AmiiSwap一覧

GameGaz Daily 2019.6.6

●PSXHAXで、ItsJokerZz氏が5.05のPS4でペイロードとELFファイルのインジェクトを行うことができるユーティリティPayload & ELF Injector v1.0をリリースしたことを伝えていました。
Payload_ELF_Injector

●ゲーム周辺機器メーカーのHORIが、Nintendo Switchでの使用を想定したポケモンデザインのmicroSDカードポケットモンスターmicroSDカード for Nintendo Switchを2019年7月に発売すると発表していました。ピカチュウデザインのmicroSDカードが32GBで3,480円(税抜)、モンスターボールデザインのmicroSDカードが64GBで5,980円(税抜)です。挿入してしまうと見えないので任天堂公式ライセンスを取得してまでポケモンデザインにする価値を見いだせないじゃんという方には高額すぎて向かない、ポケモンファン向け製品です。
microSD for Nintendo Switch

●GitHubで、LyfeOnEdge氏がNintendo SwitchのHomebrewをバージョン管理し最新版へのアップデートや任意のバージョンのインストールを行うことができるユーティリティHBUpdater 0.9をリリースしていました。HBUpdaterGUI.pyコードのレイアウトの変更やMetroホームページの追加などが変更点です。

●GitHubで、Thealexbarney氏がNintendo Switch向けのファイルフォーマットを読み込むための.NET/ .NET CoreライブラリLibHac v0.4.1をリリースしていました。IMKVデータベースリーダー/ライターの追加などが変更点です。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.86cをリリースしていました。アップデートが新しい物よりもよりバージョンが若いものを検出してしまう不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、FuryBaguette氏がNintendo SwitchでAmiiboを切り替えることができるユーティリティAmiiSwap v1.0をリリースしていました。設定がAmiISwap内で完結するようにして設定ファイル編集を不要にしたことやUIを一新したことなどが変更点です。

●GitHubで、mondul氏がニンテンドーDSiのカスタムファームウェアHiYaCFWやオープンソースメニューTWiLightMenu++のインストールプロセスを簡単に行えるようにできるWindows/Linux/macOS向けユーティリティHiyaCFW Helper v3.3をリリースしていました。NANDからunlaunch機能のインストール/アンインストール機能をなくしたことなどが変更点です。

●Wiimm氏が、マリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v2.04a r7864をリリースしていました。コマンドwszst DISTRIBUTIONでバトルアリーナサポートを追加したことなどが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2019.5.10

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.26をリリースしていました。spanish.txtの誤字修正が変更点です。

●GitHubで、XorTroll氏がSwitchのバックグランドプロセスとしてamiiboをエミュレートするカスタムファームウェア向けカスタムプロセスemuiibo v0.2をリリースしていました。Amiiboの育成をサポートしたことや、自動でデータはコンバートされるので特に意識する必要はないがAmiiboのシステムを変えたことなどが変更点です。

●GitHubで、FuryBaguette氏がNintendo SwitchでAmiiboを切り替えることができるユーティリティAmiiSwap v0.2をリリースしていました。amiiboとゲームでのアイコンサポートなどが変更点です。

●Gizmodoで、任天堂の古川社長が「6月のE3でなにかを発表する予定はない」と、噂が出てきている新型Nintendo Switchの発表を否定したことを伝えていました。新型Nintendo SwitchについてはThe Wall Street Journalが早ければ今年の夏にもNintendo Switchの新型モデルを2種類発売と報じたことを皮切りに、Eurogamerが新型Switch2種類は正統進化版と携帯モード専用版と報じたり日経が秋に小型廉価版発売すると報じるなど、新型Switch発売報道が過熱してきておりE3での発表が期待されていました。E3での発表がないとなると、夏発売の線はないのかもしれません。


GameGaz Daily 2019.4.21

●GitHubで、 The-4n氏がNintendo SwitchのNSPファイル(eショップタイトルに使われているフォーマット)をバージョンが低いフォーマットで起動できるよう再パックすることができるWindows向けユーティリティreNXpack v1.15reNXpack v1.16をリリースしていました。サマリーにrequiredsystemversion(要求システムバージョン)とkeygeneration(キー生成)を追加したこと(v1.15)やファイルパスのバグ修正(v1.16)などが変更点です。

●GitHubで、FuryBaguette氏がNintendo SwitchでAmiiboを切り替えることができるユーティリティAmiiSwap v0.1.3をリリースしていました。Emuiiboのみの対応としたことや、フォルダにamiiboを入れるだけのシンプルフォルダシステムにしたことなどが変更点です。
AmiiSwap

●GitHubで、dnasdw氏が3DSのROMを展開・生成することができるマルチプラットフォーム向けコマンドラインユーティリティ3dstool v1.2.5をリリースしていました。ExeFS(Executable Filesystem:実行可能なファイルシステム)展開の不具合を修正したことが変更点です。


GameGaz Daily 2019.4.18

●Amazonで、プレイステーション クラシックを62%OFFの4100円で販売していました。一時はプレミアが付いたとは思えない投げ売りセールです。持ってない方は今が購入のチャンスかも。

●/talkフォーラムで、 Rinnegatamante氏が2001年にPC向けに発売されたFPSゲーム『Return to Castle Wolfenstein』をVitaに移植したvitaRTCW v.0.1をリリースしていました。
vitaRTCW

●GitHubで、TheDarkprogramer氏がPS4でアプリケーションを開発するためのUnity/Windows向けオープンソースユーティリティPS4 Tools v1.1 betaをリリースしていました。PS2 Classicsのオンザフライビルドに対応したことなどが変更点です。

●IGN Japanで、ピエール瀧が麻薬取締法違反容疑で逮捕され、出演作『JUDGE EYES:死神の遺言』の販売が自粛された件についてピエール瀧の差し替えキャラクターが海外向けに公開されたことを伝えていました。海外版ではグラフィックだけでしたが、日本版の場合は声の差し替えも出てくるため差し替え作業の時間はもっとかかると思われます。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.00をリリースしていました。初めて2.00へアップグレードする場合やRetroReloaded CFW自体を初めて使う場合にはmicroSDカードにあるatmosphereとReiNXフォルダは削除する必要があります。

●GitHubで、FuryBaguette氏がNintendo SwitchでAmiiboを切り替えることができるユーティリティAmiiSwap v0.1.2をリリースしていました。emuiiboとswitch-nfp-mitmで使用できます。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのブートマネジャーRetroReloaded CFWのパッケージをアップデートすることができるユーティリティRetroReloaded Toolkit v1.8をリリースしていました。操作の改良などが変更点です。

●ツイッターで、hexkyz氏がTeam XecuterのSX OS v2.6.2のデータをアンパック・復号化するスクリプトtxunpack.pyとtxdecompress.pyをリリースしていました。

●ユービーアイソフト公式ブログUBIBLOGで、ノートルダム寺院でおきた火災に関して再建のため50万ユーロを寄付することに加えノートルダム寺院の美しさと荘厳さを感じてもらうため、PC版『アサシン クリード ユニティ』を1週間無料で配布すると発表していました。無料期間は4月25日の16時までです。Uplay PCまたはUbisoft ストアでダウンロード購入できます。
Assassin’s Creed Unity

●AKIBA PC Hotline!で、レトロアイテム専門店「BEEP 秋葉原店」に「ニンテンドー3DS LL」の開発機が入荷し販売されていたことを伝えていました。販売価格は32,184円(税込)。24日(日)時点では在庫があったものの26日(火)夕方には売り切れていたようです。個人的な話で恐縮ですが、東京に出張で行くと帰りに秋葉原行って大抵はBEEP寄ります。

●大乱闘スマッシュブラザーズ公式ツイッターで、Nintendo Switch『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』のVer.3.0アップデートで「ステージ作り」のモードを追加することを発表していました。公式動画でそれとなく公表していた機能のリリースになります。なお、Ver. 3.0.0ではVer. 2.0.2以前とリプレイの互換性がないそうですのでご注意を。

●ファミ通.comで、元ニンテンドーオブアメリカ社長で先日退任したReggie Fils-Aime氏がTwitterアカウントを開設したことを伝えていました。ファミ通の記事執筆時点ではフォロワーが35万だったようですが、今日の朝8時時点では37万を超えています。

●Maxconsoleで、YouTuberのModern Vintage Gamer氏がハッカーグループがXboxのディスクをPCのDVDドライブでリッピングしていたとの情報を動画で公開したことを伝えていました。Kreonでリッピングできるようになると公表される以前から実はリッピングできていたようです。

●IGN Japanで、XboxのE3 2019プレスカンファレンス「Xbox E3 2019 Briefing」の詳細が公開されたことを伝えていました。E3のメインイベント前の日曜日に開催されます。プレスカンファレンスの模様は日本時間年6月10日朝5時より生配信されます。

●Thurrottで、マイクロソフトがオンラインマルチプレイのための有料サービスXbox Live Goldと月額9.99ドルで対応Xbox Oneタイトルがプレイし放題のXbox Game Passのサービスを統合した月額制プランXbox Game Pass Ultimateを発表したことを伝えていました。Xbox Game Pass Ultimateは月額14.99ドルです。日本ではXbox Game Pass自体が提供されていないのでサービス対象外です。