CheatDevice Remastered一覧

GameGaz Daily 2021.11.10

●ツイッターで、Q-Gamesが2016年9月に基本プレイ無料タイトルとして配信(実際には有料コンテンツ「建国者パック」を買わなくてもいい本当の無料版は2016年10月下旬に配信開始)され当時大きな話題となったもののわずか1年あまりの2017年11月にサービスが終了してしまったSIEのタイトル『トゥモロー チルドレン』についてSIEと権利譲渡契約を締結し、自社タイトルとして復活させると発表していました。


『トゥモロー チルドレン』はオープンベータテストに参加したレビュー記事も書いたほど気に入っていました。「建国者パック」の有料DLCを早々に購入してプレイしていました。『トゥモロー チルドレン』の開発自体はQ-Gamesが行っています。SIEの都合でタイトルラインナップから消滅していましたが、Q-Gamesとしてはかなり力を入れていたタイトルだったため、以前から復活させたい意向をQ-Games社長のDylan Cuthbert氏が匂わせていました
以前の対応プラットフォームはPS4でしたが、再リリース版については「現在は日々ゲームの調整や改善を繰り返している」との発表が公式サイトに掲載されているのみで、不明です。今後の情報発表に期待しましょう。

●PlayStation.Blogで、ネットワークレコーダーnasne(ナスネ)を利用しPS5でテレビ番組を録画・視聴できるTVアプリケーション「torne(トルネ)」を11月24日(水)より配信すると発表していました。バッファロー製nasneにももちろん対応しています。他プラットフォームと同様ダウンロードは無料ですが、視聴再生機能に関しては有料になります。
同時に録画したテレビ番組を別の「nasne」にダビングする機能「お引越しダビング」が11月24日(水)に無料アップデートとして公開されます。SIE製「nasne」からバッファロー製nasneへも録画番組をダビングすることが可能(逆は不可)になっています。

●PSXHAXで、CyB1K氏がPS4のフェイクパッケージファイルを作成するためのWindows向けユーティリティPS4 Fake PKG Tools 3.87をリリースしていました。

●ツイッターで、freakler94氏がPSP/ePSP版『Grand Theft Auto: Vice City Stories』『Grand Theft Auto: Liberty City Stories』のチートプラグインCheatDevice Remastered v1.0bをリリースしていました。PPSSPPでの利用をサポートしたことが変更点です。

●GitHubで、darkxex氏がNintendo Switch向けのコミックリーダーアプリケーションCuteManga 1.0.3をリリースしていました。ページソートの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、berichan氏がNintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』でリアルタイムにアイテムをインジェクトしたり島を編集したりゲーム内の値を変更したり等のカスタマイズを行うことができるAndroid/ iOS(Windows/ macOS/ Linuxも可)向けユーティリティACNHMobileSpawner 0.951-aをリリースしていました。歩行速度を通常に戻したときに速度が正常にリセットされるように不具合を修正したことなどが変更点です。

●GitHubで、LukeUsher氏がhiganとbsnesを受け継いだファミコンやスーパーファミコン、Nintendo 64、GB、GBA、メガドライブや初代PlayStation、PCエンジン、MSX、Neo Geo Pocket 、WonderSwanといった27ものゲーム機に対応したWindows/macOS向けマルチシステムエミュレータares v125をリリースしていました。スクリーンショットのホットキー追加などが変更点です。

●GitHubで、JeffRuLz氏がbuster氏の開発したWindows向けフリー2Dアクションゲーム『迷宮城ハイドラ(Hydra Castle Labyrinth)』を3DS/Wii/PSP/ PS Vita向けに移植したOpenHCL v2021.11.08をリリースしていました。WiiUでの4:3アスペクトレシオの不具合修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2021.10.25

●ツイッターで、freakler94氏がPSP/ePSP版『Grand Theft Auto: Vice City Stories』『Grand Theft Auto: Liberty City Stories』のチートプラグインCheatDevice Remastered v1.0をリリースしていました。2005年ごろにリリースされていたPSPの2.01、2.5、2.6向けHomebrewとしてリリースされていたGTA:LCSにのみ対応していたCheatDeviceをGTA:VCSにも対応してリマスターしたものです。元のCheatDeviceからそうだったので仕方がありませんが、日本版『GTA:LCS』『GTA:VCS』には非対応です。

●GitHubで、Creckeryop氏がPS Vitaで漫画を読むことができるコミックリーダーアプリケーションNOBORU 0.891をリリースしていました。マウントがuma0になっている場合のページダウンロードの不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、 jimbob4000氏がカバー画像からPS Vitaの向けのゲームやHomebrewを起動することができるVitaHex氏のランチャーアプリケーションHexFlow-Launcherをベースにカバーフローを3D化しRetroArchとDaedalusX64から起動できるレトロゲームにも対応したRetroFlow-Launcher v2.0をリリースしていました。PlayStationとPSPのゲームはゲーム毎にバブルを作成しなくても起動できるようにしたことなどが変更点です。またPlayStationとPSPのゲームのバブルを既に作成済みでISOファイルのリネームをしたくない場合にv2.0で機能だけ使いたいユーザー向けのRetroFlow-Launcher v1.2(Legacy)もリリースされています。

●GBATempで、proconsule54氏がNintendo Switch向けのメディアプレーヤーNXMP v0.1.0をリリースしていました。パブリックベータ版としての公開のため、バグがある可能性があります。

●ツイッターで、PS3オープンソースエミュレータRPCS3を開発しているRPCS3チームがRPCS3でPlayStation Eyeカメラをサポートするようになったと発表していました。