプをsdmc:/Available-Updates.txtへの書き出しでつけるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 15.5.0をリリースしていました。Generate LauncherのGUI改良などが変更点です。


GameGaz Daily 2020.3.22

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo Switch向け多機能ブートローダーとなるbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate – CTCaer mod v5.1.3をリリースしていました。7.0.0より古いバージョンのファームウェアでの起動の不具合修正などが変更点です。hekateのGUIであるNyx v0.8.6もあわせてリリースされています。タッチスクリーンに不具合があったときにVOL-とVOL+同時押しでNyxを起動することでタッチスクリーンの強制再キャリブレーションをする仕組みにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、RetroNX Teamのm4xw氏がNintendo SwitchとPC間でUSB接続によりMTP(Media Transfer Protocol: メディア転送プロトコル)を使ってファイルの転送を行うことができるサーバーアプリケーションmtp-server-nx 1.2mtp-server-nx 1.3をリリースしていました。ストレージを開いたときにクラッシュする不具合の修正(1.2)や、ファイル/フォルダ削除時のデータベースの不具合修正(1.3)が変更点です。

●GitHubで、J-D-K氏がNintendo SwitchのUIを自分で作るためのユーティリティJKSV 03.21.2020をリリースしていました。利便性向上が変更点です。

●GitHubで、masagrato氏がNintendo SwitchのゲームからFPSの情報を集めるためのSaltyNXプラグインNX-FPS 0.3をリリースしていました。グラフィック用APIのVulkanサポートにより『DOOM 64』などのゲームをサポートしたことが変更点です。

●GitHubで、Murasaki64氏が3DSのFBIにあるQRコードインストール機能で利用するためにローカルPCにあるciaファイルのQRコードを生成することができるWindows向けユーティリティPoyoInstaller v2.1.1をリリースしていました。Windowsの32bitバージョンのサポートなどが変更点です。

●GitHubで、fmudanyali氏がVitaでプレイした時間を表示するプラグインBetterTrackPlug 1.0.1BetterTrackPlug 1.0.2をリリースしていました。Rinnegatamante氏のTrackPlugの改良版となっていますが、初期バージョンは名称がオリジナルと同じTrackPlugでややこしかったのですが、今回からBetterTrackPlugと名前が変わりました。カーネルプラグインとして作り直したことや30FPSではなく60FPSで動作するようにしたこと(1.0.1)、消しているはずのゲームが表示されてしまう不具合の修正(1.0.2)などが変更点です。

●PSXHAXで、Kairess氏がPS4のコントローラーであるDualShock 4をPCのマウスとして使用するためのPythonスクリプトPS4 Controller to Mouseをリリースしたことを伝えていました。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.8.5をリリースしていました。