vitaQuake一覧

GameGaz Daily 2019.7.8

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がFPSゲーム『Quake』をVitaへ移植したvitaQuake v.3.5をリリースしていました。AdHocによるマルチプレイのサポートなどが変更点です。

●PSX-Placeで、Sinsizer氏がPS3のflashメモリダンプデータを解析しIDPSやミニマムファームウェアバージョンなどを表示したりすることができるWindows向けユーティリティPS3 NOR/NAND Statistic 1.0をリリースしたことを伝えていました。

●PSX-Placeで、Mysis氏がS3のflashメモリダンプデータを解析し情報表示やNor DumpのTreeビュー表示をすることができるWindows向けユーティリティNOR Inspector 0.0.1をリリースしたことを伝えていました。

●VG247で、2018年9月にサービス開始を開始したNintendo Switch Onlineの契約者数(契約アカウント数)が100万を突破したことを伝えていました。

●GitHubで、noahc3氏がNintendo Switch向けのペイロードhekateやAtmosphereを実行するために必要なファイルをまとめたオールインワンパッケージツールKosmos v13.0.2をリリースしていました。Hekateの5.0.1へのアップデートによる6.x.xのemuMMCブートエラーのバグ修正などが変更点です。

●GitHubで、KranKRival氏がNintendo SwitchのカスタムファームウェアAtmospherの機能であるemuMMCの有効/無効などの設定をコントロールすることができるユーティリティEmuMmcConfig 2.0.0をリリースしていました。現時点ではemuMMCはファイルモードではなくパーティションモードのみサポートしています。
EmuMmcConfig

●GitHubで、RetroGamer74氏がNintendo Switch向けのカスタムファームウェアを選択して起動するブートマネジャーRetroReloaded CFW 2.31をリリースしていました。Hekate 5.0.1とNyx 0.8.1へのアップデートが変更点です。

●ツイッターで、Team RebugのAboshi2011氏(evilsperm氏)がMODチップSwitchMEが標準ペイロードとしているhekate – CTCaer modのアップデートを受けSwitchME向けペイロードUF2_SwitchME_Payloads CTCaer_5.0.1をリリースしていました。


GameGaz Daily 2019.3.7

●PSX-Placeで、DefaultDNB氏らがお子様でも簡単にPS4をハックできるHENキッズバージョンをリリースしたことを伝えていました。

●PSX-Placeで、RandomDude氏がPS3のXMBをモディファイしたいユーザー向けに.PNGファイルをGIMファイルに変換したりファイルのダンプやコンパイルをすることができるWindows向けコマンドラインユーティリティRCOMAGE Mod 1.0をリリースしていました。
RCOMAGE Mod

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がFPSゲーム『Quake』をVitaへ移植したvitaQuake v.3.1をリリースしていました。MSAA 2xとMSAA 4x(Multisample Anti-Aliasing: マルチサンプリングアンチエイリアシング)をサポートしたことなどが変更点です。

●GitHubで、Fledge68氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーWiiFlow Lite v5.2.0をリリースしていました。フラットフォントカバーのダウンロード時の不具合修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.5.21

●GitHubで、valentinbreiz氏がAndroidデバイスからPS4のペイロードを読み込ませることができるアプリPS4 Payload Sender for Android v1.2.4PS4 Payload Sender for Android v1.2.5をリリースしていました。ロシア語(v1.2.4)とポルトガル語(v1.2.5)の追加が変更点です。

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がFPSゲーム『Quake』をVitaへ移植したvitaQuake v.3.0をリリースしていました。

●GitHubで、 Reisyukaku氏がNintendo SwitchのNCAファイルを直接任天堂のCDN(Content Delivery Network:コンテンツデリバリーネットワーク)から入手することができるユーティリティCDNX v1.0をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●Wiimm氏が、マリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.58b r7503をリリースしていました。–tri-areaと–tri-heightのオプションのデフォルト値を1.0にしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2018.3.4

●GitHubで、LightningMods氏がPCでDNS設定を行わなくてもPS4のアップデートをブロックできるようにする、HENとDebug設定とFTPも可能な4.55に対応したオールインワンペイロードPS4-4.55-Update-Blocker-FTP v3.2をリリースしていました。4.55向けにSDK spooferとVR Enablerを移植したことなどが変更点です。

●PSX-Placeで、PS3Xploit TeamがPs3Xploit 3.0のデモビデオを公開したことを伝えていました。ビデオではPS3の最新ファームウェア(4.82)で★Install Package Filesメニューを出し、HENを有効にしたのちにカスタムpkgでゲームを(ビデオではハングル表記に)改造しています。SuperSlim/3000モデルもサポートするそうです。

●PSXHAXで、Charlyzard氏がPS4のセーブデータを復号化することができるユーティリティPS4SaveDataDecryptingToolsを開発中であることを伝えていました。オープンソースとして開発が行われており、ソースコードはGitHubで公開されています。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.11.5をリリースしていました。オーディオの改良やソフトウェアキーボードでのunicodeサポートなどが変更点です。

●GBATempで、Rinnegatamante氏が『Hydra Castle Labyrinth』(迷宮城ハイドラ)をNintendo SwitchのHomebrew Launcher向けに移植したHCL-Switch v.1.1をリリースしていました。BGMとSEのオーディオサポート追加や、クラッシュする不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、Cpasjuste氏がアーケードエミュレータPFBA(Portable Final Burn Alpha)をNintendo Switch(とVita)に移植したpFBA 1.51をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。

●Plutoo氏がNintendo SwitchでユーザーモードHomebrewを開発するための開発者向けCライプラリlibnx v1.1.0をリリースしていました。Unix socket APIのサポートやUTCのみですが時刻サポートなどが変更点です。

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がHENkaku環境のVita向けFPSゲームvitaQuake v.2.9をリリースしていました。クラッシュする不具合の修正やCDAudioのmp3トラックのサポートなどが変更点です。


GameGaz Daily 2018.2.13

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がHENkaku環境のVita向けFPSゲームvitaQuake v.2.8をリリースしていました。着色光のサポートやアナログスティックでの操作の改善などが変更点です。
vitaQuake colored light

●GitHubで、ShinyMK(initPRAGMA)氏がワイヤレスでnew3DSの画面をPCへストリーミングしたりファイルを送信したりすることができるユーティリティkit-kat v2.0kit-kat v2.0.3をリリースしていました。v2.0でUI含めて一新しましたが、バグが多かったようで矢継ぎ早にアップデートされ、最新版はv2.0.3となっています。

●IGN Japanで、任天堂の宮本茂氏がIllumination’s CEOのChris Meledandri氏とマリオの映画製作で合意したことについて意気投合して一緒にやろうということになったことや、既に約2年間話し合ってきて、何度も脚本を打ち合わせしていることを明かしたと伝えていました。


GameGaz Daily 2018.1.31

●sharun氏が、VitaのHENkaku設定を拡張するtaiHENプラグインHENkaku Settings Modをリリースしていました。Console IDをux0:CID.binに保存する「Save Console ID」、パーティションのマウント設定をする「Mount Settings」、デバイスの再起動、シャットダウンを行う「Power option」が追加されます。(yyoosskさん情報ありがとね)
HENkaku Settings Mod

●GitHubで、DavisDev氏がPS Vitaのプラグインのダウンロード・インストールをすることができる管理ユーティリティPluginBox v0.20をリリースしていました。

●GitHubで、 xvortex氏がPS4のゲームデータのダンプを行うことができるユーティリティAll-in-one dumper for PS4 1.3をリリースしていました。ps4-dumperがv1.3に、gengp4がv1.6.1に更新されました。

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がHENkaku環境のVita向けFPSゲームvitaQuake v.2.7をリリースしていました。クラッシュする不具合の修正などが変更点です。

●PSXHAXで、ErikPshat氏がPS3のOFW 4.81 / 4.82でライセンスファイルLIC.EDATをバックアップデータの中に埋め込んでバックアップ起動することができるようにする方法を公開したことを伝えていました。

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4 4.05 exploitを自分の環境で用意するためのPS4 Exploit Host v0.3.19をリリースしていました。またAl-Azif氏はOpenWrt(組み込みデバイス向けのGNU/Linuxディストリビューション)向けにps4-exploit-hostを移植したPS4 Exploit Host for OpenWRTもリリースしています。

●extreme-Moddingで、PS4 4.05向けのFakePKGをUSBやBDから起動するためのPS4 4.05 Database Modチュートリアルを公開していました。ファイルコピーとデータベースの編集でUSB/BD起動ができるようです。

●マイクロソフトが、Xbox One S 1TBのForza Horizon 3同梱版、Halo Collection同梱版、Minecraft リミテッドエディションの価格を2018年2月1日より5000円値下げすることを発表していました。
価格変更は以下の通りです。これで売れるようにかなXbox One…
Xbox One S 1TB (Forza Horizon 3同梱版) 34,980円 → 29,980円
Xbox One S 1TB (Halo Collection同梱版) 34,980円 → 29,980円
Xbox One S 1TB Minecraft リミテッドエディション 39,980円→ 34,980円