GB Studio一覧

GameGaz Daily 2020.10.13

●GitHubで、 badda71氏がNintendo 3DS向けのVNCビューアアプリケーションTinyVNC 1.0をリリースしていました。.3dsx版に加えて.cia、.3ds版を用意したことやhttpプロトコルでのmp3ストリーミングオーディオのサポート、オンスクリーンキーボード追加などが変更点です。

●任天堂が、2020年11月6日(金)よりJoy-Con(L) / (R)の単品価格を4,480円(税抜)から3,740円(税抜)に改訂すると発表していました。740円の値下げになります。理論上Nintendo Switch本体の値下げがあってもおかしくないですが、そのような全く発表はありません。
price pf single Joy-Con will drop down

●GitHubで、chrismaltby氏がコーディングの知識がなくてもドラッグアンドドロップでゲームボーイ向けのHomebrewを開発することができるWindows/ Mac/ Linux向けユーティリティGB Studio v2.0.0-beta4をリリースしていました。

●GBATempで、 RiiConnect24チームのLarsenv氏がWii/ 3DS/ Wii U/ Miitomo/ SwitchのMiiをMiiスタジオで読み込めるファイルに変換することができるPythonで開発されたコマンドラインユーティリティmii2studioをリリースしていました。

●GitHubで、 Roet-Ivar氏がwebMAN MODをインストールしたPS3でPS1/PS2/PS3のISOをマウントして直接XMBから起動できるようにするためにPS1/PS2/PS3のISOをPS3へインストールするPKGに変換することができるWindows/Linux向けユーティリティwebMAN Classics Maker v2.1.2 beta-10をリリースしていました。

●PSXHAXで、_AlAzif氏がソニーのSDKを使わず独自のオープンソース開発環境を使用するPS4向けの開発ツールOpenOrbis PS4 Toolchainを使ったサンプルPKGとしてHello Worldをリリースしたことを伝えていました。


GameGaz Daily 2020.9.29

●GitHubで、xerpi氏がPSPの画面をUSB経由でPCにストリーミング送信するためのプラグインPSP USB Video Class (UVC) plugin(psp-uvc-usb-video-class) 0.1をリリースしていました。Vita向けプラグインPSVita UDCD USB Video Class plugin(udcd_uvc)のPSP版のような形です。
インストール方法は以下です。
1) プラグイン本体(uvc.prx)をms0:/seplugins/にコピーする
2) vsh.txtgame.txtms0:/seplugins/uvc.prx 1の一行を追加する
※リカバリーモード等でプラグインの有効/無効を決める方法もあります。

●GitHubで、CallmeBK氏がPS VitaにDualShock 4を接続した際DualShock 4側のL1/R1ボタンでボリュームレベルを変更(同時押しでミュート)し、ライトバーをDualShock 4のバッテリーインジケーターとして使用することができるカーネルプラグインVolLightbarCtrlWithDS4 v1.1をリリースしていました。
インストール方法は以下です。
1) プラグイン本体(VolLightbarCtrlWithDS4.skprx)をux0:tai/にコピーする
2) config.txtへ以下のようになるよう記述する。
*KERNEL
ur0:/tai/VolLightbarCtrlWithDS4.skprx

●PSXHAXで、notzecoxao氏と_AlAzif氏、LightningMods_氏がPS4の温度を通知として1分ごとに表示することができるペイロードMiraTempReportをリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、chrismaltby氏がコーディングの知識がなくてもドラッグアンドドロップでゲームボーイ向けのHomebrewを開発することができるWindows/ Mac/ Linux向けユーティリティGB Studio v2.0.0-beta3をリリースしていました。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 38.0.1vvctre 38.0.2vvctre 38.0.3をリリースしていました。どれも不具合修正です。相変わらず細かくバージョン上げすぎ。

●GBATempで、cy33hc氏がVitaでアプリが多数あり上限500までに制限されているバブルアイコンでは起動できないような場合に、アプリをブラウズしてアイコンから起動できるようにするランチャーアプリケーションVita-Launcher v1.01をリリースしていました。アイコンについては別途Vitaのアイコン画像をux0:app/GAME_ID/sce_sysからur0:appmeta/GAME_IDフォルダへコピーすることができるユーティリティcopyicons 1.0で準備します。
vita-launcher


GameGaz Daily 2020.9.22

●GitHubで、HamletDuFromage氏がNintendo Switchでカスタムファームウェア(Atmosphere/ ReiNX and SXOS)やsigpatch(署名パッチ)、チートコードをダウンロードしてアップデートすることができるユーティリティAIO-switch-updater 1.1.0をリリースしていました。/bootloader/payloadsにペイロードをダウンロードする機能を追加したことなどが変更点です。

●GBATempで、mrdude氏Nintendo SwitchのAtmosphereで使うSigpatch(署名パッチ)を自動的に生成することができるWindows向けユーティリティAutoIPSをリリースしていました。PCにPython 3がインストールされている必要があります。基本的にはhactoolを使って自動的に署名パッチを生成するためのPythonスクリプトとバッチファイルの組み合わせになっています。Pythonスクリプトがあるディレクトリに別途fusee-secondary.binをコピーして使うことになっていますが、ディレクトリ構成によってバッチファイル(MakeIPS.bat)を改変する必要があります。

●GitHubで、tomvita氏がNintendo Siwtchのメモリダンプデータを使いチートのためのポインタサーチを行うことができるユーティリティPointerSearcher-SE 0.5をリリースしていました。EdiZon SEとの連携強化でデータダンプや転送が不要になったことなどが変更点です。
PointerSearcher-SE_05

●GitHubで、nicoboss氏がNintendo Switch向けの圧縮フォーマットであるNSZの解凍やNSZへの圧縮を行うことができるPythonスクリプトNSZ 4.0.1をリリースしていました。PyInstallerをWinPythonに置き換えてのWindowsポータブルアプリ版のみがリリースされています。

●GitHubで、tomvita氏がJavaによるNintendo Switch向けのマルチプラットフォームグラフィカルリモートデバッガNoexes 1.4.141aをリリースしていました。PointerSearcher-SE 0.5の新機能サポートのための改良が変更点です。

●GitHubで、Epicpkmn11氏がニンテンドーDSiのカスタムファームウェアHiYaCFWやオープンソースメニューTWiLightMenu++のインストールプロセスを簡単に行えるようにできるWindows/Linux/macOS向けユーティリティHiyaCFW-Helper v3.6.2をリリースしていました。macOSバイナリの自動生成を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、chrismaltby氏がコーディングの知識がなくてもドラッグアンドドロップでゲームボーイ向けのHomebrewを開発することができるWindows/ Mac/ Linux向けユーティリティGB Studio v2.0.0-beta2をリリースしていました。

●Xbox Wireで、マイクロソフトがスマートフォンやタブレットから自宅のXboxに接続して直接ゲームをプレイしたりゲームクリップやスクリーンショットをSNSで簡単に共有したりすることができるAndroid向けアプリケーションXbox App (Beta)をリリースしたことを発表していました。Google Playにて配布されています。

●ツイッターで、Al Azif氏がPS4でpupファイルをインストールするカスタムファームウェアと同様の機能を実現するためのPS4向けツール集Mira ProjectをPS4の7.00-7.02へ移植するために一番時間がかかる部分の作業が完了したと報告してました。とはいっても7.02のexploitの存在を前提とした開発ではなく、あくまでもexploitが公開されたときに備えたという意味合いだそうです。

●ツイッターで、VitaHEX氏がAtariから任天堂やPlayStationまでのゲーム機の3Dモデルと情報をまとめたVita向けデジタル百科事典Consolepedia 3D v0.2をリリースしていました。Patreon版のみで、一般向けは後日になります。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 37.0.0をリリースしていました。メニュー内の設定修正などが変更点です。