Nintendo Switchのもうひとつの新型高性能モデル 10月には発売か

Nintendo Switchに派生バージョンとして携帯専用機のモデル「Nintendo Switch Lite」が発表されましたが、Switchにはもう一つ、高性能になった新型が存在すると言われています。Switch Lite正式発表に伴い今まで出てきていた新型Switchの情報が噂ではなく事実だったことが分かり、未発表のもう一つの高性能版(一部でPro版と呼ばれているモデル)に注目が集まっています。

その高性能版Switchの情報を集めてみたところ、ある一つの可能性が見えてきました。それは高性能版Switchの年内発売です。

続きを読む


GameGaz Daily 2019.7.14

●ツイッターで、Lapy05575948氏がPS4向けに最近リリースしたHomebrewゲームやユーティリティのソースコードを公開していました。公開されたのは以下の4つのHomebrewです。
・ファミコン初期のゲーム『ダックハント』をリメイクしたDuck Hunt PS4 1.01
・黄色い車を操作して画面内を走り回る赤い車から逃げ回るゲームOvercome PS4 1.03
・フル管理者権限で動作するPS4向けのファイルエクスプローラPS4-Xplorer 1.17
・ファミコン初期のゲーム『ワイルドガンマン』をリメイクしたWild Gunman PS4 1.02

●Bitbucketで、SilicaAndPina氏が市販のVita(CEX)にREXファームウェア(Retail-Debug:市販機で動作するテストキットファームウェア)をインストールすることができるCEX-2-REX 2.0をリリースしていました。ファイル構造などをチェックするVita-Checker-Installerの機能を内包したことが変更点です。

●GitHubで、sacredbanana氏がEpic GamesのWindows向けFPSゲーム『Ken’s Labyrinth』の無料配布版をNintendo Switchに移植したKen’s Labyrinth(lab3d/sdl) 4.0.1をリリースしていました。CMakeビルドシステムを追加したことなどが変更点です。
[追記]
macOS版も加えたKen’s Labyrinth(lab3d/sdl) 4.1.0がリリースされています。これでSwitch、Windows、Linux、macOS版が揃いました。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchを2019年7月30日にSteamで無料プレイのゲームとしてリリースすると発表していました。まずはWindows版からで、その後Linux版とmacOS版をリリースする計画です。


PS4の6.80ベータテスト終了 6.81リリースへ

しばらく行われていたPlayStation 4 システムソフトウェア バージョン6.80が終了し、近く6.81が正式リリースされるようです。(Samet Chanさん、哘雅楽乃さん情報ありがとね)

続きを読む


『PCエンジン mini』 10,500円で2020年3月19日発売

コナミデジタルエンタテインメントが、家庭用ゲーム機『PCエンジン mini』を2020年3月19日(木)に発売すると発表していました。

続きを読む


GameGaz Daily 2019.7.12

●ツイッターで、switchrootチームがswitchroot.org公式サイトの運営サーバーを変更したと公表していました。サーバーを引っ越ししただけなのでURLは特に変更ありません。

●Arisotura氏が、Windows/Linux向けのニンテンドーDSエミュレータmelonDS 0.8.2をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、Hydr8gon氏がWindows/Linux向けのニンテンドーDSエミュレータmelonDSをNintendo Switchに移植したmelonDS 0.8.2 for Switchをリリースしていました。ベースを0.8.2にしたことやOpenGLレンダラーの追加などが変更点です。

●ファミ通.comで、Nintendo Switch Lite発売後の注意点として2台目のSwitchを購入したときのセーブデータやアカウントなどの注意点まとめを公開していました。結構わかりやすい記事だと思います。


GameGaz Daily 2019.7.11

●PSXHAXで、OfficialAhmed氏がPS4HENを使用しているためPSN接続しないようにしているユーザー向けにPS4のトロフィーデータのレベルをチェックすることができるユーティリティMyTrophies Beta 0.1をリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、Thealexbarney氏がNintendo Switch向けのファイルフォーマットを読み込むための.NET/ .NET CoreライブラリLibHac v0.5.0をリリースしていました。複数ファイルシステムをマウントできるFileSystemManagerの追加などが変更点です。

●GitHubで、developersu氏がSwitchのTinFoil(USBおよびネットワーク対応)とGoldLeaf(USB対応)のJava環境PC向けNSPインストーラーNS-USBloader 0.52をリリースしていました。スペイン語対応とポルトガル語の修正が変更点です。

●GitHubで、developersu氏がSwitchのTinFoil(USBおよびネットワーク対応)とGoldLeaf(USB対応)のAndroid向けNSPインストーラーNS-USBloader mobile v0.1をリリースしていました。
NS-USBloader mobile

●GitHubで、evo-brut3氏がNintendo Switch向けのファイルエクスプローラーApollo 0.1をリリースしていました。
Apollo

●GitHubで、SegFault42氏がNintendo SwitchでSDカード内のファイルやフォルダをクラウド(現在はDropboxのみ)に直接アップロードすることができるユーティリティBackupNX 0.1をリリースしていました。
BackupNX

●9to5Googleで、GoogleがGoogleのゲームストリーミングサービスStadia(スタディア)のFAQを更新し、Stadiaへのサインアッププロセスやコントローラー、ゲームの所有権、クーポンコードについての情報が公開されたことを伝えていました。FAQでは以下の情報が追加されました。
・StadiaはGoogleアカウントへ紐付けされるため、アカウントの切り替えは可能。購入時のクーポンコードはアカウントのメールに配信されるが別のGoogleアカウントでStadiaにログインしていてもクーポンコードは使用可能
・パブリッシャーがStadiaから手を引いたとしても購入したゲームはプレイできる(規定と言うよりも目標っぽいのが心配)
・コントローラーはBLE(Bluetooth Low Energy)で接続してセットアップ後はWi-FiまたはUSB接続で使用
・リリース時にStadiaがサポートするモバイルデバイスはPixel 3/Pixel 3a(3a/3a XL/3/3XL)とChrome OSのタブレットのみ。