WiiMC-SS一覧

GameGaz Daily 2019.3.15

●ツイッターで、Nathanr3269氏(=Evilnat氏)がPS3/PS2/PS1/PSPのISO起動をサポートするCobra Cobra 8.0についてPS3 CEX/DEXの全ファームウェア向けCobra 8.01のGitHubへの移植が50%完了したと報告していました。GitHubはhttps://github.com/Evilnatのはずですが、今はCobra-7.55しかないためまだ公開はされていないようです。

●PPSSPP公式サイトで、Henrik Rydgard氏がオープンソースのAndroid/Windows向けPSPエミュレータPPSSPP 1.8.0をリリースしていました。グラフィックスAPI VulkanでのモバイルPowerVR GPUサポートやバグ修正などが変更点です。

●PSX-Placeで、RandomDude氏がPS3のXMBをモディファイしたいユーザー向けに.PNGファイルをGIMファイルに変換したりファイルのダンプやコンパイルをすることができるWindows向けユーティリティRCOMAGE Mod 1.5をリリースしていました。GimConvC(GIMへの変換を行うソニー公式アプリケーションのGimConv.exeのことではないかと思います)を追加したことが変更点です。

●GBATempで、SuperrSonic氏がニンテンドーWiiのメディアプレーヤーユーティリティWiiMCの非公式版WiiMC-SS Update February 12, 2019をリリースしていました。字幕レンダラーlibassのコントロール設定の追加やドロップフレームの表示機能追加などが変更点です。

●日経新聞で、マイクロソフトが2019年中にクラウドからゲームをストリーミング配信するサービスを試験的に始めると伝えていました。スマートフォンやタブレットをターゲットにしたゲームストリーミングサービスですが、日経新聞ではゲーム開発がハードの性能に制約されなくなるものの大作の開発費が高騰する可能性や「ガチャ」に課金して稼ぐ日本のスマホゲームビジネスモデルが崩れる恐れを指摘しています。

●TheVergeで、マイクロソフトがWindows PCのゲーム画面をXbox Oneにストリーミング配信しXbox OneコントローラーであたかもXbox OneのゲームのようにプレイすることができるアプリケーションWireless Displayをリリースしたことを伝えていました。Wireless Displayはマイクロソフトのストアで入手できます。


GameGaz Daily 2018.8.20

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.12をリリースしていました。バブル作成向けににPSP/PSXイメージを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v2.2をリリースしていました。ゲームサポートの強化が変更点です。

●GitHubで、Blastrock氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkgやダウンロードコンテンツ、PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.33をリリースしていました。PSMサポートの追加が変更点です。

●GitHubで、The-4n氏がSwitchのカートリッジイメージであるXCIファイルをeショップタイトルに使われているNSPファイルに変換することができるWindows向けユーティリティ4NXCI v0.9-Beta 2をリリースしていました。安定性向上が変更点です。

●GBATempで、SuperrSonic氏がニンテンドーWiiのメディアプレーヤーユーティリティWiiMCの非公式版WiiMC-SS Update August 14, 2018をリリースしていました。GameCubeコントローラーのRトリガー設定変更などが変更点です。

●ツイッターで、Switchエミュレータyuzu開発チームがyuzuでユーザーによる『スーパーマリオ オデッセイ』最初のボス戦のプレイ動画を紹介していました。グラフィック表示はまだ完成にはほど遠いですが、ちゃんとプレイしてみる気にはなりそうなそれなりの速度で動いてます。


GameGaz Daily 2018.6.21

●GitHubで、ONEluaチームがPS VitaのeCFW向けオリジナルメニューONEMenuをVitaのLiveareaの代わりとして利用できるようVitaへ移植したONEMenu for PSVita v3.03をリリースしていました。VitaShellからカーネルモジュールとユーザーモジュールを更新したことなどが変更点です。

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4 exploitを自分の環境で用意するためのps4-exploit-host v0.4.6a1をリリースしていました。gzip圧縮に対応したことや不具合修正などが変更点です。

●PSXHAXで、RoosterTeethForLife氏がfake PKGファイルにkeystoneファイルを追加することができるユーティリティAdd Keystone GUI v0.11をリリースしていました。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii UエミュレータのPatron版Cemu 1.12.2dをリリースしていました。

●N2Eliteチームが、Amiiboのデータを扱うことができるUSB NFCリーダー/ライターN2 EliteのAndroid向け管理アプリN2 Elite Android App 2.1.0N2 Elite Android App 2.1.1をリリースしたことを発表していました。PC向けのN2 USB R/W Manager for Windows, Linux and Mac 2.1.0もリリースされていますが、こちらは2.1.0までです。Amiibosのチートに対応したこと(2.1.0)やバグ修正(2.1.1)などが変更点です。

●GBATempで、SuperrSonic氏がニンテンドーWiiのメディアプレーヤーユーティリティWiiMCの非公式版WiiMC-SS Update June 11, 2018をリリースしていました。autoboot使用時動画再生中の終了に対応したことが変更点です。

●GitHubで、Joel16氏がニンテンドー3DS向けのGUIファイルマネージャー3DShellをNintendo Switchに移植したNX-Shell v1.0.2 (Beta Release 3)をリリースしていました。オーディオファイル再生のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、Destiny1984氏がNintendo SwitchのXCIダンプデータから不要なスペースを取り除くトリムを行うことができるWindows向けユーティリティXCI-Cutter v2.4.2をリリースしていました。SDカードのクラスタサイズである32kBへの分割サイズの変更でSX OSでトリムや分割したファイルを使えるようにしたことが変更点です。

●rajkosto氏が、Nintendo SwitchでFusée Gelée利用時に必ずRCMモードに入れるようにするペイロードbriccmii v2をリリースしていました。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティNDS-Bootstrap v0.9.1 (Rev 01)をリリースしていました。『Metroid Prime Hunters』など一部タイトルでWireless/WiFiが動作しなくなっていた不具合の修正が変更点です。


GameGaz Daily 2018.5.29

●GitHubで、valentinbreiz氏がAndroidデバイスからPS4のペイロードを読み込ませることができるアプリPS4 Payload Sender for Android v1.2.8をリリースしていました。スペイン語とドイツ語を追加したことが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がWi-Fiに繋ぐだけでPS4 5.05をJailbreakできるESP8266 Wi-Fiモジュール基板向けのファームウェア5.05 FirmwareV5 ESP8266 Chipをリリースしていました。

●ツイッターで、c0d3m4st4氏がESP8266 Wi-Fiモジュール基板を使うことで Wi-Fiに繋ぐだけでPS4の5.05 exploitを発動させることができるESP8266向け ファームウェアESP8266XploitHost_v2.3をリリースしていました。5.05サポートです。

●RPCS3チームが、PS3オープンソースエミュレータRPCS3の2018年4月の開発進捗情報を公表していました。Playable(プレイ可能)が3割を超えました。

●GitHubで、xvortex氏がPS4向けのFTPサーバーペイロードFTPS4 1.3をリリースしていました。5.05に対応したことが変更点です。

●GitHubで、xvortex氏がPS4のゲームデータのダンプを行うことができるユーティリティAll-in-one dumper for PS4(ps4-dumper-vtx) 1.8をリリースしていました。PS4 5.05に対応したそうです。

●GitHubで、RSDuck氏がVBA-Next( Game Boy/Gameboy Color/Super Game Boy/Gamboy Advanceエミュレーター)をNintendo Switchに移植したvba-next-switch v0.5をリリースしていました。

●Maxconsoleで、ある匿名の開発者がNintendo Switchのカートリッジダンプデータ(XCIフォーマット)の証明書の取り出しやインジェクト、ROMトリミングなどを行うことができるWindows向けユーティリティXCI Explorerをリリースしたことを伝えていました。

●GBATempで、SuperrSonic氏がニンテンドーWiiのメディアプレーヤーユーティリティWiiMCの非公式版WiiMC-SS Update May 16, 2018をリリースしていました。Wiimpathy氏のautobootファイルサポートなどが変更点です。

●GBATempで、waywardson07氏がファミコンエミュレータをSwitchに移植したNES ClasSwitch Alpha v0.0.5をリリースしていました。

●GitHubで、Kevoot氏がファミコンエミュレータをSwitchに移植したLaiNES 1.1.0をリリースしていました。

●GitHubで、Joel16氏がニンテンドー3DS向けのGUIファイルマネージャー3DShellをNintendo Switchに移植したNX-Shell 1.00をリリースしていました、
NX-Shell

●Maxconsoleで、マイクロソフトがおよそ1年ぶりにXBox 360のシステムアップデート 17526をリリースしたことに伴いTeam XBLSがXbox 360のNANDイメージを作成することができるユーティリティxeBuild v1.19とXbox360でHomebrewソフトウェアを直接起動させることができるユーティリティDashLaunch v3.19をリリースしたことを伝えていました。

●Team-Xecuterフォーラムで、BenMitnicK氏がJTAG/RGH Xbox 360のNANDイメージを作成するXebuildの機能に加え、NAND読み書きなどもできるようにしたオールインワンユーティリティJ-Runnerの非公式アップデート版J-Runner v0.5をリリースしたことを伝えていました。
J-Runner


GameGaz Daily 2018.5.4

●GitHubで、CTCaer氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplを全NAND(USER/BOOT0/BOOT1パーティション)をダンプするようにしたMOD版hekate MOD 1.1をリリースしていました。USERパーティションのダンプと全eMMCのダンプが選べますが、SDカードに十分な空き容量がない場合に限りUSERパーティションを2GBごとに分割し、自動的に部分ダンプすることが可能になっています。SDカードが一杯になったらメニューからSwitchの電源を落としてSDカードを取り出しPCなどへ移して容量を確保したのちに、ボリュームボタン+を押しながらUSBを抜き差しし直すと部分ダンプの途中かどうかを判別するためのpartial.idxというファイルが生成されている場合は続きからダンプが始まります。

●YouTubeで、ToyTuberのSpawn Wave氏が信頼できる筋からのメールで得た情報としてSNKがNeo Geoのミニゲーム機「SNK Neo Geo Mini」を発売すると伝えていました。ジョイスティックと3.5インチモニターをビルトインしたゲーム筐体風コンソールで40種類のゲームを内蔵しているそうです。正式発表が待たれます。
snk-neogeo-mini

●GBATempで、SuperrSonic氏がニンテンドーWiiのメディアプレーヤーユーティリティWiiMCの非公式版WiiMC-SS Update April 22, 2018をリリースしていました。Windowsプロンプトでゲームキューブコントローラーが動作するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、alatnet/氏がPlaystation VR向けのオープンソースドライバーOpenPSVRをリリースしていました。

●rajkosto氏が、WindowsでSwitchをRCMモード(リカバリーモード)でUSB接続しfuseeペイロードを起動するペイロードランチャーTegraRcmSmash 1.1.0-1をリリースしていました。shofEL2スタイルのcoreboot起動に対応したことが変更点です。

●rajkosto氏が、fusée geléeで使用するeMMCのコンテンツを復号するSwitchの本体ごとに固有の値として保存されているBIS keyをダンプするFusée Geléeペイロードbiskeydump v6をリリースしていました。RCMホスト(PCなど)にダンプされたキーを出力できるようにしたことが変更点です。


GameGaz Daily 2017.7.1

●Pokémon GO公式ツイッターで、Pokémon GO のバージョン0.67.2 (Android / iOS) へのアップデートを開始したと発表していました。バトル中であることを示すアニメーションがジムに復活していたのは確認しました。色々提案あるのはいいですが、ジムバトル中にアプリが落ちるとか、固まるとか、タマゴが割れる瞬間に固まって、タマゴそのものがなかったことになるとか勘弁してください。10kmタマゴでやられた時には泣けます。若者はもう誰もプレイしてないみたいですけど。流行り物扱いしちゃったメディアのおかげで一時的にブーム化しましたが今の姿が本来の姿だと思います。

●endrift氏がマルチプラットフォームゲームボーイアドバンスエミュレータmGBA 0.6 beta 1をリリースしていました。まだテストが必要なプレビュー版で、安定版としてのmGBA 0.6.0リリースまでは数週間ほどかかる見込みです。(poppoさん情報ありがとね)

●GBATempで、SuperrSonic氏がニンテンドーWiiのメディアプレーヤーユーティリティWiiMCの非公式版WiiMC-SS Update June 17をリリースしていました。一部のビデオでフレームスキップするとハングする不具合の修正が変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)