DraStic一覧

GameGaz Daily 2019.12.17

●Redditで、Android向けDSエミュレータ DraSticがオープンソース化されることになったため、Androidと同じアーキテクチャであるVitaに今後移植されるだろうとの意見を伝えていました。移植を公言した開発者がいるという話ではありませんが、通常の流れだときっと移植が始まります。
DraStic on vita

●GBATempで、Grarak氏がNintendo Switch向けの非公式DiscordクライアントNXCord
をリリース
していました。GBATempでは配布場所のリンクは掲載されていませんが、たぶんGitHubのここだと思います。現状まだ開発段階です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL 氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/macOS/Linux向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.1.1をリリースしていました。WiiWare Patcher/Wiimmfi Patcherとの統合(Windows版)などが変更点です。なおMac/Linux版はうまく動かないのか分かりませんが「ブロークン」になっているのでアップデートはありません。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL氏がWiimmfi(ニンテンドーWi-Fiコネクションサービス終了後に同様のサービス継続を目的に作られたサービス)を利用できるようWiiWareをパッチすることができるWindows/macOS/Linux向けユーティリティAuto WiiWare Patcher v2.1.9をリリースしていました。RiiConnect24 Patcherとの統合(Windows版)やlzxを実行しようとするとうまくいかない不具合の修正(Mac/Linux版)などが変更点です。

●GitHubで、Gericom氏がDS/DSi/3DSのDSモードでGBAゲームを起動するハイパーバイザとして動作するバックアップローダーGBARunner2 v20191216-204321_2e88e61をリリースしていました。バグ修正が変更点です。

●GitHubで、mondul氏がニンテンドーDSiのカスタムファームウェアHiYaCFWやオープンソースメニューTWiLightMenu++のインストールプロセスを簡単に行えるようにできるWindows/Linux/macOS向けユーティリティHiyaCFW-Helper v3.6.1をリリースしていました。大文字でのlauncherフォルダをサポートしたことなどが変更点です。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.15.20fをリリースしていました。フルスクリーンオプションメニューの不具合修正が変更点です。なお、Patreon版はCemu 1.16.0bがリリースされています。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v1.7.25をリリースしていました。アップデート起動時に接続解除確認ウィンドウを表示しないようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、TheRadziu氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkg、ダウンロードコンテンツ、PSP/PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.52をリリースしていました。起動時のNoNpDrmチェックを追加したことなどが変更点です。


Android向けフルスピードDSエミュレータ DraStic

NeoGAFで、Android端末向けのニンテンドーDSエミュレータDraSticがリリースされたことを伝えていました。

→→→この記事の続きを読む