PKSM一覧

GameGaz Daily 2019.9.11

●GitHubで、 Zarh氏がPS3のIDPS(PS3本体ごとに持つ固有の16バイトのID)を変更してCEX/DEXのダンプデータを作成することができるユーティリティIDPSet 0.91をリリースしていました。4.85 CEXのサポートが変更点です。

●PlayStation.Blogで、PlayStationStoreにおいて9月11日(水)から9月25日(水)までの期間限定で「東京ゲームショウ2019」出展タイトルの過去作・関連作などが最大85%OFFとなる「TOKYO GAME SHOW 2019開催記念セール」を開催することを発表していました。85%OFFはあくまでも最大値で、実際にはいいとこ50%OFFという感じに見えます。
TOKYO GAME SHOW 2019 SALE

●PSX-Placeで、zecoxao氏が本人曰く「10年来の夢だった」というPS3のsysconファームウェアキーの取得に成功したことを伝えていました。sysconファームウェアキーが分かると何ができるのかについてzecoxao氏はパッチやファームウェアに署名を入れたり暗号化できたりすると答えていますが、すぐに何らかの成果が出てくる状況ではないようです。

●Eurogamerで、任天堂がSwitchの改造方法などを提供している4つのウェブサイトに対して著作権侵害を訴えていた裁判でイギリス高等法院が Sky、BT、EE、Talktalk、Virgin Mediaという5つのプロバイダーに対してサイトへのアクセスの遮断命令を出したことを伝えていました。Switchのセキュリティを迂回するためのデバイス(SX Proなどのことだと思われる)の販売を違法と認定しています。

●GitHubで、piepie62氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 7.0.1をリリースしていました。『ポケモンオメガルビー』『ポケモンアルファサファイア』で間違ったゲーム名を表示してしまう不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchのゲームタイトルキーのダンプや暗号化キーをプロセスメモリから入手することができるユーティリティLockpick v1.2.6をリリースしていました。新ハードウェアでのbis key生成の不具合修正が変更点です。

●GitHubで、 HookedBehemoth氏がNintendo Switchでスクリーンショットをlewd.picsへ直接アップロードすることができるユーティリティscreen-nx v1.1をリリースしていました。
lewd.pics

●Wiidatabaseで、FlashHaxstr2haxで知られるFullmetal5氏がネットワーク接続機能がなくSDカードスロットもないためハッキングができていなかったWiiの廉価版Wii miniで非書名コードの実行に成功したことを伝えていました。いままでHomebrew Launcherを起動する術がなかったためハックが不可能だったWii miniに大きな転換点が訪れそうです。ただしそれ以上の詳細な情報やリリース日などの情報は今回公表されていません。

●ツイッターで、マイクロソフトが2019年9月13日(金)から29日(日)までXbox One本体から5,000円(税抜)引きで販売する「Xbox One本体5,000円OFFサマーセール」キャンペーンを実施すると発表していました。消費税増税前にどうしてもXbox Oneが欲しい方は狙い目です。


GameGaz Daily 2019.9.10

●GitHubで、 theheroGAC氏がPS3のIDPS(PS3本体ごとに持つ固有の16バイトのID)を変更してCEX/DEXのダンプデータを作成することができるユーティリティIDPSetの非公式版IDPSet 0.91 UNOFFICIALをリリースしていました。4.85CEX/DEXのサポートが変更点です。

●GitHubでEvilnat氏がPS3の温度に応じてファンの速度を管理してくれるユーティリティControl Fan Utility [v4.85 Unofficial]をリリースしていました。CFW 4.85 CEX/DEXのサポートが変更点です。

●wololo.netで、Force67氏がPS4のx86-64アーキテクチャのシステムコールをWindowsのネイティブコールに変換することでPS4のゲームをWindows PCで起動できるようにするPS4Deltaの開発に取り組んでいることを伝えていました。オープンソースで開発をしており、GitHubでコードが公開されていますが、まだ実験的なプロジェクトの色合いが濃いようです。

●GBATempで、VIPlaine1氏がSwitchのSX OSでCPU/GPU/メモリのクロック周波数(オーバークロック/アンダークロック可)をConfigファイルで設定するsys-clkをAtmosphereではなくSX OS向けに改良したOverclock SX OSをリリースしていました。

●GitHubで、piepie62氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 7.0.0をリリースしていました。GPSSというクラウドベースのポケモンデータ共有サービスを作ってそれに対応したことや自動アップデート機能の実装などが変更点です。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドー3DS/Switchのセーブデータのバックアップ/リストアが可能なHomebrewセーブデータマネージャーCheckpoint 3.7.0をリリースしていました。Luma3DS 9.1以降/Atmosphere 0.8.5以降に対応したニンテンドー3DS/SwitchのチートコードデータベースSharkiveをCheckpointに統合したことなどが変更点です。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.7.8 (v3)をリリースしていました。macOSでのAMD GPUのフォントドライバーの不具合修正などが変更点です。

●SNK JAPANが、NEOGEO miniに続く新ハードウェアNEOGEO Arcade Stick Proの続報を発表していました。アーケードスティックとしての実用性を備えたサイズ
。「NEOGEO mini」やPCにUSB接続し、アーケードスティックとして使用する「ジョイスティックモード」とテレビにHDMI接続して本体収録の格闘ゲーム20作品のゲームをプレイする「コンソールモード」があります。何匹目のドジョウなのかもう分かりませんが、他にはないオンリーワンであろうとするコンセプトは評価してあげてもいいかなと感じます。発売日、価格等については後日発表と、肝心な情報は小出しです。それなりに売れるかどうかは価格次第かと。


GameGaz Daily 2019.3.28

●Blake Warner氏らが、Nintendo SwitchでHomebrewをインストールするためのタイトルマネージャーTinfoil 1.50とLithium 1.50をリリースしていました。

●GitHubで、XorTroll氏がNintendo Switch向けのNSPインストールやNAND/SDブラウズ、タイトルやチケット管理などを行うことができるマルチツールGoldleaf v0.5をリリースしていました。大幅なUI構造変更やコンテンツの管理方法の改良、UIの色や言語の設定を可能にしたiniファイルの追加などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.50をリリースしていました。Atmosphereを0.8.6でモディファイされた一部iniファイルを追加しRボタンを押しながらアルバムでHomebrew起動するようにしたことや、Tinfoil 1.50とLithium 1.50へのアップデートが変更点です。

●GitHubで、 Cpasjuste氏が一般的なビデオフォーマットをサポートし、字幕やhttpストリーミングにも対応したNintendo Switch向けのビデオプレーヤーpPlay v2.0をリリースしていました。mpvインターフェースの使用により高速安定動作するようにしたことや、メディア情報は全自動ではなくロードされたときにだけ読み出すようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 6.2.1をリリースしていました。複数選択時の不具合修正やカーソル動作の改善などが変更点です。新規インストールでExtDataが作成できない不具合の修正やスクリプトの追加やアップデートなどが変更点です。

●GitHubで、MAME開発チームのcuavas氏が過去のゲーム機やコンピュータの技術保存を目的として、MAME(Multiple Arcade Machine Emulator:マルチアーケードマシンエミュレータ)という名前のまま進化しているマルチシステムエミュレータMAME 0.208をリリースしていました。

●IGN Japanで、ゲーム機、PC、モバイルデバイス用ゲームの大手パブリッシャー Electronic Arts(EA)が組織改革の一環として、東京のスタジオを含め日本のオフィスを閉鎖すると発表したことを伝えていました。EAが日本市場から撤退するわけではないのですが、ちょっと残念です。

●GitHubで、vgmoose氏がSwitch向けのオープンソースアプリケーションストアHomebrew App Store v2.1rcをリリースしていました。テーマカテゴリとテーマインストールへの対応やインストール後にNROを実行する機能の追加などが変更点です。今バージョンからWii Uバージョンの表記も出てきました。
[追記]
正式版となるHomebrew App Store v2.1がリリースされました。


GameGaz Daily 2019.3.27

●PSX-Placeで、dazzaXx氏がPS3のDECRモデル(開発機)がファームウェア1.00, 090.002より前のバージョンの時に持っていたデバッグオプションを、XMLを書き換えて今のファームウェアに追加することができるDeckr – 090.002 DECR Debugging Options Mod v1.0をリリースしていました。
Deckr - DECR Debugger Options on Modern Firmware

PlayStationに関するアップデート情報や発表をストリーミング放送で行う新しい動画紹介番組「State of Play」が放送されることはお伝えしていましたが、その結果の紹介をすっかり忘れておりました。忘れていたどころか見ていなかった…YouTubeで視聴できましたので見てみましたが、自動車保険の通販みたいな名前に聞こえる、いわゆるなんちゃってニンテンドーダイレクトの”ソニーダイレクト”は見てて飽きます。ナレーションだけでプレゼンター本人は出てこないのでひたすら発売予定のゲーム画面のみ。全く遊びがない真面目な番組です。

●GitHubで、developersu氏がSwitchのTinFoil(USBおよびネットワーク対応)とGoldLeaf(USB対応)のJava環境PC向けNSPインストーラーNS-USBloader 0.3.2をリリースしていました。TinFoilのネットワークインストールの不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、TuxSH氏がNintendo 3DSのCFW Luma3DSでの使用を想定した開発者向けオープンソースのプロセスマネージャーシステムモジュール3ds_pmをリリースしていました。用途は3DSの研究調査らしいです。

●GitHubで、suchmememanyskill氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアAtmosphereが持つスイッチメニューから実行できるカスタムリブート/シャットダウン機能(Reboot to Payload)でペイロードを読み込むペイロードランチャーPayload Launcher v1.1.2をリリースしていました。手動でカスタムパスを入力するためのキーボードを追加したことが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのブートマネジャーRetroReloaded CFWのパッケージをアップデートすることができるユーティリティRetroReloaded-Toolkit v.1.6をリリースしていました。再起動のメニュー項目を追加したことが変更点です。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 6.2.0をリリースしていました。複数選択時の不具合修正やカーソル動作の改善などが変更点です。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 1.49をリリースしていました。Atmosphereを0.8.6へアップデートしたことが変更点です。


GameGaz Daily 2019.3.3

●ツイッターで、Lapy05575948氏がUnityで開発されたフルadministrator権限で動作するPS4 5.05向けのファイルエクスプローラアプリケーションWindows Explorer BETA 1.01Windows Explorer BETA 1.02をリリースしていました。ペーストでエラーが発生したときにフリーズするバグの修正(1.01)や、日本語に対応したこと(1.0.2)が変更点です。日本語訳にはyyoossk氏が協力したとのことです。

●PSX-Placeで、Alexander氏がPS3 4.84をベースにしてCobra機能を実装したカスタムファームウェアFERROX 4.84 COBRA 7.55 v1.00をリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 6.1.1をリリースしていました。マルチピックアップの実装などが変更点です。

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4 exploitを自分の環境で用意するためのps4-exploit-host v0.4.6RC2をリリースしていました。

●GitHubで、theheroGAC氏がVitaの20種類以上の各種プラグインをワンクリックでインストールしてconfig.txtも書き換えてくれるプラグインAutoplugin v3.81をリリースしていました。FreePSM追加が変更点です。


GameGaz Daily 2019.2.11

●Bitbucketで、kylon氏がVitaのプラグインの有効/無効などを管理するための ユーティリティPlugins Manager (Vita) v2.5をリリースしていました。xmc0パーティションのサポートなどが変更点です。

●GitHubで、 Electry氏がVitaのゲームの解像度やフレームレートを変更することができるプラグインVitaGrafix v4.1.1をリリースしていました。[MAIN]オプションが機能しない場合がある不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、nikolaevich氏が23氏がPS3Xploit v3を利用してPS3のバックアップを作成することができるユーティリティMake Pkg Han Tools 3.4.0をリリースしていました。DLC再署名ボタン追加などが変更点です。

●GitHubで、fourminute氏がSwitch向けタイトルマネージャーTinfoilにNSPファイルをUSB/ネットワーク経由で送るためのPC(Windows/Mac/Linux)で動作するPython GUIアプリケーションFluffy v2.7.1をリリースしていました。v2.7.0と同じURLのまま v2.7.1に差し替わっています。一部機能の動作に問題があったため元に戻しているようです。

●GitHubで、RiiConnect24チームがWiiConnect24のサードパーティによる代替サービスRiiConnect24を簡単にインストールするためのWindows/macOS/Linux向けユーティリティRiiConnect24-Patcher v1.0.7(Win)/v1.0.0-BugFix2(Mac/Linux)をリリースしていました。Nintendo Channelが復活したことなどが変更点です。

●GitHubで、piepie62氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 6.1.0をリリースしていました。ストレージボックス間をZL/ZRでムーブできるようにしたことなどが変更点です。

●Switchエミュレータyuzu開発チームが、Patreonで月5ドル以上の資金協力をしてくれるユーザー向けにyuzuのプレビュー版yuzu Patreon Preview Releaseを配布することを公表していました。