FreePSXBoot一覧

GameGaz Daily 2021.7.8

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded Pro 1.64をリリースしていました。12.1.0のサポートやAtmosphere 0.19.5へのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、 rashevskyv氏がNintendo SwitchにSDカードやPC(PCに接続したUSBストレージ含む)からNSP、NSZ、XCIをインストールすることができるユーティリティDBI 307DBI 308をリリースしていました。新しいconfigエントリーを追加したこと(307)やゲームのapprecordを削除できるようにしたこと(308)が変更点です。

●GitHubで、HamletDuFromage氏がNintendo Switchでカスタムファームウェア(Atmosphere/ ReiNX and SXOS)やsigpatch(署名パッチ)、チートコードをダウンロードしてアップデートすることができるユーティリティAIO-switch-updater 2.9.0をリリースしていました。Team-Neptuneのcustom pack builderをサポートしたことが変更点です。

●GitHubで、 Team-NeptuneがNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心にオールインワンパッケージツールKosmos同様必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットDeepSea v3.0.0をリリースしていました。12.1.0.に対応したことやadvancedというパッケージを追加したことなどが変更点です。独自に組み合わせを作るためのcustom pack builderをAIO-switch-updaterに統合したことも述べられています。

●GitHubで、averne氏がNintendo Switchの画面表示の色調整を行うことができるユーティリティFizeau v2.1.9をリリースしていました。12.1.0/ Atmosphere 0.19.5のサポートが変更点です。

●GitHubで、exelix11氏がNintendo Switchのcommon.szsにパッチをしてBNTX(Binary NX Texture)ファイルをリプレイスすることでテーマを変更することができるユーティリティSwitch Theme Injector v4.6.2をリリースしていました。同時にszsに加えnxthemeフォーマットのカスタムテーマをSwitch上で直接インストールしたりすることができるユーティリティNXThemes Installer 2.6.2もリリースされています。12.1.0のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、Kronos2308氏がNintendo SwitchのNANDメモリからCFWが存在したことを示す情報を完全に消去してハードウェアリセットをかけた状態にすることができるユーティリティHaku33 3.6をリリースしていました。12.1.0のサポートが変更点です。

●GitHubで、socram8888氏がPS1向けタイトル『Tony Hawk’s Pro Skater 』シリーズや『Brunswick Circuit Pro Bowling』シリーズなどのセーブデータexploitを利用してPS1のバックアップディスク起動を可能にするソフトウェアバックアップローダーtonyhax v1.4.3をリリースしていました。RAMクリーニング時間の削減が変更点です。

●GitHubで、brad-lin氏がPS1のBIOSに存在する脆弱性を利用してメモリーカードから任意のコードをロードすることができるexploit FreePSXBoot v2.0をリリースしていました。Slot 2(セカンドメモリーカードスロット)をサポートしたことなどが変更点です。

●GitHubで、Libretroチームの kivutar氏がRetroArchよりもコンパクト化を目指しWindows/ macOS/ LinuxのみをターゲットにしサポートするLibretroコアも絞って実装することでゲームの起動までの手順の簡略化したレトロゲームプラットフォームludo v0.14.10をリリースしていました。コアのアップデートが変更点です。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることで、DualShock 4のパフォーマンスを発揮させつつWindowsPCで多くのゲームに対応するコントローラーとしての使用を可能にするユーティリティDS4Windows v3.0.13をリリースしていました。偽装入力マッピングでのEnhancedKey使用の不具合修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2021.5.6

●任天堂が、ゲームプログラミングを体験し学ぶことができる『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』を2021年6月11日に発売すると発表していました。プログラミングに興味を持ってもらいたいという思いを持つ「任天堂の開発室から生まれた」ということで、かなり興味深いタイトルだと思います。作成したゲームはインターネットやローカル通信を介してシェアすることが可能ですが有料のNintendo Switch Onlineへの加入が必須です。

●GitHubで、RattletraPM氏がNintendo DSでFlashcartを必要とせず無改造状態のままGBAゲームカートリッジをダンプすることができるユーティリティgbaxxdumper v0.66をリリースしていました。ダンパーが無効なIPアドレスを返してしまう不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、dezem氏がNintendo SwitchのXCIファイルの分割やマージ、ゲームアップデートの統合やNSP等別フォーマットへの相互変換などを行うことができるWindows向けユーティリティSwitch Army Knife (SAK) v0.7.9をリリースしていました。Retroarch Core forwarder作成機能追加が変更点です。

●IGNで、ソニーがゲームに行き詰まったプレーヤーがプレイ中に、既にゲームをクリアするなどして「エキスパート」として登録したユーザーからリアルタイムにサポートを受けることができる「ヘルプシステム」の特許を申請したことを伝えていました。申請しただけなので実際実用化するかどうかは別問題ですが、別のSNSへ移行しなくてもゲームの中でそのまま誰かに聞けるという発想は興味深いです。

●GitHubで、brad-lin氏がPS1(現時点ではSCPH-9002モデルのみ)のBIOSに存在する脆弱性を利用してメモリーカードから任意のコードをロードすることができるexploit FreePSXBoot v1.2をリリースしていました。Uniromを8.0.Hに更新したことが変更点です。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることで、DualShock 4のパフォーマンスを発揮させつつWindowsPCで多くのゲームに対応するコントローラーとしての使用を可能にするユーティリティDS4Windows v3.0.4をリリースしていました。DsHidMiniドライバーを介したベンダー定義デバイスとしてDualShock 3ゲームパッドをサポートしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2021.4.25

●TheSixthAxisで、映画コンテンツサブスクを付けたPS Plusを検討しているとの情報が流れた”PlayStation Plus Video Pass”サービスについてSIEのバイスプレジデントNick Maguire氏がソニー・ピクチャーズ エンタテインメントと共同でPlayStation Plus Video Passという12ヶ月間だけの特典試験サービスをポーランドでのみ開始したと表明したことを伝えていました。PS Plus加入者だけがダウンロードできるストリーミングアプリを使い、動画をストリーミングで視聴できるようになるというサービスになっています。ポーランドはユーザーの数が多くSNSでの活動も活発で、ビデオオンデマンドを好むからという理由で選ばれたようです。

●CBPS Forumsで、cuevavirus氏がPSP、PS3、PS Vitaの購入済みデジタルコンテンツのライセンスをバックアップすることができるVita向けユーティリティRIF Ripper v1.2.1をリリースしていました。バックアップしたライセンスファイルは ux0:/rif-ripperに保存されます。VitaのライセンスファイルはNoNpDrmに対応したフェイクRIFで、PS3とPSPのライセンスファイルはRAPになります。

●GitHubで、mariohackandglitch氏が3DSのNTR CFWでゲームのromfsをSDカード内にあるデータにリダイレクトさせることによりゲームMODを可能にするユーティリティOnionFS v2.1をリリースしていました。最新のCTRPFとLuma3DS plugin loaderにアップデートしたことなどが変更点です。

●GitHubで、V10lator氏がWii Uのコンテンツを任天堂のアップデートサーバー(NUS: Nintendo Update Server)から直接Wii Uにダウンロード・インストールすることができるユーティリティNUSspli v1.20をリリースしていました。バグ修正が変更点です。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.22.11cをリリースしていました。入力の改良なとが変更点です。

●GitHubで、Libretroチームの kivutar氏がRetroArchよりもコンパクト化を目指しWindows/ macOS/ LinuxのみをターゲットにしサポートするLibretroコアも絞って実装することでゲームの起動までの手順の簡略化したレトロゲームプラットフォームludo v0.12.7をリリースしていました。コアのアップデートなどが変更点です。
[追記]
コアをアップデートしたludo v0.12.8がリリースされています。

●GitHubで、jtothebell氏がレトロライクなゲーム開発ツールPICO-8で開発したゲームをプレイするための仮想ゲーム機PICO-8プレーヤーをSwitch/ 3DS/ Wii U/ PS Vita向けに移植したfake-08 v0.0.2.8をリリースしていました。3DSでダイレクトフレームバッファアクセスではなくcitro2dを使用してパフォーマンスを改善したことなどが変更点です。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 56.0.0をリリースしていました。関数追加などが変更点です。
…と書いた後に連チャンで56.1.0、57.0.0、57.1.0、57.1.1、57.1.2と猛烈な勢いでアップデートされていますが、中身がほぼバグ修正なので割愛します。

●GitHubで、brad-lin氏がPS1(現時点ではSCPH-9002モデルのみ)のBIOSに存在する脆弱性を利用してメモリーカードから任意のコードをロードすることができるexploit FreePSXBoot v1.1をリリースしていました。対応BIOSを増やしたこと(BIOS 1.0: SCPH-1000以降基本的にすべてのPS1にv1.1で対応したことになりました)などが変更点です。

●GitHubで、BetterWayElectronics(BwE)氏がPS4のNOR Flashダンプデータが破損したりしていないかや、破損している場合その箇所を調べたりすることのできるユーティリティBwE PS4 NOR Validator 1.6.7をリリースしていました。UNK1200シリーズ検証の修復などが変更点です。