AIO-switch-updater一覧

GameGaz Daily 2021.7.30

●ツイッターで、SKGleba氏がPS Vita向けのツールを配布するためのリポジトリVitaToolsでVitaのsa0(フォントなど容量が大きいデータなどの格納)をur0(メモリーカードと同様の構造を持つユーザーデータ保存領域)にリダイレクトすることでフォントや辞書などを安全にカスタマイズすることができるようにするカーネルプラグインsa0tour0をリリースしていました。

●ツイッターで、karo_sharifi氏がブラウザアクセスで簡単にゲームMODを可能にするウェブサイトのオフライン版PS4Trainer Offline 28.07.2021をリリースしていました。新しい方法としてAndroidを使うバージョンのPS4Trainer Offline+All Karo hostsのビデオチュートリアルも公開していますが、こちらのバージョンはPS4Trainer Offline 29.07.2021になっています。

使い方は動画を見れば分かると思いますが、説明もあったので訳しておきます。

    1- APKファイル(29.07.2021)をダウンロードする
    2- 既にAndroidにxploitserverアプリがインストールされている場合は一旦アンインストールしてxPloitServerフォルダをストレージのルートディレクトリから削除した後にダウンロードしたAPKファイルをインストールする
    3- AndroidをホットスポットにしてPS4でそのWi-Fiに接続する
    4- xploitserverを実行してサーバーを起動し、サーバーのIPアドレスを調べる
    5- PS4のブラウザでキャッシュとクッキーをクリアし、設定にあるユーザーズガイドを表示する
    6- PS4Trainer Offlineがキャッシュされるのを待ち、PS4のファームウェアに合わせたリンクをクリックする then hit host link from it for your ps4 fw
    7- キャッシュが完了したらインターネット接続をOFFにする

●GitHubで、pancakeslp氏がPlayStation 4でマウスとキーボードを使ってDualShock 4をエミュレートしゲームがプレイできるようにするためのユーティリティPS4 Keyboard and Mouse Adapter v2.2.2をリリースしていました。

●GitHubで、BetterWayElectronics(BwE)氏がPS4のNOR Flashダンプデータが破損したりしていないかや、破損している場合その箇所を調べたりすることのできるユーティリティBwE NOR Validator 1.7.2をリリースしていました。警告の間違った処理を改善したことなどが変更点です。

●GitHubで、berichan氏がNintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』でリアルタイムにアイテムをインジェクトしたり島を編集したりゲーム内の値を変更したり等のカスタマイズを行うことができるAndroid/ iOS(Windows/ macOS/ Linuxも可)向けユーティリティACNHMobileSpawner 0.93-aをリリースしていました。『あつまれ どうぶつの森』の更新データVer.1.11.0に対応したことが変更点です。

●GitHubで、HamletDuFromage氏がNintendo Switchでカスタムファームウェア(Atmosphere/ ReiNX and SXOS)やsigpatch(署名パッチ)、チートコードをダウンロードしてアップデートすることができるユーティリティAIO-switch-updater 2.11.4をリリースしていました。ファームウェアダウンロードでのフルRAMアクセスチェックを廃止したことなどが変更点です。

●GitHubで、carcaschoi氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心に必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットShallowSea v1.8.10ShallowSea v1.8.11ShallowSea v1.8.12ShallowSea v2.0.0ShallowSea v2.0.1をリリースしていました。tinfoil shopのアップデート(v1.8.10)、switch_English_extra_package.zipのアップデート(v1.8.11)、fss0の変更(v1.8.12)、AIO-switch-updaterにShallowSea-update config追加(v2.0.0).aio-switch-updater v2.11.4へのアップデート(v2.0.1)などが変更点です。

●GitHubで、PaskaPinishkes氏がPCに接続した最大4台までのコントローラーをNintendo Swtchで使用できるようにすることでネットワーク越しのParsecなどのリモートプレイ環境での使用を想定したシステムモジュールsys-hidplus v1.1をリリースしていました。12.1.0以降のサポートや4台までのコントローラーのサポート(今までは3台まで)などが変更点です。

●GitHubで、weihuoya氏が3DSエミュレータCitraを非公式にAndroidに移植したCitra for Android 20210730をリリースしていました。


GameGaz Daily 2021.7.21

●PSX-Placeで、Rinnegatamante氏がFPSゲーム『Duke Nukem 3D』をWindows/Mac/Linuxのマルチプラットフォームへ移植したバージョンであるjfduke3d(JonoF’s Duke Nukem 3D)をPS Vitaに移植したjfduke3d-vita v.1.0をリリースしていました。

●PSX-Placeで、fgsfds氏が一人称視点のRPG『Arx Fatalis』をクロスプラットフォーム版に移植したArx Libertatisをタッチ操作やジャイロなどへの対応させNintendo Switchに移植したArxLibertatis 1.2-nx1をリリースしていました。

●IGN Japanで、ゲーム分野への進出が明らかになっているNetflixについて初期段階ではモバイルゲームに焦点を当てると明言したことを伝えていました。

●GitHubで、shadow2560氏がNintendo Switchのカスタムファームウェアで非署名NSPや変換XCIをインストール・起動するために必要な署名パッチpatches(sigpatch) 1.1.0をリリースしていました。ITotalJustice氏のリポジトリのTeJayH氏による最新パッチ(patches(sigpatch) 12.1.0-0.19.5-R2)を反映させたことが変更点です。アップデートの前に
atmosphere/exefs_patches/es_patches
atmosphere/kip_patches/fs_patches
atmosphere/kip_patches/loader_patches
のフォルダをSDカードから削除するよう指示されています。

●GitHubで、nedex氏がNintendo Switchの時計をNTPサーバーに同期させるためのオーバーレイメニューTeslaのプラグインQuickNTP 1.2.1をリリースしていました。最新のライブラリ(libnx 4.1.3-1やlibtesla v1.3.3)でのアップデートが変更点です。

●GitHubで、HamletDuFromage氏がNintendo Switchでカスタムファームウェア(Atmosphere/ ReiNX and SXOS)やsigpatch(署名パッチ)、チートコードをダウンロードしてアップデートすることができるユーティリティAIO-switch-updater 2.11.3をリリースしていました。キャッシュ済みの場合はチートアーカイブをダウンロードしないようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、carcaschoi氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心に必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットShallowSea v1.8.8をリリースしていました。DBI v312やsigpatches 12.1.0-0.19.5-R2、Switch Homebrew Launcher(nx-hbmenu) v3.4.1へのアップデートが変更点です。

●GitHubで、Core-2-Extreme氏がNintendo 3DS向けのビデオプレーヤーVideo player for 3DS v1.2.0をリリースしていました。ciaでハードウェアデコードが動作しなかった不具合の修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2021.7.18

●IGN Japanで、Valveの携帯型ゲーミングPC「Steam Deck」の入手可能時期について販売対象地域では2021年12月に出荷予定だが出荷時期は実は地域やモデルにより出荷時期が異なると伝えていました。Steam Deckの商品ページでは、予約ボタンの下に自分が予約したモデルが購入可能になる時期が表示(日本では予約ができないため表示されない)されるが、IGNのスタッフが試したところ「2022年第1四半期に出荷」「2022年第2四半期に出荷」と表示がバラバラだったそうです。出荷時期についてValveは「可能な限り迅速に製造を進めているが、出荷時期は予約された地域やモデルによって異なる」としています。

●wccftechで、Valveの携帯型ゲーミングPC「Steam Deck」はSSDストレージに標準インターフェースのM.2 2230を採用しているので理論的にはユーザーで交換可能な可能性があると伝えていました。ただしValveではエンドユーザーによる交換不可としているため分解して交換できたとしても保証はなくなるパターンかもしれません。

●GitHubで、HamletDuFromage氏がNintendo Switchでカスタムファームウェア(Atmosphere/ ReiNX and SXOS)やsigpatch(署名パッチ)、チートコードをダウンロードしてアップデートすることができるユーティリティAIO-switch-updater 2.11.2をリリースしていました。Appletモードでチートをダウンロードするとクラッシュする不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、Brionjv氏がNintendo SwitchのMiitopiaのセーブデータを改変することができるユーティリティMiitopia Save Editor Version 1.7.0をリリースしていました。Miiのキャラ(500種)のインポートとエクスポートに対応したことが変更点です。
[追記]
セーブエディタテキストのエラー修正などを行ったMiitopia Save Editor Version 1.8.0がリリースされています。

●GitHubで、Codiak101氏がPS Vitaの画面右上にあるステータスバーにバッテリー残量をパーセンテージで表示することができるvita-shellbatを改良しBluetooth接続したコントローラーのバッテリー表示を追加したプラグインvita-shellbat v1.0をリリースしていました。コントローラーバッテリー表示は
[ ] [| ] [| | ] [|| ] [|| |] [| | |]
のような縦棒テキストによる表示となっているのが特徴です。
vita-shellbat Indicator
[追記]
vita-shellbat v.2.0がリリースされています。

●GitHubで、Libretroチームの kivutar氏がRetroArchよりもコンパクト化を目指しWindows/ macOS/ LinuxのみをターゲットにしサポートするLibretroコアも絞って実装することでゲームの起動までの手順の簡略化したレトロゲームプラットフォームLudo v0.15.0をリリースしていました。GLFW Joypadバインディングを使用したことが変更点です。
[追記]
マッピングされていないパッドを無視するようにしたLudo v0.15.1とトリガーメニューコンボを追加するなどしたLudo v0.15.2がリリースされています。

●GitHubで、asiekierka氏が8ビットの仮想マシンUxnをNintendo 3DSへ移植したuxnds 0.3.1をリリースしていました。consoleデバイスのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、DRok17氏がPS VitaのLiveAreaバブルを簡単に作成することができるRetroBuilder(RetroArchとDaedalusX64用)/ FAKE08-Builder(ゲーム開発ツールPICO-8用)/ ScummVM-Builder(クラシックグラフィックアドベンチャーゲームエンジンScummVM用)/ Bubble-Builder(VitaのHomebrewやAdrenalineのPSP/PS1バックアップ)をまとめたWindows向けユーティリティMulti-Builder v1.0をリリースしていました。

●GitHubで、Ibrahim778氏が8BitDoのコントローラーをPS Vitaで使用できるようにするカーネルプラグイン8BitVita V1.0をリリースしていました。

●GitHbで、wavemotion-dave氏がAtari 2600エミュレータStellaをNintendo DSに移植したStellaDS v3.8をリリースしていました。 データベースのアップデートなどが変更点です。

●ツイッターで、Switchエミュレータyuzu開発チームが発売されたばかりの『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』が最新ビルドでプレイ可能になったと公表していました。

●GitHubで、XITRIX氏がMoonlight(NVIDIA GameStreamというNVIDIAが公式に用意したNVIDIA SHIELD向けストリーミング機能を汎用デバイスで使用できるようにしたオープンソースアプリケーション)をNintendo Switch向けに移植したMoonlight-Switch v0.4をリリースしていました。A/BボタンおよびX/Yボタンのスワップに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、MurasakiNX氏がNintendo Switchのペイロードファイル(.bin)からboot.datファイル(Team Xecuter製品が使用しているファイル形式)を生成することができるWindows/ macOS/ Linux向けユーティリティNXPayload Converter 1.3.0をリリースしていました。ペイロードのバージョンのリストを増やしたことなどが変更点です。

●GitHubで、Libretroチームのkivutar氏がPCやRaspberry Pi等のハードウェアでLudoを実行するためのLinuxディストリビューションLudOS v1.0-beta1LudOS v1.0-beta2をリリースしていました。Ludo v0.15.1へのアップデート(v1.0-beta1)やトリガーメニューコンボを追加したことなど(v1.0-beta2)が変更点です。