Goldleaf一覧

GameGaz Daily 2019.10.3

●ファミ通.comで、SNKがNEOGEO miniのコントローラーとしての使用できるほか、NEOGEO格闘ゲーム20タイトル収録しディスプレイに繋いでプレイできるコントローラー型ゲーム機NEOGEO Arcade Stick Proを15,290円(税込)で2019年秋に発売すると発表したことを伝えていました。アマゾンのNEOGEO Arcade Stick ProサイトSNKオンラインショップで予約受付が開始されています。
NEOGEO Arcade Stick Pro

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.45をリリースしていました。SXドングルからRetroReloaded CFWを起動するためのSXOS_BOOT_RetroReloaded.binペイロードの追加が変更点です。

●GitHubで、exelix11氏がNintendo Switchのインターフェースやゲームで使われるBFLYTファイルとBFLANファイルの編集やプレビューを行うことでSwitchの画面レイアウトを編集することができるWindows向けユーティリティSwitchLayoutEditor v1.0.0-beta9をリリースしていました。レイアウトの不具合修正や消失していたグループリストの復旧などが変更点です。

●GitHubで、XorTroll氏がNintendo Switch向けのNSPインストールやNAND/SDブラウズ、タイトルやチケット管理などを行うことができるマルチツールGoldleaf 0.7.3をリリースしていました。キーをBOOT0から読み出して生成するようにしたことや9.0.1のサポートなどが変更点です。なお、前バージョンのGoldleaf 0.7.2に実装されているアップデーターは正常に動作しないため0.7.3へのアップデートには使わないようにして欲しいと注意喚起されています。

●GitHubで、exelix11氏がNintendo Switchのcommon.szsにパッチをしてBNTX(Binary NX Texture)ファイルをリプレイスすることでテーマを変更することができるユーティリティSwitch Theme Injector v4.3.1をリリースしていました。 9.0.1のサポートやナビゲーションの改良などが変更点です。同時にszsに加えnxthemeフォーマットのカスタムテーマをSwitch上で直接インストールしたりすることができるユーティリティNXThemes Installer 2.1.1もリリースされています。

●GitHubで、AtlasNXチームのtumGER氏がNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v14.2をリリースしていました。sys-clk、Lockpick_RCM、Lockpick、Goldleaf、NXDumpTool、ldn_mitm、emuiiboの最新版へのアップデートなどが変更点です。

●IGNで、ソニーがPS4のゲームを異なるプラットフォーム同士でマルチプレイが可能なクロスプレイ機能のベータ版をすべての開発者が利用できるようにしたと伝えていました。今後PS4ではXbox OneやPCなど他の異なるプラットフォーム間で同じサーバーを通して通信対戦などができるタイトルが増えそうです。

●ツイッターで、hexkyz氏がTeam XecuterのSX OS v2.9.1のデータをアンパック・復号化するスクリプトtxunpack.pyとtxdecompress.pyをリリースしていました。今回新たにアップデートしてリリースしたのは実際にはtx_unpack.pyだけで、txdecompress.pyにはコメント追記のみで中身はv2.9と同じ物です。

●GitHubで、RocketRobz氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.25.0をリリースしていました。DSモードのFlashcartサポートなどが変更点です。

●GBATempで、tallbl0nde氏がNintendo Switchの内部に記録されているゲームのプレイ情報(起動回数や最初にプレイした日時や最後にプレイした日時、トータルプレイ時間)を読み出して表示することができるユーティリティNX Activity Log v0.1.0をリリースしていました。
NX-Activity-Log

●GitHubで、 skiffaw氏がPlaystation 3 DEX(PS3開発機)でゲームからのSPRXモジュールのシステム読み込み管理やカスタムシステムコールなどを行うことができるDEX機向けユーティリティPS3 Toolbox v1.3をリリースしていました。RPC内のパラメータを正常動作するようにしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2019.9.20

昨日「メガドライブミニ 」が発売になりましたが、きっとしばらくするとたたき売りされると思うのでそうなったら買おうかなと思ってます。

●GitHubで、XorTroll氏がNintendo Switch向けのNSPインストールやNAND/SDブラウズ、タイトルやチケット管理などを行うことができるマルチツールGoldleaf 0.7.2をリリースしていました。チケットインストールがうまくいかない不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、fgsfdsfgs氏がFPSゲーム「Quake III Arena」のフリーウェア版である「ioquake3」をNintendo Switchに移植したioquake3 Switch port v0.3.0をリリースしていました。ジャイロによる照準機能の追加やUSBキーボードの不具合修正などが変更点です。

●GBATempで、KuranKu氏がSwitchで常にGBMとして音楽を鳴らしておくことができるオーディオプレーヤーシステムモジュールSys-AudioPlayer v1.1.1をリリースしていました。

●GBATempで、CompSciOrBus氏がSDカードの/config/cards/にあるテキストファイルからflash cardを読み込むことができるユーティリティFlashCardsNXをリリースしていました。最新版はFlashCardsNX v2.1.1になります。

Flashcart(フラッシュカート:いわゆる日本でマジコンと呼ばれていたもの)を英語ではFlashCard(フラッシュカード)と呼ぶ文化があり、それを勝手に想像して凄いアプリケーションではないかと一瞬思いましたが、スクリーンショット見たり配布されているサンプルテキストファイルを見て、何のことはない大辞林曰く

学習教材で、単語や数字、絵を書いたカード。幼児などの学習者に短時間見せて、反応速度を向上させる練習をする。早期教育などで用いる。

というフラッシュカードのことでした。
なお、本ブログではカードではなくカートリッジのカートであるという認識でFlashcardではなくFlashcartと表記しております。

●GitHubで、XorTroll氏がSwitchのバックグランドプロセスとしてamiiboをエミュレートするカスタムファームウェア向けカスタムプロセスemuiibo 0.3.1をリリースしていました。9.0.0のサポートなどが変更点です。

●PSX-Placeで、PS3の4.85をベースにしてCOBRA 8.01の機能を盛り込んだカスタムファームウェアCFW SPY 4.85 COBRA 8.01をリリースされたことを伝えていました。

●PSXHAXで、Leeful氏がノーマルライクなPS4画面でPS4をハックできるExploit Host Menu(Leeful Host v2)のデモ動画を公開したことを伝えていました。

●PlayStation.Blogで、PlayStationの新情報発表・動画配信イベント「State of Play」第3回を9月25日午前5時に放送すると発表していました。海外を重視した日本の朝の5時すか…


なお、PS5来るか!と騒がれないよう以下の注釈が付いております。

※なお、次世代機について情報のアップデートはございません。ご了承ください。

●GitHubで、pearlxcore氏が PS4のPKGファイルをリネームしたりPKG内のファイルリストをエクスポートしたりすることができるWindows向けユーティリティPS4 PKG Tool v6.1をリリースしていました。バグ修正が変更点です。


GameGaz Daily 2019.9.18

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchの暗号鍵を抜き出すことができるSwitch向けペイロードLockpick_RCM v1.5.0をリリースしていました。sysNANDとemuMMCのどちらからキーをダンプするか選択できるようにしたことや5.0.0のリリース以降に販売されたSwitchでのBISキー生成の不具合修正が変更点です。

●GitHubで、masagrator氏が通常は自動でチェック判定されるSwitchの携帯モードとTVモードを入れ替えることでグラフィック設定などモード設定に依存している各種制限を解除したりすることができるSaltyNXプラグインReverseNX 0.33をリリースしていました。Disabled(無効化)モードの実装などが変更点です。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.90cをリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●GitHubで、XorTroll氏がNintendo Switch向けのNSPインストールやNAND/SDブラウズ、タイトルやチケット管理などを行うことができるマルチツールGoldleaf 0.7.1をリリースしていました。9.0.0のサポートやJavaによるクラスプラットフォームPCクライアントアプリケーションQuarkの公開などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.40をリリースしていました。9.0.0をサポートしたldn_mitm 1.25とGoldleaf 0.7.1の更新が変更点です。

●GitHubで、KranKRival氏がNintendo Switchの起動時に音を鳴らすことができるシステムモジュールBootSoundNX 1.1.0をリリースしていました。タイトルIDを変更(v1.0.0から使っている場合はatmosphere/titles/AA200000000002AAのディレクトリを削除必要)したことや起動音のパスをsdmc://config/BootSoundNX/sound/bootsound.mp3にしたことが変更点です。

●GitHubで、pearlxcore氏が公式サーバーにあるソニーPS4のアップデート情報を含むXMLファイルから情報を入手して最新ファームウェアをチェックすることができるWindows向けユーティリティPS4 Firmware Checker v3をリリースしていました。


GameGaz Daily 2019.9.5

●ファミ通.comで、2019年8月26日から年9月1日の集計期間でバッテリー持続時間が長くなったNintendo Switchが2019年8月30日発売のためわずか3日間で前週の週販30072台から3倍増となる90553台を販売したことを伝えていました。同期間中のPS4/PS4 Proが合計10924台なのでSwitchの圧勝でした。

●今朝「Nintendo Direct 2019.9.5」が放送されました。

任天堂がスーパーファミコンコントローラーをFCCに登録したことからNintendo Switch Onlineにスーパーファミコンタイトルが追加される可能性が濃厚でしたが、その発表もありました。明日から配信が開始され、コントローラーも加入者限定ですが今日からストアで予約販売開始されます。Nintendo Switch本体付属のJoy-Conとボタンが異なるため、『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』以外のソフトはプレイできません。各種ニュースサイトでも内容が取り上げられていますが、海外メディアでは個人的印象ですが『オーバーウォッチ』のSwitch発売が話題性高そうです。

●GitHubで、julesontheroad氏がNintendo SwitchのNSPファイルからチケットや証明書類を消去したりマルチコンテンツXCI/NSPファイルを作成することができるユーティリティNSC_BUILDER v0.90をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●GitHubで、XorTroll氏がNintendo Switch向けのNSPインストールやNAND/SDブラウズ、タイトルやチケット管理などを行うことができるマルチツールGoldleaf 0.7をリリースしていました。Unicodeのサポートにより特殊文字が表示できない問題を解消したことや、ネット接続時には使えませんがBANされたユーザー向けにアカウントとのリンク解除機能を追加したことなどが変更点です。

●Arisotura氏が、Windows/Linux向けのニンテンドーDSエミュレータmelonDS 0.8.3をリリースしていました。ホットキーの不具合修正やフレームレートリミッターの追加などが変更点です。

●ツイッターで、notzecoxao氏がPS3 SYSCON ARM v4のファームウェアキーがwikiに追加されたと報告していました。notzecoxao氏は「PS3専用CPUであるCELLにいよいよ迫る時が来たのではないか」としています。

●GitHubで、MAME開発チームのcuavas氏が過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的として、MAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という名前のまま進化しているマルチシステムエミュレータMAME 0.213をリリースしていました。

●GitHubで、masterfeizz氏がFPSゲーム「Quake III Arena」のフリーウェア版である「ioquake3」をNintendo 3DSに移植したioQuake3DS v1.1.0をリリースしていました。


GameGaz Daily 2019.8.7

●Bitbucketで、SilicaAndPina氏がPS1のセーブデータ(*.gmeと*.mcs)を.PSVフォーマットに変換することができるWindows向けユーティリティPS12PSVをリリースしていました。

●GBATempで、 THEN00P氏がVitaで直接VitaDB(VitaのHomebrewやプラグインなどをデータベース化して保管するVPKリポジトリ)からプラグインをダウンロード・インストールすることができるユーティリティEasyPlugin v1.1.0をリリースしていました。
使い方は以下です。
1. unsafe homebrewを有効にする
2. easyplugin.vpkをインストールして起動する
3. インストールするプラグインを選択する
4. (ユーザーモードプラグインの場合)プラグインを有効にしたいアプリケーションを選択する
5. (アプリと一緒にインストールされるプラグインの場合)VitaShellを開いて”ux0:tai/VPKS/”へアクセスしてアプリをインストールする
6. Vitaを再起動する
EasyPlugin1

EasyPlugin2

EasyPlugin3

●GitHubで、XorTroll氏がNintendo Switch向けのNSPインストールやNAND/SDブラウズ、タイトルやチケット管理などを行うことができるマルチツールGoldleaf v0.6.1をリリースしていました。4GB以上のファイルを(リモートPCの)USBで扱えなかった不具合を解消したことやインストール時の速度(MB/s)を正確に表示するようにしたことなどが変更点です。