DS4Windows一覧

GameGaz Daily 2019.8.13

●GitHubで、inthecatsdreams氏がVitaのボリュームレベルを物理ボタンを使わずに0から30までの値を入力することで変更できるようにしたユーティリティvita-volume 1.2-1をリリースしていました。ボリュームボタンが効かなくなってしまったVita向けです。

●GitHubで、LightningMods氏がPS4のHEN 2.1にPS4FTPの機能を統合し、これだけでHTTPプロトコルを使いブラウザでパッケージファイルをリモートでインストールするRemote Package Installerを使うことができるユーティリティinfinix-Package-Installer-Payload v1をリリースしていました。

●GitHubで、Thealexbarney氏がNintendo Switch向けのファイルフォーマットを読み込むための.NET/ .NET CoreライブラリLibHac v0.5.1をリリースしていました。hactoolnetでは必要があればセーブデータに署名をするようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v1.7.15をリリースしていました。ジャイロステアリングホイールモードの動作を変更したことなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v9.0.3をリリースしていました。DS/DSi/3DSでGBAゲームを起動させるGBARunner2のマニュアルページを更新したことなどや、『ポケットモンスター プラチナ』『ロックマンゼクス』で不具合を修正したためLボタン押しながら起動する必要がなくなったことなどが変更点です。
[追記]
TWiLightMenu++ v9.0.4がリリースされました。ワイドスクリーンのチェック機能が追加されたことやバグ修正が変更点です。


GameGaz Daily 2019.7.31

●GitHubで、xerpi氏がVitaの画面をUSB経由でPCにストリーミング送信するためのカーネルプラグインudcd_uvc v1.4をリリースしていました。OLED/LCDごとに別ビルドのプラグインを用意することでUSB接続によってOLED/LCDディスプレイのON/OFFをサポートしたことが変更点です。以下のようになっています。
・udcd_uvc.skprx: ディスプレイのON/OFF機能なし
・udcd_uvc_oled_off.skprx: ディスプレイのON/OFF機能あり/ OLED Vita(Vita 1000)向け
・udcd_uvc_lcd_off.skprx: ディスプレイのON/OFF機能あり/ LCD Vita(Vita 2000)向け

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v1.7.14をリリースしていました。ViGEmインストーラーのフラグを使わないようにして普通のインストールプロセスにしたことやサスペンドのルーチンからリジュームする際のディレイ時間を増やしたことが変更点です。

●PSXHAXで、Raiman264氏がAmazonのAIアシスタントAlexaでPlayStation 4を制御できるようにするPS4 Alexaプロジェクトを開発中であることを伝えていました。

●任天堂が、Googleより配信中のニンテンドー3DSダウンロードソフト『Youtube』について『Youtube』サービスを2019年9月3日(火) 午前9:00で終了すると発表していました。ニンテンドーeショップでの配信も終了します。まだ3DSは現役のゲーム機ですが、実際にはサービス終了に向けて着々と準備されている印象です。

●任天堂が、2019年6月末時点の全世界累計ゲーム専用機販売実績を公表していました。
Nintendo Switch: ハード:3,687万台 / ソフト:2億1,013万本
ニンテンドー3DS: ハード:7,528万台 / ソフト:3億7,960万本
Wii U: ハード:1,356万台 / ソフト:1億291万本
Wii: ハード:1億163万台 / ソフト:9億2,096万本
ニンテンドーDS: ハード:1億5,402万台 / ソフト:9億4,866万本
ゲームボーイアドバンス: ハード:8,151万台 / ソフト:3億7,742万本
ゲームボーイ: ハード:1億1,869万台 / ソフト:5億111万本
ニンテンドーゲームキューブ: ハード:2,174万台 / ソフト:2億857万本
ニンテンドウ64: ハード:3,293万台 / ソフト:2億2,497万本
スーパーファミコン: ハード:4,910万台 / ソフト:3億7,906万本
ファミリーコンピュータ: ハード:6,191万台 / ソフト:5億1万本

●Eurogamerで、2019年6月末時点の全世界でのPlayStation 4出荷台数が1億台を突破したことを伝えていました。

●GitHubで、Reicastチームのskmp氏がマルチプラットフォーム向けのセガDreamcast エミュレータReicast r19.07.4をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.7.30

●ツイッターで、Yifan Lu氏がHENkaku3周年を記念してVitaでのF00Dコード実行についての解説記事を公開したことを発表していました。Yifan Lu氏のブログで公開されています。内容が専門的なので興味のある方だけご一読していただくのが良いかと思います。

●ツイッターで、CelesteBlue123氏がPS VitaでブラウザアクセスによりVitaをハックすることができるQuickHEN_PSVITAがファームウェア2.00〜3.20をサポートしたと発表していました。

●GitHubで、 xerpi氏がPS Vita向けのLinuxをビルドする方法を紹介していました。xerpi氏はPS VitaでLinuxを起動するために必要なLinuxローダーカーネルプラグインPlayStation Vita Linux LoaderとVita向けLinuxカーネルをリリースしていますが、そのVita Linux Loaderで起動するためのLinuxカーネルのビルド方法が書かれています。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v1.7.13をリリースしていました。カスタムベゼルカーブの実装などが変更点です。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.89をリリースしていました。アドバンスドモードに紐付けされたアカウントの要求に応じてパッチする”patch a linked account requirement”の設定を追加したことなどが変更点です。

●Xda Developersで、gorei23氏がSwitchハックに詳しくない人向けのNintendo SwitchにAndoridをインストールするための手順を公開していました。私もこの記事で手順は書いてますが、Switchハックに詳しくてAndroidに詳しくない人向けにアレンジして書きました。gorei23氏のはその逆でAndroidに詳しくてSwitchに詳しくない人向けです。

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、macOSで利用できるPS3等のメディアサーバーアプリケーションUniversal Media Server v9.0.0-b2をリリースしていました。Windows版とLinux版のみの不具合修正ですが、macOS版には変更がないためv9.0.0-b1のままです。


GameGaz Daily 2019.7.7

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo Switch向け多機能ブートローダーとなるbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate – CTCaer mod v5.0.1をリリースしていました。6.2.0のkeygenの修正や6.0.x/6.1.0への起動の不具合修正などが変更点です。またhekateのGUIであるNyx v0.8.1も併せてリリースされています。起動時にハングアップしたりフレームバッファーの問題といった不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v1.7.12をリリースしていました。サスペンドの時の待機時間を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/macOS/Linux向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.0.9をリリースしていました。ファイルダウンロードの方法を変更することでエラーが出ないようにしたことや、新しいプログレスバーを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、jakibaki氏がNintendo Switchのバックグランドでftpdサーバーを起動させておくためのシステムモジュールsys-ftpdをリリースしていました。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.15.10をリリースしていました。自動アップデートの追加やスクリーンショットが自動でフォルダに保存されるようにしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.6.25

●GitHubで、Bamhm182氏がTheFloW氏の3.69/3.70 VitaをJailbreakするTrinityの面倒な準備作業をほぼ自動化してくれるユーティリティFinTrinity v0.6をリリースしていました。スペースが入っているユーザー名の時の不具合の修正やmacOSでも不具合の修正が変更点です。

●ツイッターで、masterzorag氏がPS4でのHomebrew開発のためのライブラリliborbisでmp3デコーダーminimp3を利用してのmp3デコードが可能になったことを公表していました。

●GitHubで、devnoname120氏がPS VitaでHomebrew開発をより簡単にするために外部からアプリケーションを開いたりなどの際Vita側での操作を減らすためFTPサーバー(ポート1337をオープン)やコマンドサーバー機能(ポート1338をリスン)を持たせることができる開発者向けプラグインVitacompanion 1.00をリリースしていました。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v1.7.11をリリースしていました。カーブ設定の改良などが変更点です。

●ファミ通.comで、元任天堂代表取締役社長の岩田聡氏のインタビューや発言を収録した『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』の書籍が発売されることを伝えていました。「ほぼ日刊イトイ新聞と任天堂公式ページに掲載された記事から、岩田聡さんのことばや思いを再構成」した本になっているそうです。

●ファミ通.comで、SIEがネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」が近日出荷を完了することを伝えていました。

●GitHubで、DarkMatterCore氏がNintendo Switchのゲームカードダンプをすることができるユーティリティgcdumptool改めnxdumptool v1.1.2をリリースしていました。アップデータ入りのゲームカードからチケットレスのNSPダンプが生成できるようになったことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.6.9

●GitHubで、xps3riments氏がPS3のブラウザで直接ゲームのダウンロードやPSNライセンス関連データが入っているrapファイルのインストールを行うことができる、ネットワーク上にあるISOファイルを起動できるようにするps3netsrvも統合したユーティリティlocalSTORE v1.0.2をリリースしていました。HEN 2.2.1に対応したアップデートです。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v1.7.10をリリースしていました。対応コントローラーの追加などが変更点です。

●GitHubで、fgsfdsfgs氏がFPSゲームDoomの改造エンジンZDoomにOpenGLレンダリングを加えたものをNintendo Switchに移植したGZDoom nx4.2pre-3をリリースしていました。

●leecherman(LMAN)氏が、PSP/PS1バックアップゲームやHomebrewをVitaのLiveAreaのバブルから直接起動することができるプラグインAdrBubbleBooter(Adrenaline Bubble Booter)と同じ機能をセットアップを簡単にするためにVPKバージョンにした Adrenaline Bubble Booter(AdrBubbleBooter) VPKEdition v1.1をリリースしていました。Vita TV以外ではUSBの設定を非表示にする設定を用意したことやLiveAreaバブルでのAdrBubbleBooterのバージョン表記を修正したことが変更点です。

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.27をリリースしていました。Adrenaline Bubble Managerで作成したバブルをxxx.isoのようにファイル名を変更できるようにしたことやAdrenaline Bubble Booter v1.1に対応したことが変更点です。