RiiConnect24 Patcher一覧

GameGaz Daily 2019.12.24

●GitHubで、bucanero氏がVitaにオリジナルpkgをインストールしたり、NoNpDrmの偽ライセンスを使いpkgファイルをVitaに直接ダウンロード/アンパックしたりすることができるユーティリティpkgiをPS3に移植したPKGi PS3 v1.1.0をリリースしていました。TTFフォントで日本語をサポートしたことやSSLサポートによりhttpsのリンクからアプリをダウンロードできるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、nicoboss氏がNintendo Switch向けの圧縮フォーマットであるNSZの解凍やNSZへの圧縮を行うことができるPythonスクリプトNSZ 3.0をリリースしていました。全機能をGUIで使えるようにしたことやXCZのサポートなどが変更点です。
NSZ GUI

●GitHubで、vgmoose氏がSwitch/Wii U向けのオープンソースアプリケーションストアHomebrew App Store 2.2をリリースしていました。画像とメタデータをオンザフライでダウンロードすることでローディング中の画面をなくしたことなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL 氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/macOS/Linux向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.1.2をリリースしていました。バグ修正やパッチスクリプトの最適化による30%の高速化などが変更点です。

●GitHubで、Extrems氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r743をリリースしていました。GCLoaderのサポートやUSB Geckoでの2ディスクのサポートなどが変更点です。

●Raxoft氏が、イギリスのSinclairが開発・販売していた8ビットコンピュータZX SpectrumをNintendo DS/3DSで再現するエミュレータZXDS 2.0.0(3DS/2DS)とZXDS 1.3.4(DS/DSi)をリリースしていました。
ZXDS

●GBATempで、geod80氏が開発中であるファミコンゲームを3Dライクに表示してくれるマルチプラットフォーム向けエミュレータ3DNesのPC版とVR版を発表していました。PC版は3dSen PC、VR版は3dSen VRとしてSteamで公開されています。3dSenVRはDemo版が配布されていますが3dSen PCは現状2020年初頭公開という情報のみです。

●GitHubで、Universal-TeamがNintendo 3DS向けのHomebrewを簡単にアップデートすることができるユーティリティUniversal-Updater v2.1.0をリリースしていました。ダウンロード進捗状況のプログレスバーを追加したことや30MBより大きなファイルのダウンロードをサポートしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.12.17

●Redditで、Android向けDSエミュレータ DraSticがオープンソース化されることになったため、Androidと同じアーキテクチャであるVitaに今後移植されるだろうとの意見を伝えていました。移植を公言した開発者がいるという話ではありませんが、通常の流れだときっと移植が始まります。
DraStic on vita

●GBATempで、Grarak氏がNintendo Switch向けの非公式DiscordクライアントNXCord
をリリース
していました。GBATempでは配布場所のリンクは掲載されていませんが、たぶんGitHubのここだと思います。現状まだ開発段階です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL 氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/macOS/Linux向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.1.1をリリースしていました。WiiWare Patcher/Wiimmfi Patcherとの統合(Windows版)などが変更点です。なおMac/Linux版はうまく動かないのか分かりませんが「ブロークン」になっているのでアップデートはありません。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL氏がWiimmfi(ニンテンドーWi-Fiコネクションサービス終了後に同様のサービス継続を目的に作られたサービス)を利用できるようWiiWareをパッチすることができるWindows/macOS/Linux向けユーティリティAuto WiiWare Patcher v2.1.9をリリースしていました。RiiConnect24 Patcherとの統合(Windows版)やlzxを実行しようとするとうまくいかない不具合の修正(Mac/Linux版)などが変更点です。

●GitHubで、Gericom氏がDS/DSi/3DSのDSモードでGBAゲームを起動するハイパーバイザとして動作するバックアップローダーGBARunner2 v20191216-204321_2e88e61をリリースしていました。バグ修正が変更点です。

●GitHubで、mondul氏がニンテンドーDSiのカスタムファームウェアHiYaCFWやオープンソースメニューTWiLightMenu++のインストールプロセスを簡単に行えるようにできるWindows/Linux/macOS向けユーティリティHiyaCFW-Helper v3.6.1をリリースしていました。大文字でのlauncherフォルダをサポートしたことなどが変更点です。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.15.20fをリリースしていました。フルスクリーンオプションメニューの不具合修正が変更点です。なお、Patreon版はCemu 1.16.0bがリリースされています。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v1.7.25をリリースしていました。アップデート起動時に接続解除確認ウィンドウを表示しないようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、TheRadziu氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkg、ダウンロードコンテンツ、PSP/PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.52をリリースしていました。起動時のNoNpDrmチェックを追加したことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.12.3

●PlayStation.Blogで、SIE社長兼CEOのJim Ryan氏が“「プレイステーション」発売25周年に寄せて”という記事を公表していました。1994年12月3日に発売した初代PlayStation発売から25年の記念日を祝して「いままで頑張ってきたぞ」ということを振り返って「これからも頑張るぞ」で締めている文章で目新しいことは言っていません。
なお、この25周年を受けて公式TwitterとInstagramで、豪華プレゼントが当たる「#プレイステーションの日」キャンペーンを実施することも発表されました。PlayStation 4 Pro当たります。
https://twitter.com/PlayStation_jp/status/1201516370598318081

●GitHubで、Yoti氏がVitaで起動中のアプリケーションのタイトルIDやバージョン表示をすることができるプラグインShowInfo v0.6をリリースしていました。*TITLE_IDまたは *ALLの部分にプラグインのパスを追加したことが変更点です。なお、前バージョンまではShowInfo Liteという名称でしたが今回からは単にShowInfoとなっています。

●Redditで、u/Belickade氏がPS VitaのePSP向けカスタムファームウェアAdrenalineでゲームマニュアルやバブル用に使うアイコン、LiveAreaのリプレイスパッケージAdrenalineDocsをリリースしていました。PS1バブルにも対応しています。
AdrenalineDocs

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することが できるWindows向けWii UエミュレータのPatron版Cemu 1.15.20cをリリースしていました。

●Wiidatabaseで、RiiConnect24チームがWii本体でHomebrewのダウンロードやインストール、アップデート ができるユーティリティHomebrew BrowserのMOD版 Homebrew Browser v0.3.9eをリリースしたことを伝えていました。Open Shop ChannelというオリジナルのHomebrew Browserとは別サーバーで運用されています。
公式サイトは https://oscwii.org/ です。

●GitHubで、kempa氏がNintendo SwitchのXCIファイルの分割やマージ、ゲームアップデートの統合やNSP等別フォーマットへの相互変換などを行うことができるWindows向けユーティリティSwitch Army Knife (SAK) v0.7.3.1をリリースしていました。hactoolnetとNSC_BUILDERのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、FailedShack氏がWii UのゲームをバックアップしたりeショップサーバーからダウンロードするWii U USBHelperのためのセットアップユーティリティUSBHelperInstaller 1.2をリリースしていました。

●GitHubで、phacoxcll氏がWii UのNintendo 64バーチャルコンソールにゲームをインジェクトすることができるWindows向けユーティリティ64Inject 1.8をリリースしていました。名称をゲームタイトルとするようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、phacoxcll氏がWii UのDSバーチャルコンソールにゲームをインジェクトすることができるWindows向けユーティリティDSInject 1.2をリリースしていました。

●GitHubで、badda71氏がコモドール64エミュレータ C64をNintendo 3DSに移植したvice3DS v2.0をリリースしていました。RC(リリース候補)版から正式リリース版になりました。
[追記]
2回フルスクリーンモードにするとクラッシュするなどv2.0の不具合を修正したvice3DS v2.0.1がリリースされています。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/macOS/Linux向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.1.0をリリースしていました。Check Mii Out Channel(Miiコンテストチャンネル)パッチのサポートなどが変更点です。