vitatools一覧

GameGaz Daily 2020.11.13

●ツイッターで、、Phil Spencer氏が新型Xboxが発売24時間で歴代最も多い販売台数になったと公表していました。

●GitHubで、MERLev氏がXerpi氏の開発したHENkaku環境のVitaでDualShock 3を利用できるようにするプラグインds3vitaとDualShock 4を利用できるようにするプラグインds4vitaを合体させたカーネルプラグインds34vita 1.0をリリースしていました。

●GitHubで、MERLev氏がPS Vitaのボタンやタッチ操作、アナログスティック、ジャイロ動作のリマッピングやエミュレートを可能にするカーネルプラグインreVita 1.0.1をリリースしていました。連射やボタンコンボ設定はもちろんのこと、ボタンに再起動やスリープ、電源オフなどの割り当ても可能です。
[追記]
不具合を修正したreVita 1.0.2がリリースされています。

●ツイッターで、SKGleba氏がPS Vita向けのツールを配布するためのリポジトリVitaToolsを公開したことを伝えていました。https://github.com/SKGleba/VitaToolsで複数のツールが公開されています。

  • SD2VitaやUSB、PSVSD、メモリーカードなど任意のストレージをFAT16、FAT32、exFATの任意のファイルシステムにフォーマットすることができるstorageFormat
  • enso_ex向けのGUIリカバリーrecoVery
  • メモリーカードの代わりにSD2VitaをフォーマットするためにSceSettingsにパッチを行うmcfredir
  • デバッグ出力を画面表示するvlog
  • 診断モジュールを管理するためのカーネルユーザーブリッジpdbridge

●ツイッターで、VitaHex氏がカバー画像からPS Vitaの向けのゲームやHomebrewを起動することができるランチャーアプリケーションの次のバージョンHEX-Flow Launcher v0.4でPSX2PSPバブルとPSPのゲームをサポートすることを公表していました。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v17.0.0をリリースしていました。『C.O.P. The Recruit』のコピー起動対策に関する修正などか変更点です。


ゲーム最新情報 2012年4月10日のニュース

●Prometheus community forumsで、Coldbird氏がPRO-Cとして開発していたPSPのCFWで独自のオンライン機能を実装したCFW PRO Public Beta 0.05をリリースしていました。チャットシステムの変更や対応タイトル増加のためMatching Library Emulatorを実験的に追加したことが変更点です。

●ツイッターで、neur0n氏がPSOneタイトルをPSPのCFWでプレイするためのプラグインpopsloader_v4f_fixedをリリースしていました。6.xx PRO/ME CFW向けのpopsloader_v4fをMEで使用するとアナログに不具合があったものを修正したそうです。

●PSP Custom Firmwareで、Soywiz氏がWindows PC上でPSPのHomebrewやバックアップタイトルを起動することができるPSPエミュレーターSoywiz’s PSP Emulatorをリリースしたことを伝えていました。

●PSX-sceneで、deroad氏がPlayStation Vitaのpkgファイル表示やPUPファイルのアンパックをすることができるユーティリティVitaTools v1.04をリリースしたことを伝えていました。PS Vitaの署名付きフォーマット情報を表示するreadselfを追加したことが変更点です。

●PS3Crunchで、Team XMBM+がPS3のCFW REBUG ”Package Manager”をベースにしたオプションをXMBの”Install Package Files”オプションと置き換えることで多彩な機能を実現するXMB Manager Plus (XMBM+) v0.20をリリースしていました。File Managerで”/net_host/”ディレクトリのブラウズに対応したことなどが変更点です。
httpv://www.youtube.com/watch?v=sw7SuMSTRcw

●PS3-Hacksで、ブラジル人チームであるTeam VeniXのVenix GUI Downgraderを利用すると不良ファイルを生成するためそれを使ってダウングレードするとPS3がbrickするとPS3Dev Wikiで警告していたことを伝えていました。正常に動作するダンプファイルがないと復旧すらできないそうです。

●eN-t氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるためのオープンソースユーティリティDML (Dios Mios Lite)を簡単にインストールできるようWADファイルに変換したりUSBバックアップマネージャーやゲームキューブをリッピングするためのCleanipなどのツールをダウンロードできるユーティリティDMLizard v1.4をリリースしたことを伝えていました。独自のDML.elfを利用できる機能の追加、MIOS.wadとBC.wad作成機能追加とDMLアンインストール機能などが変更点です。

●FIX94氏がカバーフローライクなWiiのオープンソースUSBローダーのMOD版WiiFlow Mod r239をリリースしていました。デフォルトのクリック音の修正やゲームキューブバックアップ起動の修正などが行われたようです。

●PSX-sceneで、Andreas Öman氏がPS3をホームシアターにすることができるユーティリティShowtimeの公式自動ビルドのテスト版としてShowtime Testing Build 3.5.110をリリースしたことを伝えていました。音声再生の不具合を修正したそうです。


PS VitaのPUPをUnpackできるVitatools v1.00 by deroad

/dev/ram0で、deroad氏がPlayStation Vitaのpkgファイル表示やPUPファイルのアンパックをすることができるユーティリティvitatools v1.00をリリースしていました。

→→→この記事の続きを読む