OpenHCL一覧

GameGaz Daily 2021.11.10

●ツイッターで、Q-Gamesが2016年9月に基本プレイ無料タイトルとして配信(実際には有料コンテンツ「建国者パック」を買わなくてもいい本当の無料版は2016年10月下旬に配信開始)され当時大きな話題となったもののわずか1年あまりの2017年11月にサービスが終了してしまったSIEのタイトル『トゥモロー チルドレン』についてSIEと権利譲渡契約を締結し、自社タイトルとして復活させると発表していました。


『トゥモロー チルドレン』はオープンベータテストに参加したレビュー記事も書いたほど気に入っていました。「建国者パック」の有料DLCを早々に購入してプレイしていました。『トゥモロー チルドレン』の開発自体はQ-Gamesが行っています。SIEの都合でタイトルラインナップから消滅していましたが、Q-Gamesとしてはかなり力を入れていたタイトルだったため、以前から復活させたい意向をQ-Games社長のDylan Cuthbert氏が匂わせていました
以前の対応プラットフォームはPS4でしたが、再リリース版については「現在は日々ゲームの調整や改善を繰り返している」との発表が公式サイトに掲載されているのみで、不明です。今後の情報発表に期待しましょう。

●PlayStation.Blogで、ネットワークレコーダーnasne(ナスネ)を利用しPS5でテレビ番組を録画・視聴できるTVアプリケーション「torne(トルネ)」を11月24日(水)より配信すると発表していました。バッファロー製nasneにももちろん対応しています。他プラットフォームと同様ダウンロードは無料ですが、視聴再生機能に関しては有料になります。
同時に録画したテレビ番組を別の「nasne」にダビングする機能「お引越しダビング」が11月24日(水)に無料アップデートとして公開されます。SIE製「nasne」からバッファロー製nasneへも録画番組をダビングすることが可能(逆は不可)になっています。

●PSXHAXで、CyB1K氏がPS4のフェイクパッケージファイルを作成するためのWindows向けユーティリティPS4 Fake PKG Tools 3.87をリリースしていました。

●ツイッターで、freakler94氏がPSP/ePSP版『Grand Theft Auto: Vice City Stories』『Grand Theft Auto: Liberty City Stories』のチートプラグインCheatDevice Remastered v1.0bをリリースしていました。PPSSPPでの利用をサポートしたことが変更点です。

●GitHubで、darkxex氏がNintendo Switch向けのコミックリーダーアプリケーションCuteManga 1.0.3をリリースしていました。ページソートの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、berichan氏がNintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』でリアルタイムにアイテムをインジェクトしたり島を編集したりゲーム内の値を変更したり等のカスタマイズを行うことができるAndroid/ iOS(Windows/ macOS/ Linuxも可)向けユーティリティACNHMobileSpawner 0.951-aをリリースしていました。歩行速度を通常に戻したときに速度が正常にリセットされるように不具合を修正したことなどが変更点です。

●GitHubで、LukeUsher氏がhiganとbsnesを受け継いだファミコンやスーパーファミコン、Nintendo 64、GB、GBA、メガドライブや初代PlayStation、PCエンジン、MSX、Neo Geo Pocket 、WonderSwanといった27ものゲーム機に対応したWindows/macOS向けマルチシステムエミュレータares v125をリリースしていました。スクリーンショットのホットキー追加などが変更点です。

●GitHubで、JeffRuLz氏がbuster氏の開発したWindows向けフリー2Dアクションゲーム『迷宮城ハイドラ(Hydra Castle Labyrinth)』を3DS/Wii/PSP/ PS Vita向けに移植したOpenHCL v2021.11.08をリリースしていました。WiiUでの4:3アスペクトレシオの不具合修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2021.11.2

●株式会社セガが、クラウドプラットフォームMicrosoft Azureなどマイクロソフトの様々な技術を活用することによるタイトル開発やセガの次世代開発環境の構築を進めていくことを主軸とするマイクロソフトとの戦略的提携の検討を進めていくことに合意したと発表していました。家庭用ゲーム機事業から撤退したセガと、日本では鳴かず飛ばずのマイクロソフトが互いに手を組んだ形となり、少なくとも日本市場では互いに良い相手と組んだのではないかと感じます

●GitHubで、WinterMute氏がNintendo SwitchのHomebrew開発ヘルパーツールswitch-tools v1.11.0をリリースしていました。

●GitHubで、xerpi氏がNintendo WiiでUSBゲームコントローラーをWiiリモコンに偽装することができるIOSモジュールfakemote v0.4.0をリリースしていました。右アナログスティックでの赤外線ポインターエミュレーションを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、joncampbell123氏が、Windows/Linux/macOSでDOSのゲームやアプリケーションを実行するためのオープンソースDOSエミュレータDOSBox-X 0.83.19をリリースしていました。ネットワークインターフェースリストとプリンターデバイスリストのダイアログを再編成したことなどが変更点です。

●PSX-Placeで、Jabu氏がPS VitaでレトロゲームROMをRetroArchで起動することができるVPKバブルを作成することができるWindows向けユーティリティVita RetroBubble Creator v1.0をリリースしたことを伝えていました。

●PSXHAXで、PS5の隠しウェブブラウザでHTML5版のブラウザを使ったオンラインエミュレータが起動した動画が投稿されたことを伝えていました。


動画のスーパーマリオはhttps://supermarioemulator.com/mario.phpでプレイできます。PS5でなくても当然ブレイは可能です。
オンラインエミュレータとしては他にも
スーパーファミコン: https://supernintendoemulator.com/
メガドライブ: https://megadrive-emulator.com/
MS DOS: https://msdos-games.com/
があります。これらはPS5でプレイできるようです。

●GitHubで、JeffRuLz氏がbuster氏の開発したWindows向けフリー2Dアクションゲーム『迷宮城ハイドラ(Hydra Castle Labyrinth)』を3DS/Wii/PSP/ PS Vita向けに移植したOpenHCL v2021.11.01をリリースしていました。今回からVita版を用意したことや不具合修正が変更点です。


GameGaz Daily 2020.11.25

●PSX-Placeで、Rinnegatamante氏(とTheFloW氏)が『Grand Theft Auto III』をリバースしてPCでプレイできるようにしたプロジェクトre3をPS Vitaに移植したre3-vita v1.1をリリースしていました。バグ修正などが行われた最新版のre3や最新版のvitaGLによるアップデートやPS Vita TVで振動機能を有効にできる”Vibration”設定を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、Creckeryop氏がPS Vitaで漫画を読むことができるコミックリーダーNOBORU 0.68をリリースしていました。中国語に対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、DarkMatterCore氏がNintendo SwitchのHomebrewでUSBホストマスストレージクラスとファイルシステムマウントに対応するためのライブラリlibusbhsfs v0.0.2をリリースしていました。

●GitHubで、emiyl氏がNintendo Switchの分割されたゲームダンプデータ(NSP/XCI)をマージすることができるWindows向けユーティリティおよびPythonスクリプトnxDumpMerger v0.3.4をリリースしていました。出力ディレクトリを手動で選択した際の不具合修正が変更点です。

●GitHubで、Crementif氏がWii UでWii Uのゲームディスクダンプやダウンロードタイトルのゲーム本体やアップデート、ダウンロードコンテンツのダンプやCemuのオンラインプレイのセットアップに使うためのファイルをダンプすることができるユーティリティdumpling v2.1.1をリリースしていました。ディスクダンプやSeepromダンプの不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、JeffRuLz氏がbuster氏の開発したWindows向けフリー2Dアクションゲーム『迷宮城ハイドラ(Hydra Castle Labyrinth)』を3DS/Wii/PSP向けに移植したOpenHCL v2020.10.27をリリースしていました。
OpenHCL

●GitHubで、weihuoya氏が3DSエミュレータCitraを非公式にAndroidに移植したCitra for Android 20201124をリリースしていました。

●ツイッターで、Twisted氏がインターネット接続環境でPS5/PS4のリモートプレイを行うことができるAndroid向けの非公式リモートプレイアプリケーションREPL4Y Androidで今日のアップデートで動画コーデックHEVCで動くようになり明日にはHDRに対応するなど、今週中にアップデートを何回か実施する予定であることを発表していました。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 39.3.2をリリースしていました。Mii Makerがクラッシュする不具合の修正などが変更点です。

●BusinessInsiderで、英国を拠点とする12人のスタッフで構成されるCrepChiefNotifyという転売ヤーチームへインタビューを行い、CrepChiefNotifyは市場で品薄になって争奪戦になっているPlayStation 5の在庫を3500台確保しているとを伝えていました。CrepChiefNotifyは12人のメインスタッフとは別に転売のためのツールへのアクセスを可能にするサブスクリプションサービス(売れている製品を探るツールや在庫補充で自動購入するツールなど)を契約している数千人の会員を抱え、完全に転売自体をビジネス化させています。PlayStation 5はたまたま今売れて品薄になっているからターゲットにされている形で、CrepChiefNotifyだけでも3500台確保され高額で転売されることになります。

●日本ファルコムが、1987~1988年にPC-8801mkIISR以降用のゲームソフトとして発売したアクションRPG『Ys(イース)』および『YsⅡ(イースⅡ)』をシャープX68000用に忠実に移植した『イースⅠ&Ⅱ (For X68000) (仮)』を2021年3月9日(火)に発売すると発表していました。価格は8,800円(税別)で、X68000用のため5インチ/3.5インチフロッピーディスク2枚組でBEEP通販サイトで販売、秋葉原にあるBEEP店頭で予約受付も行うそうです。
全く関係ない話ですが、東京に出張に行ったときはいつも帰りに秋葉原をぶらつきますが、必ずBEEPは立ち寄ってます。あのお店の雰囲気大好きです。
x68_Ys