Lithium一覧

GameGaz Daily 2020.2.4

●Blake Warner氏らが、Nintendo SwitchでHomebrewをインストールするためのタイトルマネージャーTinfoil v8.00をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。KosmosやHekateでは動作しないのでAtmosphereかSX OSを使うよう書かれています。まお、Lithiumはv7.01のままです。

●GBATempで、LyfeOnEdge氏がNintendo SwitchのHomebrewストアからダウンロードしたアプリケーションを管理するためのpythonで書かれたクロスプラットフォームのデスクトップユーティリティAppstore Workbench v2.0をリリースしていました。Appstore Workbenchの最終的な目的はSwitchをインターネットに接続せずHomebrew管理を行うことだとしています。HomebrewはSwitch Appstoreから直接ダウンロードします。
appstore-workbench

●GBATempで、wwwwwwzx氏がPCのキーボードを使ってNintendo SwitchのゲームをプレイすることができるWindows/macOS/Linux向けユーティリティNXController 1.0.1をリリースしたことを伝えていました。Switch側はsys-botbaseというWi-Fi経由でSwitchをリモート制御するシステムモジュール使い、PCとWi-Fiで繋げてPCのキーボードでSwitchを操作します。
NXController
NXController2

●GitHubで、 niuus氏がニンテンドーWii/GameCube向けのスーパーファミコンエミュレータSnes9x GXをベースにした改良版Snes9x RX v4.7.0をリリースしていました。ローカルタイム表示に対応したことやUSBコントローラー接続の最適化などが変更点です。

●ツイッターで、Switchエミュレータyuzu開発チームがグラフィック用APIのVulkanをマージしたと発表していました。今まではyuzu Early Accessでの配布だけでしたが、全ユーザーが自動アップデートで使えるようになります。


GameGaz Daily 2019.12.25

●GitHubで、 ChocoNutDancer氏がプレイステーション クラシックでUSBストレージからゲームを起動するBleemSyncのブートメニューの代替ツールAutobleem v0.8.5をリリースしていました。Amiberry AmigaゲームエミュレータやDoomシェアウェアアプリ、OpenBORエミュレータ、Retrobootを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、3096(MegaMagikarp)氏がNetworkSystemClockを改変してNintendo Switchのゲーム内で利用する時計データを変更することができるユーティリティSwitchTime 0.1.1をリリースしていました。Lボタンによるクイック起動機能を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、Core-2-Extreme氏がNintendo 3DS向けのLINEアプリLine for 3DS v1.1.0をリリースしていました。セットアップのステップを減らしたことやバグ修正が変更点です。セットアップの変更により以前のバージョンであるv0.1.0からv1.0.1とは設定の互換性がなくなっているので注意が必要です。

●Blake Warner氏らが、Nintendo SwitchでHomebrewをインストールするためのタイトルマネージャーTinfoil / Lithium v7.01をリリースしていました。Miscの修正やRetroarchのROM起動に対応したことが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL氏がWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/macOS/Linux向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.1.2.1RiiConnect24-Patcher v1.1.2.2をリリースしていました。アップデートに関する不具合の修正(v1.1.2.1)や、それでも直っていなかったアップデート不具合の修正(v1.1.2.2)が変更点です。

●GitHubで、Gericom氏がDS/DSi/3DSのDSモードでGBAゲームを起動するハイパーバイザとして動作するバックアップローダーGBARunner2 v20191224-164221_b740476をリリースしていました。ROMのローディングコードの再編成などが変更点です。

●GitHubで、MAME開発チームのcuavas氏が過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的として、MAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という名前のまま進化しているマルチシステムエミュレータMAME 0.217をリリースしていました。

●GitHubで、 niuus氏がニンテンドーWii/GameCube向けのスーパーファミコンエミュレータSnes9x GXをベースにした改良版Snes9x RX v4.6.0をリリースしていました。見た目の調整やXbox 360コントローラー部分のコードの整理などが変更点です。


GameGaz Daily 2019.12.19

●Blake Warner氏らが、Nintendo SwitchでHomebrewをインストールするためのタイトルマネージャーTinfoil / Lithium v7.00をリリースしていました。GoogleDriveサポートの改良やHelpの追加などが変更点です。

●PSXHAXで、theorywrong氏がPS4の公式アップデータをモディファイするためのユーティリティThe Updater Toolkitをリリースしていました。現時点では研究目的の開発者向けのためソースコードしか公開されていません。使用するにはorbis_swu.selfというユーザーモジュールファイルを自分で抜き出して用意する必要があります。

●GitHubで、Ryochan7氏がDualShock 4をWindowsが標準で対応しているXbox 360のコントローラーとしてエミュレートすることでWindowsPCでの使用を可能にするユーティリティDS4Windows v1.7.26をリリースしていました。Nacon Revolution Infiniteコントローラーのサポートなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.12.13

●GitHubで、blawar氏がNintendo SwitchのTinfoil/Lithiumで使用するWindows向けUSBおよびネットワークサーバーアプリケーションNUT Server 2.5をリリースしていました。GoogleDrive APIのパーミッションをリードオンリーからフルパーミッションへ変更しtinfoilがGoogleDriveへの読み書きを可能にしたことが変更点です。

●GitHubで、CompSciOrBust氏がamiiboをエミュレートするSwitchのカスタムプロセスemuiiboをGUI版にしたAmiigo 1.5.1をリリースしていました。Amiigo MakerでバーチャルAmiiboを作成するとメインUIがあるフォルダに作成できるようにしたことなどが変更点です。

●Blake Warner氏らが、Nintendo SwitchでHomebrewをインストールするためのタイトルマネージャーTinfoil / Lithium v6.20をリリースしていました。9.1.0のサポートやGoogleDriveへの書き込みの不具合修正(NUT Server 2.5やSX Server v1.2へのアップデートが必要)などが変更点です。

●ツイッターで、Team RebugのAboshi2011氏(evilsperm氏)がNintendo SwitchのMODチップSwitchMEが標準ペイロードとしているhekate – CTCaer modのアップデートを受けSwitchME向けペイロードUF2_SwitchME_Payloads CTCaer_5.1.1_Nyx_0.8.3をリリースしていました。

●クラウドファンディングのKickstarterで、Nintendo Switchで「Nintendo Switchドック」と同等の機能を1/15の大きさと1/4の重量で実現するアダプターStingrayのプロジェクトを募集していました。ただし、日本からだと送料が別途15ドルかかります。
Nintendo Switch All-in-one Adapter

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.8.2を近くリリースすると発表していました。視覚障害者がアクセスしやすくなる機能が盛り込まれます。

●GitHubで、tallbl0nde氏がNintendo Switchの内部に記録されているゲームのプレイ情報(起動回数や最初にプレイした日時や最後にプレイした日時、トータルプレイ時間)を読み出して表示することができるユーティリティNX-Activity-Log v1.1.0をリリースしていました。最近のプレイ履歴を閲覧できるようにしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.11.22

●GitHubで、 cuevavirus氏がPS Vitaでスピーカーボリュームとヘッドフォンボリュームを自動で切り替え制御することができるプラグインvolume_profile v1.1.0をリリースしていました。クラッシュする不具合の修正や入力バッファの使用をやめてヘッドフォン使用の自動検出機能を改善したことが変更点です。

●Blake Warner氏らが、Nintendo SwitchでHomebrewをインストールするためのタイトルマネージャーTinfoil / Lithium v6.00とv6.10をリリースしていました。配置の再調整機能の追加(v6.00)や安定性強化(v6.10)などが変更点です。

●GBATempで、Universal-TeamがNintendo 3DS向けのHomebrewを簡単にアップデートすることができるユーティリティUniversal-Updater v2.0.0をリリースしていました。
Universal-Updater

●GBATempで、EZFlash teamがGBA/ニンテンドーDS Slot2向けFlashcart製品EZ-FLASH OMEGAのクリスマスエディションとしてオレンジ色のシェルケースを限定発売したことを伝えていました。今でも買う人いると言うことですね。
orange_omega

●ファミ通.comで、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが任天堂のキャラクターとその世界観をテーマにした『SUPER NINTENDO WORLD』の新ビジュアルを発表したことを伝えていました。日経トレンディが公開した全景画像では入っていなかったピーチ城なども描かれています。2020年東京五輪前にオープン予定で、オリンピック期間中の海外からの観光客は東京だけでなく大阪へも足を伸ばす程の集客力を発揮しそうです。
SUPER NINTENDO WORLD

●PlayStation.Blogで、PlayStation Storeにおいて11月22日(金)から12月2日(月)までの期間限定で、PlayStation 4とPlayStation Vitaの対象タイトルが最大80%OFFとなる「BLACK FRIDAY 期間限定!秋の大感謝セール」(BLACK FRIDAYセール)を開催すると発表していました。『グランド・セフト・オートV』が67%OFFや『モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション デジタルデラックス』が20%OFFなど割引にばらつきがありますが欲しかったタイトルが安く買えるチャンスです。「PlayStation Plus 12ヶ月利用権」も25%OFFで購入できます。