ReiNX一覧

GameGaz Daily 2019.4.2

昨日は新年号「令和」が発表されましたね。

発表直後は「れいわ」とタイプしても「令」と「和」をそれぞれ選択しないと変換できなかったATOKが、今日は一発変換できるようになってました。適度に誤変換もしてくれてコメントネタを提供してくれるATOK最高です。

先週末からちょっと忙しくてネタにすべき記事が貯まってたので今日吐き出します。エイプリルフールネタも一つだけで申し訳ないです。今日は少し古いネタ混じってますけどこれもごめんなさいです。

●ツイッターで、FantaHourglass氏がPS Vita向けのHomebrewとして3次元スクロールゲームSpeedrunVitaを開発していることを公表していました。

●GitHubで、usineur氏が名作ゲーム『Prince of Persia』をNintendo Switch向けに移植したSDLPoP for Switch 1.2をリリースしていました。SDLPoPのv1.19ベースにしたことなどが変更点です。同じくv1.19ベースになったVita向けのSDLPoP for Vita 1.6もリリースされています。

●ツイッターで、bigboss氏がPlayStation Cameraのファームウェアluke_firmwaresを公開していました。

●GitHubで、Reisyukaku氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアReiNX v2.1.1をリリースしていました。ブラックスクリーンになる不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、The-4n氏がSwitchのカートリッジイメージであるXCIファイルをeショップタイトルに使われているNSPファイルに変換することができるWindows向けユーティリティ4NXCI v4.01をリリースしていました。acid公開鍵にパッチしてNCAヘッダへ署名するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4 r646をリリースしていました。ファイルブラウザでのページスキップサポート追加などが変更点です。

●GitHubで、RossMeikleham氏がマルチプラットフォーム向けのニンテンドー ゲームボーイ/ ゲームボーイカラーエミュレータPlutoBoyをリリースしていました。

●GitHubで、ekeeke氏がGameube /Wii /RetroarchWindows 32-bit)のセガ8ビット/16ビットエミュレータGenesis Plus GX 1.7.5 build 29-03-2019をリリースしていました。

●GitHubで、noahc3氏が旧SDFilesSwitchから名称を変更したNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v12をリリースしていました。Atmosphere 0.6.9(←こう書いてありますが、たぶん0.8.6の間違いだと思われます。エイプリルフールネタだとすると細かいところで芸をしているなと感じますけど)をベースにしたことなどが変更点です。(すももさん情報ありがとね)
[追記]細かいところで勝負してました。アイプリルフールジョークでv12自体がネタ。私も騙されました…

●ツイッターで、CTCaer氏がたぶんNintendo Switchでエミュレータ等を起動させることができるHekateBoy v0.1を開発し、その動画を公表していました。エイプリルフールっぽいですが投稿が4月2日なので本物のはずです。そうでなければルール違反!

●GitHubで、badda71氏がコモドール64エミュレータ C64をNintendo 3DSに移植したVice3DS 0.1をリリースしていました。
Vice3DS

●GitHubで、nosmokingbandit氏がNintendo SwitchへNSPインストールなどを行うマルチツールGoldleafおよびTinFoil向けのGUI USBインストーラーAluminumFoil 1.0.0.9bをリリースしていました。ウィンドウリサイズの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、FIX94氏が開発したオリジナルのWindows向けファミコンエミュレータfixNES Alpha v1.2.7をリリースしていました。mapper 224のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.52をリリースしていました。ReiNX 2.1.1とpPlay 2.1へのアップデートが変更点です。

●GitHubで、fincs氏が3DS (CTR)のユーザーモードでARM11コードを記述するための開発者向けライブラリlibnx v2.1.0をリリースしていました。POSIXスレッドのサポートなどが変更点です。

●ツイッターで、セガ公式アカウントが『メガドライブミニ』を9月19日に6,980円(税別)で発売すると発表していました。発売時に買わないと消費税上がってしまうのでご注意を。

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、macOSで利用できるPS3等のメディアサーバーアプリケーションUniversal Media Server v 8.0.0をリリースしていました。ローカル/ウェブコンテンツを管理するための共有コンテンツタブを用意したことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.3.18

●GitHubで、soarqin氏がh-encore exploitを自動的にインストールすることができるWindows/macOS向けユーティリティFinal h-encore v1.81をリリースしていました。ペイロード読み込みを早くするためにh-encoreからdeflate(データ圧縮アルゴリズム)を取り除いたことや3.61/3.67のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、pearlxcore氏が PS4のPKGファイルをリネームしたりPKG内のファイルリストをエクスポートしたりすることができるWindows向けユーティリティPKG Tool GUI v4をリリースしていました。見た目を変更したことやPKGのサイズを表示するようにしたことなどが変更点です。

●ツイッターで、Lapy05575948氏がUnityで開発されたフルadministrator権限で動作するPS4 5.05向けのファイルエクスプローラアプリケーションPS4-Xplorer BETA 1.08をリリースしていました。言語選択画面の追加や、戻るで移動したときどこから来たかの元のフォルダを覚えているようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、Reisyukaku氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアReiNX v2.1をリリースしていました。Switchの7.0.xのサポートなどが変更点です。ReiNXもついに7.0.xで起動するようになりました。結果的に同じく7.0.xに対応したSX OS v2.6 BETAとほぼ同時になりました。

●Wiimm氏が、マリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v2.01a r7798をリリースしていました。バグ修正やコマンド追加などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.12.24

●PSXHAXで、Xerpi氏がPS VitaでLinuxを起動するために必要なLinuxローダーカーネルプラグインPlayStation Vita Linux LoaderとVita向けLinuxカーネルをリリースしたことを伝えていました。2つともGitHubで公開されています。
PlayStation Vita Linux Loader
Linux kernel

●GitHubで、lazydevyo氏がPS Vitaの画面をPCヘストリーミングで送信することができるプラグインPSVitaDock v2をリリースしていました。READMEを更新しただけです。

●PSX-Placeで、Mizio90氏がPS3にカスタムテーマやフォント、アイコン、ColdbootなどをインストールすることができるユーティリティMaxModMan v2.5をリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、Reisyukaku氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアReiNX v2.0をリリースしていました。ReiNXもついに6.2.0に対応しました。

●GitHubで、 J-D-K氏がNintendo 3DS向けのストレージマネージャーJKSM 12/20/2018をリリースしていました。タイトルがインストールされていない状態でカートリッジが差されているとクラッシュする不具合の修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.12.12

●GBATempで、Reisyukaku氏が開発しているNintendo SwitchのカスタムファームウェアReiNXについてSwitchの6.2.0に対応したことを伝えていました。ビルドされたリリース版はまだありませんがコミットされたソースコードでは6.2.0をフルサポートとなっています。

●PSXHAXで、Wultra氏(= C0rpVultra氏)がPS4のファームウェア 6.00および6.02、まだ未公開の6.10ベータで有効なWebkit exploitを公表したことを伝えていました。PS4_JSC_ConcatMemcpyと名付けられています。もともとはSafariで見つかった脆弱性(CVE-2018-4358)で、Apple側はすでに最新のアップデートで対策済みですがソニーはまだ未対策だそうです。
デモサイトが下記で公開されています。
https://c0rpvultra.github.io/PS4_jsc_ConcatMemcpy_POC/

●wololo.netで、m0rph3us1987氏が第35回 CCC(Chaos Communication Congress: 35C3)でPS4の新ハックを公表することを伝えていました。PS4ビデオアプリの脆弱性を利用して非書名コードを実行するというもので、ファームウェアのバージョンには関係なく動作するようです。発表の趣旨は、どのようにして非書名コードを実行するのかの解説のような内容で、exploitの発表は例示のような形です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4 r473をリリースしていました。パッチシステムの調整などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.10.21

●GitHubで、xXxTheDarkprogramerxXx氏がPS4のエラーコードの内容を表示してくれるWindows向けユーティティPS4 Error Code Viewer V1をリリースしていました。

●GitHubで、 pearlxcore氏がPS4のエラーコードの内容を表示してくれるWindows向けユーティティPS4 Error Code Checker v1をリリースしていました。

ちなみに、公式サイトでPS4/PS3/Vitaのエラーコードは調べられます。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v3.1.1をリリースしていました。不具合のあったゲームの修正などが変更点です。

●GitHubで、tumGER氏がNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphere / ReiNXを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールSDFilesSwitch v10をリリースしていました。SDFiles ToolkitやSDFilesUpdater、Atmosphere 0.7、Hekate v4.2の追加などが変更点です。

●GitHubで、Reisyukaku氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアReiNX v1.7.1をリリースしていました。安定性向上もありますが、ハロウィンスペシャルエディションとなっていて、10月末までスプレッシュ画像がハロウィンになるようです。近年では日本でもハロウィンがメジャー化してきたので特に言うこともありませんが、私の年代だとハロウィンというのは海外でそういうしきたりがあるのねという教科書にしか出てこないような遠い世界の文化で、例えるとイスラムのラマダンみたいな感覚なのでいまいちピンと来ません。
そんなことを言いながら、来週職場でハロウィンパーティーなるものがあったりするのでがんばって仮装します。


GameGaz Daily 2018.9.27

●PSXHAXで、W!ck3d_cl0wn氏がPS4の5.05向けにwebkit exploitを利用し各種ハックを行うオフラインポータルPS4 AIO Offline 5.05 Exploit Playgroundをリリースしていました。
PS4 AIO Offline 5.05 Exploit Playground

●GitHubで、Reisyukaku氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアReiNX v1.7をリリースしていました。fs_mitmフックが6.0.0をサポートしたことやReiNXをSDカードレスで起動できるようになったことなどが変更点です。

●GitHubで、tumGER氏がNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphere / ReiNXを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールSDFilesSwitch v9.0.4をリリースしていました。’Checkpoint’を”switch/”から”switch/checkpoint”へ移動したことやReiNXのアップデートなどが変更点です。

●Kotakuで、一部サードパーティ製タイトルについてソニーがPS4でライバルメーカーのデバイス間での同一ゲームクロスプレイにGOサインを出したと伝えていました。PlayStation.BlogでSIE 社長 兼 CEOの小寺剛氏のコメントを掲載しています。

まず第一段階として、クロスプレイ機能の対応に向けPS4用タイトル『フォートナイト』にて、本機能のオープンベータを本日より実施します。このオープンベータではPS4、Android、iOS、Nintendo Switch、Xbox One、Microsoft WindowsとMac OS間のクロスプレイ、クロスプログレッション、クロス購入に対応します。

今まではプラットフォームをまたいだマルチプレイやデータ共有などが可能なタイトルであってもPS4やPS Vitaは対象外でしたが、小寺氏曰く「SIEにとって大幅な方針の転換」で今後はクロスプレイ対応が増えることが予想されます。

●VG247で、SteamのユーザーにはXboxのコントローラーが圧倒的に好まれていると伝えていました。Steamを運営するValveの調査により明らかになりました。Xnox OneとXbox 360だけで64%ものシェアです。Xboxは使いやすいコントローラーという評価、ということでしょうか。
steam_controller_ownership