tx_unpack.py一覧

GameGaz Daily 2020.7.2

●ツイッターで、hexkyz氏がTeam XecuterのSX OS v3.0.3のデータをアンパックするスクリプトtx_unpack.pyをリリースしていました。tx_decompress.pyは実はv3.0.0以降は必要ではなくなっているのでツイッターでの告知は今回からtx_unpack.pyのみになるそうです。
SX OS v3.0.3で導入されたCleanupはバックアップから復元してMODチップが書き込んだeMMCのブートローダを消去、Genuine bootはMODチップへハッキングプロセスの有効無効コマンドを投げるという仕様になっています。

●GitHubで、TimmSkiller氏がNintendo 3DSのCIAファイルの情報を読み込んで表示することができるWindows向けユーティリティCIAInfo 1.1をリリースしていました。

●GitHubで、DarkMatterCore氏がWiiのインストール用のWADパッケージをコンソール固有のキーを使うことでSDカードインストールできるバックアップWADパッケージに変換することができるwad2bin v0.7をリリースしていました。DLC WADに対してペアレントタイトルIDの生成をやめたことなどが変更点です。

●IGN Japanで、任天堂が欧州の小売店で自社ゲームのダウンロード版の販売を停止したことを伝えていました。小売店ではNintendo Switch Onlineのメンバーシップとダウンロードコンテンツのコードは販売を継続されるものの、ゲーム自体のダウンロードコードの販売はなくなったことになります。

●NintendoSoupで、北米の公式ニンテンドーストアから『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』専用のコントローラーの「スーパーファミコン コントローラー」がなくなっていたと伝えていました。ちょっとした騒ぎになってました。調べたところ、Other Controllersのところにはラインナップとしてずっと存在していますが、いざ購入しようとクリックすると11月2日の未明の時点では確かに404になってページが消えてしまっていました。11月2日の昼の時点では復活しているのを確認していますので、一時的にアクセスできなくなっていたようです。

●Bloombergで、関係者が匿名を条件に語った非公表の情報として、Appleが定額制ゲームサービスApple Arcadeで運用方針を転換し、契約者のつなぎ留めに寄与するゲーム開発を重視、利用者の伸びないゲームを打ち切る方向にシフトしたと伝えていました。現時点まではヒット作に恵まれず、契約者の伸びが予想を下回っているようです。

●CBPSフォーラムで、Graphene氏がPS Vitaのシステムモードで利用する2DのGPUライブラリlibvita2dをモディファイし高速動作するようにした改良版ライブラリlibvita2d_sysをアップデートしていました。JPEG decoderでJPEGデコードにARMを利用できるようにしたこと(少し動作は遅くなるがメモリ使用量は少なくなる)なとが変更点です。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 34.8.0vvctre 34.9.0をリリースしていました。Close Menuの追加(34.8.0)やシェーダー設定でディスク使用量が増える不具合の修正(34.9.0)などが変更点です。


GameGaz Daily 2020.6.20

●ツイッターで、hexkyz氏がTeam XecuterのSX OS v3.0.2のデータをアンパック・復号化するスクリプトtx_unpack.pyとtx_decompress.pyをリリースしていました。

●GitHubで、zaksabeast氏がNintendo Switch『ポケットモンスター ソード・シールド』をプレイ中にTeslaを使ってポケモンのデータなどを表示することができるオーバーレイメニューCaptureSight v0.7.0をリリースしていました。追加ダウンロードコンテンツ「鎧の孤島」のサポートが変更点です。

●GitHubで、mdbell氏がJavaによるNintendo Switch向けのマルチプラットフォームグラフィカルリモートデバッガNoexes v1.1.2-tidをリリースしていました。新タイトルIDでの現状のソースでのビルドだそうです。

●GitHubで、kwsch氏がWindows向けのポケモンセーブデータエディタPKHeX 20.06.19をリリースしていました。『ポケットモンスター ソード・シールド』の追加ダウンロードコンテンツ「鎧の孤島」のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.2.3.1をリリースしていました。wad2binのエラーコード更新などが変更点です。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 34.3.0vvctre 34.4.0をリリースしていました。Public RoomsにRefreshボタンを追加したこと(34.3.0)やマルチプレーヤーの改善などが変更点です。


GameGaz Daily 2020.6.16

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo Switch向け多機能ブートローダーとなるbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate – CTCaer mod v5.3.0 & Nyx v0.9.2をリリースしていました。hekateはAtmosphère 0.13.0で導入された新しいExosphère(Exosphère2)のサポートや500msの起動高速化などが、GUIのNyxはパーティション管理の不具合修正なとが変更点です。

●ツイッターで、hexkyz氏がTeam XecuterのSX OS v3.0.1のデータをアンパック・復号化するスクリプトtx_unpack.pyとtx_decompress.pyをリリースしていました。

●GitHubで、HookedBehemoth氏がバックグランドで動作し、Tesla overlayで操作できるNintendo switch向けのオーディオプレーヤーsys-tune v1.2.0をリリースしていました。シャットダウン機能の追加などが変更点です。

●GitHubで、Princess of Sleeping氏がPS Vitaのuma0に電源を切るまで、あるいは再起動するまでの一時的な高速ストレージとしてRAMディスクを作成しマウントすることができるカーネルプラグインvmass(Virtual mass storage) v1.20をリリースしていました。vmassストレージの保存に対応したことが変更点です。

●GitHubで、Electric1447氏がVitaで直接VitaDB(VitaのHomebrewやプラグインなどをデータベース化して保管するVPKリポジトリ)からHomebrewをダウンロード・インストールすることができるユーティリティEasyVPK v1.2.1をリリースしていました。起動時にクラッシュする不具合の修正が変更点です。

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏が過去に開発されたPS3 Media ServerをベースにDLNA、UPnP、HTTP/Sに対応し、主要なOS(Windows/Linux/macOS)をサポートしたメディアサーバーアプリケーションUniversal Media Server v9.6.2をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、Synecdoche氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereをベースにオールインワンパッケージツールKosmos同様必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたオールインワンカスタムファームウェアVöid 4.5をリリースしてました。Atmosphere 0.13.0およびHekate 5.3.0へのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、arch-box氏がNintendo Switchのカスタムファームウェアで非書名NSPや変換XCIをインストール・起動するために必要な署名パッチSigpatch 10.0.4をリリースしていました。Horizon OS 10.04とAtmosphere 0.13.0をサポートしたことが変更点です。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchでNRO形式のHomebrewをロードして実行することができるHomenrewローダーnx-hbloader v2.3.3をリリースしていました。QLaunch Romfsマウントのパーミッション追加などが変更点です。

●GitHubで、DacoTaco氏がWiiの起動プロセスやメモリへパッチすることができるユーティリティPriiloader v0.9 BETA 4をリリースしていました。dolとSysMenuの読み込みコードを作り直したことなどが変更点です。

●GitHubで、Extrems氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.5r845をリリースしていました。プログレスインジケータの変更やCPU温度モニタリングの追加などが変更点です。

●GitHubで、Electric1447氏がPS Vita(PCH-2000)のLCDパネル色表示のサチュレーション(映像がある一定のレベルを超えた値で入力されるとパネルの表示上は値通りにはならず一定レベルの飽和した状態で表示されたりすること)を改善するためのユーティリティLCD Color Saturation v1.1.0をリリースしていました。インストールに再起動不要としたことなどが変更点です。

●GBATempで、DeadSkullzJr氏がNintendo DS向けのFlashcard SuperCard DSTWOのWindows/Linux向け非公式SDK SuperCard DSTWO SDK v1.4(Unofficial)をリリースしていました。現時点で実際リリースされたのはLinux向けのみで、Windows版は目下開発中だそうです。

●GBATempで、Ibcap氏がNintendo Switch(2.0.0-10.0.4)のカスタムファームウェアAtmosphere 0.13.0で非書名NSPや変換XCIをインストール・起動するために必要な署名パッチSigpatches for Atmosphere 0.13.0をリリースしていました。