Neumann一覧

GameGaz Daily 2020.5.29

●GitHubで、Huntereb氏がNintendo SwitchにSDカードやネットワーク経由でNSP/NSZファイルをインストールすることができるユーティリティAwoo Installer 1.3.3をリリースしていました。日本語の設定ファイル追加(yyoosskさんご苦労様です)などが変更点です。

●GBATempで、Beerus(chaosrunner)氏がNintendo Switchのウェブブラウザ機能を介して日本のあっち方面の同人誌サイトコンテンツを気持ちいィィ感じで閲覧することができるユーティリティKimochiiiNX v0.6.9をリリースしていました。ただ、個人的に私にはその趣味はございません。お好きな方どうぞ。最終的にはHomebrewとして開発したいらしいです。大好きな方は楽しみにしましょう。私は楽しみにはしませんけど。
※ここにあったスクリーンショットは、Googleさんに怒られたため削除しました。

●GitHubで、suchmememanyskill氏がNintendo SwitchのSDカードへのemuMMC用パーティション作成も可能なペイロードベースのファイルマネージャーTegraExplorer 2.0.3をリリースしていました。argのパーサを変更しTegraScript languageを大幅に変更したことなどやバグ修正などが変更点です。

●GitHubで、turtle-insect氏がNintendo Switchのセーブデータをバックアップ/リストアすることができるユーティリティNeumann 0.0.11をリリースしていました。libnx 3.3.0対応が変更点です。

●GitHubで、V10lator氏がWii Uのコンテンツを任天堂のアップデートサーバー(NUS: Nintendo Update Server)から直接Wii Uにダウンロード・インストールすることができるユーティリティNUSspli v1.2NUSspli v1.3NUSspli v1.4をリリースしていました。よりわかりやすいエラーメッセージを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、rock88氏がMoonlight(NVIDIA GameStreamというNVIDIAが公式に用意したNVIDIA SHIELD向けストリーミング機能を汎用デバイスで使用できるようにしたオープンソースアプリケーション)をNintendo Switch向けに移植したMoonlight-NX 1.0.8をリリースしていました。UIでのゲームパッド入力の一部対応などが変更点です。

●GitHubで、geni氏がNintendo 3DS向けのテトリスクローンゲーム3DStris 1.6.8をリリースしていました。日本語対応の改善などが変更点です。ただし日本語が変です。
loadfailed.config 「設定の読み込みに失敗しました。設定は再設定しました。」【大事なことを2度言ってる?】
loadfailed.games「ゲームの読み込みに失敗しますた。ゲームの保存は再設定しました。」【しますたか…】
eybindselect.rotateccw 「左巻きに回る」【反時計回りとか言って欲しい】
keybindselect.rotatecw 「右巻きに回る」【時計回りだろjk】
ok 「オーケー」【これ表示されると萎える】

●GBATempで、Wii UのGaryOderNicht氏がNANDバックアップがなくてもvWiiを復元することができるユーティリティvWii Decaffeinator v1をリリースしていました。Wii Uは見つからないファイルは自動でダウンロードする仕組みがあり、それを利用してなくなってしまったファイルをバックアップからではなく再ダウンロードすることで復元するものです。
vWii Decaffeinator_1

vWii Decaffeinator_2

●PSX-Placeで、PS2でファイルのCRC32のハッシュ値を表示することができるユーティリティVTSPS2-CRC32 v0.1をリリースしていました。
VTSPS2-CRC32


GameGaz Daily 2020.5.12

●GitHubで、Core-2-Extreme氏がNintendo 3DS向けのLINEアプリLine for 3DS v1.4.2をリリースしていました。起動にCFWが不要になり、Homebrew Launcherで起動できるようになりました。

●GitHubで、jakcron氏が3DSのROMファイルから3DS用のCXI / CFA / CCI / CIAファイルを作成することができるWindows/Linux(ubuntu)/macOS向けユーティリティMakeROM v0.17をリリースしていました。CXI Homebrewロゴの更新などが変更点です。

●PSXHAXで、OpenOrbis TeamがPS4でpupファイルをインストールするカスタムファームウェアと同様の機能を実現するためのPS4向けツール集Mira Projectをリリースしたことを伝えていました。2年前にMiraCFWプロジェクトとしてお伝えしたもののリリースのようです。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchでユーザーモードHomebrewを開発するための開発者向けライブラリlibnx v3.2.0をリリースしていました。threadGetSelfの追加などが変更点です。

●devkitProで、fincs氏がNintendo Switchの開発環境devkitA64 release 15をリリースしていました。

●GitHubで、Lia氏がWii UでiosuhaxとMocha CFWを利用しWii Uのゲームディスクダンプやダウンロードタイトルのゲーム本体やアップデート、ダウンロードコンテンツのダンプやCemuのオンラインプレイのセットアップに使うためのファイルをダンプすることができるDumpling v1.1.2をリリース していました。システムアップデータを含むディスクでフリーズする不具合の修正などが変更点です。

●GBATempで、DismissedGuy氏がニンテンドーWi-Fiコネクションの代替サービスWiimmfiで何のゲームをプレイしているのかをDiscordに表示することができるWindows/Linux向けユーティリティWiimmfi-RPC v1.5.2をリリースしていました。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 31.2.0をリリースしていました。プラグインの追加などが変更点です。その前にCitra本体のマージなどがvvctre 31.1.0がリリースされています。

●GitHubで、Yoti氏がメモリースティック PRO DuoのIDをPSPでダンプすることができるユーティリティCardDump v3.1をリリースしていました。

●GitHubで、Creckeryop氏がPS Vitaで漫画を読むことができるコミックリーダーNOBORU 0.52をリリースしていました。クッキーの追加などが変更点です。

●GitHubで、ONEluaチームのDevDavisNunez氏がPS Vitaのプラグインをux0またはur0(SD2VITAを使用している場合)にワンクリックでインストール/アンインストールすることができるユーティリティAutoPlugin II v1.06をリリースしていました。taiライブラリの更新やPSPプラグインのアップデートサポートなどが変更点です。

●ツイッターで、SpecterDev氏がPS4向けの開発ツールとしてソニーのSDKを使わず独自のオープンソース開発環境を使用するツールチェーンOpenOrbis PS4 Toolchain v0.1 BETAをリリースしていました。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchでNRO形式のHomebrewをロードして実行することができるHomenrewローダーnx-hbloader v2.3.2をリリースしていました。システムの安定性向上などが変更点です。

●GitHubで、DevL0rd氏がWindows PCゲームをNintendo Switchに60FPSでストリーミングして最大4つのJoy-Conでマルチプレイをすることが可能な、Switch上でのタッチ操作も可能にすることができるユーティリティSkyNx v1.4をリリースしていました。AMD/Intelエンコーディングの追加などが変更点です。

●GitHubで、masagrator氏がNintendo Switchでオーバーレイ表示を実現するTeslaを使いコアごとのCPU使用率やCPU/GPU/RAMのクロック周波数、RAMの割当量などをリアルタイムに表示することができるオーバーレイメニューStatus Monitor 0.5.3をリリースしていました。libnx 3.2.0へのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、turtle-insect氏がNintendo Switchのセーブデータをバックアップ/リストアすることができるユーティリティNeumann 0.0.10をリリースしていました。libnx 3.2.0への更新が変更点です。

●GitHubで、TarableCode(TaraHoleInIt)氏が4MBメモリのMacintosh PlusのエミュレータMini vMacをニンテンドー3DSに移植したMini vMac 3DS v3.0pre2をリリースしていました。”Insert Disk”のUI追加などが変更点です。

●ツイッターで、m4xw氏がマルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのコアとしてニンテンドー64の磁気ディスクドライブ64DDをサポートするなどしたMupen64Plus-Next 2.1 RC1がリリース目の最終テストフェーズに入ったことを公表していました。リリースについての具体的な言及はありません。

●ツイッターで、m4xw氏がNintendo Switch向けのRetroarchでPSPエミュレータPPSSPPを起動することができるPPSSPPコアPPSSPP Standalone bf6357a5をリリースしていました。


GameGaz Daily 2020.4.6

●Eurogamerで、E3の主催者であるEntertainment Software Association(ESA)が来年のE3を2021年6月15日から6月17日の期間で実施すると発表したことを伝えていました。新型コロナウイルスの影響で今年のE3 2020は中止が決定しています。

●GitHubで、suchmememanyskill氏がNintendo SwitchのSDカードへのemuMMC用パーティション作成も可能なペイロードベースのファイルマネージャーTegraExplorer 1.5.0をリリースしていました。TegraScriptとMMCビューの再調整などが変更点です。

●GitHubで、turtle-insect氏がNintendo Switchのセーブデータをバックアップ/リストアすることができるユーティリティNeumann 0.0.9をリリースしていました。libnx 3.1.0へ更新したことに伴うアップデートです。

●GBATempで、nedex氏がNintendo Switchの時計をNTPサーバーに同期されるためのオーバーレイメニューTeslaのプラグインQuickNTP 1.0.0をリリースしていました。カスタムDNSを使っていると任天堂のサーバーに繫がらないためどんどん内蔵時計の時間がずれていってしまうためにQuickNTPを開発したそうです。
QuickNTP

●ツイッターで、AngryDevs氏がVita向けの格闘ゲームVita Fighters v0.95をリリースしていました。Ciriという新キャラクター追加が変更点です。動画の剣を持っている方がCiriです。

●CBPSフォーラムで、Graphene氏がPS Vitaのシステムモードで利用する2DのGPUライブラリlibvita2dをモディファイし高速動作するようにした改良版ライブラリlibvita2d_sysをアップデートしていました。Jpegフォーマットのハードウェアアクセラレーションサポートが変更点です。

●ツイッターで、Lapy05575948氏がPS4でテーマを変更するためのユーティリティPS4-Xplorer Theme Maker 1.02をリリースしていました。背景画像の不具合修正や新しいセーブシステムによりテーマの保存場所を指定できるようにしたことなどが変更点です。Lapy05575948氏はPS4向けのファイルエクスプローラPS4-Xplorer 1.18を近くリリースすることも公表しています。

●GitHubで、MAME開発チームのcuavas氏が過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的として、MAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という名前のまま進化しているマルチシステムエミュレータMAME 0220をリリースしていました。

●Dolphin Teamが、Windows/macOS/Android向けのGamecube/WiiのエミュレータDolphinの2020年2月・3月の開発進行状況レポートを公表していました。Wiiリモコンサポートのことなどが書かれています。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 24.1.0vvctre 24.1.1をリリースしていました。dynarmicの更新(24.1.0)やオーディオメニューの修正(24.1.1)などが変更点です。
[追記]
CPUクロックを変更するスライダーを復活させるなどしたvvctre 25.0.0がリリースされています。