DS4Windows一覧

GameGaz Daily 2020.5.3

●ツイッターで、Team RebugのAboshi2011氏(evilsperm氏)がNintendo SwitchのMODチップSwitchMEが標準ペイロードとしているhekate – CTCaer modのアップデートを受けてのSwitchME向けペイロードUF2_SwitchME_Payloads/CTCaer_5.2.0_Nyx_0.9.0をリリースしていました。

●GitHubで、suchmememanyskill氏がNintendo SwitchのSDカードへのemuMMC用パーティション作成も可能なペイロードベースのファイルマネージャーTegraExplorer 2.0.0をリリースしていました。横向き画面GUIにしてスクロールバーを追加したことなどが変更点です。Hekate v5.2.0ベースとなっていますので、Hekateの変更(Joy-Conサポートやアクセス高速化など)も反映されています。

●GitHubで、bakatrouble氏がNintendo Switchでスクリーンキャプチャ画像などを自動でリモートサーバーへ送信するためのシステムモジュールsys-screenuploader v0.0.10をリリースしていました。ログの仕組みを一新し、モジュールが起動していてもログファイルを読めるようにしたり起動時にログをクリアできるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、developersu氏がSwitchのTinFoil(USBおよびネットワーク対応)とGoldLeaf(USB対応)のJava環境PC向けNSPインストーラーNS-USBloader v2.2.1をリリースしていました。ベトナム語翻訳の更新が変更点です。その他は変わっていません。

●GitHubで、cuevavirus氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkg、ダウンロードコンテンツ、PSP/PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティPKGJ v0.55をリリースしていました。Compatibility packsをデフォルトで無効化(エラーが出ることがあるため)したことなどが変更点です。

●GitHubで、xerpi氏がVitaの画面をUSB経由でPCにストリーミング送信するためのカーネルプラグインPSVita UDCD USB Video Class plugin(udcd_uvc) v1.5をリリースしていました。未使用のエンドポイントの削除などが変更点です。

●talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がHENkaku環境のVita向けにFPSゲーム『Quake II』を移植したvitaQuakeII v.2.3.1をリリースしていました。クラッシュする不具合の修正などが変更点です。

●CBPS Forumsで、teakhanirons氏がVitaでOGG/ WAVファイルを再生することができるユーティリティCoolBoardPlaysSounds 1.0をリリースしていました。ux0:data/CBPS/に配置したogg/wavを再生できます。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることで、DualShock 4のパフォーマンスを発揮させつつWindowsPCで多くのゲームに対応するコントローラーとしての使用を可能にするユーティリティDS4Windows v2.1.0をリリースしていました。DualShock 4互換コントローラーサポートや不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 29.0.0をリリースしていました。プラグインの追加などが変更点です。


GameGaz Daily 2020.4.13

●ツイッターで、TheDarkprogramer氏がPS3Toolsのツールの一つとして、PS2のISOファイルをPS4のpkgにコンバートすることができるユーティリティPS2 Classics Gui 1.0.0.27をリリースしていました。インストールしてあれば自動でアップデートされるそうです。

●GitHubで、bucanero氏がPS3向けオープンソースチートシステムArtemisPS3 r6.1をリリースしていました。初回起動時にローカルチートデータベースインストーラーを実行するようにしたことなどが変更点です。

●PSX-Placeで、fjtrujy氏がPS2向けにRetroArchのコアを最適化することを目的としたWIP(Work-in-Progress)toolchainを開発していることを伝えていました。RetroArch for PS2で起動させたQuickNesの例として、左が今までのtoolchain、右がWIP(開発中の)toolchainだとして、最適化の重要性をアピールしています。

●GitHubで、suchmememanyskill氏がNintendo SwitchのSDカードへのemuMMC用パーティション作成も可能なペイロードベースのファイルマネージャーTegraExplorer 1.5.1をリリースしていました。スクリプトの一部修正などが変更点です。

●GitHubで、developersu氏がSwitchのTinFoil(USBおよびネットワーク対応)とGoldLeaf(USB対応)のJava環境PC向けNSPインストーラーNS-USBloader v2.2をリリースしていました。最後に開いたディレクトリに関する不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、zaksabeast氏がNintendo Switch『ポケットモンスター ソード・シールド』をプレイ中にTeslaを使ってポケモンのデータなどを表示することができるオーバーレイメニューCaptureSight v0.6.0をリリースしていました。レイドの設定でフィルターを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWiimmfi(ニンテンドーWi-Fiコネクションサービス終了後に同様のサービス継続を目的に作られたサービス)を利用できるようWiiWareをパッチすることができるWindows/macOS/Linux向けユーティリティAuto WiiWare Patcher v2.1.10をリリースしていました。macOS/Linux版のみ改良多数(Windows版は変更なし)が変更点です。

●GitHubで、MasterFeizz氏がNintendo 64エミュレータDaedalusX64をNintendo 3DSに移植したDaedalusx64-3DS v0.0.2をリリースしていました。3D立体視をサポートしたことが変更点です。

●GitHubで、Gericom氏がDS/DSi/3DSのDSモードでGBAゲームを起動するハイパーバイザとして動作するバックアップローダーGBARunner2 v20200412-124827_c7557a9_dsp-audioGBARunner2 v20200412-232425_bb15d71_dsp-audioをリリースしていました。フレーム毎のGBAサイクルの平均数を実機とイコールにしたことや不具合修正などが変更点です。

●ツイッターで、RyujinxチームがNintendo SwitchエミュレータRyujinxをAC:NH(Animal Crossing: New Horizons/あつまれ どうぶつの森)向けにプレビュー版としてWindows/Linux用としてビルドしたryujinx-1.0.0-acnh4-win_x64とryujinx-1.0.0-acnh4-linux_x64をリリースしたことを発表していました。アングルによっては描画できていなかった不具合の修正などが変更点です。(qさん情報ありがとね)

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることで、DualShock 4のパフォーマンスを発揮させつつWindowsPCで多くのゲームに対応するコントローラーとしての使用を可能にするユーティリティDS4Windows v2.0.16をリリースしていました。スティック出力カーブの調整などが変更点です。

●nuagedan100氏が、PlayStation Classicのゲーム追加や変更などを行うことができるユーティリティPS Classic Mini Ultimate v2.9aをリリースしていました。英語サイトは2.3のままですが、フランス語サイトだけ更新されています。ゲーム名でのファイル作成に対応したことなどが変更点です。

●Dean氏が、PS3/Linux/macOS/AndroidなどのデバイスをホームシアターにすることができるユーティリティMovianの非公式版Movian v5.0.701をリリースしていました。macOS版のみv5.0.700のままです。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 25.12.0をリリースしていました。Citra本体のマージなどが変更点です。なお、その前に4時間おきくらいごとにリリースされていたvvctre 25.9.2、vvctre 25.10.0、vvctre 25.11.0については割愛します。

●GitHubで、ITotalJustice氏がNintendo Switchのゲームカードを直接SwitchのNANDメモリまたはSDカードにインストールすることができるユーティリティGamecard Installer NX v2.0.1をリリースしていました。ゲームカードが未挿入でも”Game Info”のメニューが押せてしまい、Yを押すと0x4a8エラーが出てクラッシュしてしまう不具合の修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2020.4.7

●ツイッターで、SKGleba氏がPS Vitaで0syscall6をブートローダレベルで実行することに成功したという動画を公表していました。動画ではAdrenalineがC1-2758-2エラー(SCE_ERROR_ERRNO_EINVAL:公式サイト記載の対処方法)で起動しない(ノーマルファームウェアという意味?)ことを示した後、Vita再起動直後にバージョンが3.73 変革-2となっているところを撮影しています。ハックされた状態で起動していることが分かります。3.73でcoldboot HENというSKGleba氏のコメントがあることから、Vitaの起動シーケンスの中で何らかのことをしているのだと思われます。

●ツイッターで、Lapy05575948氏がUnityで開発されたフル管理者権限で動作するPS4向けのファイルエクスプローラアプリケーションPS4-Xplorer BETA 1.18をリリースしていました。テーマのサポートやZip/Tar/Rarのサポート、FTPのショートカットボタンをL3に設定したことが変更点です。
PS4-Xplorer 1_18

●ツイッターで、Lapy05575948氏がPS4でテーマを変更するためのユーティリティPS4-Xplorer Theme Maker 1.03をリリースしていました。

●GitHubで、SciresM氏がNintendo Switchで使われているフォーマットのファイルの情報表示や復号化、展開を行うことができるWindows向けコマンドラインユーティリティhactool 1.3.3をリリースしていました。中国語のゲームカード解析のサポート追加などが変更点です。

●GitHubで、yellows8氏がNintendo SwitchでHomebrewを起動することができるSwitch Homebrew Launcher(nx-hbmenu) v3.3.0をリリースしていました。

●GitHubで、TeamShinkansenのDanTheMan827氏がNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティHakchi2 CE 3.8.0をリリースしていました。コントローラーマッピングの追加などが変更点です。すべてのコントローラーからのHID入力を受け付けるようにしたことなどが変更点です。

●GBATempで、vincent-coding氏がNintendo Wii UのUIの背景色を変更することができるWindows/Linux向けユーティリティDarkU 2.0をリリースしていました。
DarkU

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることで、DualShock 4のパフォーマンスを発揮させつつWindowsPCで多くのゲームに対応するコントローラーとしての使用を可能にするユーティリティDS4Windows v2.0.15をリリースしていました。エクスプローラーでプロセスを起動するためのwrapperプロセスの作成などが変更点です。

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏が過去に開発されたPS3 Media ServerをベースにDLNA、UPnP、HTTP/Sに対応し、主要なOS(Windows/Linux/macOS)をサポートしたメディアサーバーアプリケーションUniversal Media Server v9.4.0をリリースしていました。バグ修正やパフォーマンス改良などが変更点です。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 25.3.0をリリースしていました。vvctre 25.0.1、vvctre 25.0.2、vvctre 25.1.0、vvctre 25.2.0もリリースされていますが割愛します。CPUクロック周波数をカスタマイズするためのRPCエンドポイント追加(25.3.0)などが変更点です。