NEWS一覧

GameGaz Daily 2018.12.7

●GitHubで、CTCaer氏がbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate_iplを 全NAND(USER/BOOT0/BOOT1パーティション)をダンプするようにしたMOD版hekate – CTCaer mod v4.5をリリースしていました。6.2.0のサポートやYouTube HDCPの不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、tumGER氏が旧SDFilesSwitchから名称を変更したNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v11.5をリリースしていました。hekate最新版に対応したことやAtmosphereのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、MenosGrante氏がAndroidデバイスを使ってNintendo SwitchでFusée Geléeペイロードを起動することができるペイロードランチャーRekado 2.5.1をリリースしていました。Hekateのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がNintendo Wii Uのディスクイメージを復号・展開することができるJavaツールJWUDTool 0.2をリリースしていました。

●Xbox Japan Blogで、マイクロソフトが2018年12月10日(月)から2018年12月31日(月)まで、Xbox One本体を5,000円(税抜)引きで販売する「Xbox One 本体どれでも5,000円OFFセールキャンペーン」を実施すると発表していました。


GameGaz Daily 2018.12.6

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.15.0dをリリースしていました。PowerPCデバッガの追加やフレームレート/RAM使用量などを任意の色で画面上に表示することができる設定表示オーバーレイ機能の追加などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.12.5

●GitHubで、nikolaevich23氏がPS3Xploit v3を利用してPS3のバックアップを作成することができるユーティリティMake pkg han tools 3.0.1をリリースしていました。ログのオンオフ機能追加やトレイへのインジケーター追加が変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLight Menu++ v6.6.0をリリースしていました。DSiでHiyaCFWを使っている場合起動時のスプラッシュ画面を復活させたことなどが変更点です。

●Dolphin Teamが、Windows/MacOSX/Linux向けのGamecube/WiiのエミュレータDolphinの開発進捗状況を公表していました。現在開発版はWindows/mac/Android版がバージョン5.0としてリリースされています。

●Zopfcodeで、puhitaku氏がプレイステーション クラシックのeMMCをSDカードアダプタ(基板に直付け)にダンプすることに成功したようで、その情報をブログで公開していました。ソニーのゲーム機となるとみんなでよってたかって調べるので情報が出てくるのが早いです。
ただ、この記事でもプレイステーション クラシックの私見を書きましたが、今ソニーが新たに発売したゲーム機だからよってたかって服を剥ぎ取ってますが、PCSX-ReARMedを走らせているRaspberry Piだったらここまでみんな群がるものでしょうか。
誤解を恐れずに言うと、結局Raspberry Pi + PCSX-ReARMedをフルボッコにしている状態と大差ない気がしてきました。Raspberry Piだと完全に語弊があるので、あえて言い換えれば「ソニーオリジナルのシングルボードコンピュータ」でしょうか。


GameGaz Daily 2018.12.4

●昨日発売されたプレイステーション クラシックですが、早速emuonpsp氏が調査してくれてました。


マザーボード上でピンショートさせてUSB接続するとfastbootモードに入るというAndroidベースであることが分かりました。詳しくはEmu on PSPで記事になってます。


Androidの作法が色々通用するかもしれませんね。
我が家にもプレイステーション クラシックが届きましたが、帰宅時間が遅かったのでまだ未開封です。
また、詳細な説明はないのでおそらくですが、xyzz氏がGitHubでプレイステーション クラシックのソースコードではないかと思われるpsclassic-sourceというものを公開しています。

●PSX-Placeで、Nathanr3269氏(=Evilnat氏)がCFWをインストールしたPS3でバージョン偽装を利用することによりPSN/SENへ接続できる設定を有効化/無効化することができるユーティリティSEN Enabler v6.2.0をリリースしていました。サポートするCFWでのCobraデータの7.55へのアップデートやsyscall/ID/XMBパッチをファームウェアから独立させ、新しいCFWに対してSEN Enabler自体を対応したものにアップデートしなくても使えるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、tumGER氏が旧SDFilesSwitchから名称を変更したNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v11.1をリリースしていました。6.2.0のサポートやオンラインプレイサポートなどが変更点です。Atmosphere v0.8.1をベースにしているそうです。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.7をリリースしていました。オートモードで要求システムバージョンをパッチするようにしたことや、マニュアルモードだと要求システムバージョンをパッチする前に聞いてくるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、SeannyM(Hydr8gon)氏がWindows/Linux向けのニンテンドーDSエミュレータmelonDSをNintendo Switchに移植したmelonDS v0.5.2をリリースしていました。ステートセーブがない状態でRボタンを押すとクラッシュしてしまう不具合の修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.12.3

●GitHubで、The-4n氏がSwitchのカートリッジイメージであるXCIファイルをeショップタイトルに使われているNSPファイルに変換することができるWindows向けユーティリティ4NXCI v2.10をリリースしていました。keygeneration 7のサポートや複数アップデータのあるゲームカードのサポートなどが変更点です。
なお、GBATempではhippy dave氏がmacOS版として4NXCI v2.10_macosを公開しています。

●GitHubで、SeannyM(Hydr8gon)氏がWindows/Linux向けのニンテンドーDSエミュレータmelonDSをNintendo Switchに移植したmelonDS v0.5.1をリリースしていました。サウンド出力の不具合修正が変更点です。


GameGaz Daily 2018.12.2

●ツイッターで、SilicaAndPina氏がYoYo Gamesのゲーム開発ツールGameMaker StudioのプロジェクトをVita向けにVPKファイルで出力することができるWindows向けユーティリティGayMaker v1.5をリリースしていました。Global Game SettingsでENTERキーを押すだけで設定が適用されるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 3.59をリリースしていました。VitaのゲームのトロフィーをアンロックできるTropHAXの追加などが変更点です。現時点でTropHAXを開発していたSilicaAndPina氏のGitHubは404で「見つかりません」状態ですが、代わりにBitbucketで公開されています。