PS3 XMB MOD一覧

GameGaz Daily 2021.1.27

●ツイッターで、lapy05575948氏がVita向けの9種類のHomebrewゲームを一つにしたLapy Games Collection 1.0をリリースしていました。

●ツイッターで、Rinnegatamante氏がグラフィックライブラリvitaGLを改良しAndroid版の『Grand Theft Auto:San Andreas』をVitaに移植している取り組みについて最新のAndroid版(v2.0)と最新のVitaGLの組み合わせのデモ動画を公開していました。日々改良が続けられています。

●PSX-Placeで、DeViL303氏がPS3のファームウェア0.91で使われていた風のXMB背景ウェーブを4.87で利用できるようにしたPS3 XMB MODをリリースしていました。

●GitHubで、MenosGrante氏がAndroidデバイスを使ってNintendo SwitchでFusée Geléeペイロードを起動することができるペイロードランチャーRekado 4.1.1をリリースしていました。Localization center”Crowdin”に移動したことなどが変更点です。

●GitHubで、 Cpasjuste氏が一般的なビデオフォーマットをサポートし、字幕やhttpストリーミングにも対応したNintendo Switch向けのビデオプレーヤーpPlay v3.4をリリースしていました。USBの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、tomvita氏がNintendo Siwtchのメモリダンプデータを使いチートのためのポインタサーチを行うことができるユーティリティPointerSearcher-SE 0.5.10をリリースしていました。ターゲットを見つけやすくする改良やバグ修正などが変更点です。

●任天堂が、Nintendo Switchソフト『モンスターハンターライズ』をプリインストール、追加コンテンツ「モンスターハンターライズ デラックスキット」のダウンロードコードをバンドルし特別デザインを施した「Nintendo Switch モンスターハンターライズ スペシャルエディション」を2021年3月26日(金)に38,400円(税別)で発売すると発表していました。また、特別デザインのNintendo Switch Proコントローラー「Nintendo Switch Proコントローラー モンスターハンターライズエディション」も同日7,480円(税別)で発売されます。両方とも2021年2月27日(土)から順次予約受付が開始されます。

●Dean氏が、PS3/Linux/macOS/AndroidなどのデバイスをホームシアターにすることができるユーティリティMovianの非公式版Movian v5.0.712をリリースしていました。

●GitHubで、MAME開発チームのcuavas氏が過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的として、MAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という名前のまま進化しているマルチシステムエミュレータMAME 0.228をリリースしていました。WonderSwanやWonderSwan Colorのオーバーホールなとが変更点です。

●VitaDBで、ammeir氏が1982年に発売されたシンクレアのZX Spectrum 48kのPS Vita向けエミュレータZXVita v.1.2.0をリリースしたことを伝えていました。

●Citra Emulatorチームのbunnei氏が、Google Playでも配布されている3DSエミュレータCitraの正式Android版Citra Android Beta 13をリリースしていました。フレームレート表示の改善やクラッシュする不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、RSDuck氏がニンテンドーDSエミュレータmelonDSをNintendo Switchへ移植したmelonDS_Switch Release 5をリリースしていました。

●GitHbで、wavemotion-dave氏がAtari 2600エミュレータStellaをNintendo DSに移植したStellaDS v2.0をリリースしていました。AR処理の高速化などが変更点です。