yuzu一覧

GameGaz Daily 2019.12.4

●PS2-HOMEで、krat0s氏がPS2向けのHomebrew Launcher Fortunaをリリースしていました。PS2 Slim版とPS2 FAT版でFortunaが分かれており、現時点ではSlim版のみ配布されています。PS2のメモリーカードを使ったハックで、メモリーカードに書き込んだFortunaをPS2に読み込ませてuLauchELFを実行する形になります。メモリーカードの読み書きができる環境が必要です。
Fortuna

●CNET Japanで、SIEが25年で4億5000万台を販売したPlayStationが「史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド」としてギネス世界記録に認定されたことを発表したと伝えていました。PlayStationシリーズの累計販売台数の記録になっているため名称をPlayStationから変えない限り記録は伸び続けます。新型を出すごとに名称を変えている任天堂では決して達成できない数字です。

●PSX-Placeで、bucanero氏がpkgインストールやNoNpDrm偽ライセンスでpkgのダウンロードやアンパックを行うことができるPS Vita向けのpkgjをPS3へ移植したPKGi PS3 betaをリリースしていました。先日bucanero氏が開発していることを公表していたものです。
PKGi PS3

●GitHubで、Yoti氏がVitaの偽ライセンスを使用しPlayStation MobileコンテンツのDRM(デジタル著作権管理)を回避して起動するためのユーティリティPSM Manager v2.1をリリースしていました。PSMタイトル起動には別途NoPsmDrmとNoNpDrmのプラグインが必要です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r714をリリースしていました。『Metal Gear Solid: The Twin Snakes』でクラッシュする不具合の修正やSDカードの互換性向上などが変更点です。

●Switchエミュレータyuzu開発チームがyuzu Early Accessで配布している最新ビルドでグラフィック用APIのVulkanをサポートしたことを発表していました。
yuzu_Vulkan_GUI


GameGaz Daily 2019.12.2

●GitHubで、theheroGAC氏がVita向けのAdrenaline、pkgj、Autopluginを簡単にインストールしてくれるユーティリティAuto Installer vpk 1.15をリリースしていました。
システムパフォーマンスの改善やAutoplugin v4.10 finalへのアップデート、Adrenaline Bubble Manager v6.10の追加が変更点です。
なお、AutopluginはAutoplugin 4.08が最新版でアップデートのたびにバージョンは0.01ずつ加算されてきていますからAutoplugin v4.10は今後2回分のアップデートを経たものということに計算上はなります。Final(ファイナル)という名称が付いているのも理由は分かりませんが、Autopluginの開発を終了し、先行してAutoplugin v4.10をAuto Installer vpk 1.15に入れた可能性があります。

●GBATempで、NicoAICP氏がNIntendo Switch『ポケットモンスター ソード・シールド』のWindows向けコンパニオン(連携)アプリケーションWinDex v0.1をリリースしていました。現時点ではできることは限られていますが、ポケモンのエントリーナンバーやポケモン名の表示などは可能です。
WinDex

●Switchエミュレータyuzu開発チームがPatreonでの支援者向けに配布するyuzuビルドバージョンとしてビルドから配布までを自動化したyuzu Early Accessを公開していました。開発側の配布の手間を削減することが主な目的ですが、ユーザー側ではアップデートがあるとインストーラーにダイレクトでプッシュ通知が来ます。

●GitHubで、MenosGrante氏がAndroidデバイスを使ってNintendo SwitchでFusée Geléeペイロードを起動することができるペイロードランチャーRekado 3.2.4をリリースしていました。設定画面からアカウントの色を変更しようとするとクラッシュしてしまう不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.96dをリリースしていました。キー生成ミスマッチの不具合修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.11.17

●GitHubで、joel16氏がPSP向けのファイルマネージャーCMFileManager PSP v3.20をリリースしていました。EBOOTランチャーメニューの改良や設定の仕組みの改良などが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 4.06をリリースしていました。要求ファームウェア3.69以降のタイトルを3.68/3.65/3.60のVitaで起動させるためのreF00Dプラグインのkey.binの更新(ここで配布されている3.69+に対応するためのkey.binに入れ替えたのだと思われます)やux0にrePatchフォルダを作成し、ux0:patchと同じ機能を持たせることができるカーネルプラグインrePATCH 2.71の追加(最新版だと問題があるため旧バージョンを追加したようです)などが変更点です。

●GitHubで、badda71氏がコモドール64エミュレータ C64をNintendo 3DSに移植したvice3DS v2 RC3をリリースしていました。起動時のオートスタート機能の強化や不具合修正などが変更点です。

●DarkAkuma氏が、ファミコンオンラインやスーパーファミコンオンラインのアプリとしてゲームを追加管理することができるWindows向けユーティリティCaVE Database Manager v1.0.2.0をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●ツイッターで、Switchエミュレータyuzu開発チームがyuzuで『ポケットモンスター ソード・シールド』が起動したと報告していました。バグがあるため普通にプレイできるところまでは行き着いていないようですが、最初から発売直後のゲームが起動できるのは驚きです。

●GitHubで、kwsch氏がWindows向けのポケモンセーブデータエディタPKHeX 19.11.15をリリースしていました。『ポケットモンスター ソード・シールド』に対応したことなどが変更点です。
PKHeX

●GBATempで、Sakitoshi氏がNintendo 3DSでマルチシステムエミュレーターRetroArchを介さずPS1をプレイできるようにCIAファイルを作成するためのWindows向けユーティリティPS1 Forwarder Creator 1.7.3をリリースしていました。old3DSでは動作速度が足らないためnew3DS専用CIAとなっています。
PS1 Forwarder Creator

●GBATempで、TheyKilledKenny氏がNintendo SwitchのAtmosphere\SXOSのeMMC/emuNANDパーティションを他のSDカードにコピー・ムーブ・バックアップ・リストアすることなどができるWindows向けmunNAND管理ユーティリティEmuTool Version 0.2.6をリリースしていました。
EmuTool

●GBATempで、PS Vita向けのAction Replay (PSPAR)チートコード互換のポインタスキャンユーティリティTempAR – Vita Version V3.01 Pre-releaseをリリースしていました。
TempAR - Vita Version

●GitHubで、theheroGAC氏がHENkaku環境のVita向け多機能シェルアプリVitaShellの非公式版VitaShell v2.0 unofficialをリリースしていました。SELECTボタンに不具合を抱えるユーザーがいたためSELECTボタンをLトリガーへ変更する機能をなくしたそうです。

●GBATempで、dcnigma氏がNintendo SwitchのオープンソースカスタムMOMEメニューuLaunchのインストール・アンインストールやアップデート、テーマインストールなどを行うことができるユーティリティDC uLaunch Updater 0.0.3をリリースしていました。

●GitHubで、masagrator氏が通常は自動でチェック判定されるSwitchの携帯モードとTVモードを入れ替えることでグラフィック設定などモード設定に依存している各種制限を解除したりすることができるSaltyNXプラグインReverseNXに関連し携帯モードとTVモードのフラグ入れ替えなどを簡単に行うことができるユーティリティReverseNX-Tool 1.3をリリースしていました。
ReverseNX-Tool

●Andreas Smas氏が、PS3/Linux(Ubuntu)/macOS/Androidなどのデバイスをホームシアターにすることができるユーティリティmovian v5.0.546をリリースしていました。

●Arisotura氏が、Windows/Linux向けのニンテンドーDSエミュレータmelonDSの今後についてJITブランチのベータ版リリースやARチートコードのサポートを予定していることを公表していました。


GameGaz Daily 2019.10.10

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.92をリリースしていました。nspファイルのnszを利用した圧縮・伸張機能の実装などが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v10.1.0をリリースしていました。3DSでのワイドスクリーンハック対象タイトルの追加やアップデートや.ndsファイルを_ndsフォルダに移動したことなどが変更点です。

●GitHubで、badda71氏がコモドール64エミュレータ C64をNintendo 3DSに移植したvice3DS v1.6をリリースしていました。上下画面のアップデートルーチンを最適化しまとめることでパフォーマンスを改善したことなどが変更点です。

●GitHubで、rkitover氏がWindows/Mac向けのゲームボーイアドバンスエミュレータVisual Boy Advance – M v2.1.4をリリースしていました。

●PPSSPP公式サイトで、Henrik Rydgard氏がオープンソースのAndroid/Windows向けPSPエミュレータPPSSPP 1.93をリリースしていました。『 God of War』など特定のゲームでの不具合修正などが変更点です。

●ツイッターで、byuu氏がパフォーマンスと使いやすさに重点を置いたマルチプラットフォーム向けスーパーファミコンエミュレータbsnes v111.3をリリースしていました。不具合修正や3%のパフォーマンス改善などが変更点です。

●PSX-Placeで、VTSTech氏がPS2のバックアップISOファイルをスキャンしてELFファイルヘッダを検出してリストアップするためのPythonスクリプトVTSTech-ELFScan v0.0.2をリリースしていました。
VTSTech-ELFScan

●ツイッターで、Switchエミュレータyuzu開発チームが『ゼルダの伝説 夢をみる島』の動作を改善するなどの改良をした10月のPatreon版をリリースしたことを発表していました。


GameGaz Daily 2019.9.9

●ツイッターで、GambikulesZ氏がFPSゲーム DOOMをUnity 3Dを使ってPS Vitaに移植したDooM Vita v0.8をリリースしていました。

●ツイッターで、dots_tb氏がVita開発ツールとしてUNITYでのゲームのデバックログを取得することができるプラグインunitydebugをリリースしていました。

●PSX-Placeで、DeViL303氏がPS3のxmlファイルを改変することでXMBから直接ポッドキャストを再生することができるXMB Mod PS3 Podcast Player Modをリリースしていました。

[追記]
PS3 Podcast Enabler v1.00という名称でリリースされています。

●PSX-Placeで、SedanチームのPolybiusOfficial氏が開発を発表したPS3 4.85ベースのCEX CFW Sedanについてフォーラム管理人のSTLcardsWS氏が実績もないし誰だか分からない君たちが何も出してない段階でフォーラムで寄付を募るのはあり得ないとして寄附のリンクを削除し、まず実績を残せとの投稿をしていました。ニュースとしてお伝えしてしまった立場上、こういうことになっていますという事実をここでもお伝えしておきます。

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、macOSで利用できるPS3等のメディアサーバーアプリケーションUniversal Media Server v9.0.0をリリースしていました。9.0.0の正式版です。Javaインストールが全OSで不要になったことなどが変更点です。

●ツイッターで、Switchエミュレータyuzu開発チームがアップスケールレンダリングに対応したyuzu新バージョンのPatreon版をリリースしたことを発表していました。