Swiss一覧

GameGaz Daily 2017.9.22

●PSXHAXで、ソニーがPS4のシステムソフトウェア バージョン5.00 Beta 6をベータテスター向けに配信開始したことを伝えていました。

●GitHubで、MysteryDash氏がインターネット接続なしでワイヤレスLANのAd-hoc接続でPCとPS4を直結してリモートプレイを実現するOffline-PS4-Remote-Play v1.1をリリースしていました。PS4の自動パッチに対応して、より簡単にオフラインでリモートプレイが可能になったことが変更点です。

●WiiDatabaseで、FIX94氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーNintendont v5.459をリリースしていました。bluetoothコードの中にシャットダウンの待ち時間処理を追加(そのためEXITでフリーズしたようになる)したことなどが変更点です。また、Nintendont v5.460もリリースされています。(yuyuyuさん情報ありがとね)

●GBATempで、KhaderWelaye氏がWiiのISOファイルをWii UのバーチャルコンソールとしてインストールできるようにするためのWindows向けユーティリティWiiVC Injector Script v2.1.0をリリースしていました。Homebrew ISOの入れ替えなどが変更点です。またWiiVC Injector Script v2.1.1をリリースしていました。一度オンラインでスクリプトを実行できれば以降はオフラインで使えるようになったことなどが変更点です。(yuyuyuさん情報ありがとね)

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r429をリリースしていました。DVDベースのゲームのチートの不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSiでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v1.9.1をリリースしていました。nds-bootstrap v0.6.0 (Rev 02)をインクルードしたことをなどが変更点です。


GameGaz Daily 2017.8.30

●GitHubで、Team ONEluaのgdljjrod氏がPS Vitaのアプリやファイル、PSPのゲームをインストールしたり閲覧したりすることができる管理ユーティリティApp Manager Plus v3.00App Manager Plus v3.01をリリースしていました。uma0のパーティションサポートとuma0/ur0/ux0間のゲームやアプリのデータ移動に対応したこと(v3.00)やUpdaterのバグ修正(v3.01)などが変更点です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r426をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.9.1をリリースしていました。GamePad画面を表示するセカンドスクリーンを追加したことなどが変更点です。

●Hackinformerで、Nintendo Switchの開発機にしか存在しないDevMenuの画面を撮影した写真を公開していました。どうもHackinformer氏自身がSwitchの開発機を持つ人物に接触して撮影をした模様です。DevMenu自体は公式ビデオで誤って公開されていたDevMenuと同じです。Switchの開発機は市販モデルと見た目なんら変わったところはなく、内蔵メモリサイズが違う(開発機は市販モデルの倍の64GBを搭載)だけだったようです。また搭載ファームウェアがdevファームウェアで、SwitchのHOMEボタンを押すとDevMenuが起動するそうです。


GameGaz Daily 2017.8.18

●PSXHAXで、zecoxao氏とVVildCard777氏がPS4のwebkit exploitを利用し各種ハックを行う ポータルサイトを1.62のファームウェアに移植したPS4 playground 1.62をリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r424をリリースしていました。オーディオストリーミングの安定性向上が変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、GameInCanada氏がワイヤレスで3DSの画面をPCへストリーミングしたりファイルを送信したりすることができるkit-katを改良し、ゲームコントローラーでの3DS操作やマウスを使ってのタッチ操作などを実装したユーティリティkit-kat-touch改めkit-kat-slim 2.0.0kit-kat-slim 2.0.1をリリースしていました。new3DSのビデオをワイヤレスでNTRViewer.exeにストリーミングすることに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、Aftnet氏がマルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのLibretroコアをWinRTコンポーネントに移植しUniversal Windows Platform(UWP)に対応しLibretroRT PCEngineCD(RetriX.UWP_1.6.12.0)をリリースしていました。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.6.6をリリースしていました。モバイル向けのUI改良などが変更点です。(KOHさん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2017.8.15

●GitHubで、Yoti氏がPSP goで偽装ペアリングをすることができるユーティリティPSPgo Fake-Pair Tool v0.4をリリースしていました。動画ではFakeShock 3なるコントローラーとペアリングしたことになっていますが詳しい記述がないので用途がよくわかりません。

●ツイッターで、rereprep氏がPS Vitaのホームボタンの青色LEDを消灯することができるtaiHENプラグインNoLed v1.2を数日以内にリリースすると発表していました。

●Maxconsoleで、SvenGDK氏が無改造PS3のバックアップHDDにPS3のバックアップゲームを導入することができるWindows向けユーティリティPS3 Convert and Inject v1.0をリリースしたことを伝えていました。現在はPS3 Convert and Inject v1.1がリリースされています。

●wololo.netで、Miralatijera氏とDraqen氏がオフラインでVitaを機器認証することができるユーティリティMLTActivator 1.0をリリースしたことを伝えていました。wololo氏が情報源としているスペイン語サイトのdaxhordes.orgによるとMLTactivatorFIX2が最新版のようですので少なくともMLTActivator 1.0として最初にリリースされてから2回は修正版が公開されているようです。機器認証ができるためHenkaku環境の3.60 VitaでAdrenalineが利用できるようになります。

●Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v3.00a r7387をリリースしていました。ライブラリdcLibの改良などが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Linux/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.8.0をリリースしていました。ソースコード自体にドキュメントを埋め込んでおいたことやバグ修正が変更点です。Mac/Linux版の変更はありません。

●GitHubで、TiniVi氏がニンテンドー3DSのARM9 exploit safehax r27をリリースしていました。FIRMペイロードサポートの廃止が変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSiでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v1.8.0をリリースしていました。Homebrewサポートの改良などが変更点です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r422をリリースしていました。チートファイル検出の不具合修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2017.8.11

●GitHubで、NamelessGhoul0氏がVitaのスリープタイマーを無効化することができるプラグインnosleep v1.1をリリースしていました。Ensoに対する互換性に関する修正が変更点です。

●GitHubで、OperationNT414C氏がPS Vita TVでカメラを使用するVita向けタイトルを起動した際カメラがない為にクラッシュする動作を回避することができるtaiHENプラグインFakeCamera 1.0をリリースしていました。Vita向けタイトルをPS Vita TVで起動させないためのブラックリストを削除するAntiBlacklistとの併用が必要です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss 0.4r420をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●GitHubで、moriczgergo氏がニンテンドー3DSに内蔵されてる歩数計のデータを改変することができるユーティリティstepedit v1.1.0をリリースしていました。(Pinkさん情報ありがとね)

●WiiDatabaseで、fix94氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーNintendont v4.447をリリースしたことを伝えていました。日本版のマリオカート アーケード GP2をサポートしたことが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2017.8.10

●Eurogamerで、PlayStation 4の次期ファームウェア バージョン5.0ではPS4 Proで1080p/60fpsでのTwitchストリーミングに対応することを伝えていました。また新たにファミリーアカウントという機能が導入され、例えばアカウントごとにペアレンタルコントロール制御をかけたりといった管理が可能になるようです。ソニーは公式に何も発表していませんが、Eurogamerは5.0ファームウェアのリリースノートのコピーを独自に入手したようです。

●ファミ通.comで、任天堂がマイニンテンドーストアにて2017年8月22日よりNintendo Switchの10月以降配送分の予約受付を開始することが公開されたと伝えていました。いまだ店舗でも入手困難なNintendo Switchはマイニンテンドーストアでも入荷するとアクセスが殺到し、ようやく繋がったらSOLD OUTということを繰り返しています。今回の方式は完全に予約注文のみで、10月1日発送分を8月22日に受付するようです。1日の予約受付可能台数には限りはあるものの、8月22日以降も継続して予約受付は継続するので今までよりは入手しやすくなるかもしれません。
肝はおそらく
・注文の翌日に支払いが発生
・発送は1ヶ月以上先
転売対策ですね。今後「発送は10月以降」などという転売高値Switchが出て来るかもしれませんがそんなものは買ってはいけません。発売から半年も経過したゲーム機の1ヶ月先の需要を予測して定価で仕入れる在庫を抱えるリスクは転売屋にはダメージ大きいと思います。

●talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がPS VitaでHENkaku起動直後に自動的に設定したアプリケーションを起動することができるtahHENプラグインAutoBoot v.1.2をリリースしていました。HENkaku ensoサポートが変更点です、

●GitHubで、Joel16氏がニンテンドー3DS向けのGUIファイルマネージャー3DShell v2.0 BETAをリリースしていました。コードのリファクタリングをしたことやスクリーンショットのBMPフォーマット対応などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、FIX94氏がゲームボーイ/ゲームボーイカラーエミュレータfixGB Alpha v0.7fixGB Alpha v0.7.1をリリースしていました。GBC BIOSサポートと、GBC BIOS利用時にヘッダーのCRCベリファイ機能を追加したことが変更点です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r418をリリースしていました。Qoob検出機能実装などが変更点です。