PS3Xploit Tools一覧

GameGaz Daily 2020.12.21

●CBPS Forumsで、Graphene氏がPS Vitaか持っているセーブデータを自動でux0:/user/xx/savedata_backupへバックアップする機能を利用できるようにすることができるユーティリティQuickBackup v1.00をリリースしていました。

●GitHubで、 devnoname120氏がVitaの画面の輝度を標準設定の下限よりもさらに暗くすることができるプラグインvitabright v1.1をリリースしていました。ウルトラブライトネスモードの追加などが変更点です。

●GitHubで、 devnoname120氏がPS VitaのOLED ディスプレイのガンマテーブルを調整することができるユーティリティVitabright Lut Editor 1.1をリリースしていました。動作にはvitabright v1.1が必要です。

●PSX-Placeで、Klairm氏がPS3のISOファイルの展開やISOファイルへの変換などを行うことができるLinux向けユーティリティPS3 ISO TOOLS V0.2をリリースしていました。
ps3-iso-tools

●GitHubで、berichan氏がNintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』でリアルタイムにアイテムをインジェクトしたり島を編集したりゲーム内の値を変更したり等のカスタマイズを行うことができるAndroid/ iOS(Windows/ macOS/ Linuxも可)向けユーティリティACNHMobileSpawner 0.76-aをリリースしていました。Auto Map Replenisher(自動マップ補充)という機能が追加されました。言葉では意味が分かりにくいですが、アイテムを拾ってもマップさえ切り替われば自動的に同じ場所に永遠に補充され続けるという恐ろしい(?)機能みたいです。詳細は動画にて。

●GitHubで、tomvita氏がNintendo Switchのセーブデータダンプやインジェクトを行うことができるユーティリティEdiZonの改良版EdiZon-SE 3.7.23EdiZon-SE 3.7.24をリリースしていました。最初の起動時にデータベースからチートコードをダウンロードできるようにしてユーザーが意識しなくてもチートが使えるようにしたこと(3.7.23)やチートを簡単に適用できるイージーモードの追加(3.7.24)が変更点です。

●GitHubで、turtle-insect氏がNintendo Switchのセーブデータをバックアップ/リストアすることができるユーティリティNeumann 0.0.12をリリースしていました。libnx 4.0.0でビルドしたことが変更点です。

●GitHubで、uyjulian氏がオープンソースのビジュアルノベルエンジンRen’PyをNintendo Switchに移植したRen’Py for Nintendo Switch(renpy-switch) v1.7.4Ren’Py for Nintendo Switch(renpy-switch) v1.7.5をリリースしていました。モジュールの追加などが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がNintendo Wii Uのディスクイメージの変換/解凍/検証/復号することができるユーティリティJWUDTool 0.4をリリースしていました。最新のJNUSLIBを使用したことが変更点です。

●NesDevフォーラムで、Myself086氏がスーパーファミコン(エミュレータ含む)で動作するファミコンエミュレータProject Nested v1.2をリリースしていました。若干のフォーマンス改善のための修正が変更点です。

●GitHubで、PS3XploitチームがPS3のノーマルファームウェアでのブラウザアクセスで各種ツールを実行できるようにするetHANol(PS3Xploit Tools) v3.0.4をリリースしていました。4.87 HFWサポートが変更点です。
https://twitter.com/esc0rtd3w/status/1340563164925194241

●GitHubで、 Vampitech氏がNintendo Switchのカスタムファームウェア起動に必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたオールインワンカスタムファームウェアパッケージツールNeXT 1.22をリリースしていました。Atmosphere 0.16.2、TegraExplorer 2.0.5、Lockpick_RCM 1.9.0への更新が変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL 氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows向けユーティリティRiiConnect24 Patcher v1.3.8をリリースしていました。一部PCでクラッシュを引き起こす不具合の修正などが変更点です。


PS3の4.84なのにハック可能 HFW (Hybrid Firmware) 4.84.1

PSX-Placeで、Joonie氏がPS3の4.84をベースとしてPS3の全モデルにインストールすることができるモディファイ版公式ファームウェアHFW 4.84.1をリリースしていました。

→→→この記事の続きを読む


GameGaz Daily 2018.3.15

●PSX-Placeで、PS3Xploit TeamがPS3の4.81/4.82でPSNアカウントを利用し、バックアップを含むPKGファイルに署名をしてインストールできるようにするユーティリティPS3Xploit Tools v3.0をリリースしていました。(ikarabi-blizさん情報ありがとね)

●PSX-Placeで、DeViL303氏がPS3Xploit Tools v3.0(HAN)をXMBに配置するアドオンツールHAN Toolbox Beta v0.2をリリースしていました。

●PSXHAXで、thierry氏がqwertyoruiop氏のPS4 5.50 Webkit exploitを5.03に移植したPS4 WebKit Exploit for Firmware 5.03をリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、TheFlow氏がHENkaku環境のVita向け多機能シェルアプリVitaShell v1.83をリリースしていました。ネットワークアップデートの修正ですが、GitHubがTLS 1.0/1.1のサポートを終了したために1.83へは手動でアップデートを行う必要があります。また、ux0:patchが暗号化されることからChangelogのサポートも終了です。

●GitHubで、 MrComputerRevo氏がPS VitaのゲームをダンプすることができるユーティリティMaiDumpToolをrePatchを使って3.65 ensoで動作するよう改良したMaiDumpToolEN for 3.65をリリースしていました。

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v4.09をリリースしていました。3.65 CFWのサポートや自動ネットワークアップデートの修正(TLS v1.2サポート)などが変更点です。

●GitHubで、SilicaAndPina氏とdots-tb氏がux0にrePatchフォルダを作成し、ux0:patchと同じ機能を持たせることができるカーネルプラグインrePatch 0.3rePatch 0.3.1rePatch 0.4をリリースしていました。ステルス機能のアップデート(3.0)、書き込みプロテクトの追加(v3.0.1)、不具合修正(0.4)などが変更点です。

●GitHubで、xyzz氏がVitaのPSボタンとStartボタンでpngフォーマットのスクリーンショットを保存することができるtaiHENプラグインpngshot v1.1をリリースしていました。

●ツイッターで、Rinnegatamante氏が現在開発中のFPSゲームQuake3をVitaに移植したvitaQuakeIIIの現状のデモビデオと今後の開発方針を公表していました。

●ツイッターで、zaksabeast氏が3DSのバーチャルコンソールでデバッグメニューらしきものを発見して話題となっています。今わかっていることはメニューへのアクセスはCFWとゲームへのパッチが必要で、ノーマルの3DSでボタンコンボで…というものではないようです。(cloverさん情報ありがとね)
VC_Debug_menu

●GitHubで、Ryuzaki_MrL氏がNintendo Switch向けのテトリスクローンゲームTetriswitch 1.1.0をリリースしていました。

●GitHubで、KunoichiZ氏がLuma3DSとSigHaxユーザー向けの3DS HomebrewとしてのLuma3DSアップデータLuma Updater v2.3をリリースしていました。前回はまだ使わないでね状態でしたが、もう大丈夫なようです。Github TLS v1.2のサポートによるオートアップデート昨日の修正が変更点です。