Rekado一覧

GameGaz Daily 2019.6.4

●ツイッターで、TheFloW氏がPS4カーネルのバグを見つけたことを報告していました。おそらくカーネルexploitとして利用できると思われますが、残念ながら5.05から6.20のどこかで対策されてしまっているようです。最新ファームウェア(6.70)では利用できませんが、6.20では有効なのか、あるいは5.05で有効だったものが6.50で対策されているので「5.05から6.20のどこかで対策」といっているのかがイマイチ不明です。

●PSX-Placeで、AlexAltea氏が開発中のLinux、macOSで動作する仮想化ベースのPlayStation 4エミュレータOrbitalについてDualShock 4をサポートしたことえお伝えていました。動画ではセーフモードで実行中にDualShock 4のボタン入力をしていますが、反応するまでにもの凄く時間がかかっているのが分かるものの、認識して動作しています(遅いのは修正可能だとしています)。将来的にはDualShock 4用として仮想USBデバイスを実装して利用する計画です。

●SIEが、2019年8月1日(水)からPlayStation Plus 利用権の価格の値上げを発表していました。
1ヶ月利用権が514円(税込)→850円(税込)
3ヶ月利用権が1,337円(税込)→2,150円(税込)
12ヶ月利用権は5,143円(税込)から変更なし
です。
短期間契約の価格を値上げし、長期契約を据え置くことで長期契約者の増加を狙った値上げと言えそうです。
なお、6月7日から開催されるセール「Days of Play」では
3ヶ月利用権が30%OFFの935円(税込)
12ヶ月利用権が30%OFF3,600円(税込)
(店頭販売は価格5,143円のまま14ヶ月利用権に)
と利用権が安く購入できます。

●ITmedia NEWSで、Appleの開発者会議WWDC 2019においてApple TV向け次期tvOSではマルチユーザーに対応し、ゲームコントローラーとしてXbox One SとPlayStation 4のゲームコントローラが利用可能になることが発表されたと伝えていました。ついにAppleがゲームに本気になったかに思えますが、自社コントローラーを用意しない時点でそれほど本気ではないかも。
なお、ここでは書きませんが今回のWWDCでは新製品はMac ProだけですがOSやソフトウェアが大幅に変更されることが発表されています。

●GitHubで、MenosGrante氏がAndroidデバイスを使ってNintendo SwitchでFusée Geléeペイロードを起動することができるペイロードランチャーRekado 3.0をリリースしていました。シリアルナンバーで本体がハック可能かどうかをチェックする機能を追加したことや、直接URLからインターネット経由でペイロードをダウンロードする機能を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、Reisyukaku氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアReiNX v2.3をリリースしていました。ReiNX向けのqlaunch(Home Menu)であるDeltaLaunch(ただしまだ開発中段階)を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded-CFW 2.13をリリースしていました。ReiNX 2.3とSX Dumper 2.0.4へのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、LyfeOnEdge氏がNintendo SwitchのHomebrewをバージョン管理し最新版へのアップデートや任意のバージョンのインストールを行うことができるユーティリティHBUpdater 0.8をリリースしていました。アルファ版としてのCFWマネージャーを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、usineur氏がFPSゲームEldritchをNintendo Switchに移植したEldritch for Nintendo Switchをリリースしていました。Eldritch自体ソースコードが公開されているようです。ただしSwitchにインストールするにはゲームのコピー(SteamやHumble Bundle、公式サイトで入手可能)が必要と書かれています。


GameGaz Daily 2019.4.24

●PSX-Placeで、DeViL303氏がS3のdev_flashパーティションに18MBのフリースペースを作成することで空き容量を調整することができるユーティリティMinus 18 MB v1.00をリリースしていました。dev_hdd0のpackagesディレクトリには”Plus_18MB.pkg”が作成され、それを実行すれば元に戻ります。

●PSX-Placeで、DeViL303氏がPS3のXMBに再起動やデータベースの再構築などのメニューを追加することができるユーティリティCFW Power Options v1.06をリリースしていました。NANDリカバリーモードオプションを公式に追加したことや、ユーザーログイン画面で確認画面を伴わない電源OFFやソフトウェアリブートを追加したことなどが変更点です。
CFW Power Options v106

●GitHubで、nikolaevich氏が23氏がPS3Xploit v3を利用してPS3のバックアップを作成することができるユーティリティMake Pkg Han Tools 3.7.3をリリースしていました。設定を変更し、Sign Package_List.pkgとrif*.pkgとしたそうです。

●GitHubで、CTCaer氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplを 全NAND(USER/BOOT0/BOOT1パーティション)をダンプするようにしたMOD版hekate – CTCaer mod v4.10.1をリリースしていました。Sandiscのマイクロコントローラーを使った一部カードでの動作がうまくいかないことから204MHzのデバイスクロックに戻したことなどが変更点です。

●GitHubで、MenosGrante氏がAndroidデバイスを使ってNintendo SwitchでFusée Geléeペイロードを起動することができるペイロードランチャーRekado 2.6.5をリリースしていました。hekateペイロードのv4.10.1へのアップデートが変更点です。

●PSPエミュレータPPSSPPをマルチシステムエミュレーターRetroArchのLibretroコアへ移植しているm4xw氏が、patreonのサイトでNintendo Switch向けとしては現時点で最新のPPSSPPコアをビルドしたPPSSPP/Libretro Switch Public Betaをリリースしていました。

●GitHubで、DarkMatterCore氏がNintendo Switchのゲームカードダンプをすることができるユーティリティgcdumptool v1.0.6gcdumptool v1.0.7をリリースしていました。最新のdevkitA64/libnxとの互換のためアプリケーションのコードベースをアップデートしたこと(v1.0.6)や、アップデート後にアプリケーションを再起動するよう促すメッセージを追加したこと(v1.0.7)などが変更点です。

●GitHubで、badda71氏がコモドール64エミュレータ C64をNintendo 3DSに移植したvice3DS v1.0.1をリリースしていました。Viceメニューが更新されないときがある不具合修正などが変更点です。

●GoNintendoで、任天堂が公式サイトからWii、WiiWare、DS、DSiWareのゲームのページやWii Uの情報ページを削除したことを伝えていました。Switchのために整理をしたのではないか、としています。


GameGaz Daily 2019.4.22

●GitHubで、RetroGamer74氏がVitaJam2019参加作品として敵を倒しミッションをクリアしていくことで金を稼いでさらに上のミッションをクリアしていくというVita向けゲームKill-em-All 0.91をリリースしていました。
Kill-em-All

●Bitbucketで、SilicaAndPina氏がVitaJam2019参加作品として今後出るかもしれない3.80にHENkakuを対応させるためのVita向けシミュレーターゲームHello_World();をリリースしていました。
hello_world

●PSX-Placeで、DADi590氏がPS3が古いファームウェアの状態でPSNへアクセス出来るようにするAndroidで動かすプロキシサーバーアプリケーションPS3 Proxy Server for Android​ v2.0をリリースしていました。
PS3 Proxy Server for Android​

●GitHubで、CTCaer氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplを 全NAND(USER/BOOT0/BOOT1パーティション)をダンプするようにしたMOD版hekate-CTCaer mod v4.10をリリースしていました。8.0.0のサポートやbrickプロテクト機能実装やExosphere(パニックリポート)をSDカードに保存する機能の追加などが変更点です。

●ツイッターで、SciresM氏がFusée Gelée(NVIDIA Tegraプロセッサの脆弱性を利用し起動時に任意のコードを実行するcoldboot exploit)を利用して起動することができるNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphère 0.8.8のバグ修正版をリリースしたと公表していました。GitHubでatmosphere-0.8.8-master-a09c0899+hbl-2.1+hbmenu-3.0.1.zipとして配布されています。

●GitHubで、eliboa氏がNintendo SwitchのNANDのダンプやリストアをすることができるWindows向けユーティリティNxNandManager v1.1.1をリリースしていました。8.0のBOOT1サポートが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLight Menu ++ v8.0.1をリリースしていました。DSTWOプラグインフォーマットのアイコン追加やDSTWOプラグインの起動に対応したことや、市販のカートリッジ実行時にL+R+下+Bを2秒間長押しでTWLMenu++に戻るように不具合を修正したこと(DSiでは動作しない)などが変更点です。

●GitHubで、The-4n氏がSwitchのカートリッジイメージであるXCIファイルをeショップタイトルに使われているNSPファイルに変換することができるWindows向けユーティリティ4NXCI v4.03をリリースしていました。ファイルパスの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、retronx-teamがNIntendo Switchでのプレイモードごと(TVモード/携帯モード)とアプリケーション毎(タイトルIDごと)にCPU/GPU/メモリのクロック周波数(オーバークロック/アンダークロック可)をConfigファイルで設定することができるユーティリティsys-clk 0.12.2をリリースしていました。8.0.0のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、MenosGrante氏がAndroidデバイスを使ってNintendo SwitchでFusée Geléeペイロードを起動することができるペイロードランチャーRekado v2.6.4をリリースしていました。Hekateの4.10へのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、spacemeowx2氏がSwitchでローカルワイヤレスプレイに対応しているゲームをオンラインでプレイすることができるユーティリティldn_mitm v1.2.1をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●GitHubで、noahc3氏が旧SDFilesSwitchから名称を変更したNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v12.1をリリースしていました。ldn_mitmemuiiboの追加やAtmosphereのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、aldostools氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMANの非公式アップデート版webMAN MOD 1.47.17をリリースしていました。sMAN GUIの全ページに温度表示を追加したことなどが変更点です。

●Bitbucketで、SilicaAndPina氏がYoYo Gamesのゲーム開発ツールGameMaker StudioのプロジェクトをPS4向けにPKGで出力することができるユーティリティGayMaker: Studio 1.1をリリースしていました。GameMakerで”Global Game Settings”を開いたことがないとGameMakerがクラッシュする不具合を修正したことが変更点です。
また、同じ不具合を修正したHomebrewエクスポートツールGayMaker 1.7.3もリリースしています。

●ツイッターで、ShinyQuagsire氏が3DS / Wii U / Switchのペアレンタルコントロールキーを生成することができるmkey generatorサイトをアップデートしたことを公表していました。Switchの8.0.0に対応したそうです。mkey generatorサイトは
https://mkey.salthax.org/
です。

●ファミ通.comで、任天堂が4月25日から5月8日 23:59まで『マリオカート8 デラックス』や『オクトパストラベラー』などが最大50%OFFとなるNintendo Switch ゴールデンウィーク セールを開催することを伝えていました。


GameGaz Daily 2019.4.9

●ツイッターで、Lapy05575948氏がUnityで開発されたフル管理者権限で動作するPS4向けのファイルエクスプローラアプリケーションPS4-Xplorer BETA 1.11をリリースしていました。お手製キーボードを純正キーボードに変更したことが変更点です。
PS4-Xplorer 1.11

●PSXHAXで、jwooh氏がゲーム開発ツールGameMaker Studioを使って開発したPS4向けのブロック崩し系ゲームBall Blasterをリリースしていました。ダウンロードにはPSXHAXへの登録が必要です。Windows版も配布されています。

●GitHubで、joel16氏がPSP向けのファイルマネージャーCMFileManager PSP v2.30をリリースしていました。.MOD/ .S3m/ .IT フォーマットの音声ファイル再生のサポートや、audio_driver.prxを使わずpspaudiolibのモディファイ版を使用することによりモノラル音声再生の不具合やカーネルモードprxに依存しないようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、badda71氏がコモドール64エミュレータ C64をNintendo 3DSに移植したVice3DS 0.3をリリースしていました。メニューでファイル名入力の際にオンスクリーンキーボードを使用するようにしたことや3DSに向かないメニュー項目をなくしたことなどが変更点です。

●GitHubで、MenosGrante氏がAndroidデバイスを使ってNintendo SwitchでFusée Geléeペイロードを起動することができるペイロードランチャーRekado v2.6.3をリリースしていました。hekate – CTCaer mod v4.9.1へのアップデートなどが変更点です。

●m4xw氏が、現時点ではまだ開発初期段階ながらPSPエミュレータPPSSPPをマルチシステムエミュレーターRetroArchのLibretroコアへ移植することでPPSSPPのNintendo Switchへの移植を行っていることを公表していました。現時点で一応動作はするようです。
PPSSPP early access for Nintendo Switch

●Destructoidで、今週4月11日木曜日にNintendo Directが放送されるとの情報を伝えていました。GamingIntelが情報筋から入手した話がベースですが、Destructoidでは長くニンテンドーオブアメリカの社長を務めてきたReggie Fils-Aime氏が4月15日に退任する直前であることからこのNintendo Directを最後にReggie Fils-Aime氏を送り出すのではないかとしています。日本でも放送があるとしたら内容差し替えでしょうね。


GameGaz Daily 2019.3.10

●GitHubで、SKGleba氏が3.60/3.65のPS Vita向けHENkaku ensoインストーラーenso_ex v3.0をリリースしていました。カスタムロゴ/アニメーションのサポートやsd2vitaドライバーの追加などが変更点です。

●GitHubで、nosmokingbandit氏がNintendo SwitchへNSPインストールなどを行うマルチツールGoldleaf向けのGUI USBインストーラーAluminumFoil 1.0.0.7をリリースしていました。Windows版とMac版がありますが、Mac版は後日だそうです。Goldleafより安定しているからという理由でTinFoilのサポートが今回追加されています。
AluminumFoil

●GitHubで、eliboa氏がNintendo SwitchのNANDのダンプやリストアをすることができるWindows向けユーティリティNxNandManager v1.1をリリースしていました。基本的にはコマンドラインで使うアプリケーションで、GUIはオプション扱いになります。
NxNandManager
How to mount and open your Nintendo Switch's NAND
memloader v3でeMMCをPCにマウント(TegraRcmGUIを使うと簡単にできる)し、NxNandManagerでマウントしたeMMCをドライブとして開き、ダンプやリストアを行います。自動RCMモードの有効/無効もNxNandManagerで設定できます。

●ツイッターでimbushuo氏がNIntendo SwitchでUSBを機能させることに成功したっぽいことを報告していました。imbushuo氏はNintendo SwitchにARM版Windows 10を移植しているので、SwitchのWindows 10でUSBが動くようになったと言うことだと思われます。

●GitHubで、CTCaer氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplを 全NAND(USER/BOOT0/BOOT1パーティション)をダンプするようにしたMOD版hekate – CTCaer mod v4.9.1をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●GitHubで、MenosGrante氏がAndroidデバイスを使ってNintendo SwitchでFusée Geléeペイロードを起動することができるペイロードランチャーRekado 2.6.2をリリースしていました。Hekateを4.9へアップデートしたことなどが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.38をリリースしていました。Hekate 4.9とEdiZon 3.01へのアップデートが変更点です。

●GitHubで、KranKRival氏がSwitchの『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』のインターフェイスを使いプレイできるファミコンゲームを簡単にインジェクトすることができるユーティリティNES ONLINE Game Injector Version 1.4.0M (New Era)をリリースしていました。UIを2タブ形式に変更したことなどが変更点です。
NES-ONLINE-Game-Injector v1.4.0M


GameGaz Daily 2019.3.2

●GitHubで、ShaolinAssassin氏がPS3Xploit Tools v3.0(HAN)をXMBに配置するアドオンツールHAN Toolbox v0.6.4をリリースしていました。フィンランド語とスウェーデン語に対応したことが変更点です。

●GitHubで、mrehkopf氏がスーパーファミコンのFlashカートリッジSD2SNESの公式ファームウェアSD2SNES Firmware v1.10.0SD2SNES Firmware v1.10.1をリリースしていました。スーパーファミコンの特殊チップであるS-DD1のサポート追加とSD2SNES Proのサポート(v1.10.0)や、実際にはSD2SNES Proで起動しなかっためそのバグ修正(v1.10.1)などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.35をリリースしていました。ビルトインSys-FTP機能の追加が変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのブートマネジャーRetroReloaded CFWのパッケージをアップデートすることができるユーティリティRetroReloaded Updater 1.4をリリースしていました。RetroReloaded CFW 1.35で必要なビルトインされているSys-FTPを有効化/無効化する機能の追加が変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がブラウザでアクセスするだけでハックできるウェブサイトPS4ADMINで使うことでペイロードバイナリーデータのパラメータを変更し温度を制御することでファンの速度を調整制御することができるペイロードPS4 Fan Boosterをリリースしていました。

●GitHubで、MenosGrante氏がAndroidデバイスを使ってNintendo SwitchでFusée Geléeペイロードを起動することができるペイロードランチャーRekado 2.6.1 [36]をリリースしていました。Hekateをv4.8にアップデートしたことなどが変更点です。

●GitHubで、cfwprophet氏がPS4ペイロードのバイナリーファイルをブラウザなどで使用できるようpayload.jsのJavaScriptに変換することができるユーティリティbin2js(Binary 2 JavaScript) v1.6をリリースしていました。バグ修正が変更点です。

●Githubで、d3m3vilurr氏がNVIDIAのGameStreamテクノロジーをオープンソース実装したMoonlight EmbeddedをHENkaku環境のVita向けに移植したvita-moonlight 0.5.0をリリースしていました。mDNSを使ってストリームサーバーを見つけるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、nowrep氏がPS Vitaの画面右上にあるステータスバーにバッテリー残量をパーセンテージで表示することができるtaiHENプラグインvita-shellbat r10をリリースしていました。3.55をサポートしたことが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 3.80をリリースしていました。vita-shellbatのアップデートと日本語を含めた言語ファイルの更新が変更点です。