mast1c0re-ps2-network-game-loader一覧

GameGaz Daily 2023.3.17

●ツイッターで、markus00095氏が不良グループのリーダー石河倫吾と仲間達によるオープンワールド形式のインディーゲーム『The friends of Ringo Ishikawa』(評判いいみたいです。公式にはPS Vita版はありません)のPS Vita版を近くリリースすると発表していました。

●GitHubで、SvenGDK氏がPS4/PS5でmast1c0reに対応したPS2のELFファイルやISOファイルを転送したり管理したりすることができるWindows向けユーティリティOkageLibrary v1.3.1をリリースしていました。

●GitHubで、McCaulay氏がPS2『Okage: Shadow King』のセーブデータを利用するmast1c0reの脆弱性を利用しPS4とPS5でネットワーク経由でPS2のISOファイルを読み込むことができるユーティリティmast1c0re-PS2 Network Game Loader v0.1.3をリリースしていました。configファイルのサポートやゲームダウンロード速度の改善などが変更点です。

●ツイッターで、LightningMods_氏がPS4の9.00と5.05で新しいHomebrew Storeが利用できるようになり、ブラウザからPKG-ZoneにアクセスすることでHomebrew Storeもインストールできるようになったと発表していました。GolfHENまたはMiraをロードした後にhttps://pkg-zone.com/installへブラウザでアクセスするだけです。PKG ZoneにはInstall the Store on PS4というボタンが用意されているのでブラウザからHomebrew Storeがインストールできます。


●ツイッターで、LightningMods_氏がPS4の9.00と5.05でPS4のHomeメニューとPS4のゲームマネージャーItemzFlowを起動するペイロードItemzflow launcher payloadをリリースしていました。

●PS4Linuxで、Noob404氏がUbuntuベースで外観がWindowsに似たPS4向けのLinux ディストリビューションLinuxfx (Aliyah edition) for PS4をリリースしていました。

●GitHubで、ネットワーク上にあるISOファイルを起動できるようにするps3netsrvをJavaを使ってAndroidへ移植したps3netsrv-android 0.2をリリースしていました。すべてのコマンド実装まではできていないもののサービスとして起動はできるようになり、高速動作するようになったそうです。

●任天堂が、「ファミリーコンピュータ&スーパーファミコン&ゲームボーイ Nintendo Switch Online」にタイトルを追加して配信を開始したと発表していました。『サイドポケット』『ゼビウス』『バーガータイムデラックス』『星のカービィ2』の4タイトルです。

●GitHubで、WerWolv氏がNintendo Switchでゲームプレイ中のオーバーレイメニュー表示を実現するTeslaのローダーnx-ovlloaderでロードされたファイルをメニューとして表示するTesla-Menu v1.2.1をリリースしていました。16.0.0のサポートが変更点です。

●GitHubで、WerWolv氏がNintendo Switchでゲームプレイ中のオーバーレイメニュー表示を実現するTesla向けに他のシステムモジュール(sys-ftpd、emuiibo、sys-con、sys-clkなど)をオンザフライで有効/無効にするためのシステムモジュールovl-sysmodules v1.3.1をリリースしていました。16.0.0のサポートが変更点です。

●GitHubで、 Team-NeptuneがNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心にオールインワンパッケージツールKosmos同様必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットDeepSea v4.5.0をリリースしていました。Atmopshere 1.5.1へのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、carcaschoi氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心に必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットShallowSea v2.15.0をリリースしていました。Atmosphere v1.5.1への更新やTesla Menuの再サポートなどが変更点です。

●GitHubで、Xpl0itU氏が任天堂の公式サーバーから暗号化されたWii Uのファイルをダウンロードしマルチプラットフォーム向けユーティリティWiiUDownloader v1.23をリリースしていました。復号化の不具合を修正したことが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がNintendo Wii UでHomebrewを起動できる環境を構築するAromaでhttps://aroma.foryour.cafe/から直接Wii U本体でパッケージをアップデートおよびインストールすることができるユーティリティNightly-AromaUpdater-20230316-150227をリリースしていました。dockerレジストリをghcr.ioに変えたことが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がNintendo Wii UでWii UのCFW MochaをEnvironmentLoaderと共に使用するためにカスタマイズしたカスタムファームウェアNightly-MochaPayload-20230316-111108をリリースしていました。dockerレジストリをghcr.ioに変えたことが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がAroma環境のNintendo Wii Uで複数のプラグインをロードすることができるバックエンドシステムNightly-WiiUPluginLoaderBackend-20230316-114839をリリースしていました。dockerレジストリをghcr.ioに変えたことが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がAroma環境のNintendo Wii UでバックグランドでFTPサーバーを実行するプラグインNightly-ftpiiu_plugin-20230316-143906をリリースしていました。dockerレジストリをghcr.ioに変えたことが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がNintendo Wii UでHomebrewを含むソフトウェアをデバッグするためにdbstubを実装させることができるプラグインNightly-gdbstub_plugin-20230316-115850をリリースしていました。dockerレジストリをghcr.ioに変えたことが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がNintendo Wii UでTV画面出力やWii U GamePadの画面のスクリーンショットをSDカードのsd:/wiiu/screenshotsに保存することができるプラグインNightly-ScreenshotWUPS-20230316-142224をリリースしていました。dockerレジストリをghcr.ioに変えたことが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がNintendo Wii Uでテレビ出力画面とWii U GamePad画面を入れ替えたりオーディオモードを変更したりすることができるプラグインNightly-SwipSwapMe-20230316-142320をリリースしていました。dockerレジストリをghcr.ioに変えたことが変更点です。

●GitHubで、NZP Reboot TeamがNZP(Nazi Zombies Portable)『コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー』を携帯ゲーム機でもプレイできるようQuakeエンジンで作り直したコール オブ デューティのゾンビモードゲーム)をLinuxやPSP、Nintendo Switch、Nintendo 3DS、PS Vitaへ移植したNazi Zombies: Portable(nzportable) 2.0.0-indev+20230316172834をリリースしていました。

●GitHubで、YoshiRulz氏がC#でコーディングされたWindows/Linux向けのマルチシステムエミュレータBizHawk v2.9-rc3をリリースしていました。

●GitHubで、stenzek氏がWindows/Linux/macOS/Android向けの新しい初代PlayStationエミュレータduckstation Latest Preview Buildをリリースしていました。カードの状態を無条件にバックアップしないようにしたことが変更点です。

●GitHubで、SubJunk氏がPS3 Media ServerをベースにDLNA、UPnP、HTTP/Sに対応し、主要なOS(Windows/Linux/macOS)をサポートしたメディアサーバーアプリケーションUniversal Media Server 13.3.0のソースコードをリリースしていました。

●GitHubで、Vita3KプロジェクトチームがWindows/Linux/macOS向けのPlayStation VitaエミュレータVita3K Build: 3056をリリースしていました。URLエンコードの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、MegAmi24氏が『ソニック・ザ・ヘッジホッグ1&2』のデコンパイル版Sonic-1-2-2013-Decompilation v1.3.1のソースコードをリリースしていました。

●GitHubで、MegAmi24氏がセガの横スクロール型アクションゲーム『SONIC CD』(ソニック・ザ・ヘッジホッグCD)のデコンパイル版 Sonic-CD-11-Decompilation 1.3.1のソースコードをリリースしていました。


GameGaz Daily 2023.3.9

●PSX-Placeで、Evilnat氏(Nathan Martin氏)がPS3の4.90をベースにしたカスタムファームウェアCFW 4.90 Evilnat Cobra 8.4(CEX/DEX/PEX/D-PEX)をリリースしていました。
https://twitter.com/xxevilnatxx/status/1633263770159005697

●PSX-Placeで、Joonie氏がPS3の4.90をベースとしてPS3の全モデルにインストールすることができる、Webkit exploitが動作するように改造したモディファイ版公式ファームウェアHFW (hybrid firmware) 4.90.1をリリースしていました。

●PSX-Placeで、Joonie氏がPS3の4.90に対応したHomebrew Enabler PS3HEN v3.1.2 (4.90)を近くリリースすると発表していました。

●PSX-Placeで、HFWをインストールしたPS3でCFWをインストールすることができるユーティリティPS3FlashWriter4.90(PS3 NOR/NAND Flash Writer 490)をリリースしていました。PS3Xploit Teamが開発したFlash Writerの非公式版で、HFW 4.90がリリースされたことによりHFW 4.90からCFWをインストールすることを目的にリリースされたものです。

●PSX-Placeで、El_isra氏がPS2のKELFファイルをシステムアップデートファイルやDVDプレーヤーアップデートファイルにバインドすることができるユーティリティKELFBinder v1.1.4をリリースしていました。

●GitHubで、McCaulay氏がPS2『Okage: Shadow King』のセーブデータを利用するmast1c0reの脆弱性を利用しPS4とPS5でネットワーク経由でPS2のELFファイルを読み込むことができるユーティリティmast1c0re-PS2 Network ELF Loader v0.1.4をリリースしていました。PS4の10.50サポートが変更点です。

●GitHubで、McCaulay氏がPS2『Okage: Shadow King』のセーブデータを利用するmast1c0reの脆弱性を利用しPS4とPS5でネットワーク経由でPS2のISOファイルを読み込むことができるユーティリティmast1c0re-PS2 Network Game Loader v0.1.2(なぜか表記はv0.1.4)をリリースしていました。PS4の10.50サポートが変更点です。

●GitHubで、McCaulay氏がPS4でPS2『Okage: Shadow King』のセーブデータを利用するmast1c0reの脆弱性を利用しexFATでフォーマットしたUSBメモリからPS2のELFファイルを読み込むことができるユーティリティmast1c0re-PS2 USB ELF Loader v0.1.0をリリースしていました。PS4の10.50にも対応していますが、PS5には対応していません。

●GitHubで、McCaulay氏がPS4でPS2『Okage: Shadow King』のセーブデータを利用するmast1c0reの脆弱性を利用しexFATでフォーマットしたUSBメモリからPS2のISOファイルを読み込むことができるユーティリティmast1c0re-PS2 USB Game Loader v0.1.0をリリースしていました。PS4の10.50にも対応していますが、PS5には対応していません。

●GitHubで、aldostools氏がEstwald氏(Hermes氏)が開発したオープンソースバックアップマネージャーIris Managerの非公式アップデート版IRISMAN 4.90を更新していました。4.90向けにMamba 8.4とFake OFWペイロードのアップデートしたことが変更点です。

●VitaDBで、Rinnegatamante氏がFPSゲーム『Doom 3』のモディファイ版dhewm3をPS Vitaに移植したPotatoom 3 v0.1をリリースしていました。

●GitHubで、NZP Reboot TeamがNZP(Nazi Zombies Portable: 『コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー』を携帯ゲーム機でもプレイできるようQuakeエンジンで作り直したコール オブ デューティのゾンビモードゲーム)をLinuxやPSP、Nintendo Switch、Nintendo 3DS、PS Vitaへ移植したNazi Zombies: Portable(nzportable) 2.0.0-indev+20230308071911をリリースしていました。

●GitHubで、SKGleba氏がPlayStation VitaのブートROMをハックして任意のコードを実行させることができるbroombroomを更新していました。v0.945.000とv0.930というファームウェアをサポートしたことが変更点です。以前broombroomの記事でも書きましたが師範ユニットではなくプロトタイプユニットでの話です。

●GitHubで、JoseAaronLopezGarcia(Acid_Snake)氏がPS VitaのePSP向けカスタムファームウェアARK(eCFW ARK)をPSPに移植したARK-4 v1678236218をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●GitHubで、GorGylka氏がpkg形式のゲームをPCなしでPSPから直接ダウンロード、インストールすることができるユーティリティFREESTOR v0.010をリリースしていました。ダウンロード速度の高速化(約55%アップ)が変更点です。

●GBATempで、masagrator氏がNintendo SwitchでゲームのFPS値をカスタマイズすることができるSaltyNXプラグインNX-FPSと合わせて使用するオーバーレイメニューFPSLocker 1.0.0をリリースしていました。

●GitHubで、masagrato氏がNintendo SwitchのゲームからFPSの情報を集めるためのSaltyNXプラグインNX-FPS 1.0をリリースしていました。FPSの操作に対応したことが変更点です。

●GitHubで、 mistervampi氏がNintendo Switchのカスタムファームウェア起動に必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたオールインワンカスタムファームウェアパッケージツールNeXT 2.40をリリースしていました。16.0.0のサポート(Atmosphereなどの更新含む)が変更点です。

●GitHubで、Xpl0itU氏が任天堂の公式サーバーから暗号化されたWii Uのファイルをダウンロードしマルチプラットフォーム向けユーティリティWiiUDownloader v1.21をリリースしていました。パスに非ASCII文字があった場合の処理の修正が変更点です。

●WiiDatabaseで、ここ最近ネット上でWii Uを長期間使わないと故障するという情報が飛び交っているが実際にWii Uを長期間使わないと壊れるのではなく経年劣化によって発生するeMMCの不具合であり、物理的な破損ではなくデータの破損だとの情報を伝えていました。つまり、Wii Uを長期間使わなかったとことは無関係ということです。

●GitHubで、LukeUsher氏がhiganとbsnesを受け継いだファミコンやスーパーファミコン、Nintendo 64、GB、GBA、メガドライブや初代PlayStation、PCエンジン、MSX、Neo Geo Pocket 、WonderSwanといった27ものゲーム機に対応したWindows/macOS向けマルチシステムエミュレータares v132をリリースしていました。

●GitHubで、Vita3KプロジェクトチームがWindows/Linux/macOS向けのPlayStation VitaエミュレータVita3K Build: 3049をリリースしていました。リニアフィルタ無効化オプション追加が変更点です。

●GitHubで、AAGaming00氏らがValveのポータブルゲーミングPC Steam DeckのSteamOSの開発者モードを利用してプラグインのインストールや有効/無効などを管理することができるプラグインローダーdecky-loader v2.6.3をリリースしていました。プラグインインストールの不具合修正などが変更点です。

●任天堂が、「ゲームボーイアドバンス Nintendo Switch Online」に『メトロイド フュージョン』 を追加したことを発表していました。

●PSX-Placeで、PS3Xploit Teamのesc0rtd3w氏がps3xploitサイト復活の準備を行っていることを公表していました。昨年夏から運用していたhttp://ps3xploit.me/を別サーバーで立ち上げたそうです。現時点では繋がります。4.90HENリリースに向けて準備するようです。


GameGaz Daily 2023.3.1

●GitHubで、McCaulay氏がPS2『Okage: Shadow King』のセーブデータを利用してmast1c0reでビルドしたPS2のELFファイルをPS4とPS5でロードすることができるユーティリティmast1c0re-ps2-elf-loader v0.1.3をリリースしていました。追加メタデータなしのTCPソケット通信でELFファイルを送れるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、McCaulay氏がPS2『Okage: Shadow King』のセーブデータを利用するmast1c0reの脆弱性を利用しPS4とPS5でネットワーク経由でPS2のISOをロードすることができるユーティリティmast1c0re-ps2-network-game-loader v0.1.1をリリースしていました。

●GitHubで、logic-68氏がPS5のアップデートを有効化/無効化することができるペイロードEnable-Disable-UPD-PS5 v1.0.3をリリースしていました。全体的にコードをリライトしたことなどが変更点です。

●GitHubで、avan06氏がPS4のゲームのチートコードを探すためのWindows向けユーティリティPS4CheaterNeo 0.9.8.5-betaをリリースしていました。HexエディタにAutoFindClosestChangedPositionのオプションを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、bucanero氏がApollo Save Tool向けにSave WizardやBSDパッチコードをPC上のデータに適用することができるWindows/ Linux/ macOS向けユーティリティApollo CLI tools (apollo-lib) v0.4.0をリリースしていました。Apollo patch engine 0.4.0にしたことなどが変更点です。

●GitHubで、mrdude2478氏がUSBスティックタイプの画面付き開発ボードLilygo-T-Dongle-S3を使ってPS4へペイロードを送り込むためのペイロードランチャーLilygo-T-Dongle-S3-PS4-Payload-Launcher Version 1.3をリリースしていました。コマンドを送るtelegram bot使用時の不具合修正が変更点です。

●GitHubで、NZP Reboot TeamがNZP(Nazi Zombies Portable: 『コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー』を携帯ゲーム機でもプレイできるようQuakeエンジンで作り直したコール オブ デューティのゾンビモードゲーム)をLinuxやPSP、Nintendo Switch、Nintendo 3DS、PS Vitaへ移植したNazi Zombies: Portable(nzportable) 2.0.0-indev+20230228071930をリリースしていました。

●GitHubで、 rashevskyv氏がNintendo SwitchにSDカードやPC(PCに接続したUSBストレージ含む)からNSP、NSZ、XCIをインストールすることができるユーティリティDBI 506をリリースしていました。Saves → BackupタブにSelect same userと言う項目を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、kwsch氏がWindows向けのポケモンセーブデータエディタPKHeX 23.02.27をリリースしていました。『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』更新データ Ver.1.2.0のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、Vita3KプロジェクトチームがWindows/Linux/macOS向けのPlayStation VitaエミュレータVita3K Build: 3032をリリースしていました。