3dstool一覧

GameGaz Daily 2019.5.26

●PSXHAXで、irfanansarionl9氏がPS4のPS2エミュレータ向けとしてファミコンエミュレータFCEUXを移植したFCEUX Port PKGをリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 3.89をリリースしていました。Vitaのバッテリーの不具合を解消するプラグイン PSP2-batteryFixer v1.1の追加などが変更点です。

●GitHubで、robots氏がVitaのレジストリ設定を編集することができるユーティリティRegistryEditorMOD 1.3をリリースしていました。元々devnoname120氏が開発したRegistryEditorがベースで、devnoname120氏とtheheroGAC氏が改良したRegistryEditorMODを引き継いだものになっています。

●GitHubで、VitaのmicroSDアダプターSD2VitaのドライバーインストールやVita専用メモリーカードに対するファイルマネージャー機能、FTP機能などを実装したユーティリティTF-Card-Plugin-Tool 2.24をリリースしていました。3.69/3.70をサポートしたことが変更点です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4649をリリースしていました。今までの表記だとv0.4r649になるはずですが、なぜかこのバージョン表記です。ネットワーク設定ページ追加などが変更点です。

●GitHubで、dnasdw氏が3DSのROMを展開・生成することができるマルチプラットフォーム向けコマンドラインユーティリティ3dstool v1.2.6をリリースしていました。libsundaowen_src(たぶんこれ)と同期したことが変更点です。

●GitHubで、ONEluaチームがPS VitaをPCなしで簡単にダウングレードやアップデートすることができるユーティリティEasy Downgrader/Updater for PS Vita 1.03をリリースしていました。PUPファイルのダウンロードしてux0:data/PUPS/に保存できる設定を用意したことやEnsoのバージョン検出により間違って選んだバージョンを再インストールしないようにしたこと、日本語のサポートなどが変更点です。

●endrift氏が、マルチプラットフォームゲームボーイアドバンスエミュレータmGBA 0.7.2をリリースしていました。基本的にはバグ修正による安定性向上です。Windows/macOS/Linux(Ubuntu)/3DS/Switch/Wii/Vita向けが配布されています。


GameGaz Daily 2019.4.21

●GitHubで、 The-4n氏がNintendo SwitchのNSPファイル(eショップタイトルに使われているフォーマット)をバージョンが低いフォーマットで起動できるよう再パックすることができるWindows向けユーティリティreNXpack v1.15reNXpack v1.16をリリースしていました。サマリーにrequiredsystemversion(要求システムバージョン)とkeygeneration(キー生成)を追加したこと(v1.15)やファイルパスのバグ修正(v1.16)などが変更点です。

●GitHubで、FuryBaguette氏がNintendo SwitchでAmiiboを切り替えることができるユーティリティAmiiSwap v0.1.3をリリースしていました。Emuiiboのみの対応としたことや、フォルダにamiiboを入れるだけのシンプルフォルダシステムにしたことなどが変更点です。
AmiiSwap

●GitHubで、dnasdw氏が3DSのROMを展開・生成することができるマルチプラットフォーム向けコマンドラインユーティリティ3dstool v1.2.5をリリースしていました。ExeFS(Executable Filesystem:実行可能なファイルシステム)展開の不具合を修正したことが変更点です。


GameGaz Daily 2019.3.29

●ソニーが、ソニー株式会社 取締役候補の選任についてのプレスリリースの中で会長の平井一夫氏が取締役と会長職を退任することを発表していました。ソニーグループのシニアアドバイザーになるそうで、退任に当たり平井氏は「ソニーという会社をより一層輝かせていく体制が整ったと確信し、35年間過ごしたソニーグループから卒業することを決めた。」とコメントしています。平井氏はかつてソニー・ミュージックエンタテインメント(SCE)のCEOとしてPlayStationの知名度アップに大きな貢献をし、海外メディアからは”Kaz”の愛称で親しまれていましたが、ソニー本体の社長になって以降は優秀なサラリーマンが最後に経営のトップに立った島耕作的キャラでユーザーとの接点があまりなかったことが残念です。

●ツイッターで、Lapy05575948氏がUnityで開発されたフル管理者権限で動作するPS4向けのファイルエクスプローラアプリケーションPS4-Xplorerの次期バージョンで本人も大興奮の凄い機能を実装することを示唆していました。実際の中身については不明です。

●GitHubで、dnasdw氏が3DSのROMを展開・生成することができるマルチプラットフォーム向けコマンドラインユーティリティ3dstool v1.2.4をリリースしていました。リージョンロックに関する改良が変更点です。

●GitHubで、developersu氏がSwitchのTinFoil(USBおよびネットワーク対応)とGoldLeaf(USB対応)のJava環境PC向けNSPインストーラーNS-USBloader 0.4をリリースしていました。GoldLeaf v0.5のサポート追加やアップデートの自動チェックが正常に動作するようになったことが変更点です。

●GitHubで、nosmokingbandit氏がNintendo SwitchへNSPインストールなどを行うマルチツールGoldleafおよびTinFoil向けのGUI USBインストーラーAluminumFoil 1.0.0.9をリリースしていました。ウインドウパネルのスクロールに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、 Cpasjuste氏が一般的なビデオフォーマットをサポートし、字幕やhttpストリーミングにも対応したNintendo Switch向けのビデオプレーヤーpPlay v2.1をリリースしていました。ファイルの読み込みエラーの場合ローディングメッセージとエラーリポートを非表示にしたことや、httpブラウジングの高速化などが変更点です。

●GitHubで、exelix11氏がNintendo Switchのcommon.szsにパッチをしてBNTX(Binary NX Texture)ファイルをリプレイスすることでテーマを変更することができるユーティリティSwitch Theme Injector v3.8をリリースしていました。同時にszsに加えnxthemeフォーマットのカスタムテーマをSwitch上で直接インストールしたりすることができるユーティリティNxThemes Installer 1.4もリリースされています。カスタムフォントをサポートしたことなどが変更点です。

●Blake Warner氏らが、Nintendo SwitchでHomebrewをインストールするためのタイトルマネージャーTinfoil v1.52bとLithium v1.52bをリリースしていました。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.51をリリースしていました。Goldleaf 0.5.0/Tinfoil 1.52b/Lithium 1.52bへのアップデートが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がRetroReloaded CFWのブートペイロードRR Boot Payload 1.12をリリースしていました。

●GitHubで、Cpasjuste氏がLinux/Switch向けのエミュレータpEMU v3.4(pfba v3.4/ pnes v3.4/ psnes v3.4)をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.9.4

●ツイッターで、hexkyz氏がTeam XecuterのSX OS v1.7/v1.8のデータをアンパック・復号化するスクリプトtx_unpack.pyとtx_decompress.pyをリリースしていました。

●ツイッターで、fincs氏がNintendo Switchでのハードウェア・アクセラレーションによるレンダリングデモ動画を公開していました。

●ツイッターで、SciresM氏がSwitchの6.0.0への互換性を向上させたSX OS v1.8について6.0.0で起動するとwebapplet/eShopのクラッシュを引き起こしてしまうAtmosphereローダーのバグが直っていないと公表していました。

●GitHubで、dnasdw氏が3DSのROMを展開・生成することができるマルチプラットフォーム向けコマンドラインユーティリティ3dstool v1.2.3をリリースしていました。CXI展開時のバグ修正が変更点です。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドー3DS/Switchのセーブデータのバックアップ/リストアが可能なHomebrewセーブデータマネージャーCheckpoint 3.4.2をリリースしていました。Checkpointのバージョンアップの後設定が反映されな不具合(3DS版)やfs_mitm/ layeredfsを使ったカスタムファームウェアとの互換性向上(Switch版)などが変更点です。

●GBATempで、Robz8氏がNintendo 3DSで上限300までとなっているタイトル数制限を解決するために”Nintendo 3DS”フォルダをバンクに預けて別のフォルダを作成したり、使う”Nintendo 3DS”フォルダを預けた中から入れ替えたりして使うことができるユーティリティ3DSBank v1.0をリリースしていました。


GameGaz Daily 2018.8.28

●GitHubで、dots-tb氏がPS VitaのCPUクロック周波数を500MHzまでオーバークロック動作させることができるカーネルプラグインLOLIcon 1.0.1.1をリリースしていました。LOLIconメニューでO/Xボタンの役割入れ替えに対応したことや3.68でAdrenalineが動作せずエラーになっていた不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v2.3 pre-releaseをリリースしていました。『うたわれるもの 二人の白皇』『ドラゴンクエストビルダーズ』などに対応したことが変更点です。

●GitHubで、Princess of Sleeping氏がVitaをhttpサーバーとして動作させることができるユーティリティPSP2-HTTP-Server v1.0をリリースしていました。
http://host:8080/でアクセスするのはux0:www/index.htmlとメモリーカード内のディレクトリになっています。プロトコルはhttpですが、面白そうなことができそうな気がします。

●GitHubで、CrazyVoid氏がPS4 OrbisオープンソースSDK向けのstubファイル生成スクリプトOrbisLibGen Version 1.00をリリースしていました。

●GitHubで、dnasdw氏が3DSのROMを展開・生成することができるマルチプラットフォーム向けコマンドラインユーティリティ3dstool v1.2.2をリリースしていました。暗号化しない不具合を修正したことが変更点です。

●Xbox Wireで、北米Microsoft Storeにおいて期間限定でXbox One SまたはXbox One X本体とXbox Game Pass (100以上のゲームプレイし放題)、Xbox Live Gold(オンラインプレイし放題)を頭金なしの月額費用だけで入手できる月額制2年間プランXbox All Accessを発表していました。いわゆる本体と月額制プランのセットを割賦販売のような感じですが、Xbox One S 1TBの場合は21.99ドル(約2500円)/月、Xbox One Xの場合は34.99ドル(約3900円)/月ですが、金利が0%のため計算してくれたEngadget日本版によると新規に購入するよりお得になるようです。


GameGaz Daily 2018.7.28

●GitHubで、CelesteBlue氏がVitaでストレージデバイスを任意の場所にマウントできるようにするプラグインPSVita-StorageMgr v3.0をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、TheFloW氏がVitaに便利な機能を追加するプラグインVitaTweaksとしてensoでの起動時にてんかんの警告文の代わりにカスタムワーニングメッセージを表示させることができるプラグインCustom Warningをリリースしていました。

●GitHubで、dnasdw氏が3DSのROMを展開・生成することができるマルチプラットフォーム向けコマンドラインユーティリティ3dstool v1.2.1をリリースしていました。OpenSSL 1.1.0のサポートが変更点です。

●GitHubで、 WerWolv98氏がNintendo Switch向けのセーブデータダンパーEdiZon v1.3.2をリリースしていました。前バージョンで直したはずのバイナリーセーブファイルにデータを余分に付けてしまう不具合を今度こそ修正したことや、カテゴリーがスクロールできるようになったことなどが変更点です。

●GitHubで、TeamShinkansenのdaPhie79氏がNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 CE v1.2.6rc3をリリースしていました。