Lockpick_RCM一覧

GameGaz Daily 2021.4.7

●Gamesindustryで、世界最大のゲーム見本市E3 2021は6月12日から6月15日までオンライン専用イベントとしてデジタルオンリーで開催されることが正式に発表されたと伝えていました。任天堂やXbox、コナミ、ユービーアイソフト、テイクツー、ワーナー・ブラザース、Koch Mediaの参加も発表されていますが、現時点でソニーは参加となっておらず、EA、セガ、バンダイナムコ、スクウェアエニックスなど主要パブリッシャーも参加企業に名を連ねていません。

●GitHubで、suchmememanyskill氏がNintendo SwitchのSDカードへのemuMMC用パーティション作成も可能なペイロードベースのファイルマネージャーTegraExplorer 3.0.4をリリースしていました。12.0.0のサポートが変更点です。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchの暗号鍵を抜き出すことができるSwitch向けペイロードLockpick_RCM v1.9.1をリリースしていました。12.0.0を認識するようにしたことが変更点です。12/0.0の解析ができていないため12.0.0に対応というわけではないようです。

●GitHubで、eliboa氏がNintendo SwitchのNANDのダンプやリストアをすることができるWindows向けユーティリティNxNandManager v4.1.2をリリースしていました。12.0.0のファームウェア検出をサポートしたことが変更点です。

●XFlak氏が、任天堂Wiiのモディファイに必要なファイルを自動でダウンロードしSDカードに保存しておくことができるPCユーティリティModMii6.6.2をリリースしていました。

●GitHubで、kwsch氏がWindows向けのポケモンセーブデータエディタPKHeX 21.04.06をリリースしていました。タマゴ移動順の検証ロジック追加などが変更点です。

●GitHubで、socram8888氏がPS1向けタイトル『Tony Hawk’s Pro Skater 』シリーズや『Brunswick Circuit Pro Bowling』シリーズなどのセーブデータexploitを利用してPS1のバックアップディスク起動を可能にするソフトウェアバックアップローダーtonyhax v1.2.3をリリースしていました。SYSTEM.CNFの構文解析を改良し『クロノクロス』の動作不具合を解消したことなどが変更点です。

●GitHubで、GrapheneCt氏がPS Vitaのシステムモードで利用する2DのGPUライブラリlibvita2dをモディファイし高速動作するようにした改良版ライブラリlibvita2d_sys v1.46をリリースしていました。SceLibcへの依存を解消したことが変更点です。

●GitHubで、Libretroチームの kivutar氏がRetroArchよりもコンパクト化を目指しWindows/ macOS/ LinuxのみをターゲットにしサポートするLibretroコアも絞って実装することでゲームの起動までの手順の簡略化したレトロゲームプラットフォームludo v0.12.6をリリースしていました。CLIモードでのエラー処理の改善などが変更点です。

●GitHubで、weihuoya氏が3DSエミュレータCitraを非公式にAndroidに移植したCitra for Android 20210406Citra for Android 20210407をリリースしていました。


GameGaz Daily 2020.12.11

●PSX-Placeで、HFW(Hybrid Firmware) 4.87をインストールしたPS3でブラウザアクセスするだけでHEN 3.0.2をインストールすることができるウェブサイトAuto HEN Installer 4.87を公開したことを伝えていました。HFW 4.87をインストールしたPS3でhttps://ps3addict.github.io/autohen/へアクセスし、”Initialize”をクリックすると”Initialization succesful!”と表示されるので、”Install HEN”をクリックするとHENのダウンロードが始まり、インストールが行われて自動的にリブートします。

●PSX-Placeで、Evilnat氏(Nathanr3269氏)がPS3の4.87をベースにしたカスタムファームウェアCFW 4.87.1 Evilnat Cobra [CEX]をリリースしていました。テスターによるテスト中とお伝えしていたCFWです。COBRA 8.20が追加されています。

●GBATempで、MysterTee氏がNindendo Switchにネットワーク(Wi-Fi)経由でパッケージファイル(XCI、NSP、NSZなど)をインストールすることができるWindows向けのウェブサーバーTinfoilWebServer v1.0.0.0をリリースしていました。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded Pro 1.45RetroReloaded Pro 1.46をリリースしていました。LockPickのアップデート(11.0をサポートしたLockpick_RCM v1.8.5)やMarikoでの起動のサポート(ただしMarikoの場合はModチップ=SX Core/SX Liteは必須)などが変更点です。先日Switch LiteでRetroReloaded Proを起動している動画を公開しリリース準備ができたとRetroGamer74氏が言っていたバージョンになります。1.46は理由が分かりませんが「実験的なダミーリリース」らしく、中身は1.45と同じっぽいです。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchの暗号鍵を抜き出すことができるSwitch向けペイロードLockpick_RCM v1.9.0をリリースしていました。Mariko Switchや初期版Switch(Erista)の対策版に対応しましたが、SX Core/SX LiteのMODチップインストール前提です。

●GitHubで、TuxSH氏がNintendo 3DSの1.0から11.3までに対応したハックの”otherapp.bin”として使用するカーネルexploitを含んだペイロードuniversal-otherapp v1.0.0をリリースしていました。11.3までとなってますが、最新バージョンである11.14.0-46でもカーネルexploit自体は有効なものの、利用できるARM9 exploitが現状存在しないため事実上非対応となっています。 3DSのサウンドプレーヤーの脆弱性(バッファーオーバーフロー)を利用したsoundhaxを11.3以下のすべてのファームウェアで有効にすることを想定しており、universal-otherappのotherapp.binをSDカードのルートにコピーして利用します。universal-otherappはSafeB9SInstaller.binを起動するペイロードですので、あれこれ条件を探ることなく11.3以下でsoundhaxを利用してCFWをインストールできます。


GameGaz Daily 2020.12.6

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchの暗号鍵を抜き出すことができるSwitch向けペイロードLockpick_RCM v1.8.5をリリースしていました。11.0.0のサポート(Marikoは非サポート)が変更点です。

●GitHubで、averne氏がNintendo Switchの画面表示の色調整を行うことができるユーティリティFizeau v2.1.1をリリースしていました。11.0.0のサポートが変更点です。

●GitHubで、Kronos2308氏がNintendo SwitchのNANDメモリからCFWが存在したことを示す情報を完全に消去してハードウェアリセットをかけた状態にすることができるユーティリティHaku33 3.2をリリースしていました。11.0.0のサポートが変更点です。

●GitHubで、exelix11氏がNintendo Switchのゲームキャプチャ動画出力をUSBまたはネットワーク(TCP)でPCへ送ることができるシステムモジュールSysDVR v5.0.2をリリースしていました。11.0でのUSBの不具合修正や、16:9ではないモニターでのビルトインプレーヤーのスケーリングの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、blawar氏がNintendo SwitchにNSP/ NSZ/ XCI / XCZファイルをインストールすることができるユーティリティTinleaf Installer 1.4.3をリリースしていました。11.0.0のサポートが変更点です。

●GBATempで、VitaHEX氏が現在開発中のPS Vita向けのHomebrewゲーム『Project: Tropical Island』のスクリーンショットを公開していました。FPSゲームのようです。

●GitHubで、Libretroチームの kivutar氏がRetroArchよりもコンパクト化を目指しWindows/ macOS/ LinuxのみをターゲットにしサポートするLibretroコアも絞って実装することでゲームの起動までの手順の簡略化したレトロゲームプラットフォームludo v0.12.2をリリースしていました。Atari 5200エミュレータatari800の有効化などが変更点です。

●GitHubで、WerWolv氏がリバースエンジニアリング用途のWindows/Linux向けHexエディタImHex v1.4.0をリリースしていました。

●/PSX-Placeで、Rinnegatamante氏がオープンソースのアクションダンジョンゲームMeritousをVitaに移植したmeritous v.1.2をリリースしていました。最新のVitaSDKおよびGCC10、vitaGLへのアップデートなどが変更点です。

●PSX-Placeで、Jabu氏がPS2のISOファイルをPS4へ直接インストールできるfPKG形式に変換することができるWindows向けユーティリティPS2-FPKG 0.6をリリースしたことを伝えていました。コマンドラインウィンドウを表示しないようにしたことやPKG生成時にメインウィンドウがフリーズしないようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded Pro 1.43をリリースしていました。Atmosphere 0.16.0、SX OS v3.1.0、Mission Control 0.4.0への更新が変更点です。