Control Fan Utility一覧

GameGaz Daily 2020.4.10

●GitHubで、MenosGrante氏がAndroidデバイスを使ってNintendo SwitchでFusée Geléeペイロードを起動することができるペイロードランチャーRekado 4.0をリリースしていました。事前にインストールされているペイロードの更新機能を追加(そのためバージョン表記が増えた)したことや、需要がなかったらしいペイロードの非表示機能の削除などが変更点です。

●GitHubで、AtlasNXチームのNicholeMattera氏がNintendo SwitchのCFWを最新版のKosmosを使って自動アップデートすることができるユーティリティKosmos Updater v3.1.0をリリースしていました。更新チェックにKosmos Build ServerではなくGithub APIを直接使うようにしたことが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded Pro 1.10をリリースしていました。オー-バーレイでの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、NicholeMattera氏がFPSゲーム『Doom』のDOS版オリジナル(Vanilla:バニラと呼ばれている)をそのままSwitchに移植したChocolate(チョコレート) DOOM(Chocolate Doom NX)に追加する形で他のDOOMのゲームを選択できるようにしたChocolate Doom向けのWADマネージャーChocolate Doom Launcher v1.1.1をリリースしていました。更新チェックにKosmos Build ServerではなくGithub APIを直接使うようにしたことが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がPS3の温度に応じてファンの速度を管理してくれるユーティリティControl Fan Utilityの非公式アップデート版Control Fan Utility v4.86 Unofficialをリリースしていました。CFW 4.86 CEXのサポートが変更点です。

●PSX-Placeで、PS3Xploit Teamのesc0rtd3w氏がPS3でHomebrew起動を可能にするPS3HENで公式には非サポートという条件でNoPSNやカーネル/VSHパッチを追加した独自のビルド版PS3HEN Alternate Buildsをリリースしていました。

●GitHubで、Cpasjuste氏がVita/Switch向けのエミュレータpEMU v4.3(pFBN / pSNES 4.3)をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。

●CBPS Forumsで、cuevavirus氏がPS Vita TVでHDMI出力をPS Vitaのネイティブ解像度である960×544にして出力することができるカーネルプラグインSharpscaleの更新版をリリースしていました。一部PS1ゲームで1080iだと黒味になる不具合修正などが変更点です。バージョン表記付けて欲しいですね。


GameGaz Daily 2019.9.10

●GitHubで、 theheroGAC氏がPS3のIDPS(PS3本体ごとに持つ固有の16バイトのID)を変更してCEX/DEXのダンプデータを作成することができるユーティリティIDPSetの非公式版IDPSet 0.91 UNOFFICIALをリリースしていました。4.85CEX/DEXのサポートが変更点です。

●GitHubでEvilnat氏がPS3の温度に応じてファンの速度を管理してくれるユーティリティControl Fan Utility [v4.85 Unofficial]をリリースしていました。CFW 4.85 CEX/DEXのサポートが変更点です。

●wololo.netで、Force67氏がPS4のx86-64アーキテクチャのシステムコールをWindowsのネイティブコールに変換することでPS4のゲームをWindows PCで起動できるようにするPS4Deltaの開発に取り組んでいることを伝えていました。オープンソースで開発をしており、GitHubでコードが公開されていますが、まだ実験的なプロジェクトの色合いが濃いようです。

●GBATempで、VIPlaine1氏がSwitchのSX OSでCPU/GPU/メモリのクロック周波数(オーバークロック/アンダークロック可)をConfigファイルで設定するsys-clkをAtmosphereではなくSX OS向けに改良したOverclock SX OSをリリースしていました。

●GitHubで、piepie62氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 7.0.0をリリースしていました。GPSSというクラウドベースのポケモンデータ共有サービスを作ってそれに対応したことや自動アップデート機能の実装などが変更点です。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドー3DS/Switchのセーブデータのバックアップ/リストアが可能なHomebrewセーブデータマネージャーCheckpoint 3.7.0をリリースしていました。Luma3DS 9.1以降/Atmosphere 0.8.5以降に対応したニンテンドー3DS/SwitchのチートコードデータベースSharkiveをCheckpointに統合したことなどが変更点です。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.7.8 (v3)をリリースしていました。macOSでのAMD GPUのフォントドライバーの不具合修正などが変更点です。

●SNK JAPANが、NEOGEO miniに続く新ハードウェアNEOGEO Arcade Stick Proの続報を発表していました。アーケードスティックとしての実用性を備えたサイズ
。「NEOGEO mini」やPCにUSB接続し、アーケードスティックとして使用する「ジョイスティックモード」とテレビにHDMI接続して本体収録の格闘ゲーム20作品のゲームをプレイする「コンソールモード」があります。何匹目のドジョウなのかもう分かりませんが、他にはないオンリーワンであろうとするコンセプトは評価してあげてもいいかなと感じます。発売日、価格等については後日発表と、肝心な情報は小出しです。それなりに売れるかどうかは価格次第かと。


GameGaz Daily 2019.3.25

●GitHubで、ShaolinAssassin氏がPS3Xploit Tools v3.0(HAN)をXMBに配置するアドオンツールHAN Toolbox v0.7をリリースしていました。4.84サポートのための各種ツールのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がPS3の温度に応じてファンの速度を管理してくれるユーティリティの非公式アップデート版Control Fan Utility v4.84 Unofficialをリリースしていました。CFW 4.84 DEX/CEXのサポートが変更点です。

●PSX-Placeで、NzV氏がPS3でMambaペイロードやVSHプラグインローダーを読み込むことができるユーティリティMamba/PRX Loader 4.84.1をリリースしていました。

●wololo.netで、本来非売品であるPS Vitaのスライド型プロトタイプDEM-3000H84がeBayで販売されていることを伝えていました。
https://www.ebay.com/itm/PlayStation-PS-Vita-Prototype-Not-For-Sale-Development-Hardware-DEM-3000H84/113696591106
で確認できます。現在日本円で200万円越えの価格が付いています。
プロトタイプについては下記動画で紹介されています。

正常動作品で、ファームウェアは0.990。左右アナログスティックとHDMIポートを持つPSP goライクな筐体になっています。
DEM-3000H84

●ツイッターで、Nathanr3269氏(=Evilnat氏)がCFWをインストールしたPS3でバージョン偽装を利用することによりPSN/SENへ接続できる設定を有効化/無効化することができるユーティリティSEN Enabler v6.2.2をリリースしていました。PSX-Placeで配布されています。Cobra v8.01へのアップデートやCobra 4.84 DEXのサポート追加、4.84 CFW Cobra CEX/DEXのバージョン偽装とハッシュの修正が変更点です。

●GitHubで、suchmememanyskill氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアAtmosphereが持つスイッチメニューから実行できるカスタムリブート/シャットダウン機能(Reboot to Payload)でペイロードを読み込むペイロードランチャーPayload Launcher v1.1.0をリリースしていました。ペイロードのあるフォルダを設定できるようにしたことが変更点です。
[追記]
iniファイルが不良でもクラッシュしないよう不具合を修正するなどしたPayload Launcher 1.1.1がリリースされています。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.46RetroReloaded CFW 1.47をリリースしていました。XCIインストールをサポートしたTinfoilとLithiumのアップデート(1.46)やSX Installer 1.52のアップデート(1.47)などが変更点です。なお、Switchのタイトルマネージャーの最新版であるTinfoil v1.48と、タイトルインストールに目的を絞ったLithium v1.48はhttp://tinfoil.io/でダウンロードできますが、TinfoilのGitHubリポジトリLithiumのGitHubリポジトリはDMCA(デジタルミレニアム著作権法)に基づき著作権侵害に当たるとしてコンテンツ削除通知があったため現在アクセスできなくなっています。
[追記]
Tinfoilを1.48に、Lithiumを1.48にアップデートしたRetroReloaded CFW 1.48がリリースされています。

●GitHubで、Root-MtX氏がNintendo SwitchのNRO形式のファイルをNSP形式にビルドすることができるWindows向けユーティリティNro2Nsp 3.3.3をリリースしていました。”no logo”設定を有効にするときのチェックボックスの動作不具合の修正などが変更点です。

●XFlak氏が、任天堂Wiiのモディファイに必要なファイルを自動でダウンロードしSDカードに保存しておくことができるPCユーティリティModMii6.5.1をリリースしていました。ModMii Installerのアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、aldostools氏がEstwald氏(Hermes氏)が開発したオープンソースバックアップマネージャーIris Managerの非公式アップデート版IRISMAN 4.84.2をリリースしていました。CFW 3.41-4.84 CEX/DEX/DEHのサポートが変更点です。