RetroArch

You are currently browsing articles tagged RetroArch.

GameGaz Daily 2016.10.12




●wololo.netで、libretroチームがマルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchについて1つのvpkファイルで全てのRetroArchエミュレートが可能なように改良されていると伝えていました。今でもPC版やAndroid版、PS3版はエミュレータごとにファイルが分かれているそうです。

●wololo.netで、GekiHENコンテスト応募作品としてFlappy Jesus氏がVita向け関数電卓Vita Calculator 1.0をリリースしたことを伝えていました。Vitaに電卓がないから作ったそうです。言われてみればそうですね。
vita-calculator

●/talkフォーラムで、Xam氏がVitaShellのテーマとLiveAreaのテーマをVitaのウェブブラウザ経由で直接Vitaにダウンロード/インストールすることができるユーティリティTemaをリリースしていました。現在はTema v1.2がリリースされています。なお、テーマの保管庫もXam氏が運用しています。(哘さん情報ありがとね)
tema
tema-menu

●ツイッターで、nuagedan100氏がVitaShell向けのテーマを簡単に作成することができるWindows向けユーティリティVitaShell Skin Creator v1.9をリリースしていました。ドラッグ&ドロップでクラッシュする不具合の修正などが変更点です。また詳細は不明ですが現在VitaShell Skin Creator v2.0を開発中だそうです。

●ファミ通.comで、SIEJAがPS VR専用タイトルのまとめ買いキャンペーンをPS VR発売日である2016年10月13日(木)~20日(木)の期間限定でPlayStation Storeにて開催すると発表したことを伝えていました。期間中にキャンペーン応募券(「【応募券】PS VR専用タイトルまとめ買いキャンペーン」)を取得して対象のPS VR専用タイトルを2本以上購入または予約購入すると抽選で100名に「PS Storeチケット」1,000円分がプレゼントされるなどのキャンペーンです。

●Xbox Japan Blogで、マイクロソフトが2016年10月13日(木)よりXbox One 500GB本体の価格を5000円値下げすると発表していました。同梱版の価格も5,000円値下げされます。2016年12月31日(土)まで実施している「期間限定Xbox One本体セールキャンペーン」期間中には、今回の値下げと合わせてXbox One 500GB本体が22,759円(税抜)から購入できるようになります。

Tags: , , , , ,

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのコンテンツをダンプしたり復号したりすることができるユーティリティDecrypt9WIP all-in-one 20160919をリリースしていました。バグ修正やチケットダンパー機能実装などが変更点です。

●Githubで、bubble2k16氏がSnes9x v1.43をベースに旧3DS向けに最適化したスーパーファミコンエミュレータSNES9x 3DS v0.51をリリースしていました。擬似ハイレゾモード対応などが変更点です。

●PSXHAXで、RedEyeX32氏がPS4のPKGを展開することができるユーティリティPS4 PKG unpackerを開発していることを伝えていました。RedEyeX32氏はPKGをツリー構造で展開しているスクリーンショットを公開したたけですが、RedEyeX32氏はpkgファイルであればどれでも展開可能で、PS4のファームウェアは1.76ではなく全てのファームウェアに対応としています。詳細については不明ですが、RSA暗号化ブロック以外は暗号化を解除してファイルを復号するところまではできないそうです。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchをウェブブラウザ上で起動することができるRetroArch Web Playerをリリースしていました。
ブラウザで以下のURLヘアクセスします。
https://buildbot.libretro.com/web/

●ツイッターで、LibretroチームがVita向けマルチシステムエミュレーターRetroArch VitaでVita TVで4人までプレイすることができるようになったと発表していました。

Tags: , , , ,

●wololo.netで、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchについてlibretroチームがnightlyビルド版でXMBライクなユーザーインターフェースを開発中であると伝えていました。

●PSXHAXで、Windows PC上でマウスとキーボードを使いPS4のリモートプレイをPC上で可能にするPS4PLAY Beta 1.0をリリースしたことを伝えていました。

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がPS Vita TVでは非対応とされているVita向けゲームのいわゆるブラックリストを削除してPS Vita TVでプレイできるようにするためのユーティリティAntiBlacklist v.1.1をリリースしていました。v1 パッチがパーマネントパッチになったことが変更点です。

●PlayStation.Blogで、SIEJAが9月13日(火)16時から国内のプレイステーションビジネスにおける販売戦略発表の場として『2016 PlayStation Press Conference in Japan』を開催すると発表していました。当日はストリーミング中継(YouTube Live)が行われます。

Tags: , , ,

●ポケモンGO公式Facebookで、前回アップデートで機能が削除されたiOS版『Pokémon GO』のバッテリーセーブ機能についてバグがあったので機能を削除したが、修正できたので近日中に公開すると発表していました。

●PSX-Placeで、masterfeizz氏がPC向けニンテンドーDSエミュレータDeSmuMEをVitaのHENkaku環境向けに移植したDeSmuME-Vitaをリリースしたことを伝えていました。ソースコードはhttps://github.com/masterfeizz/DeSmuME-Vitaで公開されています。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.3.6の安定板をVita向けにリリースしていました。昨日はnightly buildでHENkakuに対応したvpkフォーマットのVita版が公開されているとお伝えしましたが、今回のはnightly buildではなく安定板になります。

●ツイッターで、Yifan Lu氏がHENkakuが3万台インストールされた記念にDynarecをサポートしたアップデートを公開したと発表していました。DynarecはDynamic recompilationのことで、プログラムを実行しながら再コンパイルできるようにするという、エミュレータや仮想マシンで使われる機能です。

●Githubで、zecoxao氏がPSL1GHTをベースにVita向けのライブラリを統合することでvitasdkとして利用できるようにした開発環境PSDK3v3をリリースしていました。

●NeoGAFで、マイクロソフトが公開したWindows 10 Anniversary UpdateでソニーのDualShock 4コントローラーが使えなくなったことを伝えていました。一部環境においてはデバイスへのアクセスができない状況になっているそうです。

●IGN Japanで、海外のみ発売されたマイクロソフトの新型Xbox One Sについて4KとBlu-rayに対応しただけでなくパフォーマンスも向上していると伝えていました。GPUクロック数が853 Mhzから914 MhzになったことやeSRAMのメモリ帯域が204GB/sから219GB/sになったことがパフォーマンスの向上につながったようです。

Tags: , , , , , , ,

●Pastebinで、Major Tom氏がPS Vitaのゲームカードデータ/ダウンロードゲームデータ/セーブデータの復号化についての詳細な情報を公開していました。

●Redditで、EUのPlayStation StoreのPSN利用規約が7月末から変わりシステムソフトウェアの改造などについて言及するようになっていると伝えていました。タイミングとしてHENkakuが影響しているかもしれません。

●Githubで、francesco2013氏がPS3のバックアップマネージャーPS3 Manager 0.40aをリリースしていました。ゲームのISOインポートやゲーム情報サイトMetacriticからの詳細情報読み込みの高速化などが変更点です。

●wololo.netで、Sevenanths氏がVitaのapp.dbをダンプ、編集してVitaにバブルをインストールすることができるブラウザアプリケーションBubble Studioをリリースしたことを伝えていました。
https://anthe.studio/bubblestudio/
チュートリアルは(英語ですが)
http://wololo.net/talk/viewtopic.php?f=65&t=46201
にあります。ビデオチュートリアルも(英語ですが)公開されています。

●wololo.netで、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのnightly buildでHENkakuに対応したvpkフォーマットのVita版が公開されていることを伝えていました。

●wololo.netで、Meetpatty氏がHENkakuをインターネット接続がなくてもローカルネットワーク上で実行できるようにしたHENkaku-webserverをリリースしたことを伝えていました。自宅でWindowsサーバーを立てるに近い状態が必要のようですのでハードルは低くはありません。Windows専用で、IISサーバー、 ASP.Net 4.0、Fiddler 4が必要です。

●redsquirrel87氏が、PS Vita向けにカスタムテーマをインストールするための、JavaによるマルチプラットフォームユーティリティPSVita DB Theme Installer 360 Editionをリリースしていました。360というのはVitaのファームウェアである3.60に対応を意味しています。360 EditionはHENkakuに対応し、内蔵FTPでカスタムテーマがインストールできます。

Tags: , , , , ,

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.3.6をリリースしていました。(KOHさん情報ありがとね)
一時期1.3.5が存在したようですが、現在そのバージョンのビルドは公開されていません。Windows版に限りますがRetroArchウィンドウへのROMのドラッグアンドドロップに対応したことや、コンテンツダウンロード機能の改善、メニューのカスタマイズへの対応やLoad/Save StateのUndo機能などが変更点です。

Tags:

●Brewologyで、Dean氏がPS3のバックアップマネージャーmultiMan v 04.80.00をリリースしたことを伝えていました。CFW 4.80のサポート追加が変更点です。

●wololo.netで、PS4のdlclose exploitを利用してlezek20氏がより多くのデバッグメニュー表示ができたとしてスクリーンショットを公開したことを伝えていました。実際の方法などは公開されていません。1.76に限られますがdlclose exploitを利用したPS4でのデバッグメニュー表示ができるようになりましたが、その時には出てきていなかったデバッグメニューがlezek20氏の方法だと出せるらしいです。

●Destructoidで、ニンテンドー3DS向けのタイトル『VVVVVV』がeショップから撤去されたことを伝えていました。ShinyQuagsire氏の(v*)haxの影響です。任天堂は撤去早いです。

●Eurogamerで、マイクロソフトの内部筋の情報としてハードウェアを改良したXbox Oneの新型がE3前の別のイベントで発表されると伝えていました。既に生産も始まっているそうです。先日同じ内部筋の話としてE3で新ハードと新コントローラーが発表されるという情報がありました。若干内容が異なるものの、Xbox Oneのハードウェアが変わることについてはかなり可能性が高そうです。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.3.4をリリースしていました。(Asellusさん情報ありがとね)

Tags: , , ,

« Older entries