Auto Hen Installer一覧

GameGaz Daily 2020.12.11

●PSX-Placeで、HFW(Hybrid Firmware) 4.87をインストールしたPS3でブラウザアクセスするだけでHEN 3.0.2をインストールすることができるウェブサイトAuto HEN Installer 4.87を公開したことを伝えていました。HFW 4.87をインストールしたPS3でhttps://ps3addict.github.io/autohen/へアクセスし、”Initialize”をクリックすると”Initialization succesful!”と表示されるので、”Install HEN”をクリックするとHENのダウンロードが始まり、インストールが行われて自動的にリブートします。

●PSX-Placeで、Evilnat氏(Nathanr3269氏)がPS3の4.87をベースにしたカスタムファームウェアCFW 4.87.1 Evilnat Cobra [CEX]をリリースしていました。テスターによるテスト中とお伝えしていたCFWです。COBRA 8.20が追加されています。

●GBATempで、MysterTee氏がNindendo Switchにネットワーク(Wi-Fi)経由でパッケージファイル(XCI、NSP、NSZなど)をインストールすることができるWindows向けのウェブサーバーTinfoilWebServer v1.0.0.0をリリースしていました。

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded Pro 1.45RetroReloaded Pro 1.46をリリースしていました。LockPickのアップデート(11.0をサポートしたLockpick_RCM v1.8.5)やMarikoでの起動のサポート(ただしMarikoの場合はModチップ=SX Core/SX Liteは必須)などが変更点です。先日Switch LiteでRetroReloaded Proを起動している動画を公開しリリース準備ができたとRetroGamer74氏が言っていたバージョンになります。1.46は理由が分かりませんが「実験的なダミーリリース」らしく、中身は1.45と同じっぽいです。

●GitHubで、shchmue氏がNintendo Switchの暗号鍵を抜き出すことができるSwitch向けペイロードLockpick_RCM v1.9.0をリリースしていました。Mariko Switchや初期版Switch(Erista)の対策版に対応しましたが、SX Core/SX LiteのMODチップインストール前提です。

●GitHubで、TuxSH氏がNintendo 3DSの1.0から11.3までに対応したハックの”otherapp.bin”として使用するカーネルexploitを含んだペイロードuniversal-otherapp v1.0.0をリリースしていました。11.3までとなってますが、最新バージョンである11.14.0-46でもカーネルexploit自体は有効なものの、利用できるARM9 exploitが現状存在しないため事実上非対応となっています。 3DSのサウンドプレーヤーの脆弱性(バッファーオーバーフロー)を利用したsoundhaxを11.3以下のすべてのファームウェアで有効にすることを想定しており、universal-otherappのotherapp.binをSDカードのルートにコピーして利用します。universal-otherappはSafeB9SInstaller.binを起動するペイロードですので、あれこれ条件を探ることなく11.3以下でsoundhaxを利用してCFWをインストールできます。


GameGaz Daily 2020.8.3

●ツイッターで、Leeful74氏が6.72のPS4をウェブブラウザアクセスでJailbreakできる6.72 Exploit Host Menu(https://leeful.github.io/672/index.html)をアップデートし、WebRTE(Webブラウザーを介し高速なデータ通信)とToDEX(デバック機/テスト機の機能をアンロックしてデバッグトロフィーのあるFake PKG (FPKG)ゲームをプレイできるようにメモリー偽装を行う)を追加したことを公表していました。

●PSX-Placeで、ChendoChap氏がPS4の6.72カーネルexploit(ipv6 uaf)を5.05から6.72に対応するよう改良したPS4 6.70 – 6.72 Kernel Exploit(
ps4-ipv6-uaf)をリリースした
ことを伝えていました。

●Modconsolesで、lmn7氏が4.86.1HFWをインストールしたPS3においてブラウザアクセスで簡単にHENを自動インストールすることができるウェブサイトAuto Hen Installerをリリースしたことを伝えていました。サイトはhttp://ps3autohenfr.modconsoles.fr/です。

●ツイッターで、SKGleba氏がenso(必須)をインストールしたVitaでSD2VITAをux0に、純正メモリーカードをuma0にマウントするなどマウント位置を変更することができるカーネルプラグインyamt-vitaの次の(ベータのままだが)アップデートではPCがなくてもVita上で直接SD2Vitaをexfatフォーマットできるようになることを公表していました。
yamt-vita-v4

●GitHubで、 GrapheneCt氏がPS Vitaのバックグランドで動作するFTPサーバーアプリーケーションBGFTP v3.1をリリースしていました。安定性向上が変更点です。なお、v3.1は旧バージョンを上書きしないため、アップデートするには旧バージョンを手動で消去する必要があります。

●GitHubで、GrapheneCt/氏がPS Vitaでスレッドの優先度や使用するコア数を指定するアフィニティマスクを調整するためのプラグインおよび設定アプリケーションThreadOptimizer v1.5をリリースしていました。安定性向上が変更点です。なお、v1.5は旧バージョンを上書きしないため、アップデートするには旧バージョンを手動で消去する必要があります。

●GitHubで、arch-box氏がNintendo Switchのカスタムファームウェアで非署名NSPや変換XCIをインストール・起動するために必要な署名パッチpatches(sigpatch) 10.1.1をリリースしていました。Horizon OS 10.1.1とAtmosphere 0.14.1をサポートしたことが変更点です。

●GitHubで、 Team-NeptuneがNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmosphereをベースにオールインワンパッケージツールKosmos同様必要なものをすべてSDカード内に用意することで機能的に内包するような形にしたオールインワンカスタムファームウェアDeepSea v1.5.1をリリースしていました。Atmosphère 0.14.1へのアップデートが変更点です。作業が早いなと感心していましたが、よく見たらアップデートをリリースしているのはgithub-actionsとなっているので、よそから持ってくるだけの自動ビルドでした。

●ツイッターで、SciresM氏がNintendo Switchのカーネルを解析するための開発者向けPythonスクリプトkernel_vtables_helper.pyをリリースしていました。

●GitHubで、Chrscool8氏がNintendo Switchの/switchフォルダ以下にある.nroファイルの詳細な情報を表示したり、HB App Storeから直接ダウンロードしたものかSDカードに手動でコピーしたものかなどのラベル付けなども行ってくれるファイル管理ユーティリティHomebrew-Details v0.86Homebrew-Details v0.87をリリースしていました。スキャンのプログレスバー追加(v0.86)やアナログスティックのサポート(v0.87)などが変更点です。

●任天堂が、2020年8月6日(木)0:00から8月19日(水)23:59まで『スプラトゥーン2』、『ルイージマンション3』、『ゼルダの伝説 夢をみる島』など11タイトルを最大30%オフで購入できるマイニンテンドーストアとニンテンドーeショップにて「Nintendo Switch サマーセール 2020」を開催すると発表していました。

●GitHubで、niuus氏がGameCube/Wii/Wii U向けPS1エミュレータWiiSXRの改良版WiiSXRX v2.4をリリースしていました。ゲームパッドでのA/D変換での不具合修正などが変更点です。

●GBATempで、KcrPL氏がNintendo Wiiでメールの送受信をサービスが終了しているWiiConnect24から代替サービスRiiConnect24に切り替えるためにパッチを行うことができるユーティリティMail Patcher v1.2をリリースしていました。

●GitHubで、vvanelslande氏がCitraをベースにしたWindows/Linux(Ubuntu)向けニンテンドー3DSエミュレータvvctre 36.1.0をリリースしていました。Toolsメニューにパスをコピーする動作を追加したことなどが変更点です。