pSNES一覧

GameGaz Daily 2022.8.31

●Automatonで、カスタマイズ可能なPS5新型コントローラー「DualSense Edge」の同梱品リストが海外版公式サイトで公開されたことを伝えていました。高さが異なる3種類のスティックキャップ、ハーフドーム型とレバー型の2種類の背面ボタン、USB編み込みケーブルが同梱されるようです。また「ケーブルを差し込むコネクターハウジングが独立した同梱パーツとして記載」されているようで、USB端子の接続不良などがあってもパーツ交換で復旧できるような造りになっているそうです。

●PlayStation Blogで、SIEが数年前に創業され「大人気モバイルゲームを何年間も制作してきた経験を持つ非常に才能のあるクリエイティブチームを有する」開発スタジオSavage Game Studiosを買収したことを発表していました。Savage Game Studiosは「新たに設立されるPlayStation Studiosのモバイル部門に加入」し「コンソールゲーム機用の開発とは別に、PlayStationの新規および既存のIPをベースに、外出先でも楽しめる革新的なゲーム体験に注力」することからソニーはPlayStationとは別にモバイル向けに今後ゲームを発売していくようです。

●TheVergeで、マイクロソフトのサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」でアカウントを共有できる新プランと思われる「Game Pass Friends & Family」のロゴが見つかったと伝えていました。その名称からファミリー共有を超えてフレンドとも共有できるプランだと推測されます。

●GitHubで、 jimbob4000氏がカバー画像からPS Vitaの向けのゲームやHomebrewを起動することができるVitaHex氏のランチャーアプリケーションHexFlow-Launcherをベースにカバーフローを3D化しRetroArchとDaedalusX64から起動できるレトロゲームにも対応したRetroFlow-Launcher v3.6.2を再リリースしていました。お気に入りがない状態での不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、shadow2560氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereをインストールする際にSDカードに配置するファイルをまとめて準備してくれるWindow向けユーティリティおよびバッチスクリプトswitch_AIO_LS_pack 4.0.0をリリースしていました。AIO_LS_pack_Updaterの更新などが変更点です。

●GitHubで、PabloMK7氏がBootNTRでロードするNTRのバージョンを選択できるようにした改良版 BootNTR Selector v.2.13.7をリリースしていました。11.16.0に対応したことが変更点です。ただし公式Luma3DSでは動作しないので一時的にLuma3DS-3GXで使って欲しいそうです。

●GitHubで、ZestyTS氏がNintendo Wii UにWiiやGameCubeのゲームをはじめDS、GBA、N64、SNES、NES、TurboGrafX-16、MSXといったゲームをバーチャルコンソールとしてインジェクトすることができるWindows向けユーティリティUWUVCI-AIO-WPF v3.99.1をリリースしていました。一部ユーザーでダウンロードに失敗することがあったためダウンロード速度最適化機能を廃止したことなどが変更点です。

●GitHubで、Vita3Kプロジェクトチームが開発しているWindows/Linux向けのPlayStation VitaエミュレータVita3K Build: 2806をリリースしていました。

●GitHubで、Cpasjuste氏がPS4/Switch/PS Vita/Windows/Linux向けのマルチアーケード/ファミコン/スーパーファミコンエミュレータpEMU v6.6 (pFBNEO / pGEN / pNES/ pSNES 6.6)をリリースしていました。pfbnで最新のfbneoコアをサポートしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2022.5.22

●GameFreaks365で、ファンが最新ゲームエンジンUnreal Engine 5で作成した『Grand Theft Auto: San Andreas』のリメイク版のクオリティが凄いと伝えていました。グラフィックが現代にしては貧弱でバグも多かったため悪評高いRockstar Gamesが発売した公式リマスター版『Grand Theft Auto: The Trilogy – The Definitive Edition(グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版)』に比べると雲泥の差を誰もが感じると思います。

ちなみに公式リマスター版はこちら。

●PSX-Placeで、LuanTeles氏がPS3の最新ファームウェア4.89に対応したHomebrew Enablerの非公式アップデート版Unofficial PS3HEN 3.1.1をリリースしていました。HENのロゴ入れ替えやPackage Managerの修正改良や不具合修正などを行ったバージョンでGameboot有効版やヘッドセットオーディオパッチ版などのおまけ改良版が用意されているのが特徴です。

●GitHubで、cy33hc氏がVitaでアプリが多数あり上限500までに制限されているバブルアイコンでは起動できないような場合に、アプリをブラウズしてアイコンから起動できるようにするランチャーアプリケーションVita Launcher v3.8.5をリリースしていました。何もアップデートが存在しないときにアップデートダイアログが表示される不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、marcussacana氏がPS4のPKGをネットワーク経由(リモート)でパッケージファイルをインストールするPS4 Remote PKG Installerにダイレクトリンクを送り直接インストールすることができるWindows向けユーティリティDirectPackageInstaller 6.0.1と6.0.2をリリースしたことを発表していました。PS4 IP検出の改良やローカルディスクから複数のPKGを選択できるようにしたこと(6.0.1)、クラッシュログの追加(6.0.2)などが変更点です。上記リンクはDirectPackageInstaller 5.3.0のもので、6.0.1はGitHubのReleaseでは配布されていません。READMEの中にダイレクトダウンロードリンクがあり、そちらからダウンロードするよう書かれています。

●GitHubで、Cpasjuste氏がPS4/Switch/PS Vita/Windows/Linux向けのマルチアーケード/ファミコン/スーパーファミコンエミュレータpEMU v6.5 (pFBNEO / pGEN / pNES/ pSNES 6.5)のSwitch版のみを更新していました。ソースコードには変更がないのでビルドしたものだけが差し替わっている形になっています。

●GBATempで、NVIDIAがNVIDIAのGPUのLinuxドライバーをオープンソースとして公開したことを伝えていました。NVIDIAのGPUを搭載したLinuxマシンのドライバーのソースコードを公開したこと自体驚きですが、fail0verflowチームのmarcan氏は「重要なデータはGPUカードのファームウェア(ソースコード非公開)に移され、オープンソースドライバーからコールされるようになっていて、しかも34MBのファームウェアに900もの関数が実装されている」として、オープンソース化といっても肝心なところはオープンソースになっていないとの見解を示しています。

●GBATempで、DarkAkuma氏がファミコンオンラインやスーパーファミコンオンラインのアプリとしてゲームを追加管理することができるWindows向けユーティリティCaVE Database Manager v1.3.8をリリースしていました。

●GitHubで、Rinnegatamante氏がYoYo Gamesのゲーム開発ツールGameMaker Studioで作成したAndroid向けゲームをVitaで動作するようにするためのローダーYoYo Loader Vita Nightly 2022-05-21をリリースしていました。バナー追加が変更点です。


GameGaz Daily 2022.5.20

●GitHubで、PS VitaのWebkitブラウザでUser Agentを偽装UserAgentSpoofer v1.0をリリースしていました。config.txtには以下のように記載します。

*NPXS10083
ur0:tai/UserAgentSpoofer.suprx
*NPXS10084
ur0:tai/UserAgentSpoofer.suprx

User Agentの文字列はux0:data/external/webcore/user_agent.txtから読み込まれ、そのファイルがない場合はデフォルトのVitaのUser Agentが使われます。

●GitHubで、Rinnegatamante氏がYoYo Gamesのゲーム開発ツールGameMaker Studioで作成したAndroid向けゲームをVitaで動作するようにするためのローダーYoYo Loader Vita Nightly 2022-05-19をリリースしていました。テクスチャの外在化のサポートやゲームオーディオの無効化設定対応、kuragehime氏協力による日本語翻訳改良などが変更点です。

●GitHubで、DRok17氏がPS VitaのLiveAreaバブルを簡単に作成することができるRetroBuilder(RetroArchとDaedalusX64用)/ FAKE08-Builder(ゲーム開発ツールPICO-8用)/ ScummVM-Builder(クラシックグラフィックアドベンチャーゲームエンジンScummVM用)/ Bubble-Builder(VitaのHomebrewやAdrenalineのPSP/PS1バックアップ)/YoYo-Builder(Game Maker StudioでビルドしたYoYo Loader Vita対応apk用)をまとめたWindows向けユーティリティMulti-Builder v1.5をリリースしていました。Convert.exeを使った自動クロップ機能を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、cy33hc氏がVitaでアプリが多数あり上限500までに制限されているバブルアイコンでは起動できないような場合に、アプリをブラウズしてアイコンから起動できるようにするランチャーアプリケーションVita Launcher v3.83とv3.8.4をリリースしていました。プラグイン設定が変更された場合にPSPのゲームが起動できない不具合の修正(v3.83)やYoYo Loaderに”disable audio”設定を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、crazymind90氏がPS4のペイロードをネットワーク経由でインジェクトするためのmacOS向けユーティリティPS4-Payload-Injectorをリリースしていました。
PS4-Payload-Injector

●PSX-Placeで、Acid_Snake(JoseAaronLopezGarcia)氏がPS2のISOイメージファイルを読み込むことができるPS2互換のPS3モデルにも対応したバックアップローダーOpen PS2 Loaderで圧縮ISOファイルフォーマットであるZSOフォーマットをサポートしたOpen PS2 Loader ZSO r111をアップデートしたことを公表していました。ziso Pythonの修正などが変更点です。

●GitHubで、AxionDrak氏がゲームキューブのバックアップISOファイルをWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーNintendontで使用するフォーマットに変換することができるWindows向けユーティリティGameCube Backup Manager 2.4.4.0をリリースしていました。ゲームのオフライン検索追加などが変更点です。

●GitHubで、lifehackerhansol氏が3DSのHomebrewとして3DSのHOMEから直接DSのndsファイルを起動できるようフォワーダーにすることができるWindows/ Linux/ macOS向けユーティリティYANBF(Yet Another nds-bootstrap Forwarder) v1.6.1をリリースしていました。GUIにカスタムパスサポートを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、LukeUsher氏がhiganとbsnesを受け継いだファミコンやスーパーファミコン、Nintendo 64、GB、GBA、メガドライブや初代PlayStation、PCエンジン、MSX、Neo Geo Pocket 、WonderSwanといった27ものゲーム機に対応したWindows/macOS向けマルチシステムエミュレータares nightly 2022-05-19をリリースしていました。

●GitHubで、xemuチームがWindows/macOS/Linux(Ubuntu)向けの初代Xboxエミュレータxemu v0.7.14xemu v0.7.15をリリースしていました。

●GitHubで、Cpasjuste氏がPS4/Switch/PS Vita/Windows/Linux向けのマルチアーケード/ファミコン/スーパーファミコンエミュレータpEMU v6.5 (pFBNEO / pGEN / pNES/ pSNES 6.5)をリリースしていました。VitaでのFPSカウンターの不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、aldostools氏がバックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMANの非公式アップデート版webMAN MOD 1.47.41を更新していました。webMAN_MOD_1.47.41_Installerが更新されています。