AIO-switch-updater一覧

GameGaz Daily 2021.9.29

●GitHubで、HamletDuFromage氏がNintendo Switchでカスタムファームウェア(Atmosphere/ ReiNX and SXOS)やsigpatch(署名パッチ)、チートコードをダウンロードしてアップデートすることができるユーティリティAIO-switch-updater 2.15.0をリリースしていました。マルチコンテンツゲームでのチートコードサポート機能の実装などが変更点です。

●GitHubで、dezem氏がSDカードやPC(PCに接続したUSBストレージ含む)からNSP、NSZ、XCI、XCZをインストールすることができるユーティリティAtmoXL-Titel-Installer 1.5.2AtmoXL-Titel-Installer 1.5.3をリリースしていました。どちらも不具合修正が変更点です。

●GitHubで、Kronos2308氏がNintendo SwitchのNANDメモリからCFWが存在したことを示す情報を完全に消去してハードウェアリセットをかけた状態にすることができるユーティリティHaku33 4.5をリリースしていました。キーの追加やMarikoハードでの強制ブート機能追加が変更点です。

●Xbox Wireで、マイクロソフトがXbox Series X|SのDolby Vision(ドルビービジョン:Dolby独自のHDR技術)の正式対応を発表していました。対応タイトル数は100本以上になるようで、今後発売予定の『Halo Infinite』などもDolby Visionに対応します。

●GBATempで、FluBBa氏がNintendo DS向けのNeoGeo PocketエミュレータNGPDS 0.4.9をリリースしていました。ステートセーブに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.48.0をリリースしていました。DSiWarehax利用時のDSiモートでのDSi対応タイトル起動時にDSi専用タイトルまたはDSiウェアをドナーROMとしてゲーム起動に使えるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v22.0.0をリリースしていました。DSiWarehax利用時のDSiモートでのDSi対応タイトル起動時にDSi専用タイトルまたはDSiウェアをドナーROMとしてゲーム起動に使えるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、MAME開発チームのcuavas氏が過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的として、MAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という名前のまま進化しているマルチシステムエミュレータMAME 0.236をリリースしていました。


GameGaz Daily 2021.9.25

●GitHubで、yyoossk氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereをベースに必要なツールをまとめた初心者に優しいオールインワンパッケージAtmosphere-with-Hekate 13.0.0をリリースしていました。Atmosphere 1.1.1とhekate v5.6.2 & Nyx v1.0.7が含まれています。

●GitHubで、borntohonk氏がNintendo SwitchのAtmosphereでタイトルマネージャーTinfoilをネイティブサポートすることを目的としたモディファイ版カスタムファームウェアNeutOS 1.1.1-99c74469をリリースしていました。Atmosphere 1.1.1更新に伴うリリースです。

●GitHubで、THZoria氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心に、勝手なブートロゴなどを付けないようにしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットPack Atmosphere Vanilla(AtmoPack-Vanilla) 2.0.7をリリースしていました。Atmosphere 1.1.1更新に伴うリリースです。

●GitHubで、carcaschoi氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心に必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットShallowSea v2.4.3をリリースしていました。Atmosphere 1.1.1更新に伴うアップデートです。sys-con v0.6.4、下記のMissionControl 0.6.0、AIO-switch-updater 2.14.0が更新されています。

●GitHubで、ndeadly氏がNintendo SwitchでBluetoothで純正以外のコントローラーをネイティブに使用することができるカスタムモジュールMissionControl 0.6.0をリリースしていました。13.0.0のサポート(Bluetoothオーディオサポートが加わったので、HIDデバイスに関する部分を更新した)や13.0.0向けBluetooth ipsパッチ追加などが変更点です。

●GitHubで、HamletDuFromage氏がNintendo Switchでカスタムファームウェア(Atmosphere/ ReiNX and SXOS)やsigpatch(署名パッチ)、チートコードをダウンロードしてアップデートすることができるユーティリティAIO-switch-updater 2.14.0をリリースしていました。特定のゲームのチートファイルを削除できる設定を追加したことなどが変更点です。

●ツイッターで、notzecoxao氏が開発者のspinedev氏から(特に言及されてないが前回そうだったので多分)公開許可を得たとしてLinux向けのPS4エミュレータのアップデート版spine 23-09-2021をリリースしていました。/dev/shmが実行禁止のnoexecになっていていると実行できない不具合の修正が変更点です。
spineで使用可能なコントローラーについては基本的にLinuxで使用可能なものであれば動作するはずで、テストした結果Dualsence、Dualshock 4、DualShock 3とXbox 360コントローラーは動作したそうです。

●PlayStation.Blogで、SIEでPS5などのシステムソフトウェアアップデートに関わるサービスを担当するプラットフォームエクスペリエンスSVPを務める西野秀明氏へのインタビュー記事を掲載していました。PS5のM2.SSDサポートについて、M.2 SSDの機能を設計したのがPS5発売時にGen4 SSDが発売されているかどうか分からなかった2018年で、製品が存在すると仮定して設計していたという興味深い話などをしています。

●GitHubで、piratesephiroth氏がWiiのISOファイルをWii UのバーチャルコンソールとしてインストールできるようにするWiiVC Injector Scriptの後継となるWindows向けユーティリティTeconmoonWiiVCInjector v3.0.12をリリースしていました。

●GitHubで、KMFDManic氏がファミコンミニ・スーパーファミコンミニ・メガドライブミニのRetroArch向けモジュールKMFDManic Mini Classic Xtreme Core/HMOD Set(NESC-SNESC-Modifications) v.2K21-09-23-2021をリリースしていました。不具合修正が変更点です。


GameGaz Daily 2021.9.17

●GitHubで、HamletDuFromage氏がNintendo Switchでカスタムファームウェア(Atmosphere/ ReiNX and SXOS)やsigpatch(署名パッチ)、チートコードをダウンロードしてアップデートすることができるユーティリティAIO-switch-updater 2.13.0をリリースしていました。システムアップデートをダウンロード後にDaybreakを起動できるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、sleirsgoevy氏がP2P技術を使用してVPNを実現するソフトウェアLogMeIn HamachiをPS4に移植したLogMeIn Hamachi for PS4(ps4-hamachi) v0.2をリリースしていました。適切なデーモンのサポートや5.05のサポートが変更点です。

●ツイッターで、Xbox公式アカウントが「Xbox ステレオ ヘッドセット」の発売を9月21日から延期すると発表していました。新たな発売日は週内に発表されます。


[追記]
早速、延期後の発売日は11月9日と発表されました。2ヶ月近く延期されることになります。