VitaPad一覧

GameGaz Daily 2020.7.21

●GitHubで、Chrscool8氏がNintendo Switchの/switchフォルダ以下にある.nroファイルの詳細な情報を表示したり、HB App Storeから直接ダウンロードしたものかSDカードに手動でコピーしたものかなどのラベル付けなども行ってくれるファイル管理ユーティリティHomebrew-Details v0.74をリリースしていました。実験的にアプリ起動をサポートしたようですが、まだすべてのアプリが起動できるわけではないそうです。アプリ起動を有効にするにはDebug Modeにする必要があります。
Homebrew-Details v074_1
Homebrew-Details v074_2

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_Builder v1.00をリリースしていました。同一フォルダにあるNSCB.batを開くNSCB.exeというコンソールアプリを追加したことやMTP接続のUSBデバイスからnsp/ nsz/ xci/ xczインストールに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、cathery氏がjakibaki氏のNintendo Switchのバックグランドでftpdサーバーを起動させておくためのシステムモジュールsys-ftpdをベースにメモリ消費量を抑えた改良版モジュールsys-ftpd-light 1.0.4をリリースしていました。デフォルトでのAnonymousログインの無効化などが変更点です。

●ツイッターで、hexkyz氏がTeam XecuterのSX OS v3.0.4のデータをアンパックするスクリプトtx_unpack.pyをリリースしていました。中身はユーザーコードのマイナーなバグ修正だったようです。

●GBATempで、JackMacWindows氏がGBAタイトルでKrawallサウンドエンジンを使用しているゲームの音楽をリッピングすることができるユーティリティUnkrawerterGBAをリリースしていました。ソースコードがGitHubで公開されたのみのため、コンパイルは各自行う必要があります。

●GitHubで、niuus氏がGameCube/Wii/Wii U向けPS1エミュレータWiiSXRの改良版WiiSXRX v2.3をリリースしていました。不具合修正やWii VCでのWii U GamePadの基本的なサポートなどが変更点です。

●PSXHAXで、c0d3m4st4氏がESP8266 Wi-Fiモジュール基板を使うことでWi-Fiに繋ぐだけでPS4のexploitを発動させることができるESP8266向けファームウェアESP8266 Xploit Host v2.84をリリースしたことを伝えていました。6.72をサポートしたことが変更点です。

●PSX-Placeで、RiPPERD氏がPS4のゲーム内の不要な言語ファイルや動画ファイルを取り除くことで容量を削減したり改造したりすることができるWindows向けユーティリティPS4 RiPKiT Tool v2.0をリリースしていました。直前にv1.8とv1.9がリリースされていますが割愛します。moduleフォルダ内のprxファイルをサポートしたことなどが変更点です。

●PSX-Placeで、Rinnegatamante氏がPS VitaをPC用のワイヤレスコントローラーとして使用できるようにするユーティリティVitaPad v.1.3をリリースしていました。DualShock 4コントローラーエミュレーション用にViGEmサポートを追加したことが変更点です。

●PSXHAXで、unknownqx氏がPS4のpkgファイルの整合性を検証することができるWindows向けユーティリティPS4PKGVerifier 1.1をリリースしていました。要求ファームウェアを下げて古いファームウェアで起動できるようゲームを改造するバックポートをした際の検証用として公開されたようです。

●GBATempで、Noob404氏がわずか数クリック操作でPS4の要求ファームウェア6.72および5.05以降のゲーム(pkg)を5.05にバックポートすることができるWindows向けユーティリティEZ PS4 Downporter 1.0をリリースしていました。
EZ PS4 Downporter

●ツイッターで、Vitt0xLar氏がPS4向けのPS1エミュレータPs1Hdemuをリリースしていました。6.72向けのfpkgもツイッターで公開しています。


●GitHubで、theheroGAC氏がPS Vitaに9種類(mgba/ vicevita/ uae4all/ scummvm/ Genesis Plus Vita /zxvita/ DaedalusX64 /psnes/ pfba)のエミュレータをまとめてインストールすることができるユーティリティPSVITAEMUINSTALLER 1.02をリリースしていました。

●ツイッターで、Al Azif氏がPS4 6.72 Jailbreak向けペイロード読み込みでエラーになった場合に試して欲しいとしてMira、Dumper、FTPの各ペイロードをホストしたテストサイトを公開していました。ペイロード自体を正常にロードできる確率が上がるわけではなく、単にペーロードがロードされた後のエラーを修正するものだとしています。

●GitHubで、aldostools氏がaldostools氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMANの非公式アップデート版webMAN MOD 1.47.29をリリースしていました。XMBがフリーズする不具合の修正や、今までの個別アップデートを統合したバージョンとしたことが変更点です。

●LMAN氏が、PS4のpkgファイル情報を表示することができるWindows向けユーティリティPS4PKGViewer v1.5をリリースしていました。パッケージ情報検出の更新などが変更点です。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 34.21.0をリリースしていました。Initial Settingsの修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2016.8.29

●ツイッターで、Vitaシーンのバブルハックなどで活躍したMajor_Tom氏がVitaシーンを去ることにしたと公表していました。


Vitaシーンを去ることにしました。次世代のゲーム機でまた戻ってくるかもしれません。(その時には名前変えてるかもしれません)。今言えるのはそれだけです。理由は聞かないでくださいね。

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がPS VitaをPC用のワイヤレスコントローラーとして使用できるようにするユーティリティVitaPad v.1.1をリリースしていました。Linuxサポートなどが変更点です。

●GitHubで、TheFlow氏がVitaのPSPemuのディレクトリへの読み書きアクセスも行うことができるRejuvenate環境向け多機能シェルアプリVitaShell 0.85をリリースしていました。FTPアイコン、バッテリー、ダイアログやコンテキストメニューのカスタマイズを可能にしたことや、ランダムに壁紙を変更する機能の追加、テーマの保存場所を’ux0:VitaShell/theme/[テーマ名]’に変えたことなどが変更点です。

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がプログラミング言語Luaで作成したプログラムをVitaで実行することができるPS Vita向けLuaインタプリタLua Player Plus Vita(lpp-vita) r5をリリースしていました。ソニーIMEのオンスクリーンキーボードのサポートを始めとした機能追加やサウンドモジュールなどのバグ修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2016.8.8

●GitHubで、St4rk氏がPS Vitaの3.60でモジュールダンプを行うことができるユーティリティVitadumpをリリースしていました。

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がLua Player Plusの環境下で動作する3DS/Vita向け3DゲームエンジンRayCast3D Engine v.0.2をリリースしていました。

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がPS VitaをPC用のワイヤレスコントローラーとして使用できるようにするユーティリティVitaPad v.1.0をリリースしていました。現在はWindows(64ビット/32ビット)のみ対応で、基本的なボタン入力にのみ対応ですが、今後はMac/Linuxサポートも視野に入れているそうです。

●PSX-Placeで、aldostools氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMANの非公式アップデート版webMAN MOD 1.43.33をリリースしたことを伝えていました。プラグインが使用するメモリ容量の削減などが変更点です。