NOBORU一覧

GameGaz Daily 2020.5.22

●ツイッターで、Lapy05575948氏が Acekone1氏(デザイン担当)と共に開発した横スクロール型アクションゲームSuper Console Warsを発表していました。https://superconsolewars.com/でWindows PC、PlayStation 4(要Jailbreak)、Xbox One(Devモード)、Android版が5月22日の本日より配布とされていますが、日本時間の14時現在ではComingSoonとなっています。
Super Console Wars
登場キャラクターが特徴で、
・マイクロソフトのXbox部門トップのPhil Spencer氏を連想させる「Spencer」
・任天堂代表取締役フェローの宮本茂を連想させる「Miyamoto」
PS5のハードウェア技術仕様を発表したMark Cerny氏を連想させる「Cerny」
で、タイトルが「コンソール戦争」です。

[追記]
Nintendo Switch版も追加されました。ダウンロードできるようになっています。

●GitHubで、Creckeryop氏がPS Vitaで漫画を読むことができるコミックリーダーNOBORU 0.53をリリースしていました。ポルトガル語とブラジル語を追加したことやトルコ語の修正が変更点です。

●CBPS Forumsで、Graphene氏がPS Vitaリバースして開発した、システムアプリケーションやミュージックアプリケーションで使われている音声ファイルを再生するためのライブラリlibShellAudioをアップデートしていました。関数追加が変更点です。

●GitHubで、Kyraminol氏がNintendo 3DSでセーブデータをクラウドやローカルネットワーク上のPC、他の3DSへアップロードすることができるユーティリティ3DSync 0.2.0 – Alphaをリリースしていました。ストレージマネージャーJKSMのサポートとカスタムアップロードパスへの対応などが変更点です。

●GBATempで、Sakitoshi氏がnew Nintendo 3DSでマルチシステムエミュレーターRetroArchを介さずPS1をプレイできるようにCIAファイルを作成するためのWindows向けユーティリティPS1 Forwarder Creator v1.7.5をリリースしていました。PCSX-Rearmedコアの更新などが変更点です。

●ツイッターで、スティングが1998年にセガサターン用に発売した一人称視点のアクションRPGゲーム『BAROQUE』をNintendo Switch向けに移植したBAROQUE-オリジナルバージョン超完全移植版-をダウンロード専用タイトルとして2020年内に発売することを発表していました。サターン版のオリジナルと「完全移植」としているので、いわゆるリマスター版ではなく当時のグラフィック(4.3の画角含む)もそのまま、という意味ではないかと思います。『BAROQUE』自体、PS版やリメイクされたPS2版やWii版があります。最近ゲームのリメイクが流行ですが、まるっきりそのまま昔のゲームタイトルをわざわざ移植というのは面白い試みだと思います。

●Arisotura氏が、Windows/Linux向けのニンテンドーDSエミュレータmelonDSの現在開発中のバージョンについて新しいUIを持ちOpenGLやWi-FiをサポートしたmelonDS 0.9を開発中であると発表してました。

●GitHubで、ihaveamac氏が3DS向けのCIAファイルをPCから直接SDカードにインストールするためのPythonスクリプトと3DSで実際にインストールを行うユーティリティcustom-install-finalize 1.3をリリースしていました。


GameGaz Daily 2020.5.12

●GitHubで、Core-2-Extreme氏がNintendo 3DS向けのLINEアプリLine for 3DS v1.4.2をリリースしていました。起動にCFWが不要になり、Homebrew Launcherで起動できるようになりました。

●GitHubで、jakcron氏が3DSのROMファイルから3DS用のCXI / CFA / CCI / CIAファイルを作成することができるWindows/Linux向けコマンドラインユーティリティMakeROM v0.17をリリースしていました。CXI Homebrewロゴの更新などが変更点です。

●PSXFAXで、OpenOrbis TeamがPS4でpupファイルをインストールするカスタムファームウェアと同様の機能を実現するためのPS4向けツール集Mira Projectをリリースしたことを伝えていました。2年前にMiraCFWプロジェクトとしてお伝えしたもののリリースのようです。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchでユーザーモードHomebrewを開発するための開発者向けライブラリlibnx v3.2.0をリリースしていました。threadGetSelfの追加などが変更点です。

●devkitProで、fincs氏がNintendo Switchの開発環境devkitA64 release 15をリリースしていました。

●GitHubで、Lia氏がWii UでiosuhaxとMocha CFWを利用しWii Uのゲームディスクダンプやダウンロードタイトルのゲーム本体やアップデート、ダウンロードコンテンツのダンプやCemuのオンラインプレイのセットアップに使うためのファイルをダンプすることができるDumpling v1.1.2をリリース していました。システムアップデータを含むディスクでフリーズする不具合の修正などが変更点です。

●GBATempで、DismissedGuy氏がニンテンドーWi-Fiコネクションの代替サービスWiimmfiで何のゲームをプレイしているのかをDiscordに表示することができるWindows/Linux向けユーティリティWiimmfi-RPC v1.5.2をリリースしていました。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 31.2.0をリリースしていました。プラグインの追加などが変更点です。その前にCitra本体のマージなどがvvctre 31.1.0がリリースされています。

●GitHubで、Yoti氏がメモリースティック PRO DuoのIDをPSPでダンプすることができるユーティリティCardDump v3.1をリリースしていました。

●GitHubで、Creckeryop氏がPS Vitaで漫画を読むことができるコミックリーダーNOBORU 0.52をリリースしていました。クッキーの追加などが変更点です。

●GitHubで、ONEluaチームのDevDavisNunez氏がPS Vitaのプラグインをux0またはur0(SD2VITAを使用している場合)にワンクリックでインストール/アンインストールすることができるユーティリティAutoPlugin II v1.06をリリースしていました。taiライブラリの更新やPSPプラグインのアップデートサポートなどが変更点です。

●ツイッターで、SpecterDev氏がPS4向けの開発ツールとしてソニーのSDKを使わず独自のオープンソース開発環境を使用するツールチェーンOpenOrbis PS4 Toolchain v0.1 BETAをリリースしていました。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchでNRO形式のHomebrewをロードして実行することができるHomenrewローダーnx-hbloader v2.3.2をリリースしていました。システムの安定性向上などが変更点です。

●GitHubで、DevL0rd氏がWindows PCゲームをNintendo Switchに60FPSでストリーミングして最大4つのJoy-Conでマルチプレイをすることが可能な、Switch上でのタッチ操作も可能にすることができるユーティリティSkyNx v1.4をリリースしていました。AMD/Intelエンコーディングの追加などが変更点です。

●GitHubで、masagrator氏がNintendo Switchでオーバーレイ表示を実現するTeslaを使いコアごとのCPU使用率やCPU/GPU/RAMのクロック周波数、RAMの割当量などをリアルタイムに表示することができるオーバーレイメニューStatus Monitor 0.5.3をリリースしていました。libnx 3.2.0へのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、turtle-insect氏がNintendo Switchのセーブデータをバックアップ/リストアすることができるユーティリティNeumann 0.0.10をリリースしていました。libnx 3.2.0への更新が変更点です。

●GitHubで、TarableCode(TaraHoleInIt)氏が4MBメモリのMacintosh PlusのエミュレータMini vMacをニンテンドー3DSに移植したMini vMac 3DS v3.0pre2をリリースしていました。”Insert Disk”のUI追加などが変更点です。

●ツイッターで、m4xw氏がマルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのコアとしてニンテンドー64の磁気ディスクドライブ64DDをサポートするなどしたMupen64Plus-Next 2.1 RC1がリリース目の最終テストフェーズに入ったことを公表していました。リリースについての具体的な言及はありません。

●ツイッターで、m4xw氏がNintendo Switch向けのRetroarchでPSPエミュレータPPSSPPを起動することができるPPSSPPコアPPSSPP Standalone bf6357a5をリリースしていました。


GameGaz Daily 2020.4.25

●GitHubで、Creckeryop氏がPS Vitaで漫画を読むことができるコミックリーダーNOBORU 0.51をリリースしていました。プロキシの追加やCKJ(中国語、日本語、韓国語)のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、borntohonk氏がNintendo SwitchのAtmosphereでタイトルマネージャーTinfoilをネイティブサポートすることを目的としたモディファイ版カスタムファームウェアNEUTOS 0.12.0をリリースしていました。Atmosphere 0.12.0ベースになりました。

●GitHubで、masagrator氏がNintendo Switchでオーバーレイ表示を実現するTeslaを使いコアごとのCPU使用率やCPU/GPU/RAMのクロック周波数、RAMの割当量などをリアルタイムに表示することができるオーバーレイメニューStatus Monitor 0.5.2をリリースしていました。Tesla menuのバージョン情報追加やSX OSのサポート(ただしFPSカウンターは無効)が変更点です。

●GitHubで、bakatrouble氏がNintendo Switchでスクリーンキャプチャ画像などを自動でリモートサーバーへ送信するためのシステムモジュールsys-screenuploader v0.0.9をリリースしていました。アップロードメディアにキャプションを追加できるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、J-D-K氏がNintendo SwitchのNANDからファームウェアのアップデータをSDカードにダンプすることができるユーティリティbiggestDump 1.0.0をリリースしていました。アップデータはsdmc:/Update/に保存されます。ChoiDujourNXでインストールできます。

●ツイッターで、hexkyz氏がTeam XecuterのSX OS v2.9.5のデータをアンパック・復号化するスクリプトとMIPS VMディスアセンブラスクリプトtx_unpack.pyとtx_decompress.py、tx_vmdis.pyをリリースしていました。

変更点は、パッチのアップデート、Atmosphèreコードのアップデート、最新libnxによるバイナリリビルトだけです。

●任天堂が、「ニンテンドーネットワークID」への不正ログインが発生したことと、「ニンテンドーネットワークID」を経由してニンテンドーアカウントにログインする機能を廃止したことを発表していました。不正ログインを受けた可能性のある「ニンテンドーネットワークID」は約16万アカウントで、漏れた情報はニックネーム、生年月日、国/地域、メールアドレスとなっており、クレジットカード情報は含まれていないようです。二段階認証していない、「ニンテンドーネットワークID」に連携したニンテンドーアカウントの情報も漏洩した可能性があるようです。不正ログインされた可能性があるNNIDやニンテンドーアカウントに対し、順次パスワードリセットが行われます。

●ツイッターで、Xbox部門最高責任者のPhil Spencer氏がXbox Series Xの計画の見直しを昨日行い、今後の計画としてゲームに関しての情報公開を近々行うことを示唆していました。