DualShock 4一覧

GameGaz Daily 2019.6.4

●ツイッターで、TheFloW氏がPS4カーネルのバグを見つけたことを報告していました。おそらくカーネルexploitとして利用できると思われますが、残念ながら5.05から6.20のどこかで対策されてしまっているようです。最新ファームウェア(6.70)では利用できませんが、6.20では有効なのか、あるいは5.05で有効だったものが6.50で対策されているので「5.05から6.20のどこかで対策」といっているのかがイマイチ不明です。

●PSX-Placeで、AlexAltea氏が開発中のLinux、macOSで動作する仮想化ベースのPlayStation 4エミュレータOrbitalについてDualShock 4をサポートしたことえお伝えていました。動画ではセーフモードで実行中にDualShock 4のボタン入力をしていますが、反応するまでにもの凄く時間がかかっているのが分かるものの、認識して動作しています(遅いのは修正可能だとしています)。将来的にはDualShock 4用として仮想USBデバイスを実装して利用する計画です。

●SIEが、2019年8月1日(水)からPlayStation Plus 利用権の価格の値上げを発表していました。
1ヶ月利用権が514円(税込)→850円(税込)
3ヶ月利用権が1,337円(税込)→2,150円(税込)
12ヶ月利用権は5,143円(税込)から変更なし
です。
短期間契約の価格を値上げし、長期契約を据え置くことで長期契約者の増加を狙った値上げと言えそうです。
なお、6月7日から開催されるセール「Days of Play」では
3ヶ月利用権が30%OFFの935円(税込)
12ヶ月利用権が30%OFF3,600円(税込)
(店頭販売は価格5,143円のまま14ヶ月利用権に)
と利用権が安く購入できます。

●ITmedia NEWSで、Appleの開発者会議WWDC 2019においてApple TV向け次期tvOSではマルチユーザーに対応し、ゲームコントローラーとしてXbox One SとPlayStation 4のゲームコントローラが利用可能になることが発表されたと伝えていました。ついにAppleがゲームに本気になったかに思えますが、自社コントローラーを用意しない時点でそれほど本気ではないかも。
なお、ここでは書きませんが今回のWWDCでは新製品はMac ProだけですがOSやソフトウェアが大幅に変更されることが発表されています。

●GitHubで、MenosGrante氏がAndroidデバイスを使ってNintendo SwitchでFusée Geléeペイロードを起動することができるペイロードランチャーRekado 3.0をリリースしていました。シリアルナンバーで本体がハック可能かどうかをチェックする機能を追加したことや、直接URLからインターネット経由でペイロードをダウンロードする機能を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、Reisyukaku氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアReiNX v2.3をリリースしていました。ReiNX向けのqlaunch(Home Menu)であるDeltaLaunch(ただしまだ開発中段階)を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded-CFW 2.13をリリースしていました。ReiNX 2.3とSX Dumper 2.0.4へのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、LyfeOnEdge氏がNintendo SwitchのHomebrewをバージョン管理し最新版へのアップデートや任意のバージョンのインストールを行うことができるユーティリティHBUpdater 0.8をリリースしていました。アルファ版としてのCFWマネージャーを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、usineur氏がFPSゲームEldritchをNintendo Switchに移植したEldritch for Nintendo Switchをリリースしていました。Eldritch自体ソースコードが公開されているようです。ただしSwitchにインストールするにはゲームのコピー(SteamやHumble Bundle、公式サイトで入手可能)が必要と書かれています。


GameGaz Daily 2017.9.2

●GitHubで、pyroesp氏がFFTアルゴリズムにより内蔵マイクの入力音声を周波数解析して表示することができるユーティリティvitaFFT v0.1.4をリリースしていました。

●PlayStation.Blogで、DUALSHOCK 4に「クリスタル」「レッド・クリスタル」「ブルー・クリスタル」「スチール・ブラック」「ミッドナイト・ブルー」の新色5色を11月3日(金・祝)より発売すると発表していました。通常販売モデルは「ミッドナイト・ブルー」だけで、残りのモデルは数量限定となります。

●WiiDatabaseで、fix94氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーNintendont v4.451をリリースしていました。ポケモンコロシアム/ポケモンXDパッチの改良などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●NextGenUpdateで、Modded Warfare氏がPS4 1.76で利用できるPayload InjectorやFTP Browserといった各種ツールをまとめたオールインワンユーティリティPS4-AIOをリリースしていました。


GameGaz Daily 2016.8.24

●ツイッターで、Freakler氏がPS Vitaのモデル名やカーネルバージョン、メモリーカードの容量といった情報を表示することができるHENkaku環境のVita向けユーティティPSVident v0.2をリリースしていました。IDPSやハードウェア情報など表示される情報を追加したことが変更点です。

●Engadget 日本版で、ナイアンティックがPokémon GOを8月23日付けでアップデートしたことを伝えていました。Android版がv0.35.0、iOS版はv1.5.0です。
が、通常は自分のiOS版に更新通知が来て確認してから記事にするのですが、24日の8時現在でも通知は来ていません。v1.3.1のままです。ポケモンの強さを評価してくれる機能が実装されたらしいので、スクリーンショットを撮影してサードパーティ製アプリで読み込ませて個体差を想定するような作業をしなくても済み嬉しいアップデートのはずなのですが…
[追記]昼頃ようやくiOS版にアップデート来たのを確認しました。

●MCVで、先日オークションサイトで写真が流出したPS4 Slimには新型DualShock 4コントローラーが同梱されていると伝えていました。新型と現行モデルの違いは、背面からしか見えない位置にしかなかったライトバーがフロントのタッチパッドの上に配置されていること、ボタンの色のようです。

dualshock4a

●米PlayStation Blogで、クラウド技術を活用したPlayStationのストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」をPCに対応させるアプリケーションを北米と一部の欧州でWindows PC向けにリリースすると発表していました。以前からそう言った情報はありましたが、内容はPlayStation NowのWindows/Mac対応が9月発表というものでした。今回対象地域が「欧州の一部」であることや日本が対象外なところまでは事前情報と同じですが、Windows専用になっています。
また、今回その発表に合わせてDualShock 4コントローラーをワイヤレスでWindows PCとMacに接続できるようにするUSBドングルDualShock 4 USB Wireless Adaptor(24.99ドル)も合わせて発表されました。PS Nowだけでなくリモートプレイでも利用できます。

USB Wireless Adaptor

●DSOGで、Windows向けWii UエミュレータCemuの時期バージョンCemu 1.5.6はパフォーマンスの改善と互換性が向上していると伝えていました。パフォーマンスの改善はMario Kart 8、Super Mario 3D World、PIKMIN 3で見られ、互換性はBayonetta 2で向上しているそうです。

●GitHubで、Freakler氏がHENkaku環境のVitaでURIから機能を簡単に飛び出せるようにするユーティリティvita-uriCaller v0.1をリリースしていました。gdljjrod氏との協力開発だそうです。


GameGaz Daily 2016.8.4

●ポケモンGO公式Facebookで、前回アップデートで機能が削除されたiOS版『Pokémon GO』のバッテリーセーブ機能についてバグがあったので機能を削除したが、修正できたので近日中に公開すると発表していました。

●PSX-Placeで、masterfeizz氏がPC向けニンテンドーDSエミュレータDeSmuMEをVitaのHENkaku環境向けに移植したDeSmuME-Vitaをリリースしたことを伝えていました。ソースコードはhttps://github.com/masterfeizz/DeSmuME-Vitaで公開されています。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.3.6の安定板をVita向けにリリースしていました。昨日はnightly buildでHENkakuに対応したvpkフォーマットのVita版が公開されているとお伝えしましたが、今回のはnightly buildではなく安定板になります。

●ツイッターで、Yifan Lu氏がHENkakuが3万台インストールされた記念にDynarecをサポートしたアップデートを公開したと発表していました。DynarecはDynamic recompilationのことで、プログラムを実行しながら再コンパイルできるようにするという、エミュレータや仮想マシンで使われる機能です。

●Githubで、zecoxao氏がPSL1GHTをベースにVita向けのライブラリを統合することでvitasdkとして利用できるようにした開発環境PSDK3v3をリリースしていました。

●NeoGAFで、マイクロソフトが公開したWindows 10 Anniversary UpdateでソニーのDualShock 4コントローラーが使えなくなったことを伝えていました。一部環境においてはデバイスへのアクセスができない状況になっているそうです。

●IGN Japanで、海外のみ発売されたマイクロソフトの新型Xbox One Sについて4KとBlu-rayに対応しただけでなくパフォーマンスも向上していると伝えていました。GPUクロック数が853 Mhzから914 MhzになったことやeSRAMのメモリ帯域が204GB/sから219GB/sになったことがパフォーマンスの向上につながったようです。


新型DualShock 4モデル”CUH-ZCT2U” PS4 NEOと同時発売か

DualShockersで、新型DualShock 4モデル”CUH-ZCT2U”がFCCに登録されていたことを伝えていました。

続きを読む


GameGaz Daily 2016.3.10

●ツイッターで、TheFloW氏がPS VitaでバブルアイコンからPS1を直接起動させるPSoneバブルハックについて今リリースしようとしている方法はすでに対策されてしまっている(最新ファームウェアでは動かない)ので待つ理由がないから早々に公開すると発表していました。なお、TheFloW氏はVitaのePSPで最新ファームウェアである3.57でも有効なカーネルexploitを見つけているが、今回公開するのはあくまでも最新ファームウェアでは動作しない、対策済みのバブルハックだそうです。

●PlayStation.Blogで、2016年3月9日(水)~2016年3月15日(火)の期間中「 PlayStation Video」で販売中の一部タイトルをレンタル版100円から、セル版1,000円から購入できるPS Video大決算SALE第3弾を開催すると発表していました。

●PSXHAXで、3141card氏がAlexAltea氏の取組んでいるPC向けPS3エミュレータ’nucleus’で活用するためにPS3のグラフィックプロセッサRSXのドライバーの解析をするプロジェクトに取組んでいることを伝えていました。

●PSXHAXで、mcmrc1氏がPS4のDualShock 4コントローラーをWindows PCで使うためのチュートリアルを公開していました。