Lockpick_RCM一覧

GameGaz Daily 2019.10.16

●Gamesindustryで、GoogleがゲームストリーミングサービスStadiaの準備がほぼ完了したためStadia Proのサブスクリプションサービスを2019年11月19日(火)の午前9時(PST)に開始すると発表したことを伝えていました。日本時間だと2019年11月20日(水)の午前2時にあたります。無料版のStadia Baseは来年開始予定となっています。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchの暗号鍵を抜き出すことができるSwitch向けペイロードLockpick_RCM v1.6.2Lockpick_RCM v1.6.3をリリースしていました。ファイル読み出しエラーになっていた不具合修正(v1.6.2)やディレクトリチェックの不具合修正(v1.6.3)が変更点です。

●GitHubで、LyfeOnEdge氏がNintendo SwitchのHomebrewをバージョン管理し最新版へのアップデートや任意のバージョンのインストールを行うことができるユーティリティHBUpdater 2.0をリリースしていました。GUIを一新したことや起動が数秒で完了するようになったことなどが変更点です。
HBUpdater

●GitHubで、Thealexbarney氏がNintendo Switch向けのファイルフォーマットを読み込むための.NET/ .NET CoreライブラリLibHac v0.6.0をリリースしていました。APIの調整などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 3.53をリリースしていました。電源管理や明るさ調整、IPアドレス表示や機内モードの設定を持つHOMEボタンメニューの追加などが変更点です。

●GitHubで、mondul氏がニンテンドーDSiのカスタムファームウェアHiYaCFWやオープンソースメニューTWiLightMenu++のインストールプロセスを簡単に行えるようにできるWindows/Linux/macOS向けユーティリティHiyaCFW Helper v3.5.1をリリースしていました。復号NANDの解凍に7-Zipではなくfatcatを使用するようにしたこと(Windows版)が変更点です。

●WiiDatabaseで、nanook氏がNiintendo GameCubeとWiiのディスクイメージをリビルトしたり圧縮(NKitフォーマット:エミュレータDolphinでも使用可能)・伸張(ISOフォーマット)することができるWindows向けユーティリティNKit v1.3をリリースしたことを伝えていました。RVT-H(Wiiの開発機)の検出機能を追加(あくまでも検出まででサポート自体はできていない)などが変更点です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r683をリリースしていました。WKF/WASPサポートの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、pearlxcore氏が PS4のPKGファイルをリネームしたりPKG内のファイルリストをエクスポートしたりすることができるWindows向けユーティリティPS4 PKG Tool v6.2をリリースしていました。PKG内の.wavフォーマットのオーディオファイルサポートやトロフィーアイコン追加などが変更点です。

●Arisotura氏が、Windows/Linux向けのニンテンドーDSiエミュレータmelonDSi betaをリリースしていました。DSiモードのゲーム起動が目的ですが、現時点ではDSのゲーム以外は動かないそうです。ベースは少し古いmelonDS 0.8.1です。melonDSiを動かすには実機から以下をダンプして取り出す必要があります。
・bios9.bin / bios7.bin(DSモードのBIOSイメージ)
・bios9i.bin / bios7i.bin(DSiモードのBIOSイメージ)
・firmware.bin(SPI FLASHイメージ)
・dsikeys.bin(ブート時に使われるAESキー)
・initmem9.bin / initmem7.bin(ARM9 ITCMとARM7 WRAMのコンテンツ)
・nand.bin(DSi NANDイメージ)


GameGaz Daily 2019.10.1

Gamesindustry Japan Editionの記事で読んでちょっとビックリしていたのですが、現在公開中の映画「Hello World」はセルアニメルックを目指したフル3DCG作品で、本来はゲームエンジンであるUnityで作られた映像が盛り込まれていることを知りました。「Hello World」は初日に観に行きましたが、まさかUnityが使われていたとは思いもよりませんでした。

映画自体はタイムトラベル物みたいな予告ですが、タイムトラベルとは全く無関係で、ひとことで言うとタイムリープ理論を仮想社会でデータとしてリアル化したみたいな話でシュタゲ好きにはツボに来ると思います。

キャッチコピーの「この物語(セカイ)は、ラスト1秒でひっくり返るー」、ひっくり返り過ぎでした。予告の流れからは想像できない、いわゆる大どんでん返しがあって、ほへーと思って観ていると最後にそれがラスト1秒じゃなかったことにエンドロール始まってはじめて気が付くという、個人的には「天気の子」よりも好印象の映画でした。コナンには負けるけど。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchの暗号鍵を抜き出すことができるSwitch向けペイロードLockpick_RCM v1.6.1をリリースしていました。キー保存のバグ修正が変更点です。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.91bをリリースしていました。ソースコードのタイプミス修正やGUIサンプル画像を添付したことが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.44をリリースしていました。SX OS 2.9.1 Betaへの更新が変更点です。

●GitHubで、nadrino氏がNintendo Swichで直接layeredFSを改変することでゲームModの有効/無効を適用しゲームを改造することができるユーティリティSimpleModManager v1.1.0をリリースしていました。最新版libnxでのコンパイルによる9.0.0のサポートやUIの若干の変更、不具合修正が変更点です。

●GitHubで、Joel16氏がニンテンドー3DS向けのGUIファイルマネージャー3DShellをNintendo Switchに移植したNX-Shell v2.10をリリースしていました。9.0.0に対応したことなどが変更点です。
[追記]
ファイル操作に関する不具合を修正したNX-Shell v2.11がリリースされました。

●Destructoidで、任天堂がSiwtchアクセサリーとしてタッチペンが発売されると伝えていました。12月27日発売です。
実は12月27日に『脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング』が発売されることが発表されました。紹介動画に出てくるタッチペンがそれですね。タッチペンは脳トレのパッケージ版に同梱されますが、ダウンロード版向けにアクセサリーとして同時発売になります。

●PlayStation.Blogで、DUALSHOCK 4がApple製デバイスで使用可能になったと発表していました。iPhone、iPad、Mac、Apple TVを最新OS(それぞれiOS 13、iPad OS 13、macOS Catalina、tvOS 13)にアップデートすることでDUALSHOCK 4をBluetooth経由でペアリングしてPS4 Remote PlayやApple Arcadeのコントローラーとして使用できます。一般のゲームでもMFi認証コントローラーでの操作に対応しているゲームには対応しているそうです。ただし、Apple製デバイスで一旦ペアリングするとPS4で使うときに再ペアリング(DUALSHOCK 4をUSBケーブルでPS4本体に接続し、PSボタンを押す)が必要になります。

●PSXHAXで、PS4Gentoo氏がPS4でのLinuxディストリビューションGentoo Linux向けのPS4 Kernel 5.3.1とPS4-Overlayを開発していることを伝えていました。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin 4.00をリリースしていました。中国語の不具合修正やコードとプラグインの不具合修正が変更点です。バージョンの数字自体はメジャーバージョンアップですが、50万ダウンロードと2018年の4月から100回目のリリース記念だそうです。

●ファミ通.comで、ハル研究所が1979年にNECより発売された8ビットパソコン“PC-8001”を1/4スケールで再現したPasocomMini PC-8001が発売されることを伝えていました。もともとはNECのノートPC LAVIEの購入者特典でしたので、LAVIE要らない派には手が届かないものでしたが、24,800円で購入できるようになります。詳しくはPasocomMini公式サイトにて。
ミニシリーズ最初のモデルMZ-80Cは、最初に買ってもらったPCがMZ-1200だったこともありもの凄く欲しかったのですが、東京に行くたびに秋葉原のBEEPに足を運んで在庫が残っているのを見に行って何度も悩みましたがきっとかまっている時間がなかいので購入を諦めました。
PC-8001は友人宅にあり、いつも触らせてもらってカラー表示をうらやましく思っていた憧れのパソコンですので正直欲しいです。同梱ゲームの『走れ!スカイライン』は鉄仮面好きには憧れのゲームでした。
PasocomMini PC-8001

●XDA-developersで、3DSエミュレータ Citraを非公式にAndroidに移植したCitra for Androidがリリースされたことを伝えていました。apkはGitHubで配布されています。スペック的にハイエンド機で採用されているSoCのSnapdragon 855が必須のようです。


GameGaz Daily 2019.9.28

ブログのテーマではないのでちょっとした話題的に触れますが、iOSのJailbreakが話題になっています。Nintendo SwitchでいうところのFusée Geléeのような対策不能な脆弱性を利用したJailbreakらしく、iPhone 4S(A5チップ)からiPhone XおよびiOPhone 8/Plus(A11チップ)までの世代がパーマネントハックできてしまうというbootrom exploitです。

●電ファミニコゲーマーで、モバイルアプリケーション向けに市場調査用ツールを提供している企業Sensor Towerが任天堂のスマートフォン向けゲームアプリ『マリオカート ツアー』の配信初日におけるダウンロード数が、2000万回を超えていたことを示すデータを公表したと伝えていました。2016年に世界最速で4000万ダウンロードを突破した『Super Mario Run』のおよそ3倍、約180万回の『ファイアーエムブレムヒーローズ』と約170万回『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の10倍以上に相当する数字で、任天堂がリリースした6つのモバイルゲームのうち、過去最高のダウンロード数を記録したそうです。ダウンロード数の割には課金額は伸びていないそうですが…

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchの暗号鍵を抜き出すことができるSwitch向けペイロードLockpick_RCM v1.6.0をリリースしていました。タイトルキーのダンプ機能を実装したことなどが変更点です。

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.24.2をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.15.15bをリリースしていました。サラウンドのサポートやバグ修正などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.43をリリースしていました。SX OS 2.9.0 BetaとLockPick 1.2.6へのアップデートなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.9.18

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchの暗号鍵を抜き出すことができるSwitch向けペイロードLockpick_RCM v1.5.0をリリースしていました。sysNANDとemuMMCのどちらからキーをダンプするか選択できるようにしたことや5.0.0のリリース以降に販売されたSwitchでのBISキー生成の不具合修正が変更点です。

●GitHubで、masagrator氏が通常は自動でチェック判定されるSwitchの携帯モードとTVモードを入れ替えることでグラフィック設定などモード設定に依存している各種制限を解除したりすることができるSaltyNXプラグインReverseNX 0.33をリリースしていました。Disabled(無効化)モードの実装などが変更点です。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.90cをリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●GitHubで、XorTroll氏がNintendo Switch向けのNSPインストールやNAND/SDブラウズ、タイトルやチケット管理などを行うことができるマルチツールGoldleaf 0.7.1をリリースしていました。9.0.0のサポートやJavaによるクラスプラットフォームPCクライアントアプリケーションQuarkの公開などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.40をリリースしていました。9.0.0をサポートしたldn_mitm 1.25とGoldleaf 0.7.1の更新が変更点です。

●GitHubで、KranKRival氏がNintendo Switchの起動時に音を鳴らすことができるシステムモジュールBootSoundNX 1.1.0をリリースしていました。タイトルIDを変更(v1.0.0から使っている場合はatmosphere/titles/AA200000000002AAのディレクトリを削除必要)したことや起動音のパスをsdmc://config/BootSoundNX/sound/bootsound.mp3にしたことが変更点です。

●GitHubで、pearlxcore氏が公式サーバーにあるソニーPS4のアップデート情報を含むXMLファイルから情報を入手して最新ファームウェアをチェックすることができるWindows向けユーティリティPS4 Firmware Checker v3をリリースしていました。


GameGaz Daily 2019.9.15

Atmosphère 0.9.4のリリースに合わせてSwitchシーンが同時に動くさまは感動的です。9.0.0に対応させるべく再コンパイルされ、ついでに改良されたHomebrewが多数リリースされてます。

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchでユーザーモードHomebrewを開発するための開発者向けライブラリlibnx v2.5.0をリリースしていました。9.0.0以降での入力の不具合修正になるSystem/SystemExtレイアウトのサポートなどが変更点です。

●GitHubで、yellows8氏がNintendo SwitchでHomebrewを起動することができるSwitch Homebrew Launcher(nx-hbmenu) v3.1.1をリリースしていました。最新版libnxでの再ビルドによる9.0.0サポートが変更点です。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドー3DS/Switchのセーブデータのバックアップ/リストアが可能なHomebrewセーブデータマネージャーCheckpoint 3.7.2をリリースしていました。9.0.0サポートのために再ビルドしたことなどが変更点です。

●GitHubで、shinyquagsire23氏がNintendo SwitchでファイルやコードをモディファイすることができるバックグランドプロセスSaltyNXをリリースしていました。

●GitHubで、masagrator氏が通常は自動でチェック判定されるSwitchの携帯モードとTVモードを入れ替えることでグラフィック設定などモード設定に依存している各種制限を解除したりすることができるSaltyNXプラグインReverseNX 0.32をリリースしていました。9.0.0とAtmosphère 0.9.4をサポートしています。

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo Switch向け多機能ブートローダーとなるbootloader/package1のリプレイスペイロードhekate – CTCaer mod v5.0.2をリリースしていました。9.0.0を完全サポートしたことやemuMMC 8.x.xのSaltyNXの修正などが変更点です。hekateのGUIであるNyx v0.8.2もあわせてリリースされています。

●GitHubで、AtlasNXチームのtumGER氏がNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v14Kosmos v14.0.1をリリースしていました。hekateとAtmosphèreのアップデートや9.0.0環境でコンフリクトするhid_mitmの削除(v1.4)、9.0.0での起動時の不具合修正(v14.0.1)などが変更点です。

●GitHubで、AtlasNXチームのNicholeMattera氏がNintendo SwitchのCFWを最新版のKosmosを使って自動アップデートすることができるユーティリティKosmos Updater v3.0.9をリリースしていました。9.0.0をサポートしたlibnxによる再コンパイルが変更点です。

●GitHubで、DarkMatterCore氏がNintendo Switchのゲームカードダンプをすることができるユーティリティnxdumptool v1.1.5をリリースしていました。最新版libnxでの再ビルドによる9.0.0のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、 HookedBehemoth氏がNintendo Switchでスクリーンショットをlewd.picsへ直接アップロードすることができるユーティリティscreen-nx v1.1.1をリリースしていました。9.0.0のサポートなどが変更点です。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchの暗号鍵を抜き出すことができるSwitch向けペイロードLockpick_RCM v1.4.0をリリースしていました。9.0.0キーについての対応やemuMMCからのキーダンプに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、Hydr8gon氏がWindows/Linux向けのニンテンドーDSエミュレータmelonDSをNintendo Switchに移植したmelonDS 0.8.3 for Switchをリリースしていました。ベースをmelonDS 0.8.3に更新したことが変更点です。

●GitHubで、rsn8887氏がPS VitaおよびNintendo Switch向けのAmigaエミュレータUae4All2 mod for Vita v1.96とUae4All2 mod for Switch v1.98をリリースしていました。9.0.0のサポート(Switch v1.98)などが変更点です。

●PSXHAXで、Backporter氏がPS4向けのテーマからアンロックしたパッケージファイルを生成することができるWindows向けユーティリティPS4-Retail-Theme-unlocker 1.1をリリースしたことを伝えていました。