rpcs3一覧

GameGaz Daily 2021.7.1

●Torrentfreakで、任天堂が違法にROMを配布するサイトRomUniverseに対して損害賠償請求を求めた訴訟カリフォルニアの地方裁判所がRomUniverseの運営者Matthew Storman氏に対し210万ドル(約2億3000万円)の支払いを命じたことについて、判決ではRomUniverseの恒久的な差し止め命令が認められなかったため、任天堂はサイトの復活を危惧して再審理の申し立てを行ったと伝えていました。判決前にMatthew Storman氏と任天堂とでサイト閉鎖に合意、閉鎖された後に判決が出された時系列の関係で、裁判所が任天堂側に著作権侵害の差し迫った脅威は存在しないと判断し差し止めを認めませんでした。これに対して任天堂は不服を申し立てたことになります。Matthew Storman氏側は裁判所が要求した毎月50ドルの支払いも実行しておらず、任天堂側の弁護士がMatthew Storman氏と6月頭に電話で話したところ、任天堂のROMはもう配布しないと確約したもののサイトの復活自体は否定はしなかったことが任天堂の再審理の申し立てに繫がったようです。

●GitHubで、nkrapivin氏がGameMaker Studio 2を使ってSwitchのHomebrewをビルドすることができるユーティリティRussellNX v1.5.1をリリースしていました。ビルド前にアイコンのディレクトリを強制的に作成するようにしたことが変更点です。

●GitHubで、Brionjv氏がNintendo SwitchのMiitopiaのセーブデータを改変することができるユーティリティMiitopia Save Editor Version 1.5.0をリリースしていました。すべてのgrubsを編集できるようにしたことが変更点です。

●PSXHAXで、MrReekoFTWxD氏がPS4の開発者向けPRXモジュールドライバライブラリlibSceUtils 1.00をリリースしたことを伝えていました。

●GameSpotで、マイクロソフトのXbox部門最高責任者のPhil Spencer氏がIGNのポッドキャストの中でXbox Series X|Sの今後のハードウェアアップグレードについて来年いっぱいまでは発売を計画していないと語ったことを伝えていました。ハードウェアの変更があるとすれば少なくとも2023年以降となるようです。

●GitHubで、RPCS3チームがWindows/Linux向けのPS3オープンソースエミュレータRPCS3 v0.0.17 Alphaをリリースしていました。

●GitHubで、weihuoya氏が3DSエミュレータCitraを非公式にAndroidに移植したCitra for Android 20210701をリリースしていました。

●GitHubで、MAME開発チームのcuavas氏が過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的として、MAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という名前のまま進化しているマルチシステムエミュレータMAME 0.233をリリースしていました。


GameGaz Daily 2021.5.23

●ツイッターで、Lapy05575948氏がアナログスティック2つで自機2機を同時に操作する、オリジナルの縦スクロールゲーム(KyûHENコンテスト参加作品)Brain Splitter 1.02をベータテスター向けに配布したことを公表していました。変更内容はメインメニューの刷新やゴーストモード搭載などです。ベータテストで問題なければリリースされます。

●ツイッターで、Karo氏がPS4Trainerチームがブラウザアクセスで簡単にゲームMODを可能にするウェブサイトのオフライン版PS4Trainer Offlineをアップデートしたことを公表していました。URLはhttp://karo218.ir/restore/です。

●GitHubで、bucanero氏がPS3のセーブデータをPS3単体で管理できるようにしてセーブデータの閲覧やコピーロックフラグの解除、他のアカウントで作成されたデータを自分用に再署名、オンラインデータベースからのセーブデータダウンロードなどを行うことができるユーティリティApollo Save Tool v1.6.0をリリースしていました。セーブデータとトロフィーセットアイコン表示に対応したことなどが変更点です。

●ツイッターで、RPCS3チームがWindows/Linux向けのPS3オープンソースエミュレータRPCS3が最初のプロジェクト開始から10年を迎えたことを公表していました。RPCS3のリポジトリが作成されたのは2011年5月23日でした。

●GitHubで、asiekierka氏が8ビットの仮想マシンUxnをNintendo DSへ移植したuxnds 0.2.3をリリースしていました。

●GitHubで、chrismaltby氏がコーディングの知識がなくてもドラッグアンドドロップでゲームボーイ向けのHomebrewを開発することができるWindows/ Mac/ Linux向けユーティリティGB Studio v1.2.2GB Studio v2.0.0-beta5をリリースしていました。


GameGaz Daily 2021.5.1

●GitHubで、HamletDuFromage氏がNintendo Switchでカスタムファームウェア(Atmosphere/ ReiNX and SXOS)やsigpatch(署名パッチ)、チートコードをダウンロードしてアップデートすることができるユーティリティAIO-switch-updater 2.4.9をリリースしていました。読み取り専用ファイルが正しく解凍されないためアップデートが妨げられていた不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、ndeadly氏がNintendo SwitchでBluetoothで純正以外のコントローラーをネイティブに使用することができるカスタムモジュールMissionControl v0.5.0-alpha.2をリリースしていました。内容的には変わっておらず、Atmosphère 0.19.2で動作するようにしたことのみの変更です。

●GitHubで、 Team-NeptuneがNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereをベースにオールインワンパッケージツールKosmos同様必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットDeepSea v2.2.3をリリースしていました。Atmosphère 0.19.2への更新などが変更点です。

●GitHubで、borntohonk氏がNintendo SwitchのAtmosphereでタイトルマネージャーTinfoilをネイティブサポートすることを目的としたモディファイ版カスタムファームウェアNeutOS 0.19.2-e8ba6326をリリースしていました。Atmosphere 0.19.2に伴うアップデートです。

●devkitProで、WinterMute氏がGBAやDS系の開発環境devkitARM release 56をリリースしていました。binutils 2.36.1/ gcc 11.1.0/ newlib 4.1.0へのアップデートなどが変更点です。

●ツイッターで、Twisted氏がインターネット接続環境でPS4のリモートプレイを行うことができるPC向けの非公式リモートプレイアプリケーションREPL4YのAndroid版REPL4Y AndroidでUSBでのDualSenseをフルサポートしたテストプログラムを公開していました。彼のツイートのリンク先をクリックしてテスター参加することでベータテストに参加できます。

●GitHubで、RPCS3チームがWindows/Linux向けのPS3オープンソースエミュレータRPCS3 v0.0.16 Alphaをリリースしていました。

●GitHubで、joncampbell123氏が、Winodows/Linux/macOSでDOSのゲームやアプリケーションを実行するためのオープンソースDOSエミュレータDOSBox-X 0.83.13をリリースしていました。