switch-tools一覧

GameGaz Daily 2019.12.11

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchでユーザーモードHomebrewを開発するための開発者向けライブラリlibnx v3.0.0をリリースしていました。IPCシステム(プログラム間のデータ通信)の再設計や複数マルチスレッドで使用するServiceMgrオブジェクトの追加など大幅に改良が加えられています。

●GitHubで、 fincs氏がNintendo SwitchでNRO形式のHomebrewをロードして実行することができるHomenrewローダーnx-hbloader v2.3.0をリリースしていました。 libnx v3.0.0での再ビルドやプログラムが実行中に使用または参照するメインメモリの合計量削減などが変更点です。

●GitHubで、yellows8氏がNintendo SwitchでHomebrewを起動することができるSwitch Homebrew Launcher(nx-hbmenu) v3.2.0をリリースしていました。libnx v3.0.0での再ビルドや画面へのシステムの温度表示追加などが変更点です。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchのHomebrew開発ヘルパーツールswitch-tools v1.6.1をリリースしていました。要求があったときに一度だけヘルプを表示するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、exelix11氏がNintendo Switchのcommon.szsにパッチをしてBNTX(Binary NX Texture)ファイルをリプレイスすることでテーマを変更することができるユーティリティSwitch Theme Injector v4.3.2をリリースしていました。9.1.0のサポートやAtmosphere 0.10.0のサポートなどが変更点です。同時にszsに加えnxthemeフォーマットのカスタムテーマをSwitch上で直接インストールしたりすることができるユーティリティNXThemes Installer 2.2もリリースされています。

●GitHubで、cathery氏がSwitchでUSB経由によるサードパーティコントローラーをサポートするためのシステムモジュールsys-con v0.5.2をリリースしていました。Atmosphere 0.10.xのサポートが変更点です。

●GitHubで、 borntohonk氏がNintendo Switchから暗号鍵を抜き出すペイロードLockpick_RCMをベースにすることで個人情報があるprodinfoを復号化し情報を削除改変して再暗号化することができる、個人情報を削除するIncognitoと同様の機能を持つペイロードIncognito_RCM v0.4.1をリリースしていました。Lockpick_rcmとHekateの変更を適用したことなどが変更点です。このIncognito_RCMは jimzrt氏のオリジナルをベースにした改良版のベータ版です。

●Generic氏が、Windows/Linux向けのニンテンドーDSエミュレータmelonDSの今後についてJITブランチmelonDS 0.8.3 JIT betaをリリースしていました。

●SIEが、PlayStationの新情報発表・動画配信イベント「State of Play」第4回を放送しました。2020年4月3日にリメイク版となる『バイオハザード RE:3』が発表されたのが目玉です。


GameGaz Daily 2019.5.11

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 3.87をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。

●PSXHAXで、Znullptr氏がGameBoy AdvanceエミュレーターmGBAをPS4向けに移植したmBGA for PS4をリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.09をリリースしていました。Emuiibo v0.2のアップデートやRetroReloaded Toolkit 1.9(単独ではリリースされていないようですが)へのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchのHomebrew開発ヘルパーツールswitch-tools 1.6.0をリリースしていました。

●GitHubで、StudentBlake氏がNintendo Switchのカートリッジダンプデータ(XCIフォーマット)の証明書の取り出しやインジェクト、ROMトリミングなどを行うことができるWindows向けユーティリティXCI Explorer v1.4.7をリリースしていました。MasterKey 7(7.0.0のマスターキー?)までを表示できるようにテキストを変更したことが変更点です。

●GitHubで、badda71氏がコモドール64エミュレータ C64をNintendo 3DSに移植したvice3DS v1.1をリリースしていました。下画面でボタンのカスタマイズが出来るようにしたことや3Dスライダーでエミュレート速度の調整ができるようにしたことなどが変更点です。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.15.6cをリリースしていました。ゲームプロファイルのUIエディタ追加やゲームごとのコントローラー設定に対応したことなどが変更点です。

●ファミ通.comで、エレクトロニック・アーツが月額定額でゲームを遊べるサービス“EA Access”の日本でのプレイステーション4対応サービスを7月より提供開始すると発表したことを伝えていました。月額契約が564円、年間契約が3002円です。


GameGaz Daily 2018.10.31

●PSXHAXで、Sc0rpion氏がJailbreakしたPS4 5.05でftpペイロードを使ってバックアップを生成することができるシェルスクリプトFTP_DB_Backup-50Xをリリースしていました。

●スマブラ公式ツイッターアカウントが、11月1日(木)23時から「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL Direct 2018.11.1」を放送すると発表していました。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.14.0bをリリースしていました。新テクスチャシステムとグラフィック修正などが変更点です。

●GitHubで、SeannyM(Hydr8gon)氏がWindows/Linux向けのニンテンドーDSエミュレータmelonDSをNintendo Switchに移植したmelonDS v0.3.2をリリースしていました。エミュレーションウィンドウがOpenGLで描画するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchのHomebrew開発ヘルパーツールswitch-tools v1.5.0をリリースしていました。

●GitHubで、exelix11氏がNintendo Switchのcommon.szsにパッチをしてBNTX(Binary NX Texture)ファイルをリプレイスすることでテーマを変更することができるユーティリティSwitch Theme Injector v3.3をリリースしていました。自動NCA抽出によりカスタムテーマ作成に必要なファイルのダンプに対応したことなどが変更点です。

●IGN Japanで、マイクロソフトがスマートフォンやタブレットのベゼル(縁)にクリップのように装着するコントローラーを研究していることを伝えていました。2012年から2014年にかけてリサーチを行った結果を研究論文として公開し、その中にコントローラーの記述があったようです。
Xbox-like-controller


GameGaz Daily 2018.6.26

●PSXHAXで、SpecialFood氏がブラウザベースの5.05カーネルexploitでペイロードを読み込ませるためのPayload Injector 1.0をリリースしていました。

●GitHubで、 tthomasnet氏とWerWolv氏がNintendo Switch向けのセーブデータダンパーEdiZon v1.1をリリースしていました。バイナリーセーブファイルの編集に対応したエディタの実装などが変更点です。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchのHomebrew開発ヘルパーツールswitch-tools v1.4.1をリリースしていました。

●GitHubで、KeeganatorP氏がFPSゲームの礎と言われる『Wolfenstein 3D 』をSwitchに移植したWolf4SDL-Switch v0.9-betaをリリースしていました。
Wolf4SDL-Switch

●GitHubで、StudentBlake氏がNintendo Switchのカートリッジダンプデータ(XCIフォーマット)の証明書の取り出しやインジェクト、ROMトリミングなどを行うことができるWindows向けユーティリティXCI Explorer v1.2をリリースしていました。partitionsタブにNCAファイルの整合性チェックなどの新機能を追加したことなどが変更点です。
XCI-Explorer v1.2

●PSX-Placeで、PS3オープンソースエミュレータRPCS3がpkgに変換したPS1クラシックスを起動できるようになったことを伝えていました。


GameGaz Daily 2018.5.9

●GitHubで、Princess-of-Sleeping氏がVitaでアプリケーションがクラッシュすると生成されるダンプファイルを消去することができるユーティリティCrash-Dump-Delete v1.1をリリースしていました。 “sd0:”と”host0:”のサポートが変更点です。

●GitHubで、Princess of Sleeping氏がVitaのメモリーカードにインストールされている正規アプリケーションのアップデータ(PKG)をダウンロードすることができるユーティリティTitle-Update-Downloader v1.1をリリースしていました。”uma0:”と”sd0:”、”host0:”のサポートが変更点です。

●GitHubで、Princess of Sleeping氏がVitaがクラッシュした時に生成されるクラッシュダンプを無効化することができるユーティリティCrash-Dump-Save-Disable v1.0をリリースしていました。

●PSXHAXで、RetroGamer74氏がPS4向けにUnityで開発したアプリケーションを起動できるようにするためのUnity Pluginを開発し、近日中にソースコードも公開すると発表していました。

●Kotakuで、任天堂は今までゲーム機で用意したバーチャルコンソールのような形でのクラシックゲームの提供計画を持っていないと伝えていました。昨日発表されたファミリーコンピュータ Nintendo Switch OnlineはバーチャルコンソールではないがファミコンゲームがJoy-Con対応でオンライン対戦もプレイできることから、オリジナルのエミュレーターレベルのバーチャルコンソールとしての提供ではなくクラシックタイトルの資産をより一層活用して行きたいという意味のようです。

●Sourceforgeで、fledge68氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーWiiFlow Lite v4.4.0 r1137をリリースしていました。devkitpro ppc r29-1とlibogc 1.8.17でコンパイルしたことやライブラリのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchのHomebrew開発ヘルパーツールswitch-tools v1.4.0をリリースしていました。