NEWS一覧

GameGaz Daily 2019.9.30

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.91をリリースしていました。ブラウザを使うhtmlベースのNSCB File_Infoによりグラフィカルインターフェースに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、fgsfdsfgs氏がFPSゲームDoomの改造エンジンZDoomにOpenGLレンダリングを加えたものをNintendo Switchに移植したGZDoom nx4.3pre-5をリリースしていました。9.0.0のサポートなどが変更点です。

●Lakka teamが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchを統合することでデバイスをレトロゲーム機にするLinuxディストリビューションLakka 2.3.1をリリースしていました。新プラットフォームとしてRaspberry Pi 4などが追加されたほか、RetroArchの1.7.8v4へのアップデートなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.9.29

●SciresM氏がツイッターでこんなことを言っていました。


念のため言っておきますが、私はハックであれこれやるために8.0.1のSwitch Liteを手に入れようと思ってます(8.1.0は不可)。イギリス/スコットランドでもうすぐ手に入る見込みです。
US版のSiwtch Liteは8.1.0で、EU版のSwitch Liteは8.0.1で発売されたという話から上記の発言に至ってますが、8.0.1だとハックに繋がる何かがあるのかもしれませんね。単に古いファームウェアの方から探してみるというだけの可能性もありますが(そっちの方が可能性高い気がします。)

●GitHubで、ITotalJustice氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアAtmosphèreとHekateペイロードをGitHubから直接ダウンロードしてアップデートを行うことができるユーティリティAtmosphere-Updater v0.5.0をリリースしていました。フルタッチスクリーンのサポートや設定変更時の確認用ポップアップボックスの追加などが変更点です。

●ツイッターで、hexkyz氏がTeam XecuterのSX OS v2.9のデータをアンパック・復号化するスクリプトtxunpack.pyとtxdecompress.pyをリリースしていました。

●GBATempで、bemar氏がNintendo SwitchのHekateのconfigファイルの設定変更やHekateペイロード、Argon-NXペイロードを起動することができるユーティリティHekateBrew v0.5をリリースしていました。
HekateBrew_1

HekateBrew_2

●Wiimm氏が、マリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v2.09a r8000をリリースしていました。

●GitHubで、Fullmetal5氏がネットワーク接続機能がなくSDカードスロットもないためハッキングができていなかったWii-miniをBluetoothを使ってハックすることができるbluebomb v1.0をリリースしていました。
9月半ばにまだ未完成としていたWii miniハックのリリースとなります。
bluebombはBluetoothの脆弱性を利用し、BlueZというLinuxで動作するBluetoothプロトコルスタックでexploitのペイロードを送り込み、Wiiリモコンを切って代わりにLinux PCとBluetooth接続するとWii miniのUSBポートに入れたUSBドライブのルートにあるboot.elf(HackMii Installer)を読み込んでHomebrew Channelが起動するという仕組みです。
Linux PCが必要であることと、そもそもWii miniは日本では販売されていないのでみなさん興味薄だと思いますが、情報だけお知らせします。

[追記]
Wii-HomebrewフォーラムにLeseratte氏がチュートリアルを(英語ですが)公開しています。
WiiのカスタムIOSであるWiiU向けのd2x cIOSを実験的にWii mini向けにカスタマイズして配布しています。これによってUSBローダーが機能するようになります。

●PSX-Placeで、Dean氏がPS3のバックアップマネージャーmultiMAN v04.85.00をリリースしたことを伝えていました。CFW 4.83 – 4.85のサポートが変更点です。


GameGaz Daily 2019.9.28

ブログのテーマではないのでちょっとした話題的に触れますが、iOSのJailbreakが話題になっています。Nintendo SwitchでいうところのFusée Geléeのような対策不能な脆弱性を利用したJailbreakらしく、iPhone 4S(A5チップ)からiPhone XおよびiOPhone 8/Plus(A11チップ)までの世代がパーマネントハックできてしまうというbootrom exploitです。

●電ファミニコゲーマーで、モバイルアプリケーション向けに市場調査用ツールを提供している企業Sensor Towerが任天堂のスマートフォン向けゲームアプリ『マリオカート ツアー』の配信初日におけるダウンロード数が、2000万回を超えていたことを示すデータを公表したと伝えていました。2016年に世界最速で4000万ダウンロードを突破した『Super Mario Run』のおよそ3倍、約180万回の『ファイアーエムブレムヒーローズ』と約170万回『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の10倍以上に相当する数字で、任天堂がリリースした6つのモバイルゲームのうち、過去最高のダウンロード数を記録したそうです。ダウンロード数の割には課金額は伸びていないそうですが…

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchの暗号鍵を抜き出すことができるSwitch向けペイロードLockpick_RCM v1.6.0をリリースしていました。タイトルキーのダンプ機能を実装したことなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.24.2をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.15.15bをリリースしていました。サラウンドのサポートやバグ修正などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.43をリリースしていました。SX OS 2.9.0 BetaとLockPick 1.2.6へのアップデートなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.9.27

●GitHubで、 HookedBehemoth氏がNintendo Switchでスクリーンショットをlewd.picsへ直接アップロードすることができるユーティリティscreen-nx v1.2.0をリリースしていました。動画(mp4)のスクリーンショットサポート追加が変更点です。


GameGaz Daily 2019.9.26

スマホ向けタイトル『マリオカート ツアー』をプレイしてみました。プレー感はマリオカート感満載でした。スワイプでの操作が十字キーとは異なるので最初はまっすぐ進めませんでしたがすぐ慣れます。マルチプレイは今後のアップデート待ちのようですね。楽しみです。任天堂の今までのスマホゲームの中で一番楽しいと感じましたよ。
Mario Kart Tour

●GitHubで、developersu氏がSwitchのTinFoil(USBおよびネットワーク対応)とGoldLeaf(USB対応)のJava環境PC向けNSPインストーラーNS-USBloader v0.8をリリースしていました。プロセス中断における不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューTWiLightMenu++ v9.5.1およびTWiLightMenu++ v9.5.2をリリースしていました。ROM起動に関する不具合修正(v9.5.1)やマスターシステムとゲームギアのボックスアートサイズ表示の調整などが変更点です。

●Libretroチームが、new3DS向けのRetroArch 3DSでPCSX ReARMedのレンダラー(3DCGを描画する機能)をPCSX4ALLのUnaiレンダラーへ変更することで多くのゲームにおいて10-20fpsフレームレートが改善し高速化されたと発表していました。ただし高速化されたのはold3DSではなくnew3DSのみです。またPCSX ReARMedでのCHDフォーマットをサポートしPlayStationタイトルがnew3DSでフルスピードで実行できるようになったそうです。

●GitHubで、MAME開発チームのcuavas氏が過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的として、MAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という名前のまま進化しているマルチシステムエミュレータMAME 0.214をリリースしていました。5種類のゲーム&ウォッチタイトルのサポートなどが変更点です。

●PPSSPP公式サイトで、Henrik Rydgard氏がオープンソースのAndroid/Windows向けPSPエミュレータPPSSPP 1.9をリリースしていました。アップデートは半年ぶりです。『God of War』での不具合修正およびパフォーマンス改善などの、主に不具合修正が変更点です。Nintendo Switch版も配布されています。