ares一覧

GameGaz Daily 2021.12.11

●バッファローが、ネットワークレコーダー「nasne」が日本経済新聞社 日経MJ 2021年ヒット商品番付に掲載されたことを記念して2021年12月11日か12月26日まで1500円引きクーポンを配布すると発表していました。クーポンはAmazonのバッファロー公式ストアでのみ配布されます。

●GitHubで、OPL Development TeamがPS2のISOイメージファイルを読み込むことができるPS2互換のないPS3モデルにも対応したバックアップローダーOpen PS2 Loader v1.2.0-Beta-1826-271338dをリリースしていました。

●ツイッターで、任天堂がNINTENDO 64 Nintendo Switch Onlineに『マリオストーリー』を追加したことを発表していました。2022年1月に『バンジョーとカズーイの大冒険』が追加されます。

●日本経済新聞で、任天堂が本社隣の旧本社跡地に建設中の京都市の新庁舎内6~7階にテナントとして入居し、更に2022年5月から旧本社跡地の任天堂・京都リサーチセンターの敷地内にゲーム製作向けのビルを新設しゲームの開発拠点を拡張すると伝えていました。

●PUBG JAPANが、最大100人のプレイヤーがマップ内にある装備などを駆使して最後の1人(ドン勝)になるまで生き抜く人気のバトルロイヤルゲーム『PUBG: BATTLEGROUNDS』について2022年1月12日から無料プレイサービスに移行すると発表していました。対象プラットフォームはSteam、Kakao、Xbox、PlayStation、Stadiaで、既に購入していたユーザーには有料コンテンツとして販売されるBATTLEGROUNDS Plusと「PUBG – スペシャル記念パック」が配布されます。

●Engadget 日本版で、マイクロソフトがゲームサブスクリプションサービスのPC向けプランXbox Game Pass for PCをPC Game Passにリブランドすると発表したことを伝えていました。名前が変わっただけで中身は変わりませんが、Xboxという名称をあえて外す戦略に出たようです。

●GitHubで、V10lator氏がWii Uのコンテンツを任天堂のアップデートサーバー(NUS: Nintendo Update Server)から直接Wii Uにダウンロード・インストールすることができるユーティリティNUSspli v1.55NUSspli v1.56をリリースしていました。ネットワークリセット処理の改良などが変更点です。

●GitHubで、Hydr8gon氏がWindows/ macOS/ Linux/ Android/ Nintendo Switch/PS Vita向けのNintendo DSエミュレータNooDSを更新していました。バージョン管理されておらず、自動ビルドで最新版としてリリースされるようですので何が変わったのかの公表はありませんが、ソースコードを見る限りコントローラー入力の不具合修正のようです。

●GitHubで、chrismaltby氏がコーディングの知識がなくてもドラッグアンドドロップでゲームボーイ向けのHomebrewを開発することができるWindows/ Mac/ Linux向けユーティリティGB Studio v3.0.0をリリースしていました。

●GitHubで、LukeUsher氏がhiganとbsnesを受け継いだファミコンやスーパーファミコン、Nintendo 64、GB、GBA、メガドライブや初代PlayStation、PCエンジン、MSX、Neo Geo Pocket 、WonderSwanといった27ものゲーム機に対応したWindows/macOS向けマルチシステムエミュレータares nightly 2021-12-10をリリースしていました。


GameGaz Daily 2021.11.29

●GitHubで、Moehammered氏がPCの画面をNintendo Switchにストリーミング配信してSwitchでPCゲームプレイを可能にすることができるユーティリティSwitch Remote Play v1.0.0をリリースしていました。タッチ操作の設定を行うTouch Configurationをはじめとした各種設定の追加や複数コントローラーおよびJoy-Conのサポートなど、Switch側とPC側共に大幅に機能が追加されています。

●GitHubで、jakcron氏が3DSのROMファイルから3DS用のCXI / CFA / CCI / CIAファイルを作成することができるWindows/Linux(ubuntu)/macOS向けユーティリティMakeROM v0.18をリリースしていました。カスタム復号タイトルキーサポートなとが変更点です。

●GitHubで、windows-server-2003氏がnew3DS向けのYouTubeクライアントアプリケーションThirdTube v0.4.0をリリースしていました。チャンネルページでのコミュニティ投稿をサポートしたことなどが変更点です。

●ツイッターで、karo_sharifi氏がブラウザアクセスで簡単にゲームMODを可能にするウェブサイトのオフライン版PS4Trainer offline 28.11.2021をリリースしていました。

●GitHubで、LukeUsher氏がhiganとbsnesを受け継いだファミコンやスーパーファミコン、Nintendo 64、GB、GBA、メガドライブや初代PlayStation、PCエンジン、MSX、Neo Geo Pocket 、WonderSwanといった27ものゲーム機に対応したWindows/macOS向けマルチシステムエミュレータares v126をリリースしていました。より多くのROMラッパーのサポートによりファミコンエミュレーションを改良したことなどが変更点です。

●GitHubで、WerWolv氏がリバースエンジニアリング用途のWindows/Linux/macOS向けHexエディタImHex v1.11.0ImHex v1.11.1をリリースしていました。macOSサポートの復活(v1.11.0)やウィンドウが装飾されない不具合の修正(v1.11.1)などが変更点です。


GameGaz Daily 2021.11.11

●Valveが、2021年12月に北米や欧州で、それ以外の地域は2022年発売予定としていたSwitch同様のコンセプトのPCゲーム機Steam Deckについて「Steam Deckのローンチが2か月延期になる」と発表していました。延期の原因については世界的な半導体不足の影響を挙げており、「原材料不足によりコンポーネントが製造工場に届かず、当初のローンチ日に間に合わせることができませんでした」としています。現時点ではSteam Deckの出荷開始予定を2022年2月としています。

●GitHubで、 Team-NeptuneがNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereを中心にオールインワンパッケージツールKosmos同様必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたカスタムファームウェアオールインワン詰め合わせセットDeepSea v3.3.2をリリースしていました。Atmosphère 1.2.4へのアップデートが変更点です。

●GitHubで、LukeUsher氏がhiganとbsnesを受け継いだファミコンやスーパーファミコン、Nintendo 64、GB、GBA、メガドライブや初代PlayStation、PCエンジン、MSX、Neo Geo Pocket 、WonderSwanといった27ものゲーム機に対応したWindows/macOS向けマルチシステムエミュレータares v125.1をリリースしていました。GTROMマッパー実装などが変更点です。

●GitHubで、The Darkprogramer氏がUnityを使っているPS4 Homebrew開発者を支援するためにアプリケーションがルート権限を取得できるようにすることができるプラグインPS4 Universal(ps4_unjail)のソースコードを公開していました。

●Bloombergで、ソニーが半導体不足によりPS5の今季生産目標を1600万台以上から1500万台へと下方修正したと伝えていました。PS5の供給不足によりファミ通のソフト販売ランキングではPS5向けタイトルがトップ10にはいることは稀です。コロナ前に供給され販売台数実績が既にあるSwitchがほぼ独占している状況でPlayStation版を購入していたユーザーがPC版へ徐々に移行していることからゲームを提供する開発会社側も不満を募らせているようです。生産パートナー企業の幹部によるとPS5を簡単に購入できない状況は来年も続くだろう、としています。