ManaGunZ一覧

GameGaz Daily 2019.9.12

●Polygonで、ニンテンドーオブアメリカが9月10日に違法にROMを配布するサイトRomUniverseに対して数百万ドルもの損害賠償請求を求める訴訟を起こしたことを伝えていました。RomUniverseは年間30ドルのメンバーシップで違法ROMを配布しているサイトで、最も訪問者が多いサイトとして狙い撃ちしたようです。昨日イギリスでも任天堂が違法サイトへのアクセスの遮断命令を裁判で勝ち取ったことをお伝えしましたが、世界的に違法コピーに対して法的措置を取っているようです。

●ツイッターで、任天堂が10月1日の消費税増税後のNintendo Switch Online利用券の税込み価格を発表していました。12ヶ月利用権は価格据え置きですが、1ヶ月と3ヶ月利用権は増税分にあたる2%分価格が上乗せされて端数が出ています。次回の決済予定日時が「10月1日」以降の場合、新税率の価格での購入となります。


Nintendo Switch Online

●GitHubで、AtlasNXチームのStevenMattera氏がNintendo SwitchのCFWを最新版のKosmosを使って自動アップデートすることができるユーティリティKosmos Updater v3.0.8をリリースしていました。アプリ自体が自動アップデートされない不具合の修正や設定データのsettings.cfgが移動してもinternal.dbがそのままだった不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドー3DS/Switchのセーブデータのバックアップ/リストアが可能なHomebrewセーブデータマネージャーCheckpoint 3.7.1をリリースしていました。起動時にクラッシュする不具合の修正(3DS)や、まだ問題はあるがアプレット下で動作するように調整した(Switch)ことなどが変更点です。

●GitHubで、Zar氏がUSBメモリやPS3の内蔵HDDに保存したバックアップゲームをマウントすることができるPS3のバックアップマネージャーManaGunZ v1.37をリリースしていました。4.85CEXのサポートなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.8.25

●GitHubで、Zar氏がUSBメモリやPS3の内蔵HDDに保存したバックアップゲームをマウントすることができるPS3のバックアップマネージャーManaGunZ v1.36をリリースしていました。PS3HENのサポート追加などが変更点です。

●Team XBLSが、Xbox360でHomebrewソフトウェアを直接起動させることができるユーティリティDashLaunch v3.20とXbox 360のNANDイメージを作成することができるユーティリティxeBuild v1.20とGUI版のxeBuild GUI v2.098をリリースしていました。お伝えしてなかったですが、数日前にXboxのダッシュボードアップデート2.0.17544がリリースされ、その対応が変更点です。

●マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchを開発しているlibretroチームが、Libretro/RetroArchでPS3エミュレータRPCS3をサポートすることを発表していました。RPCS3自体がまだ未完成ですが、Patronで告知しているため資金を集めて開発に投入する意向のようです。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.7.8をリリースしていました。Google Playのアプリが64bit対応強制になったことへの対応などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.5.30

●Githubで、d3m3vilurr氏がNVIDIAのGameStreamテクノロジーをオープンソース実装したMoonlight EmbeddedをHENkaku環境のVita向けに移植したvita-moonlight 0.6.0をリリースしていました。ストリーミングパフォーマンス強化とNVIDIAのGeForce Experience 3.19サポートなどが変更点です。

●PSX-Placeで、Joonie氏が PS3HENをPS3で使いバックアップマネージャーでNTFS外付けHDDからゲームをマウントした時にPS3がシャットダウンしてしまう不具合が存在することを発見し、それを修正したポピュラーなPS3バックアップマネージャーの非公式版ManaGunz 1.35-J、multiMAN 4.82、IRISMAN 4.84.5をリリースしたことを伝えていました。

●PlayStation.Blogで、PlayStation Storeで期間内に合計5,000円以上購入するとPS Storeでの買い物が10%OFFになるカート割引クーポンコードをもれなくプレゼントする「2か月連続! 5,000円以上購入で10%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」を開催することを発表していました。期間は2回設定されており、1回目は5月29日(水)から6月30日(日)23:59まで、2回目は2019年7月1日(月)から7月31日(水)23:59までです。

●Blake Warner氏らが、Nintendo SwitchでHomebrewをインストールするためのタイトルマネージャーTinfoil v1.60とLithium v1.60をリリースしていました。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded-CFW 2.12をリリースしていました。HekateでTinfoilが問題なく動作するよう不具合を修正したことやTinfoil 1.60とLithium 1.60へのアップデートが変更点です。


GameGaz Daily 2019.5.18

●PSX-Placeで、kozarovv氏がUSBメモリやPS3の内蔵HDDに保存したバックアップゲームをマウントすることができるPS3のバックアップマネージャーManaGunZから、PS3HENではサポートできないPS2 ISO起動(PS2エミュレータによる起動)に関する機能だけを省いてコンパイルするなどPS3HEN向けにアレンジした非公式版ManaGunZ v1.35 for HENをリリースしていました。 またPS2のISO/BIN/ENC/pkgにようバックアップ起動をPS3HENでできるよう修正したpkg版のPS2ミュレータFix PS2 Emulatorもリリースしています。


GameGaz Daily 2019.3.23

●GitHubで、aldostools氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMANの非公式アップデート版webMAN MOD 1.47.14をリリースしていました。reboot/shutdown/disable syscalls/pkg install/play discでビーブ音を鳴らさない設定を可能にしたことなどが変更点です。

●Logic-Sunriseで、Markus00095氏がマルチシステムエミュレーターRetroArchでPS4互換のPS2向けのメガドライブエミュレータとファミコンエミュレータRetroArch Picodrive (PS2)とRetroArch QuickNES (PS2)をリリースしていました。

●GitHubで、 Al-Azif氏がPS4のコントローラーの振動機能をテストすることができるユーティリティps4vibe 0.0.2をリリースしてました。ピンクライトバーの追加などが変更点です。

●ツイッターで、CelesteBlue123氏がPS4の4.55-5.07で同じWebkit exploitとカーネルexploitを使うPS4 exploitを公開していました。

●YouTubeで、DeViL303氏が開発中のPS3 XMBのアドオンツールCFW Toolbox v1.00のデモ動画を公開していました。

●PlayStation.Blogで、PlayStationに関するアップデート情報や発表をストリーミング放送で行う新しい動画紹介番組「State of Play」を日本時間の3月26日(火)午前6時に放送すると発表していました。日本ではYouTubeで放送されます。いわゆるニンテンドーダイレクトのソニー版「ソニーダイレクト」といったところでしょうか。ソニーダイレクトというと自動車保険みたいに聞こえますね。ただ、State of Playという名前が日本で浸透するかと聞かれると、無理としか言いようがありません。海外向けで日本語は同時通訳だったりするのでしょうか。
State of Play

●GitHubで、rsn8887氏が古代ローマを舞台にした都市開発シミュレーションゲームCaesar IIIのオープンソース版JuliusをSwitchとVitaに移植したJulius Switch v1.02とJulius Vita v0.10-enhanced-controls-v5をリリースしていました。Julius Vitaはバージョン自体は以前と変わっていません。ZR/ZL長押しでマウス動作のスロー/ファストに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、fgsfdsfgs氏がFPSゲーム「Quake III Arena」のフリーウェア版である「ioquake3」をNintendo Switchに移植したioquake3 Switch port v0.2.0をリリースしていました。
ioquake3

●Wiimm氏が、マリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v2.01b r7802をリリースしていました。v2.01aのメモリ割り当てのバグ修正などが変更点です。

●GitHubで、Zar氏がUSBメモリやPS3の内蔵HDDに保存したバックアップゲームをマウントすることができるPS3のバックアップマネージャーManaGunZ v1.35をリリースしていました。4.84CEXと4.84DEXをサポートしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.3.8

●talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がHENkaku環境のVita向けにFPSゲーム『Quake II』を移植したvitaQuakeII v.2.1をリリースしていました。MSAA 2xとMSAA 4x(Multisample Anti-Aliasing: マルチサンプリングアンチエイリアシング)をサポートしたことや、データファイル用にuma0:/パーティションをサポートしたことなどが変更点です。

●ツイッターで、CelesteBlue123氏がPS4 5.01のカーネルexploitの準備ができたと発言していました。これまたニッチなバージョンですね。

●PSXHAXで、Al Azif氏がPS4のライセンスファイルであるRIFファイルを書き換えてどうやら偽チケットをフリー扱いのチケットに変えてしまうことができ、Homebrewとして起動することを可能にするらしいRIF Renamerをリリースしたことを伝えていました。

●PSX-Placeで、littlebalup氏がUSBメモリやPS3の内蔵HDDに保存したバックアップゲームをマウントすることができるPS3のバックアップマネージャーManaGunZの非公式アップデート版ManaGunZ v1.34 unofficialをリリースしていました。4.84 CFWのサポート追加などが変更点です。

●PSX-Placeで、RandomDude氏がPS3のXMBをモディファイしたいユーザー向けに.PNGファイルをGIMファイルに変換したりファイルのダンプやコンパイルをすることができるWindows向けコマンドラインユーティリティRCOMAGE Mod 1.1をリリースしていました。データベース読み込みエラーのバグ修正が変更点です。v1.2を来週にもリリースするつもりで、GUI版にするつもりのようです。

●GitHubで、 MyLegGuy氏がVitaでマンガをダウンロードして読むことができるユーティリティMangaDownloader-Vita v2.5をリリースしていました。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.37をリリースしていました。Atmosphere 0.8.5のサポートなどが変更点です。チートをサポートしたAtmosphere 0.8.5については後ほど別記事にしようと思いますが、時間がなかった時に備えて・・・[追記]書きました→チートサポート Atmosphere 0.8.5
●GitHubで、SciresM氏がFusée Gelée(NVIDIA Tegraプロセッサの脆弱性を利用し起動時に任意のコードを実行するcoldboot exploit)を利用して起動することができるNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphere 0.8.5をリリースしていました。(agtmさん情報ありがとね)