Nintendo Direct一覧

GameGaz Daily 2022.2.10

●GitHubで、victorrjimenezz氏がPS4でHomebrewのPKGをPS4で直接リポジトリからダウンロード・インストールすることができるユーティリティPS4 Package Manager(4PT) v2.50をリリースしていました。レポジトリローディング速度の最適化などが変更点です。

●GitHubで、victorrjimenezz氏がPS4でHomebrewのPKGをPS4で直接リポジトリからダウンロード・インストールすることができるユーティリティPS4 Package Manager(4PT)のためのリポジトリを自分でホストするためのリポジトリを自分で構築するための4PT-RepositoryをGUI化したWindows/macOS向けユーティリティ4PT Repository GUI v1.20をリリースしていました。サーバーを停止させたときにクラッシュする不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、avan06氏がPS4のゲームのチートコードを探すためのWindows向けユーティリティPS4CheaterNeo 0.9.5.0-betaをリリースしていました。チートの値をキーボードの上下キーやマウスホイールで設定できるようにしたことが変更点です。

●GitHubで、 Cpasjuste氏が一般的なビデオフォーマットをサポートし、字幕やhttpストリーミングにも対応したNintendo Switch/PS4向けのビデオプレーヤーpPlay v3.7をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、zaksabeast氏がNintendo Switch『ポケットモンスター ソード・シールド』をプレイ中にTeslaを使ってポケモンのデータなどを表示することができるオーバーレイメニューCaptureSight v0.12.1をリリースしていました。『Pokémon LEGENDS アルセウス』v1.0.2のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、proconsule氏がNintendo Switch向けのメディアプレーヤーNXMP v0.6.1をリリースしていました。UPnPやNFS、テーマのサポートなどが変更点です。

●xbinsで、Team CerBiosが初代Xbox(Xbox V1.0 – 1.3のみ)向けのカスタムBIOS CERBIOS Alpha Release V1をリリースしていました。CERBIOSにより最大8TBのHDDサポートやフル128MB RAMサポート、非署名コードやバックアップ起動が可能になります。

●本日朝Nintendo Direct 2022.2.10が放送されました。個人的には『春ゆきてレトロチカ』に一番惹かれました。

●PlayStation.Blogで、リアルドライビングシミュレーター『グランツーリスモSPORT』で世界最高峰のドライバーと競いあうことができるようになったAI(人工知能)『グランツーリスモ・ソフィー』をポリフォニー・デジタル、ソニーAI、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが共同開発したことを発表していました。人工知能が人間の技術に近いドライビングテクニックを身に付けることができることを示したもので、ゲームだけに留まらず自動車の自動運転への応用ができれば社会を変える技術に繫がる可能性も見えてきます。

●GitHubで、 Cpasjuste氏が一般的なビデオフォーマットをサポートし、字幕やhttpストリーミングにも対応したNintendo Switch/PS4向けのビデオプレーヤーpPlay v3.8をリリースしていました。PS4版の不具合修正が変更点です。

●GitHubで、darkxex氏がNintendo Switch向けのメディアプレーヤーNXMP v0.6.2 Rev 1(Nightly Build)をリリースしていました。TVモードでは1080p、携帯モードでは720pで動作するようにしたことが変更点です。

●GitHubで、FluBBaOfWard氏がNintendo DS向けのワンダースワンエミュレータNitroSwan v.0.3.0をリリースしていました。SRAMエミュレーションの追加などが変更点です。


GameGaz Daily 2022.2.8

●GitHubで、OfficialAhmed氏がPS4と同一ローカルネットワーク上にいるWindows PCからFTPでPS4のアイコンを簡単に変更することができるWindows向けユーティリティIconit v4.72をリリースしていました。すべてのHomebrewのアイコン変更に対応できるようにしたことやシステムアイコンの変更に対応するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、darkxex氏がNintendo Switch向けのメディアプレーヤーNXMP v0.6.1 Rev 4(Nightly Build)をリリースしていました。字幕のシャドウ強度やシャドウの場所調整に対応したことなどが変更点です。
darkxex氏はproconsule氏のフォークとして独自のリポジトリでNXMP v0.6.1_rev5としてもリリースしています。
[追記]
補間設定をイメージ設定へ移動させる等の改良をしたNXMP v0.6.1 Rev 5(Nightly Build)NXMP v0.6.1 Rev 6(Nightly Build)がリリースされています。

●PSX-Placeで、alexparrado氏がPS2のメモリーカードを使ったexploitでHomebrewを起動することができるFORTUNAをリバースしてオープンソース化したHomebrew Launcher OpenTuna v2.0.1をリリースしていました。

●GitHubで、berichan氏がNintendo SwitchをWi-Fi接続を介してリモートコントロールしたりゲームのメモリデータへの読み書きを行うことができるシステムモジュールsys-botbase v2.1をリリースしていました。バーチャルコントローラーがきちんと接続できなかった不具合の修正が変更点です。

●PSX-Placeで、Crystal氏がマルチシステムエミュレータのPS4版RetroArch PSX-Place Community Edition(RetroArch_PSX_CE) Beta#4をリリースしていました。

●GitHubで、Fledge68氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーWiiFlow Lite v5.5.2をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。

●GBATempで、EverSDチームが大手ゲームパブリッシャーやコンソールプラットフォームのレトロゲーム(公式ライセンスを受けたゲームタイトル)をカートリッジ方式で遊べる英Evercade社が発売した携帯ゲーム機「EVERCADE」でSDカードからHomebrew起動を可能にするカートリッジEverSDのmicroSDカードにあるゲームと同期させてゲームの管理をすることができるWindows向けユーティリティEverLoader 2.0をリリースしていました。
everloader2

●GitHubで、kwsch氏がWindows向けのポケモンセーブデータエディタPKHeX 22.02.04をリリースしていました。

●Ryujinxチームが、Windows/Linux向けNintendo SwitchエミュレータRyujinx 1.1.21 – 2022-02-08をリリースしていました。実装されていなかったCPUの命令(SHSUB8とUHSUB8)を追加したことが変更点です。

●任天堂が、2022年上半期に発売を予定しているタイトルを中心とした2月10日(木)朝7時より「Nintendo Direct 2022.2.10」を放送すると発表していました。


Nintendo Direct 2021.9.24 Nintendo Switch Onlineの追加プランでNINTENDO64とメガドライブに対応

任天堂が、本日放送した「Nintendo Direct 2021.9.24」の中で新たな料金プランでNINTENDO64とメガドライブをプレイできるようにする「Nintendo Switch Online+追加パック」を発表していました。

Nintendo Switch Online1

→→→この記事の続きを読む