Movian一覧

GameGaz Daily 2020.4.3

●PSX-Placeで、PS3Xploit Teamのesc0rtd3w氏がPS3でCFW化ができなかったnonCFWモデル(後期SlimモデルおよびSuperSlimモデル)でもHomebrew起動を可能にするHomebrew Enabler PS3HEN v3.0.1をリリースしていました。4.86リリース後に開発中であり近くリリースすると告知されていたものです。4.86 HFWがサポートされました。4.84/ 4.85/ 4.86 HFWのみがサポートされています。(オリジナルとも言える4.82はPS3HEN v3.0.0でサポート対象外になっています。)

●ツイッターで、Nathanr3269氏(=Evilnat氏)がCFWをインストールしたPS3でバージョン偽装を利用することによりPSN/SENへ接続できる設定を有効化/無効化することができるユーティリティSEN Enabler v6.2.6をリリースしていました。CFW 4.86 CEXおよびRebug 4.86.1 LITEのハッシュサポート追加が変更点です。

●Redditで、Electry氏がDiscordのRich Presence機能(プレイ中のゲームの情報を表示する機能)で表示するゲーム情報をPS Vitaでプレイ中のゲームに切り替えることができるVitaのカーネルプラグインおよびWindows向けクライアントユーティリティVitaPresence v1.0.0をリリースしていました。プラグイン(VitaPresence.skprx)をVitaにインストール(config.txtは*KERNELに記述)し、VitaはWindows PCと同一ローカルネットワークに置いておく必要があります。
実はSwitchにSwitchPresence-Rewritten(最新バージョンはv1.7)というシステムモジュールおよびアプリケーション(Switch側)とクライアントアプリケーションがあり、Electry氏曰く「SwitchPresence-Rewrittenにインスパイアされた」としています。
VitaPresence

●CBPS Forumsで、cuevavirus氏がPS Vita TVでHDMI出力をPS Vitaのネイティブ解像度である960×544にして出力することができるカーネルプラグインSharpscaleをリリースしていました。ちょっと意味が伝わりにくいと思いますが、720pでは960×544に黒額縁付けて、1080iでは1920×1088にアップスケールし垂直解像度を8行トリミングして1920×1080にします。比率がきっちり16:9になるので1440pや4Kも可能になります。
configには
*KERNEL
ur0:tai/sharpscale.skprx

と記載します。

●Dean氏が、PS3/Linux/macOS/AndroidなどのデバイスをホームシアターにすることができるユーティリティMovianの非公式版movian v5.0.616をリリースしていました。

●IGN JapanでマイクロソフトのXbox部門最高責任者Phil Spencer氏が新型コロナウィルスの影響で発売が遅れる可能性が指摘されているXbox Series Xについて予定通りの発売を目指しており、現時点で「プランB」(代替案)はまだ考えていないと語ったことを伝えていました。ただし何が起こるかわからない不確かな状況であることも認め、開発チームの安全と健康を最優先と語っていることから計画変更の含みも持たせています。少量でも生産ができているなら予定通り年末商戦機に発売する可能性はあるかもしれませんが、そもそも世界的に経済が破綻していて年末商戦(ホリデーシーズン)自体吹っ飛んでいるかもしれません。

●ツイッターで、yellows8氏がNintendo Switchのシステムアップデートをns:suサービスでインストールするnssu-updater 1.0.0とカスタムプロトコルを利用してSwitchのコンテンツをネットワーク経由で転送することができるcontents-delivery-manager v1.0.0をリリースしていました。

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.32.0をリリースしていました。12MB(DSi)/ 28MB(3DS)のROMをRAMにロードする設定の再追加などが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v13.0.0をリリースしていました。DSモードでDSi拡張カートリッジが起動できるようになったことや、WiLight Menu++起動時にSDカードにソフトリセットパラメータファイルが存在する場合最後に起動したDS(DSi)ゲームを起動するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、The Citra Teamのweihuoya氏が3DSエミュレータCitraを非公式にAndroidに移植したCitra for Android 20200402をリリースしていました。

●GitHubで、Cpasjuste氏がアーケードエミュレータPFBA(Portable Final Burn Alpha)をVita/Switch向けに移植したpFBN 4.2をリリースしていました。config.cfgのROMのパスが正しく読み込めないといった不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、Reicastチームのskmp氏がマルチプラットフォーム向けのセガDreamcastエミュレータReicast r20.04をリリースしていました。ウィンドウサイズ保存時の縦サイズチェック追加などが変更点です。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 20.1.0vvctre 20.2.0vvctre 20.2.1をリリースしていました。初期設定画面でコントロールタブにファイルのロードとセーブのボタンを追加したこと(20.1.0)やData FolderをUser Folderと名称を変更したこと(20.2.0)、不具合修正(20.2.1)などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.11.17

●GitHubで、joel16氏がPSP向けのファイルマネージャーCMFileManager PSP v3.20をリリースしていました。EBOOTランチャーメニューの改良や設定の仕組みの改良などが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 4.06をリリースしていました。要求ファームウェア3.69以降のタイトルを3.68/3.65/3.60のVitaで起動させるためのreF00Dプラグインのkey.binの更新(ここで配布されている3.69+に対応するためのkey.binに入れ替えたのだと思われます)やux0にrePatchフォルダを作成し、ux0:patchと同じ機能を持たせることができるカーネルプラグインrePATCH 2.71の追加(最新版だと問題があるため旧バージョンを追加したようです)などが変更点です。

●GitHubで、badda71氏がコモドール64エミュレータ C64をNintendo 3DSに移植したvice3DS v2 RC3をリリースしていました。起動時のオートスタート機能の強化や不具合修正などが変更点です。

●DarkAkuma氏が、ファミコンオンラインやスーパーファミコンオンラインのアプリとしてゲームを追加管理することができるWindows向けユーティリティCaVE Database Manager v1.0.2.0をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●ツイッターで、Switchエミュレータyuzu開発チームがyuzuで『ポケットモンスター ソード・シールド』が起動したと報告していました。バグがあるため普通にプレイできるところまでは行き着いていないようですが、最初から発売直後のゲームが起動できるのは驚きです。

●GitHubで、kwsch氏がWindows向けのポケモンセーブデータエディタPKHeX 19.11.15をリリースしていました。『ポケットモンスター ソード・シールド』に対応したことなどが変更点です。
PKHeX

●GBATempで、Sakitoshi氏がNintendo 3DSでマルチシステムエミュレーターRetroArchを介さずPS1をプレイできるようにCIAファイルを作成するためのWindows向けユーティリティPS1 Forwarder Creator 1.7.3をリリースしていました。old3DSでは動作速度が足らないためnew3DS専用CIAとなっています。
PS1 Forwarder Creator

●GBATempで、TheyKilledKenny氏がNintendo SwitchのAtmosphere\SXOSのeMMC/emuNANDパーティションを他のSDカードにコピー・ムーブ・バックアップ・リストアすることなどができるWindows向けmunNAND管理ユーティリティEmuTool Version 0.2.6をリリースしていました。
EmuTool

●GBATempで、PS Vita向けのAction Replay (PSPAR)チートコード互換のポインタスキャンユーティリティTempAR – Vita Version V3.01 Pre-releaseをリリースしていました。
TempAR - Vita Version

●GitHubで、theheroGAC氏がHENkaku環境のVita向け多機能シェルアプリVitaShellの非公式版VitaShell v2.0 unofficialをリリースしていました。SELECTボタンに不具合を抱えるユーザーがいたためSELECTボタンをLトリガーへ変更する機能をなくしたそうです。

●GBATempで、dcnigma氏がNintendo SwitchのオープンソースカスタムMOMEメニューuLaunchのインストール・アンインストールやアップデート、テーマインストールなどを行うことができるユーティリティDC uLaunch Updater 0.0.3をリリースしていました。

●GitHubで、masagrator氏が通常は自動でチェック判定されるSwitchの携帯モードとTVモードを入れ替えることでグラフィック設定などモード設定に依存している各種制限を解除したりすることができるSaltyNXプラグインReverseNXに関連し携帯モードとTVモードのフラグ入れ替えなどを簡単に行うことができるユーティリティReverseNX-Tool 1.3をリリースしていました。
ReverseNX-Tool

●Andreas Smas氏が、PS3/Linux(Ubuntu)/macOS/Androidなどのデバイスをホームシアターにすることができるユーティリティmovian v5.0.546をリリースしていました。

●Arisotura氏が、Windows/Linux向けのニンテンドーDSエミュレータmelonDSの今後についてJITブランチのベータ版リリースやARチートコードのサポートを予定していることを公表していました。


GameGaz Daily 2016.7.27

●Maxconsoleで、ゲーム機改造でおなじみBen Heck氏がソニー製のスーパーファミコンを分解・修理する映像を公開したと伝えていました。以前ソニー製のスーパーファミコンプロトタイプとして伝えていたものです。
映像は2部構成になっており、パート1は丁寧に分解してシステムを紹介編、パート2は実際には動かないこのプロトタイプを修理してみた編です。

●IGN JAPANで、スーパーファミコン向けにワイヤレスコントローラー用アダプタ「Retro Receiver」が発売されたと伝えていました。「Retro Receiver」をスーパーファミコンに使用することで、Bluetoothを利用できるようになりDualShock 4、Dualshock 3、Wiiリモコン、Wii U PROコントローラーが使えるようになります。

●PSX-Placeで、 Andreas Smas氏がPS3をホームシアターにすることができるユーティリティMovian v5.0.274 Stableをリリースしたことを伝えていました。multiMAN Editionも公開されています。


GameGaz Daily 2016.7.5

●Cobra BlackFinチームが、PS VitaでP2Pを利用してバックアップ起動を実現するというCobra BlackFinのソフトウェアアップデートBlackFin software v1.11をリリースしていました。ネットワーク経由の認証の安定性を改善したようです。

●NextGenUpdateフォーラムで、Red-EyeX32氏がPS4と同じローカルネットワーク上にあるWindows PCをプロキシサーバーとして機能させ、PS4のアップデート要求を回避することができるユーティリティPSProxy v2.0.0.0をリリースしていました。現時点では3.50のPS4でアップデートを回避しUSのPSNへ接続できることが確認されているそうですが、ps4-updatelist.xmlの”us”を”eu”にすることでEUのPSN接続も可能だそうです。
日本の場合は
http://fjp01.ps4.update.playstation.net/update/ps4/list/jp/ps4-updatelist.xml
のxmlファイルをベースにすれば良いのではないかと思います。
同梱されている設定ファイルのsettings.iniを見るとPS3の表記もあるので、PS3のxmlを使うことでPS3にも使えるかもしれません。

●PSX-Placeで、aldostools氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMANの非公式アップデート版webMAN MOD v1.43.30をリリースしたことを伝えていました。XMBでのタイトルの並び替えに頭文字だけでなく2つ目の言葉の頭文字も使うよう改良したことなどが変更点です。

●PSX-Placeで、facanferff氏が動画共有サービスVimeoに対応するMovian向けプラグインVimeo for Movian Media Centerをリリースしたことを伝えていました。

●PSX-Placeで、0_obeWAN氏がPS3で簡単にISOファイルを簡単に作ることができるユーティリティPS3 ISO batch 0.3をリリースしていました。

●Everyeyeで、任天堂の君島社長が今年の東京ゲームショウには任天堂は出展しないと明言したことを伝えていました。先日の株主総会で話したらしいのですが、発表されている質疑応答資料の中では見つけることができませんでした。東京ゲームショウの不参加は例年のことですが、少なくとも東京ゲームショウでのNXの詳細発表の可能性はなくなりました。東京ゲームショウ近辺での発表はないとも言い切れませんが。

●ツイッターで、Rinnegatamante氏がニンテンドー3DSでテーマを変更するためのユーティリティCustom Home Menu Manager 2(CHMM2) v.2.8をリリースしていました。CIA/3DSを使っている場合でも起動時にSTARTボタンを押さなくてもいいようになったことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2016.4.4

●PSX-Placeで、Dean氏がPS3をホームシアターにすることができるユーティリティMovian (multiMAN Edition) v5.0.005をリリースしたことを伝えていました。

●Rinnegatamante氏がニンテンドー3DSの4.1 – 10.6に対応したCIA管理ユーティリティNASA v.1.5をリリースしていました。svchaxへの対応などが変更点です。

●カナダにある独立系ビデオ販売店VGP(Video Games Plus)のツイッターアカウントが、任天堂はDSのカード自体の生産を中止したと伝えていました。情報源が不明ですが、少なくともDS向けの新規タイトルはもう発売されないのは当然のことながら、人気があってもDSのゲームカード自体が手に入らないので再生産もないということになります。